三 つの 密 英語。 三密と三間

三密(さんみつ)を英語では何て言うのか?→答えは「3Cs」その意味は?

三 つの 密 英語

新型コロナウイルスについてより詳しくお知りになりたい方は、 のQ&A(厚生労働省HP)をご覧ください。 コロナウイルスとは? コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスがあり、現在流行しているのが「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。 ウイルスは自分自身で増えることができず、粘膜などの細胞に付着して入り込み増えます。 健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。 表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいますが、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。 流水と石けんでの手洗いや手指消毒用アルコールによって感染力を失わせることができます。 詳しくは、、をご覧ください。 どうやって感染するの? 現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。 (1)飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳(せき)、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。 未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。 人と人との距離をとること(Social distancing; 社会的距離)、外出時はマスクを着用する、家の中でも咳エチケットを心がける、さらに家やオフィスの換気を十分にする、十分な睡眠などで自己の健康管理をしっかりする等で、自己のみならず、他人への感染を回避するとともに、他人に感染させないように徹底することが必要です。 また、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。 無症状の者からの感染の可能性も指摘されており、油断は禁物です。 これらの状況を踏まえ、「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒や咳エチケットの励行などをお願いします。 詳しくは、をご覧ください。 1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集場所(多くの人が密集している)、3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる)という3つの条件のある場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。 また、屋外でも、密集・密接には要注意。 人混みや近距離での会話、特に大きな声を出すことや歌うこと、激しい呼気や大きな声を伴う運動は避けましょう。 発熱などのかぜ症状がある場合は、仕事や学校を休んでいただき、外出やイベントなどへの参加は控えてください。 休んでいただくことはご本人のためにもなりますし、感染拡大の防止にもつながる大切な行動です。 そのためには、企業、社会全体における理解が必要です。 厚生労働省と関係省庁は、従業員の方々が休みやすい環境整備が大切と考え、労使団体や企業にその整備にご協力いただくようお願いしています。 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他者に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。 新型コロナウイルスへの感染が疑われる方は、最寄りの保健所などに設置されるにお問い合わせください。 特に、以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 高齢者、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) 「帰国者・接触者相談センター」では、皆さまから電話での相談を受けて感染が疑われると判断した場合には、帰国者・接触者外来へ確実に受診していただけるよう調整します。 その場合には、同センターより勧められた医療機関を受診してください。 複数の医療機関を受診することは控えてください。 同センターで、感染の疑いがないと判断された場合でも、これまで同様かかりつけ医を受診していただけます。 その場合、肺炎症状を呈するなど、診察した医師が必要と認める場合には、再度同センターと相談の上、受診を勧められた医療機関でコロナウイルスのPCR検査を受けていただきます。

