骨なしケンタッキー。 KFCのチキンは部位を選べないと聞いたけどしれっと指定買い出来たので「オリジナルチキン・キール」と「骨なしケンタッキー」(共にむね肉)食べ比べてみた! : NewsACT

ケンタッキーの骨なしチキン「骨なしケンタッキー」を食べに行ってきました

骨なしケンタッキー

2014年01月09日 22時00分 ケンタッキーの骨なしチキン「骨なしケンタッキー」を食べに行ってきました ケンタッキーのオリジナルチキンは食べる部分によっては骨の存在がやっかいですが、なんと期間限定でオリジナルチキンと同じ味付けでありながら骨がないというまさにそのまんまなネーミングの「 骨なしケンタッキー」が1月9日 木 から販売開始されました。 オリジナルチキンとどれぐらい違うのか、実際に食べに行ってみました。 お店で手づくりの「オリジナルチキン」のおいしさが骨なしチキンで味わえる!『骨なしケンタッキー』 1月9日 新発売 ケンタッキーに到着。 店頭でもデカデカと新商品をアピール。 のぼりも立っていました。 お店に入り、レジに並びます。 メニューの中央に、骨なしケンタッキーが陣取っていました。 注文してみます。 夕暮れ時のお店は混んでおり、10分弱で商品が到着。 お店のレジに並んだ多くの人が、骨なしケンタッキー 税込240円 を注文していました。 チキンの入った紙袋には「国内産むね一枚肉を手づくりで。 骨なしケンタッキー」と書いてあります。 「骨なしチキン」ではなく「骨なしケンタッキー」なのがミソ。 紙袋の裏面には食べ方が書いており、コンビニなどで売っているフライドチキンのように、ミシン目の上半分の紙を切り取って食べます。 取り出すとこんな感じで、形は胸肉にしては整っていない気がします。 表面はカリカリというより、油でベタベタしていました。 包み紙に、油がにじみ出しているチキンもありました。 3個全て袋から出すとこんな感じ。 オリジナルチキンほど誤差がないものの、同じ商品でも形には違いがあります。 オリジナルチキンと同じように、スパイスの粒が確認できました。 袋に入れ直し、食べてみます。 味付けはほぼほぼオリジナルチキンと同じで、胸肉は良く言えばさっぱりしていますが、オリジナルチキンよりも旨味が薄い印象。 じゅわっと肉汁が溢れ出しますが、脂分は少ないので、印象がだいぶ違います。 骨がない分かなり簡単に食べることができ、唐揚げのような感覚。 今回のお店では衣が普通より少し厚めで揚げたてだったためか、普段のオリジナルチキンよりも骨なしケンタッキーの方が味がかなり濃く感じられました。 同じように骨なしの既存メニュー「 」の方は表面がパリパリなのですが、骨なしケンタッキーの表面は油切りが甘くなりがちなためか割とベタベタ気味でした。 端の部分には、サクサクのころもも付いていますが、全般的に食感は柔らかめ。 「ケンタッキーのチキンは好きだが、かぶりついたときのあの骨がちょっと……」という人もこれなら難なく安心して食べられるはずです。

次の

ケンタッキーの骨って犬にあげても大丈夫なの?

