ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 74。 ある日お姫様になってしまった件について /夜に駆ける

ある日、お姫様になってしまった件について

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 74

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、皇城から出ることを禁じられたアタナシアは、令嬢達を呼んでお茶会を開く。 ジェニットも参加した。 ジェニットがイゼキエルといとこ同士だという話から、国内のイケメン男子話題で盛り上がる令嬢たち。 アタナシアはついていけず、ただ疲労するばかりだ。 お茶会が終わると、ジェニットは屈託ない笑顔で、またお会いできますかとアタナシアに聞く。 原作なんて知らなければと暗い気持ちになるアタナシアなのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」37話のネタバレ アタナシアは花束を持ち、フィリックスと散歩していた。 赤血の騎士様という呼び名を知ってからというもの、彼をその名で呼びからかう彼女。 フィリックスは顔真っ赤だ。 クロードの執務室へ行くと、彼は今日もだらしなくソファーで眠っていた。 最近はこのように疲れがたまっているようで、呼び掛けても反応しない。 アタナシアは持ってきた花をクロードの髪に刺し、遊び始めた。 花公子のイレイン公子より美しいに違いないと盛り上がる彼女。 だが、突然ものすごい形相のクロードに腕を掴まれた。 アタナシアは、花がキレイだったから、花をつけたら花公子などと焦って説明するが、クロードは、アタナシアお前かと呟くと、緊張がとけ眠い目をこすりはじめた。 パパは寝起きも素敵だねという彼女に、たわけたことを、とぼんやり返すクロード。 クロードはメイドに茶を作らせろとフィリックスに声をかけると、呼ばれて顔をだしたフィリックスは、クロードの髪に花が刺さっていることに驚愕する。 アタナシアは誤魔化すように、いい香りだよ受け取ってと言い、クロードに花束を渡す。 ラフリエが咲く時期かと呟くクロード。 フィリックスが、ラフリエは陛下にとてもよくお似合いですというので、クロードは、今日は二人とも変なことを言うのだなと言い、髪に花がついているのに気づいていない。 クロードはフィリックスに、茶のついでに花瓶も一緒に持って来いと言うので、アタナシアはそれまでにあの花をなんとかしなければと思う。 そして、クロードの背後に回り、パパはお疲れでしょう、ソファーでなくしっかり横になって休まないとと言い、肩に手を置く。 ここからどうやって花を抜き取るかだ。 ふと入口に護衛がいないと危険なのではと聞くと、クロードに殺意を持って近づくものがいれば全身がズタズタになり、苦しみながら死ぬ保護魔法がかかっているから大丈夫だと言われる。 そんな予想もしていなかった事実に、もし幼い頃に悪意を持ってクロードを傷つけたらとんでもないことになったいたのかと動揺するアタナシア。 しかもアタナシアにもその魔法がかかっているのだという。 アタナシアは動揺しながらも、それでもパパに万が一のことがあるかと思うと心配、ずっとそばにいてくれなきゃと言う。 クロードは、誰が誰を心配しているのだと言うと、お茶の準備ができたようで、ドアの向こうから声がかかった。 もう時間が無いと思ったアタナシアは、クロードに思いっきり抱き着き、お茶のあとで散歩しようと誘う。 そのタイミングで花を抜き、投げ捨てることに成功。 クロードには気づかれなかったが、ドッと疲れた彼女なのだった。 その後、アタナシアが図書館に行くと、本を読んでいるイゼキエルに出くわす。 またお会いしましたねと、眩しい笑顔の彼。 アタナシアは、ここは私専用の図書館なのに、どうして公子がここにいるのですかと驚く。 イゼキエルは、誰も制するものがいなかったから共用図書館だと思ったようだ。 ドアの前の護衛騎士は、おしゃべりに夢中でイゼキエルの侵入に気づいていないらしい。 アタナシアがいないときはサボっているようだ。 他国での生活が長かったからオベリアの地理に詳しくないと、笑顔で嘘をつくイゼキエルに、さすがアルフィアス公爵の息子だと思うアタナシア。 彼は、メイド数人と、おしゃべりに夢中で侵入に気づかない騎士達だけでは、皇室のプライベートな警備が緩すぎるのではと言う。 誰でもその気になればここに入り込める、しかも今日は護衛騎士を連れていない、これではよくない、ロベイン卿がいかに素晴らしくても、このように警備を簡素にしてはと、次々指摘する彼。 不法侵入者なのにと彼女を突っ込むが、彼はニコニコである。 それで僕を追い出すのか、罪には問えないでしょう、無断侵入であればお姫様と同じ立場ですからと言うイゼキエル。 痛いところを疲れた彼女は、言葉がでないのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」37話の感想 今回のエピソードも日常を感じられて面白かったですね。 確かにクロードは、そこらの男性とはくらべものにならないほどのイケメンです。 花もよく似合います 笑 フィリックスが余計なことを言いそうだったので、アタナシアが、黙れ赤血球の騎士と心の中で悪態をついていましたね。 フィリックスをいじりすぎた罰が戻ってきたようです 笑 今回は本当面白かったです。 クロードはわけもわからず、娘に抱き着かれキスされていましたね。 表情はほぼ変わりませんが、さぞ嬉しかったでしょう。 ラフリエという花は、ダイアナが愛した花でしょうか。 その後、アタナシアが自分専用の図書館に入ると、イゼキエルが侵入していました。 なんという行動力。 彼は積極的ですね。 そうでもなければ、アタナシアと接触する機会がないのでしょう。 天使のような顔で相手を追い詰めるイゼキエルは流石です。 ルーカスがこの場面を見てしまったら、またすごくご機嫌斜めになりそうですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」37話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 74