次の

「自粛を要請」の英語は

三 つの 密 英語

ロジカルシンキングの土台となる演繹的思考・帰納的思考 withコロナの時代、として「情報処理能力」などが、またとして「俯瞰的・客観的な状況認知力」が挙げられています。 こうした力の基盤にあるのがロジカルシンキングやクリティカルシンキングです。 コロナショックの前から既に、ビジネスパーソンに欠かせない能力として広く認識されていましたが、世界的な危機にあって既存の常識や前提が成り立たなくなる場面が多発するなか、基本に立ち返るという意味でも重要性がより一層増しているということでしょう。 そんなロジカルシンキングの中でも、さらに土台と言えるのが「」です。 演繹的思考は、目の前の事象に一般論やルールを当てはめて、結論を導き出す思考法。 これに対して帰納的思考は、複数の事象を観察して共通項を見出し、結論を導き出します。 どちらも基本となる思考法ではありますが、上述の「危機にあって既存の常識や前提が通用しない時代」を考えると、目の前の事象を観察して新たなルールや一般論を導き出す「帰納的思考」こそ、これからのビジネスリーダーにとって重要であると言えます。 コロナ対策「三密」に見られた帰納的思考 さて、昨今の新型コロナ対策の中にも、帰納的思考の例を見ることができます。 クラスターが発生する条件であり、「避けるべき」と喧伝されてきたいわゆる「三密」。 具体的には、ライブハウス、スポーツジム、屋形船、ビュッフェスタイルの会食、雀荘、スキーのゲストハウス、密閉された仮設テント等です。 このことから、屋内の閉鎖的な空間で、人と人とが至近距離で、一定時間以上交わることによって、患者集団(クラスター)が発生する可能性が示唆されます。 換気の悪い密閉空間• 多数が集まる密集場所• 間近で会話や発生をする密接場面 という「三密」が導かれました。 帰納的思考をビジネスシーンで活かしていく際のポイントは、単なる「共通項」に留まらず、できるだけ具体的で「解像度の高い」結論を導くことです。 その方が、現実に打てる対策の効果/効率が高まるからです。 三密の場合は、ライブハウスや屋形船などの共通項を単に「人が集まる場所」としただけでは、漠然としすぎで対策も発散してしまったでしょう。 これに留まらず、「換気の悪い密閉」「間近で会話や発声」まで細かく具体的に絞り込んだ点に価値がありました。 解像度の高い結論を出すコツ 解像度の高い結論を出すためのコツとしては、いったん大ぐくりの共通項を考えた次に「これに反する事例はないか」をチェックし、観察例と反証例との差に着目することです。 今回の例では、いったん「人が集まる場所」という共通項を見出したとして、次に「では人が集まる場所なのに、クラスターの発生例になっていない場所は何か」を考えます。 ある感染者の行動履歴を追跡したところ、たとえば通勤の交通機関や職場のオフィス等では複数感染が観測されなかったのでしょう。 すると、「ライブハウスや屋形船と、オフィス等との差は何か」という問いが生まれ、「空調の有無ではないか」「会話の有無ではないか」というように、新たな条件に関する仮説が導かれてきます。 このように「観測された事象の共通項は何か」「その共通項を少しでも具体的に絞り込めないか」「反証例は無いか。 観測事象と反証例の差異は何か」と検討の積み重ねを経ることで、解像度の高い結論が生まれてきます。 身の周りのビジネス事象を見る際にも是非活用してみましょう。

次の

三密(さんみつ)を英語では何て言うのか?→答えは「3Cs」その意味は?

三 つの 密 英語

混み合った電車に乗るのは嫌いだよ! 3. Close-contact 人と密接した Avoid closed-contact settings such as close-range conversations. 近くで会話が起こるような 人と 密接した場面は避けよう。 海外での 3Cs これまで、三密は3Csと伝えてきましたが、海外で 「コロナの3Cs」と言うと、 自分自身を健康で安全に保つために行うべき3つのステップを指すことも多いようです。 (ややこしいですよね…)• Clean• Clean and disinfect regularly touched surfaces• 定期的に触れている表面を清掃して 消毒する• Cover• Cover your mouth and nose with a tissue when you cough. 咳をするときはティッシュで口と鼻を 覆う• Contain• Contain the spread of germs and the virus by staying home• 家にいて、細菌やウイルスの蔓延を 封じ込める 日本の三密は、 日本政府が発信している表現。 外国の友人にただ「3Cs」だけを伝えても、わからなかったり勘違いしてしまうかもしれません。 It is the steps you can take to keep yourself healthy and safe. (3Csは、 clean, cover, containの単語の頭文字をとったものです。 私たち自身を 健康と安全に保つためのステップを表しています。 (3Csは、 closed spaces, crowded places, close-contact settingsの単語の頭文字をとったものです。 私たちが 外出時に避けるべき場所を表しています。 ) おまけ:「コロナが収束しますように」の英語表現 三蜜を避けて過ごさなくてはならない日々も、早く通り過ぎて、また今までのようないつでも好きな時に好きな場所に出かけられる生活が戻ってきて欲しい!と思いますよね。 「コロナが早く収束して欲しい」は、英語でこんな風に表現できます。 例 1: I hope things get back to normal soon. すべてが早く元通りになる(収束する)といいですね。 例 2: The Corona virus situation in the world is getting really serious. I want things to return to normal soon. 世界はコロナで大変な状況です。 早く元通りになって(収束して)ほしいです。 さいごに いかがでしたか? 海外の3Csは「自分を健康保つための3ステップ」。 Clean• Cover• Contain 日本の三密 3Cs は「外出時に避けるべき3つの場所」。 Closed spaces• Crowded places• Closed-contact settings 外国人の同僚や友人に、説明してあげてくださいね! では、こんな状況が1日も早く収束するよう、みなさんも Please avoid the three Cs and stay safe!

次の