うさぎ 性欲。 ウサギ

うさぎが発情期をむかえると食欲が減るって本当?

うさぎ 性欲

補足:通院先の病院はウサギに詳しい病院でしょうか? 犬猫の雄等はそのようなことも影響あるようですが…捕食動物のウサギは沢山食べて沢山繁殖してなんぼの生き物なので、それが原因で食欲不振というのは個人的には?と思いますが、素人なので深くはわかりません。 メスは偽妊娠の際、ストレスからなのか食欲不振に陥ることはあります。 病院自体がウサギの患者多いウサギで有名な所でないなら、他の病院候補も探してみられますように。 ウサギ専門店さん等は、カクカク(腰ふり)行動が見られたら、極力相手にしないように、お人形なども与えないようにといわれますよね。 まだはじめて日が浅いうちならそれである程度はひどくならずに収まる場合もあるようです… でも4歳だと既にすっかり癖ついてると思いますし、今更どうにもならないんじゃないかと思います。 我が家の今のウサは去勢済みで一度もカクカクは見られなかったのですが、思春期入ってすぐの癖になる前の去勢だったので効果が大きかっただけで、すっかり癖になれば去勢済みでも発情とは関係なくすることもあるようです。 寿命や病気との関係ということであれば、我が家の先代は9歳半に月に往きましたが、スプレーはほとんどしませんでしたが、ぬいぐるみ相手にカクカクはずっとお盛んでした。 辞めさせないといけない理由は聞かれましたか?確かに毎日欠かさず5回は多いとおもいますが。 高齢でも健康でお盛んなウサギは多いので、人間がわざとけしかけるような事さえしなければ、どうってことないように思います。 私だったら、ぬいぐるみかスリッパでも与えて好き勝手にさせておくでしょう。

次の

ウサギ

うさぎ 性欲

昼も夜も敵なしの肉食系男子!!! 4位 アデリーペンギン 4位にランクインしたのは アデリーペンギンです。 え、ペンギンが?と思った方も多いでしょう。 このペンギンは恐ろしい性欲処理を行います。 1911年から翌年にかけて探検家ジョージ・マレー・ レビック氏により記録されたアデリーペンギンの南極 大陸での観察記録によると、、、 ・ 死んだメスの死体に行為をする(屍姦) ・ 幼鳥に性的虐待を加える といった異常な行動を確認したとのことです。 また、同性同士での行為も確認されているようで 性に対する欲求が強い動物ではあります。 性教育って重要だなと感じますね、、、 3位 オットセイ 画像元: 3位にランクインするのは、 オットセイ。 そして、繁殖期になるとおよそ 1か月もの間、 他には目もくれず子どもづくりに勤しみます。 トラをも超える絶倫王者の誕生です。 その圧倒的な生殖力の強さから、 オットセイの陰茎や 睾丸は精力剤としても古くから用いられており現在も 商品として販売されています。 ここである疑問が生まれます。 これだけ性欲が強いのに、最強の1匹だけが独占し 他のオスは相手がいなくなってしまいます。 そこで余ったオスは考えました、 ペンギンを襲おうと。 上で使っている写真はペンギンに行為を及んでいるところです。 行為後は開放する場合もあれば、捕食する場合もあるみたいです。 可哀そうですが、よくあるみたい 2位 うさぎ 2位にランクインするのは、なんと ウサギです。 ここまで紹介した動物には、発情期がありましたが、うさぎにはありません。 生後半年で、性機能が成熟し、年中発情しています。 ( 年中発情するのは、うさぎと人間くらいです。 ) 受精率はほぼ100%で、妊娠中でも受精が可能です。 そして、出産を終えるとすぐに発情できるすごい身体。 これは、被捕食動物であるが故の進化でもあります。 食べられちゃうならそれ以上に産もうというワケです。 時期を選ばず発情しているウサギが2位 1位 人間 1位には、我ら 人間がランクイン!! 人間もうさぎと同様、年中時期を選ばず発情できる動物です。 他の動物たちは、種の保存のために行為に及ぶ傾向に ありましたが、人間は生殖を超えた位置に性欲があります。 性的嗜好は、個人のなかで主要な意味を持つ場合は、時として性指向と考えることができるが、しかし、今日になってもなお、様々な理由よりして社会的に受容されることが困難である。 このような性嗜好は、一般に性的倒錯に分類される。 ある種の嗜好は、現在の西欧においては、性的異常、または変態性欲と見なされる。 少なくとも西欧では、また世界の多くの国でも、法に従う限り、性的異常と見なされる嗜好を行為に移すとき、それは犯罪と見なされうる。

