急かしてしまってすみません。 「すみません」に関連した英語例文の一覧と使い方(2ページ目)

「急がせてすみません」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

急かしてしまってすみません

「急かしてすみません」の敬語の1つ目として「急なご連絡となり申し訳ございません」が挙げられます。 直接的に急かしているわけではないのですが、「急かしてすみません」という表現を敬語に言い換えるとしたらその状況に合わせて表現を選ぶ必要があり、「急なご連絡となり申し訳ございません」もその一つとなります。 この表現は「連絡が急になってしまったために納期までタイトなスケジュールとなり大変申し訳ない」というニュアンスが含まれているため、状況によっては急かしている表現となるわけです。 「ご連絡」や「申し訳ございません」という部分も、敬語表現になっているため敬語への言い換え表現であると言えるのです。 この表現についても直接的に急かしているわけではないのですが、納期に関して無理を言っている場合にはこの表現を導入文で使いつつ納期に対して急かす文章を入れていく形になります。 「ご無理」という部分に、タイトなスケジュールの納期が含まれているわけです。 これがもしも英語の場合だともっと直接的な表現に直して英訳をしないと通じないのですが、日本語の場合だとそれまでの状況や、文章の前後のニュアンスで急かしている要素を十分に出すことができるためにこの表現も急かす部類に入るのです。 この表現は上述の2つの表現に比べるとだいぶ急かしている表現となっています。 「お忙しいところ」に度々連絡を入れている時点で、相手に対して急かしているアクションをとっていると言えます。 とはいえこの表現を使うことで相手方も急かしていることに対して気を遣ってくれているんだなと感じるため、悪い気はしないはずです。 急かすこと自体はネガティブに感じられる行為ではあるのですが、この表現のような気遣いがあると良好なコミュニケーションが取れるので覚えておきたいところです。 この表現も急かしているニュアンスを直接的に表現している言い回しになっています。 元々がタイトなスケジュールになっているために急かす結果になっていることを謝罪している表現になります。 しかしながらビジネスにおいては、お互いが気を付けていたとしてもスケジューリングがタイトになってしまうことは往々にしてあるものです。 そのため、このような表現を使いつつもお互いに仕事を成功させようとするベクトルで良好なコミュニケーションを意識することでビジネスは円滑に進むことでしょう。 この表現になると催促そのものが度重なっていること自体を謝罪している表現となり、急かしていることを直接的に謝罪している敬語表現であると言えます。 ビジネスにおいて納期に間に合わせるために催促をする場面には必ずあたるものです。 日本語の難しいところは「この1つの表現を使えば失礼なく相手を急かすことができる」という表現がないことです。 ここで紹介した5つの表現を、状況や相手との関係性に合わせて使い分けていきたいところですね。 「急かしてすみません」はそのままの文章を英訳するのではなく、状況に応じて日本語自体を書き換えつつ英語に訳す作業が必要になりますので、例文のような言い回しになってくるのです。 1つ目のニュアンスがもっとも丁寧で分かりやすい例文になります。 2つ目に関しては文章よりは会話で使っていきたい言い回しになります。 3つ目は「ありがとう」というような直訳にはなりますが、このような婉曲的な言い回しが必要な場面も想定し、例文として紹介していますが英語にするとこのような表現も「急かしてすみません」の英語訳となるので覚えておきましょう。 「急かしてすみません」を英語で伝える例文• (短い期間であなたの仕事を終わらせなければならないことをお詫びします)• Sorry for so many times asking. (度々のお願いとなりまして申し訳ありません)• Thank you for your understanding about this matter. 相手方はそのタイトな納期に対して真剣に納期を間に合わせようと、他の業務とうまく調整をしながら頑張ってくれているはずで、その光景が想像できれば相手方に対しての気遣いも十分にできるはずです。 しかしながらビジネスにおいて追い詰められている状況では「前もって言っていたのに何でできないんだ」などという気持ちが相手に対して見えてしまうようなこともあるかもしれませんが、それはコミュニケーションにとってマイナスになります。 相手に対する気遣いを常に忘れずに行動するようにしましょう。

