法令 遵守 と は。 介護サービス事業者の業務管理体制整備に関する届出について

「遵守」と「順守」の違いとは?意味や場面ごとの使い分け方を解説

法令 遵守 と は

突然ですが、「遵守」という言葉を何と読みますか。 その読みで自信がありますか。 「そんしゅ」?いえいえ、違います。 答えは「じゅんしゅ」です。 「遵守」は、読み間違いの多い言葉の代表格といえるでしょう。 意外なことに、きちんとした雰囲気の方でも、「そんしゅ」と読み間違えていたりします。 さらに、困ったことには「いやいや、そんしゅと読むのが意味に合った、本来の正しい読み方で、じゅんしゅが間違いです。 」と自信満々に指摘される方もいます。 そもそも、「遵守」は法令や規則に関係する言葉なので、法学部出身でない限り、学生時代にはあまり目にする機会がない言葉といえます。 しかし、社会人になると、「社内規定の遵守」や「コンプライアンス遵守」など、意外と目にする機会が多い言葉です。 ぜひ、正しい意味を知って、正しく読めるようになりましょう。 「遵守」の意味から「そんしゅ」に! 「コンプライアンス遵守」という言葉は、ここ数年でよく目にするようになりました。 そもそもの「compliance」という英単語の意味は、「要求や命令への服従」、「(物理的な)外力が加えられたときの物質の弾力性や強度」でしたが、近年目にする言葉としての意味合いは「企業や組織の法令遵守」を指して使われています。 ここ数年、企業の不正や不祥事が相次いだことから、企業が法令や社会規範に違反しないように、社内体制を整えて、利害関係者の立場に立って経営を行うことが「コンプライアンス」と総称されるようになりました。 いわば、「コンプライアンス遵守」は今日の企業運営に欠かせない重要な課題となっています。 企業は、ただ法令を守るだけでなく、一段と踏み込んだ対策を取ることが社会的に求められているのでしょう。

次の

「遵守」と「順守」

法令 遵守 と は

コンプライアンスとは コンプライアンスを直訳すると『法令遵守』となり、文字通り解釈するなら、『法令違反をしないこと』つまり『 法律や条例を遵守すること』となります。 しかしながら、この様な意味だけならば、コンプライアンスなどとわざわざ取り上げる必要もなく、誰でもわかっていることです。 コンプライアンスが重要視されるのは、その意味に『法令遵守』も含まれますが、法令だけに留まらず、 社内規程・マニュアル・企業倫理・社会貢献の遵守、更に企業リスクを回避するために、どういうルールを設定して行くか・どのように運用して行くかを考え、その環境の整備までを含んでいるからです。 コンプライアンスを『法令遵守』とだけとらえ、法律を守っても、これは当然のことであり、 最低限のレベルに違反していないだけになります。 これを逆手にとり法の不備をつき「法令に違反していない」と、違法ギリギリの行為をしている企業もありますが、このような行為は企業の社会的信用を失い、取り返しのつかない事態になる可能性があります。 企業の規模・業種や問題の種類によっては、「法令に違反していない」と説明しても、それが必ずしも納得できるものとは聞こえないことが多々あるからです。 コンプライアンスの原点として、『公正・適切な企業活動を通じ社会貢献を行なう』とい思想があります。 特に、上場企業や企業ブランドを売りものにする企業で、法の不備をつくような行為を繰り返し行なえば、世間の企業ブランドに対する影響力は大きくなります。 これらの企業には、他の企業模範となるべく、積極的に法令や条例以上の企業倫理・社会貢献の遵守し、『 常識が法である』という行動が求められているのです。 コンプライアンスの範囲 コンプライアンスの遵守すべき範囲は、ここまでという明確なものはありませんので、各企業が、法令・社内規程・マニュアル・企業倫理・社会貢献などの範囲で 自発的な取り組みとして行なわれます。 ゆえに、各企業での取り組み方も千差万別で、『最低限のコンプライアンス』を追求する企業から、信用やブランド力を勝ち取るために積極的に取り組む企業など様々です。 企業の信用やブランド力の向上には、法令に留まらず、企業理念や社会貢献までを範囲とし、これらを基礎に企業文化や社風を改善して行くことが必要となります。 法律は完璧ではなく不完全なもので、社会の要求や期待の全てを満たすものではありません。 そのため、解釈がわかれたり、その不完全を補うために次々に新しい法律が作られます。 これらからも、ただ違法行為だけをしなければよいというのでは問題であり、その先にある企業倫理や社会貢献までも広く遵守できるような環境整備が、上場企業や企業ブランドを売りものにする企業には期待されてます。