次の

うさぎの夢!夢占いが暗示する意味を解説

うさぎ 性欲

うさぎを飼うのが大変と言われると自分は大丈夫かなと心配になりますが、実際にはうさぎの可愛さでそういった苦労も吹き飛びますよ! うさぎの種類を選ぶ 次にうさぎの種類を決めましょう。 ペットショップに行くと大体この種類のうさぎがいます。 そしてペットショップに見に行くときは、最も活発な時間帯の夕方もしくは朝一が良いです。 懐きやすい子が良い場合は、ケージの側に行った時にうさぎが寄ってくるのか隠れてしまうのかである程度判断できます。 逆に全く寄って来ない、ペットショップで大人になってしまったうさぎは懐きにくいと言われています。 【関連】 飼育に必要なモノを揃えておく うさぎが決まってもすぐに家に持ち帰るという事はなかなかありません。 なのでその間にうさぎの飼育に必要なモノを揃えてしまいます。 うさぎの飼育に必要なモノ• ケージ• エサ(牧草とペレット)• ペレット用の食器• 牧草用の入れ物• 給水器• トイレ 【関連】 ちなみに僕達も最初は何を買えば分からない状態でしたが、そこはペットショップの方の言われるがままに買いまくりました。 今思えば必要無いモノも多々ありました。 そしてその初期費用としてはケージなどの必要なモノで26,000円とうさぎの値段21,000円を合わせて大体 50,000円でした。 これはうさぎの種類によって大きく変わってくると思います。 あと、購入する時になって慌てたのがペット保険に加入するかしないかです。 ペットショップによってはうさぎ購入の段階でペット保険を進めてくる店もあると思うので、そこら辺も考えておいた方が良いです。 うちはそれで慌てて店員さん言われるがまま保険に加入してしまったので・・・。 ただペット保険に関しては、うさぎが高齢になればなるほど医療費が掛るので、最初は必要なくても後になってあれば良かったと思う事が多いようです。 【関連】 うさぎを向かい入れてからの飼育方法 トイトレの方法• トイレの場所はケージの隅が落ち着く子が多い• 尿や糞などの匂いが付いたモノをトイレに置く• そわそわしたらトイレに誘導する• 失敗した場合は拭いて匂いを消す トイレのしつけは大体こんな感じです。 しかしトイレはすぐに覚えてくれる子もいれば中々覚えの悪い子もいます。 我が家も失敗の連続だったのですが、なぜ失敗するのか?を考えを日々成功率があがるレイアウトを模索していました。 トイレのしつけは苦労すると思いますが、根気強く続ける事が大切になってきます。 【関連】 エサやりの方法 うさぎの餌は牧草(チモシー)とペレットが基本になります。 その他のモノ(果物、野菜、野草)は、副食やおやつと思って下さい。 そして冬の寒さにも決して強いわけでは無いので、1年を通してエアコンが必要になってきます。 出かける際もエアコンを付けっぱなしの状態になるので、もちろん電気代もあがる事を覚悟しておいて下さい。 【関連】 コードや壁を噛んで誤飲・感電の恐れ うさぎは何でも齧る動物でコードや壁などをどんどん齧ります。 そして一度口に入れたモノは吐き出せない構造になっています。 こればっかりは躾でどうこうなるモノでは無いので、飼い主が齧らせない様にするしかありません。 それを怠ると感電してしまったり、お腹に異物が詰まって最悪命を落としてしまいます。 コード・壁を齧らせない方法• うさぎの行動範囲内の危ないモノは全て撤去• 必要なコード類を補強する• 壁をかじらせない様に対策を施す 我が家も色んなモノを齧られたのですが、その度に色々対策してきました。 うさぎは骨折しやすい動物 うさぎの身体を触って貰えば分かると思うのですが、骨が細くとても折れやすくなっています。 なのでちょっと高い所から落ちてしまうだけで簡単に骨折してしまうのです。 なので、• ケージ内の高さがある部分• 部屋んぽでの高い場所 この2つには気を付けて下さい。 うさぎは骨折しやすいにも関わらず高い所が好きな動物です。 ケージ内にロフトがあるとうさぎも喜ぶしオシャレになるのですが、怪我をしてしまう恐れがある事を分かって貰いたい。 【関連】 食べて良い物と、、食べたらイケない物を把握しておく うさぎには基本ペレットと牧草を与えておけば良いのですが、やはりおやつもあげたくなると思います。 しかし中には与えない方が良いモノ、絶対に与えてはいけない物があるので気を付けて下さい。 うさぎの飼い方で難しい事や大変な事をズラズラと書いてしまいましたが、基本うさぎの飼育は可愛くて仕方がないです。 甘えてくる• ゴロンってなる• お尻がセクシー• 仕草がどれをとっても可愛い 疲れた仕事の後に癒しを提供してくれるだけではなく、うちの奥さんなんかは生き甲斐となるほどに愛おしい動物です。 ツイッターでもうさぎってこんなにも人に懐くんですね!?とよくビックリされますが、ホントに懐いてくれると可愛いです。 中にはドライな子もいるみたいですが、結構懐いてるなと感じるウサギも多いです。 なので最後までうさぎを責任を持ってうさぎを飼える!と言う方は家に向かい入れてみてはどうでしょうか。 以上、うさぎの飼い方、飼育の方法でした。

次の