次の

【催促メールの英語表現】相手に不快感を与えない英語の催促フレーズ

急かしてしまってすみません

英語で催促メールを送る際は、「簡潔に」「丁寧に」を心がける• 紹介する英語のフレーズを利用して、正確にニュアンスを伝えよう 英語で催促メールを送る際のポイント ただでさえ緊張する催促メール。 そのうえ普段書きなれない英語で、催促メールを送るのは難しいですよね。 今回は特に大切な2つのポイントを抑えて、相手を不快にさせない催促メールを送りましょう。 ポイント1.主張を簡潔に伝える 英語には日本語のような遠回しの表現がないため、メールを書く際には 内容を簡潔にする必要があります。 遠回しな伝え方では、相手には伝わりません。 何が問題で、相手にどうして欲しいのかを考えメールの要件を1度書き出してから文章にしてみるといいでしょう。 ポイント2.丁寧な表現を使う ビジネシーンでは、基本的に「丁寧な表現」を使うことを心がけましょう。 例えば「Can/Will you〜?」の代わりに「 Could/Would you〜?」を使うのが一般的です。 英語には敬語表現がないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、丁寧な表現やビジネスで使われる表現は決まっています。 ビジネスで使用するときには、オフィシャルな場にふさわしい言葉遣いなのか確認するようにしましょう。 Hi[Hello], Mr. [Mrs. 「こんにちは、~さん。 Dear Mr. [Mrs. 「~さんへ。 」 催促メールの文末で使える「返事を下さい」という英語表現 相手がなかなか返信をくれない場合に、メールの返信を催促することもあるでしょう。 次は、メールの返信を催促するシーンで役立つ英語表現を紹介していきます。 英語のビジネスメールには「 シンプルに、わかりやすく丁寧に」という暗黙のルールがあります。 要件が不要に長くならないように気をつけましょう。 返信先を指定する場合の英語表現は? 催促メールに限らず、返信するメールアドレスを指定する場合には以下のような表現を使ってみましょう。 I am still expecting your response regarding ~. 「~についての返信をまだ待っています」• This is a reminder that I have yet to receive a reply from you on the e-mail below. 「念のため、下記メールについてのご返信をいただいていないことを再連絡いたします(以前送った文面を添付)」• I was wondering if you have had chance to look at the e-mail below. 「下記メールをお読みいただけたでしょうか?」• I was wondering if you have had checked the email below. 「下記メールをお読みいただけたでしょうか?」• Just(I was)wondering if you have received my previous message. 「前回のメールは届いていますか?」• Would you kindly give your reply, as your response is very important to us?「とても重要な件ですので、何卒ご返信をお願いします」• If you have not already, please take a moment to check the message below. 「まだであれば、下記のメールをご確認ください」• I would appreciate it if you could give your response. 「ご返信いただけると幸いです」• Since we are in a big hurry, please get back to us as soon as possible. 「急いでいるので、できるだけ早めの返信をお願いします」• I was wondering if you have received the email I sent on January 25th. 「1月25日に送りましたメールは届いていますか?」• Your immediate response is highly appreciated. 「早めにご返信いただけると幸いです」 納期に間に合わせるために使える催促メールの英語表現 取引先に対して、現状ペースでは納期に間に合わないなどの催促メールを送ることもあるでしょう。 その際は下記フレーズを参考に、催促メールの文面を作成してみてください。 (I am)Sorry to bother you, but ~. 「お忙しいところすみませんが、~」• I apologize for the urgency, but ~. 「お急ぎ立てしてすみませんが、~」• Sorry for the rush, but ~. 「急かしてすみませんが、~」• Recognizing your very busy schedule, ~. 「とても忙しいのは重々承知ですが、~」• I understand that you have a heavy schedule, but ~. 「とても忙しいのは理解していますが、~」 これら例文の後には、 急を要する理由や要件を書きましょう。 しかし、場合によっては嫌味に思えてしまうなど、かえって悪い印象を与えたりする場合もあります。 その前置きが本当に必要かどうか、十分に考えた上で送るようにしましょう。 例文を参考に英語で催促メールを送ろう.

次の

何度も聞いてすみませんって英語でなんて言うの?

