カレールー レシピ アレンジ。 代謝アップ!カレーダイエットのおすすめレシピ・作り方20選

業務スーパーのカレールーはフレーク状で香り豊か♪おすすめアレンジ

カレールー レシピ アレンジ

ゴールデンは好きよ〜。 新宿ゴールデン街はいつも賑わってるわ〜。 これを見ると所要時間が約1時間程度で出来るようになっていますね。 そしてゴールデンカレーの内容を見てみると• 牛肉 400g• 玉ねぎ 中3個• 人参 中一本• サラダ油 大さじ2• 水 1,000ml• (好みに応じてじゃがいも中1個) これでこのゴールデンカレー一箱で約8皿分を作ることが出来るようになっています。 材料は非常にシンプルですね。 肉は400gにはほんの僅か届かない量でしたが、400gも入れるとなるとかなりコストが上がりますよね。 ただ8皿と考えるとこのオージービーフで1人72円ということになりますね。 キヨミ、ごめん。 それはできないわ。 ここで皮など捨てるものをすべて剥ぎ取った状態でゴールデンカレーの材料のグラムを図って完全なるレシピ通りにするのが確実だと思います。 流石に市販のカレールーの裏箱には切り方のレシピは書いてませんよね。 レシピでは煮込みの総時間が30分弱となっているので、まんべんなく火が通るよう野菜のサイズはなるべく揃えておいて良いかもしれません。 一番火が通りにくいのは じゃがいも > 人参 > 玉ねぎ な感じですね。 ちょっと深めの鍋やフライパンにサラダ油を大さじ2つ入れます。 まずは肉を豪快に入れて中火でじっくりと炒めます。 牛肉をある程度炒めたら(ピンク色あたり)カットした野菜も投入します。 カレールー一つまるごとだと材料も多いので、鍋がかなり窮屈になりますね。 さあ、ここで隣のコンロに土鍋を用意しておきます。 これが私が煮物系によく使う土鍋。 ここにしっかりとレシピ通りの水を測って入れて温めておきます。 炒めた野菜はコチラに後ほどいれます。 私の場合は土鍋に800mlの水を入れておき、別の鍋で炒めていた肉と野菜に200mlの水を入れたらちょっと揺すって鍋に投入します。 そうです。 しっかりルーのダマが残らないようちょこっとずつルーを割っていれてゆっくりかき混ぜます。 ここからはめちゃ弱火で5分ですね。 ちょいちょいゆっくりかき混ぜてじっくりコトコトします。 そして煮込み具合もちょうどよい!本当にレシピ通りってすごいかも! 塩もコショウも、隠し味もアレンジも一切なしのゴールデンカレーが推奨するそのままの作り方です。 ・ ・ ・ ・ マジで美味しいです。 これは嘘なし。 ナマステ。 ワロタ。 草生える。 キヨミ・・。 カレーって本当に色んなアレンジ方法がありますが、 食品メーカーの研究員が考えに考え抜いてこの味にたどり着いたということなのでそのまま言うとおりに作るのは間違いありませんでした! インドの国でも忠実に再現したいと思いますよ! ナマステ。 今回作ったプレミアムゴールデンカレーはスパイスが強めに調整されているので、じゃがいもは確かに無い方が良いかも! 2つのメーカーのカレールーを組み合わせたアレンジ方法やブログでおすすめ食材のレシピなども多く出回っていますよね。 でも一度完全にメーカー通りの作り方で• 食材のグラム数• 水の量• 煮込み時間• 火の加減• その他細かい指示があれば従う これをそのまんま試してほしいと感じましたね。 その味を実感してからアレンジ方法や他のおすすめレシピを試してみると良いと思います。 やっぱり市販のカレーは迷ったら箱に書かれた作り方をそのまま再現するべし!と改めて感じました。 おまけ。 ご飯も旨くしたいなら土鍋ごはん 今回このカレーをさらに旨く食べるには米もうまくないとあかんと思い土鍋でご飯を炊きました。 ちょっと昔に話題になった 「かまどさん」というご飯が旨く炊ける鍋です。 炊きあがりは米がピンと立ってめちゃめちゃ美味しく食べられます。

