リーガル サービス。 台湾(華流)ドラマ【リーガルサービス】相関図とキャスト情報

獨協大学地域と子どもリーガルサービスセンター

リーガル サービス

C CNplus Production Inc. , Chun Ji Yun Media Co. 「リーガル・サービス-最大の利益-」(全20話)は、台湾ドラマ初の法曹界を舞台にしたリーガルドラマ!BS日テレにて2月26日(水)から放送の第6話~第10話のあらすじを紹介、Huluでも見逃し配信する。 方筝 ファン・ジョン の次のクライアントは保険会社。 火災保険の保険金未払いで、契約者の黄正勝 ホアン・ジェンシェン から訴えられた民事訴訟だ。 黄 ホアン の経営する正義靴工場は経営難。 彼の幼なじみの牡丹 ムーダン も、難病の娘の高額医療費に苦しんでいた。 夫婦問題で悩む秀玉 シウユー の相談に乗るうちに、彼女と不倫関係に陥り、夫から姦通罪で訴えると脅される。 仕事柄、不倫スキャンダルを表沙汰にできない董 ドン は同窓生の方筝 ファン・ジョン に助けを求める。 一方、長河 チャンホー 法律事務所の実習生、子倩 ツーチェン と佳佳 チャチャ の間には亀裂が生じ始めていた。 だが、子倩 ツーチェン は京勤 ジンチン 法律事務所へ移ることを決意。 実習生の間に動揺が走る。 方筝 ファン・ジョン のもとには、多数の死傷者を出す事故を起こしたバス運転手の娘が、父親が所属した旅行社を訴えたいと訪ねてくる。 勝訴の可能性は低いと見て、方 ファン は依頼を断るが…。 だが、割り切れない思いを抱えていたのは方筝 ファン・ジョン も同じ。 しかも、事務所に協力したのに、パートナー弁護士に選出されたのは、方筝 ファン・ジョン でなく李安邦 リー・アンバン だった。 方筝 ファン・ジョン のもとに新たな依頼人が訪ねてくる。 雇い主から性的暴行を受けたインドネシア人家政婦で、雇い主を訴えることになるが…。 それは外国人のシンディにとって、虚偽告訴罪で強制退去となることを意味していた。 法のグレーゾーンの存在に、やり場のない憤りを隠せない陳博昀 チェン・ボーユン。 方筝 ファン・ジョン は「心の物差しを持て」と助言する。 一方、訴訟を免れたシンディの雇い主・管 グアン だったが、その妻・麗珊 リーシャン は離婚を決意。 方筝 ファン・ジョン を代理人に立てる。 他受賞多数。 キミ・シア 夏于喬 『祝宴!

次の

神戸、明石の相続遺言、垂水区の司法書士が無料出張相談致します|山下リーガルサービス

リーガル サービス

個人情報の定義 ここでいう「個人情報」は、氏名・性別・生年月日・電話番号・メールアドレス・住所・勤務先など、お客様個人に関するあらゆる情報を指すものとします。 これらの情報を単独、もしくは複数の組み合わせによって個人が特定される情報はすべて個人情報と定義します。 個人情報の収集 業務の確実な遂行やサービスの円滑な提供を行うため、当社ではお客様からのお問い合わせやご相談、サービス提供やお見積もりのご依頼時などに、個人情報をお預かりしています。 収集した個人情報は、以下の利用目的の範囲を逸脱しないよう最小限のご提供をお願いしております。 個人情報の利用目的 当社がお預かりした個人情報については、業務上必要な範囲内でのみ使用いたします。 具体的な利用シーンは下記の通りです。 お問い合わせ内容に関する回答やご確認、ご説明のための連絡• 当社サービスのご案内• ご依頼内容の適切な遂行• お客様への迅速なサービス提供• サービス向上のためのデータ分析 なお、上記の合理的な利用範囲を超えることが予想される場合は、その旨をあらかじめお客様にお知らせいたします。 同意がない場合の無断使用はいたしません。 また、お客様に当社へ個人情報をご提供していただくかどうかは、お客様自身のご判断にお任せいたします。 必要な情報をいただけない場合、当サイトに掲載しているサービスを適切かつ迅速にご提供できない可能性がございますので、あらかじめご了承ください。 個人情報の管理・保護 当社が収集したお客様の個人情報については、常に適切な管理を行います。 紛失・破壊・改ざん・不正アクセス・情報漏えいなどの防止に努め、必要に応じてしかるべき対策を講じます。 個人情報の第三者への開示 原則として、当社が取得したお客様の個人情報を第三者に開示することはございません。 ただし、開示先・開示内容を特定し、お客様の合意を得られた場合はこれに限らないものとします。 また、法令などに基づいた手続きによって関係各所から情報開示を請求された場合は、これに応じることがあります。 外部協力会社との守秘契約 当社業務の一部もしくはすべてを外部協力会社へ業務委託する場合は、当社の個人情報保護管理体制の遂行を遵守できる委託先を厳選し、守秘契約を結びます。 守秘契約を結んでいない第三者への流出などが起こらないよう、徹底いたします。 個人情報の使用停止・削除のご依頼への対応 お客様から当社へ、ご提供いただいた個人情報の開示もしくは訂正を求めることができます。 また、当社が行う個人情報の利用や預託などの中止を求めることも可能です。 その際は、下記お問い合わせ窓口へご連絡ください。 ご依頼を受けましたら、ご本人であることを確認したうえですみやかに対処いたします。 プライバシーポリシーの改定について 当プライバシーポリシーは適宜見直しを行い、必要に応じて訂正することがあります。 訂正されたプライバシーポリシーはすみやかに当サイトに掲載し、お客様へお知らせいたします。 お問い合わせ先 当プライバシーポリシーに関するご質問、お問い合わせは下記へご連絡ください。 会社名 リーガルサービス株式会社 代表者 中野陽介 連絡先 TEL:047-401-5245 FAX:047-401-5246.

次の

機密文書廃棄・機密書類処理なら千葉のリーガルサービス

リーガル サービス

「リーガルサービス株式会社」は、千葉・東京を中心に機密文書廃棄や機密書類処理を手がける会社です。 当社は創業以来、長年にわたって古紙や再生資源の回収および運搬業務に携わってまいりました。 現在は古紙リサイクル工場を自社で保有し、各種重機・設備がそろった環境で古紙・雑誌・段ボールの中間処理までを自社一括で対応。 こうした業務効率化によってコスト削減を図り、同時にセキュリティ面も強化することで、お客様に安心してご依頼いただけるような体制づくりを行っています。 企業や病院、学校、塾などのオフィスから出る機密文書・機密書類を情報漏えいのリスクにさらすことなく回収・廃棄するために、当社では「溶解処理」によるアプローチをご提案しています。 また、運搬トラックの車種選定においては、セキュリティレベルとご予算に応じてお選びいただける「3つの回収プラン」をご用意。 お客様のニーズにマッチした機密処理が可能です。 またオフィス文書だけでなく、段ボール・古紙・新聞・雑誌といった紙類の買い取り・引き取りや衣類・ペットボトルなどの再資源化可能な廃棄物の持ち込みにも対応しています。 機密書類や古紙はじめ廃棄物の処分にお困りの企業様も、これから機密文書管理・機密書類廃棄の厳格化を進めていこうとお考えの企業様も、まずは当社へご相談ください。 処分・廃棄に関するコスト面でも、皆様のお力になれることがきっとあります。

次の