骨なしケンタッキー

ケンタッキーには「骨なしケンタッキー」というメニューがあります。 小骨が無いのは嬉しい! 普通のオジリナルチキンよりも好きなメニュー人も多いかもしれませんね。 でもカロリーはどうなっているのでしょう?糖質は?オリジナルチキンと比べてどうなのか知りたいところですね。 ということで今回はこの骨なしケンタッキーのカロリー、糖質、値段などの情報をオリジナルチキンと比較する形でまとめていきます。 骨なしケンタッキーとは?• 骨なしケンタッキーのカロリー比較• 骨なしケンタッキーの糖質比較• 骨なしケンタッキーの値段比較 およそ上記の順番でまとめていきます。 少しずつ下がって確認ください。 スポンサーリンク 骨なしケンタッキーの部位など 骨なしケンタッキーは胸一枚肉を衣につけて揚げています。 オリジナルチキンは「ドラム(脚)」、「リブ(あばら)」、「キール(胸)」、「ウィング(手羽)」、「サイ(腰)」といった様々な部位があるのに対して、骨無しケンタッキーはキール(胸)だけと考えるといいでしょう。 すなわち、オリジナルチキンのキール(胸)と同じ部位です。 そのため、女性や健康を気にしている人に人気です。 また、骨なしケンタッキーは名前の通り「骨なし」なのでオリジナルチキンよりも食べやすくなっています。 骨が面倒で嫌という人には骨なしケンタッキーがおすすめ。 では骨なしケンタッキーはオリジナルチキンと比較してカロリーや糖質、値段などはどうなっているのでしょうか?本当に健康的な部位なのでしょうか? 骨なしケンタッキーのカロリー比較 カロリー 可食部平均重量 骨無しケンタッキー 204Kcal 87g オリジナルチキン 237Kcal 86g 骨なしケンタッキーのカロリーは204Kcal、可食部87gです。 一方でオジリナルチキンのカロリーは237Kcal、可食部86gとなっています。 ここでちょっと変だと感じますよね。 この理由はオリジナルチキンは皮の多い部位、脂身の多い部位、逆に脂身の少ない部位などいろいろな部位があるのに対して、 骨なしケンタッキーは脂身の少ない胸肉を使っているからでしょう。 当然のことながら皮の部分や脂身の多い部分のカロリーが高くなる。 すなわちオリジナルチキンのカロリーは実際には250kcal程度になる部位もあると思われます。 骨なしケンタッキーの糖質比較 糖質 可食部平均重量 骨無しケンタッキー 10. 7g 87g オリジナルチキン 7. 6g 86g (糖質は炭水化物-食物繊維で計算) 一方で 糖質は骨なしケンタッキーよりもオリジナルチキンの方が低くなっています。 その理由の詳細は不明ですが、衣が違うからでしょう。 味も少しスパイシーな感じがするのでその辺りも関係しているかもしれませんね。 骨なしケンタッキーの値段比較(セット、パックなど) 値段 骨無しケンタッキー 250円 オリジナルチキン 250円 骨なしケンタッキー、オリジナルチキン共に単品で250円となっています。 オリジナルチキンよりも小さく感じますが可食部平均重量はほぼ同じなので妥当な価格と言えるでしょう。 なお、オリジナルチキンはセットやパックにすると少し値段が安くなってお得。 一方で骨なしケンタッキーはセットやパックメニューが見当たりません。 またクーポンならば両方を食べれるセットが出ている場合があります。 詳細は別途まとめているのでそちらも参考にしてください。 (参考:) (参考:) 骨なしケンタッキーのカロリー、糖質、値段などまとめ• 骨なしケンタッキーの部位は胸肉のみ• オリジナルチキンのように他の部位はなし• 可食部重量はオリジナルチキンとほぼ同じ• カロリーはオリジナルチキンより低い• 糖質は逆にオリジナルチキンより高い• 値段はオリジナルチキンと同じだけどセットやパックがない 今回はケンタッキーのチキンメニューの1つである骨なしケンタッキーについての情報をまとめました。 まず部位は胸肉のみでオジリナルチキンとは異なります。 そのためもあってか、女性や健康を気にしている人に人気。 もし、あなたも健康を気にしているようであれば骨なしケンタッキーを注文することも考えてくださいね。 以上、骨無しケンタッキー情報でした。 その他にも骨なしケンタッキーについて何か情報あったら教えてくださいね。 追記や編集を検討します。

次の

【ケンタッキー】メニュー・値段・カロリー等「500円ランチ発売中」

骨なしケンタッキー

2014年01月09日 22時00分 ケンタッキーの骨なしチキン「骨なしケンタッキー」を食べに行ってきました ケンタッキーのオリジナルチキンは食べる部分によっては骨の存在がやっかいですが、なんと期間限定でオリジナルチキンと同じ味付けでありながら骨がないというまさにそのまんまなネーミングの「 骨なしケンタッキー」が1月9日 木 から販売開始されました。 オリジナルチキンとどれぐらい違うのか、実際に食べに行ってみました。 お店で手づくりの「オリジナルチキン」のおいしさが骨なしチキンで味わえる!『骨なしケンタッキー』 1月9日 新発売 ケンタッキーに到着。 店頭でもデカデカと新商品をアピール。 のぼりも立っていました。 お店に入り、レジに並びます。 メニューの中央に、骨なしケンタッキーが陣取っていました。 注文してみます。 夕暮れ時のお店は混んでおり、10分弱で商品が到着。 お店のレジに並んだ多くの人が、骨なしケンタッキー 税込240円 を注文していました。 チキンの入った紙袋には「国内産むね一枚肉を手づくりで。 骨なしケンタッキー」と書いてあります。 「骨なしチキン」ではなく「骨なしケンタッキー」なのがミソ。 紙袋の裏面には食べ方が書いており、コンビニなどで売っているフライドチキンのように、ミシン目の上半分の紙を切り取って食べます。 取り出すとこんな感じで、形は胸肉にしては整っていない気がします。 表面はカリカリというより、油でベタベタしていました。 包み紙に、油がにじみ出しているチキンもありました。 3個全て袋から出すとこんな感じ。 オリジナルチキンほど誤差がないものの、同じ商品でも形には違いがあります。 オリジナルチキンと同じように、スパイスの粒が確認できました。 袋に入れ直し、食べてみます。 味付けはほぼほぼオリジナルチキンと同じで、胸肉は良く言えばさっぱりしていますが、オリジナルチキンよりも旨味が薄い印象。 じゅわっと肉汁が溢れ出しますが、脂分は少ないので、印象がだいぶ違います。 骨がない分かなり簡単に食べることができ、唐揚げのような感覚。 今回のお店では衣が普通より少し厚めで揚げたてだったためか、普段のオリジナルチキンよりも骨なしケンタッキーの方が味がかなり濃く感じられました。 同じように骨なしの既存メニュー「 」の方は表面がパリパリなのですが、骨なしケンタッキーの表面は油切りが甘くなりがちなためか割とベタベタ気味でした。 端の部分には、サクサクのころもも付いていますが、全般的に食感は柔らかめ。 「ケンタッキーのチキンは好きだが、かぶりついたときのあの骨がちょっと……」という人もこれなら難なく安心して食べられるはずです。

次の