急かしてしまってすみません

敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三種類があります。 尊敬語は相手を敬う言い方です。 謙譲語はこちら側が遜った言い方です。 丁寧語は「です・ます」調の丁寧な言い方です。 尊敬語は相手が主体の言い方です。 例えば「お客様がいらっしゃいました」と使います。 謙譲語は遜ったこちら側が主体になる言い方です。 「(私が)お手紙を頂きます」と使います。 これらの文章の中で「ました・ます」は丁寧語です。 尊敬語・謙譲語と丁寧語は組み合わせて使います。 他に「美化語」という言い方があります。 丁寧で上品な言い方にして敬語と組み合わされて文章全体をまとまりのある美しいものにします。 単語の前に「お・ご」を付けるだけの時と単語そのものを変化させる場合があります。 相手の機嫌を損ねない言い方で「急がせてすみません」と敬語で表現する例を紹介します。 当方の手違いにより会場が間違っておりました。 お疲れのところ急がせてしまい誠に申し訳ありませんが、至急Aホールへお越しくださいますようにお願い申し上げます。 開演時間が30分早くなりました。 お寛ぎのところ急がせて大変に恐縮ですが集合場所にお戻り下さいますようお願い申し上げます。 メールでの使い方とは? メールにて「急がせてすみません」と連絡する時には、相手の顔が見えないので細心の注意を払う必要があります。 対面して「急がせてすみません」と言葉を交わす場合は相手の仕草や表情から、今の気持ちを汲み取る事ができますがメールではできないからです。 対面して「急がせてすみません」とこちらが言った場合に、先方がもし嫌な気分を顔に表していたら「本当に申し訳ございませんがよろしくお願いします」と再度のお願いもできますが、メールではそういった細かな配慮ができないので、最初から最大限の敬語で「急がせてすみません」とお詫びしつつお願いをすることが望まれます。 「急がせてすみません」を敬語表現するときの例文 メールでも使用可能な「急がせてすみません」を敬語表現した例文をご紹介します。 こちらの「急いで欲しい」というお願いを失礼のない言い方で表現しました。 ・お忙しいところ急がせてしまい大変恐縮でございます。 誠に申し訳ございませんでした。 ・この度は急がせる結果となってしまい誠に申し訳ありません。 何卒ご容赦頂きますようお願い申し上げます。 ・私共の手違いにより、お客様を急がせてご迷惑をかけました事を心よりお詫び申し上げます。 「さ入れ言葉」に注意して 最近の傾向として敬語で話す場合に余計な「さ」を入れる人が増えてきました。 例えば「急がせてすみません」と言う場合に「急がさせてすみません」と言ってしまいます。 敬語表現としてどんな場合でも「させていただきます」と遜って言えば失礼に当たらないと勘違いしているので、「急ぐ」という動詞の使役の表現としての「急がせる」という言い方にも「さ」をつけてしまいます。 他にも「歩かせる」「行かせる」「向かわせる」などがありますが、それぞれ「歩かさせる」「行かさせる」「向かわさせる」と間違った言い方をします。 「させていただく」は相手の了解を得る場合の遜った表現ですから「させていただきますがよろしいでしょうか」と続けるのが本来の使い方です。 「急がせてすみません」と相手にお願いをする場合には元々当てはまりません。 「急がせてすみません」の別の敬語表現例 {急がせてすみません」という表現には別の言い方があります。 「立てる」という言葉を使って使役のニュアンスを少し和らげる方法です。 この「立てる」は同じ意味で「御用立てる」とも使います。 「急がせてすみません」をソフトに表現しているので、「急がせてすみません」とお願いしづらい得意先にはぜひ使いたい言い方です。 お急ぎ立てしてしまい申し訳ありません 「急がせてすみません」を丁寧に敬語で表現した言い方です。 例文を紹介します。 ・講演会の突然の予定変更でお急ぎ立てしてしまい大変に申し訳ありません。 ・会議に配布する資料の原稿が届いておりません。 お急ぎ立てしてしまい誠に申し訳ございませんが早急にご送付下さいますようお願い申し上げます。 御用立てしてしまい バイト敬語という言葉があります。 敬語のように聞こえますが間違った言い方ですからうっかりと使わないように注意しましょう。 よく使われるバイト敬語に次のようなものがあります。 ・よろしかったでしょうか ファミレスで「こちらのお席でよろしかったでしょうか」と聞かれることはよくありますかが「よろしかったでしょうか」ではなく「よろしいでしょうか」が正しい表現です。 ・~のほうになります どんな場合でも「~のほう」を使う店員さんがいます。 「デザートのほうになります」と言って持ってきてくれますが、本来は「デザートをお持ちしました」が正しい言い方です。 気持ちを込めて伝えましょう.

次の