『 ある日、お姫様になってしまった件について』は作画:Spoon先生、原作:Plutus先生による漫画です。 いわゆる「なろう系」ではなく、韓国で人気の作品を日本語に翻訳したもので、日本でも人気が出てきました。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻のネタバレ記事です。 『ある日、お姫様になってしまった件について』のネタバレ! ある日、起きたらなんと赤ちゃんに生まれ変わっていた アタナシア。 しかも周りの話を聞いているとどうやらお姫様に生まれ変わったらしいのです。 話を聞く限りでは、前世で読んだ小説の不幸な身の上のお姫様に…… 小説ではそのお姫様は皇帝の父と踊り子の母間に生まれたものの出産で母は命を落とし、父からは疎まれてしまいます。 似たような境遇の異母姉妹は父である皇帝から溺愛されるのに、アタナシアは疎まれるどころか最期はたった18歳で皇帝の不興を買い殺されてしまうのです。 そんな小説と同じ未来にならないように赤ちゃんの頃から必死にあれこれ画策し、皇帝にわざとニコニコ懐いてみると皇帝も表情こそ余り変わらないけれど、どうやら満更でもなさそう。 でも殺されないために振りまいていたアタナシアの笑顔は徐々に本物になってきて、皇帝がアタナシアを見つめる瞳も徐々に優しくなってきて… 親子の情愛がゆっくり育つハートフルなストーリーです。 『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻の感想 いわゆる転生物でタイトルもわかりやすく、シンプルに生まれ変わったらお姫様になっていました、という最近流行りの作品かと思いきや、今一番お気に入りの漫画になりました。 まず絵柄のきれいさが素晴らしいです。 特に姫様のドレスのデザインのかわいさには感動すら覚えました。 漫画家さんもドレスのセンスまでお持ちの方は少ないように思います。 姫様が成長するにつれて年齢相応の普段着のドレスからデビュタントのドレスまで毎回ドレスのデザインが違ってとにかく全てがかわいいのです。 もちろん皇帝の衣装も素敵。 それから前世の記憶にある小説の通りに殺されてしまわないように、姫様が皇帝に必死にまとわりつく様子に皇帝が徐々にほだされて行くのがもう楽しみすぎてたまりません。 ほだされても皇帝はべたべたに甘くなるわけではなくちょっとしたことに動揺したり、自ら姫様を抱き上げたりといった程度なのですが、そのささやかな仕草から姫様を大切な存在だとしつつある不器用な皇帝がもう可愛すぎて可愛すぎて。 ただの男女のやりとりでなく親子としての情愛を育んでいくのも珍しいかなと思います。 単純な恋愛ものではないのもまたお勧めです。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の