次の

介護サービス事業者の業務管理体制整備に関する届出について

法令 遵守 と は

「コンプライアンス」という言葉は、近年ではかなり聴き馴染みのある言葉になってきた感があります。 インターネット・メディアの発達による情報拡散速度の飛躍的な向上によってレピュテーションの重要性が増すにつれ、コンプライアンスの重要性についても社会に浸透しつつあると言えるでしょう。 コンプライアンス遵守を実践するには、コンプライアンスの意義について適切に理解しておくことが不可欠です。 しかし、その意義は必ずしも世間で正しく理解されているとは限りません。 たとえば、類義語として「法令遵守」がありますが、コンプライアンスと法令遵守は、互いにどのように位置づけられるのでしょうか。 本稿では、コンプライアンスの意義について解説します。 辞書における「コンプライアンス」の定義 『三省堂 大辞林 第三版』によれば、コンプライアンスは以下のように定義されています。 特に、 において に ることなく、公正・公 ことをいう。 された を すること。 の の を表す。 しかし、弁護士である筆者が経験してきた法務・コンプライアンスの現場の実態に鑑みると、これは適切な定義とは言えません。 実際には、今日におけるコンプライアンスという概念は、法令遵守よりもはるかに広い範囲をカバーするものとして捉えられています。 以下で詳しく見ていきましょう。 法令遵守とコンプライアンス、違反の場合の効果から考える コンプライアンスと法令遵守の違いは、これらに違反した場合の効果から考えると明らかになります。 法令遵守に関する違反の効果はわかりやすく、法的な制裁を受けるということになります。 たとえば、会社や役員が刑事訴追を受けたり、罰金・課徴金・民事上の損害賠償等を課せられたりといった内容になります。 一方、コンプライアンス違反の効果は、必ずしも法的な制裁を受けるということにとどまりません。 コンプライアンス違反の効果として最も重大なものは、社会的評判(reputation)の毀損・低下です。 いったん企業イメージが毀損・低下してしまうと、これを回復するのは至難の業です。 ここにコンプライアンス遵守の重要性がクローズアップされる所以があると言えるでしょう。 当然ながら、法令に違反する行為を行った場合にも、その事実が世間に知れ渡れば、会社の評判は毀損・低下します。 その意味で、法令遵守もコンプライアンスの一部をなす要素であるということができます。 しかし、法令違反とまでは言えない行為であっても、その行為が社会的相当性を逸脱していると判断される場合、たとえば社内規程違反や、顧客の利益を害して自社を利する行為、法令による規制を潜脱することを意図しているとみなされるような行為などについては、「コンプライアンスの観点から問題のある行為」と考えられています。 コンプライアンス違反事例としてのハラスメント コンプライアンス違反の代表事例がハラスメントです。 ハラスメント行為の悪質性には幅があり、法的には刑事・民事上の責任を負うレベルに至っていないものも多く含まれています。 しかし、一度「ハラスメント行為が行われている会社である」という評判が立ってしまうと、売り上げや採用活動に影響が出てしまい、営業面で大きな損害が発生する可能性が高いと言えます。 したがって、コンプライアンス遵守の観点から言えば、社内でのハラスメント行為を撲滅する必要性は非常に高いと言うことができます。 しかし、ハラスメント行為は「受け手が嫌だと感じるかどうか」が基準となるものと説明されるのが通常であるため、ある行為がハラスメントに該当するかどうかは、客観的な視点から見るとかなりあいまいなところがあります。 ハラスメントに限らず、コンプライアンス違反に該当する可能性がある行為を精査する際には、法令などの定まった基準への該当性を検討するだけでは足りず、「社会から見てどうか」というあいまいな部分を含んだ観点から検討し、判断する必要があります。 では、コンプライアンス違反を防ぐためには、どのような取り組みをすべきでしょうか。 したがって、現場担当者のレベルでコンプライアンスについての意識を高く保持し、「この行為はコンプライアンス違反に該当しそうだぞ」ということを敏感に察知できる感性を育んでおく必要があります。 そのためには、社員教育を徹底することが重要です。 社内研修等において、コンプライアンス違反の事例を用いたケース・スタディを行い、社員のコンプライアンス意識を高めるのが有効でしょう。 コンプライアンス部門の機能を充実させるために、コンプライアンス担当者の増員、特に各現場における取引にも精通したコンプライアンス担当者の採用・育成を行うことが重要となります。 現に、筆者が弁護士として見てきたコンプライアンスの現場では、コンプライアンス担当者の人員増強の動きが活発に起こっています。 まとめ 以上の要点をまとめると、次のようになります。 ・コンプライアンスは法令遵守のみならず、社会的相当性から逸脱した行為を行わないというより広い範囲をカバーする概念であり、多くの場合その基準はあいまいである。 ・コンプライアンス違反を察知し、未然に防ぐために、現場レベルでコンプライアンス意識を向上させるとともに、コンプライアンス担当者の人員増強を行い、二重のチェック体制を充実させるべき。 コンプライアンス遵守は、それ自体が企業の収益を生むものではありませんが、reputationの維持・向上という企業活動にとって最も重要なテーマの一つと直結しているので、企業にとってコストをかけてでも強化しておく価値のある領域と言えるでしょう。 今後重要性をますます高めていくであろうコンプライアンスに関して、一度立ち止まって自社の体制について考えてみてはいかがでしょうか。

次の