ある日お姫様になってしまった件について /夜に駆ける

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 74

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、皇城から出ることを禁じられたアタナシアは、令嬢達を呼んでお茶会を開く。 ジェニットも参加した。 ジェニットがイゼキエルといとこ同士だという話から、国内のイケメン男子話題で盛り上がる令嬢たち。 アタナシアはついていけず、ただ疲労するばかりだ。 お茶会が終わると、ジェニットは屈託ない笑顔で、またお会いできますかとアタナシアに聞く。 原作なんて知らなければと暗い気持ちになるアタナシアなのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」37話のネタバレ アタナシアは花束を持ち、フィリックスと散歩していた。 赤血の騎士様という呼び名を知ってからというもの、彼をその名で呼びからかう彼女。 フィリックスは顔真っ赤だ。 クロードの執務室へ行くと、彼は今日もだらしなくソファーで眠っていた。 最近はこのように疲れがたまっているようで、呼び掛けても反応しない。 アタナシアは持ってきた花をクロードの髪に刺し、遊び始めた。 花公子のイレイン公子より美しいに違いないと盛り上がる彼女。 だが、突然ものすごい形相のクロードに腕を掴まれた。 アタナシアは、花がキレイだったから、花をつけたら花公子などと焦って説明するが、クロードは、アタナシアお前かと呟くと、緊張がとけ眠い目をこすりはじめた。 パパは寝起きも素敵だねという彼女に、たわけたことを、とぼんやり返すクロード。 クロードはメイドに茶を作らせろとフィリックスに声をかけると、呼ばれて顔をだしたフィリックスは、クロードの髪に花が刺さっていることに驚愕する。 アタナシアは誤魔化すように、いい香りだよ受け取ってと言い、クロードに花束を渡す。 ラフリエが咲く時期かと呟くクロード。 フィリックスが、ラフリエは陛下にとてもよくお似合いですというので、クロードは、今日は二人とも変なことを言うのだなと言い、髪に花がついているのに気づいていない。 クロードはフィリックスに、茶のついでに花瓶も一緒に持って来いと言うので、アタナシアはそれまでにあの花をなんとかしなければと思う。 そして、クロードの背後に回り、パパはお疲れでしょう、ソファーでなくしっかり横になって休まないとと言い、肩に手を置く。 ここからどうやって花を抜き取るかだ。 ふと入口に護衛がいないと危険なのではと聞くと、クロードに殺意を持って近づくものがいれば全身がズタズタになり、苦しみながら死ぬ保護魔法がかかっているから大丈夫だと言われる。 そんな予想もしていなかった事実に、もし幼い頃に悪意を持ってクロードを傷つけたらとんでもないことになったいたのかと動揺するアタナシア。 しかもアタナシアにもその魔法がかかっているのだという。 アタナシアは動揺しながらも、それでもパパに万が一のことがあるかと思うと心配、ずっとそばにいてくれなきゃと言う。 クロードは、誰が誰を心配しているのだと言うと、お茶の準備ができたようで、ドアの向こうから声がかかった。 もう時間が無いと思ったアタナシアは、クロードに思いっきり抱き着き、お茶のあとで散歩しようと誘う。 そのタイミングで花を抜き、投げ捨てることに成功。 クロードには気づかれなかったが、ドッと疲れた彼女なのだった。 その後、アタナシアが図書館に行くと、本を読んでいるイゼキエルに出くわす。 またお会いしましたねと、眩しい笑顔の彼。 アタナシアは、ここは私専用の図書館なのに、どうして公子がここにいるのですかと驚く。 イゼキエルは、誰も制するものがいなかったから共用図書館だと思ったようだ。 ドアの前の護衛騎士は、おしゃべりに夢中でイゼキエルの侵入に気づいていないらしい。 アタナシアがいないときはサボっているようだ。 他国での生活が長かったからオベリアの地理に詳しくないと、笑顔で嘘をつくイゼキエルに、さすがアルフィアス公爵の息子だと思うアタナシア。 彼は、メイド数人と、おしゃべりに夢中で侵入に気づかない騎士達だけでは、皇室のプライベートな警備が緩すぎるのではと言う。 誰でもその気になればここに入り込める、しかも今日は護衛騎士を連れていない、これではよくない、ロベイン卿がいかに素晴らしくても、このように警備を簡素にしてはと、次々指摘する彼。 不法侵入者なのにと彼女を突っ込むが、彼はニコニコである。 それで僕を追い出すのか、罪には問えないでしょう、無断侵入であればお姫様と同じ立場ですからと言うイゼキエル。 痛いところを疲れた彼女は、言葉がでないのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」37話の感想 今回のエピソードも日常を感じられて面白かったですね。 確かにクロードは、そこらの男性とはくらべものにならないほどのイケメンです。 花もよく似合います 笑 フィリックスが余計なことを言いそうだったので、アタナシアが、黙れ赤血球の騎士と心の中で悪態をついていましたね。 フィリックスをいじりすぎた罰が戻ってきたようです 笑 今回は本当面白かったです。 クロードはわけもわからず、娘に抱き着かれキスされていましたね。 表情はほぼ変わりませんが、さぞ嬉しかったでしょう。 ラフリエという花は、ダイアナが愛した花でしょうか。 その後、アタナシアが自分専用の図書館に入ると、イゼキエルが侵入していました。 なんという行動力。 彼は積極的ですね。 そうでもなければ、アタナシアと接触する機会がないのでしょう。 天使のような顔で相手を追い詰めるイゼキエルは流石です。 ルーカスがこの場面を見てしまったら、またすごくご機嫌斜めになりそうですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の