次の

カレールーを使った時短レシピのアイデア&活用アレンジ事例

カレールー レシピ アレンジ

レトルトカレーの基本アレンジ【ちょい足し編】 レトルトカレーにちょっと足すだけの簡単アレンジレシピのご紹介です。 チーズ(とろけるチーズ) レトルトカレーにチーズをトッピングする人気の簡単ちょい足しアレンジです。 色々なチーズがありますが、とろけるチーズがアツアツのカレーの中でトロトロになりいいでしょう。 パンに乗せるタイプの1枚ものになったものでも、ピザ用のカットされたものでもいいですが、ピザ用のカットされたタイプのとろけるチーズはお好みの量にしやすいです。 チーズはカレーとよく合うおすすめのちょい足しアレンジです。 レトルトカレーの上にとろけるチーズをのせるだけでもいいいですが、レトルトカレーを温めるときにルーの上にチーズをのせて一緒にレンジで温めるとトロトロのチーズになりおすすめです。 卵 1. 目玉焼き 卵はレトルトカレーのちょい足しアレンジの定番のトッピングと言えるでしょう。 外食でも卵がトッピングされていることは多いです。 卵は調理法が色々あるのでアレンジの幅も広がります。 お好みの調理法でお好みの出来具合にアレンジしましょう。 関西などは生卵のトッピングも多いようですが、おすすめは目玉焼きです。 レトルトカレーの上に薄く乗っかっていて食べやすいです。 スプーンで好きな量を切り分けてカレーと一緒にバランス良く口に運べます。 黄身の固さはお好みで、半熟でトロッと流れ出すくらいやしっかりと固焼きなどに仕上げましょう。 温玉 次のおすすめの卵アレンジ方法は温泉玉子、略して温玉です。 温玉は柔らかいゆで卵です。 生卵を割るようにレトルトカレーの上に落としましょう。 黄身も白身も固まり始めた状態でトロトロしているのでルーとよく絡まって美味しくいただけます。 スクランブルエッグ 次のおすすめアレンジ方法はスクランブルエッグです。 卵の色々な食べ方の中でもこのアレンジが好きという方も多いでしょう。 CoCo壱番屋のトッピングにもあるスクランブルエッグは人気があるようです。 ホテルの朝食に出てくるスクランブルエッグはふわふわトロトロでそれだけでも十分に美味しいです。 カレーと一緒に食べるとバターの香る卵が口の中に広がります。 スクランブルエッグはフライパンで作ってもいいですが、耐熱容器に入れてレンジで加熱しても簡単に作れます。 オムレツ スクランブルエッグよりももう少ししっかりと固まった卵が好きな方におすすめのアレンジ方法はオムレツです。 チーズや納豆などを入れて作ったオムレツをちょい足しアレンジでトッピングしても美味しいです。 スプーンで切り分けて好みの量をルーと一緒に食べられるので、食べやすくカレーと絡めて味わいやすいです。 ヨーグルト カレーを作るときにもヨーグルトを入れると味がまろやかで美味しくなります。 酸味とコクが加わるからです。 レトルトカレーにもちょい足しアレンジとしてヨーグルトを加えるのはおすすめです。 ルーを温めるときにヨーグルトを少し入れて一緒に温めるといいでしょう。 納豆 変わったアレンジのようで人気の高いちょい足しアレンジのトッピングメニューは納豆です。 意見は賛成派と反対派に別れるようです。 納豆は嫌いで食べられないという方もいますので、そういう方は当然反対派ですが、納豆が好きな方でもそれぞれに食べた方がいいという意見もあるようです。 CoCo壱番屋のトッピングにも納豆はあり、人気メニューとなっているようです。 ちょい足しアレンジの納豆が好きな方の意見には、旨味が出る、納豆を入れた方が美味しいなど絶賛の意見が多いです。 意外に感じる方も多いかもしれませんが、人気のあるアレンジメニュー納豆を是非試してみてください。 レトルトカレーのアレンジ【おかず編】 カレーチキン• レトルトカレー• トマト缶• ヨーグルト• みりん• バター• おろしにんにく• カレー粉orカレールー(お好みで) バターチキンカレーはインドカレーの定番の1つです。 ヨーグルトが入って香辛料が香りながらも口当たりがよくなめらかなレトルトカレーです。 そんな本格インドカレーのバターチキンカレーをレトルトカレーで簡単に作ってしまうアレンジレシピです。 レトルトカレーがコクのあるバターチキンカレーになるアレンジレシピはおすすめです。 カレーオムレツ• 残りカレー(レトルトカレー)• 生クリーム• 塩コショウ• バター お洒落なスフレオムレツのアレンジレシピです。 スフレとは卵白を泡立てたメレンゲをオーブンで焼き上げたフワフワとしたパンのようなお料理です。 フワフワのスフレをスプーンで崩して下に入っているレトルトカレーを混ぜたご飯と一緒にいただきます。 見た目も食べ方もとってもお洒落なアレンジレシピの1品です。 麻婆カレー• 残りカレー(レトルトカレー)• にんにく• しょうが• ごま油• 水溶き片栗粉 意外なリメイクメニューですがつくれぽでおいしいと人気のアレンジレシピです。 麻婆豆腐のカレー味という感じです。 お好みで豆板醤を足してもいいでしょう。 レトルトカレーが中華に変身する味代わりが嬉しいアレンジレシピです。 麻婆カレー丼もおすすめです。 挽き肉をつかったキーマカレーがおすすめになっていましたが普通のレトルトカレーでも美味しく作れます。 カレー春巻き• 残りカレー(レトルトカレー)• ピザ用チーズ• パセリ こってりレトルトカレーを豆腐と合わせてさっぱり食べられるレトルトカレーを豆腐グラタンにアレンジしたレシピです。 カレー味で相性のいいチーズをのせたボリュームたっぷりグラタンですが、お豆腐入りなのでくどくなくてヘルシーな1品です。 通常のグラタンのように具材を炒めたり、ホワイトソースを作る手間がなく、豆腐にカレーをかけてチーズをのせて焼くだけなので時短ですぐできるアレンジメニューです。 サモサ風餃子• ジャガイモ• レトルトカレー• とろけるチーズ• 豆板醤• 餃子の皮• 揚げ油 サモサはインドのお料理です。 元は中央アジアやペルシアの料理で、インドに伝わり様々な味付けがされて、おつまみとして人気になったようです。 ジャガイモ・玉ねぎ・豆類と挽き肉をこねた具を餃子のような皮で包んで揚げたものを香辛料の効いたスープのようなチャツネをかけて食べるようです。 このレシピはそのアレンジレシピで、茹でたジャガイモにレトルトカレーとチーズを混ぜて餃子の皮に包んであげます。 レトルトカレーとチーズで味があるので、揚げたままカリカリと美味しくいただけます。 レトルトカレーのひと手間アレンジ1600 本格チーズドリア• 残りカレー(レトルトカレー)• とろけるチーズ• ホワイトソース ご飯を炒めながらホワイトソースを作って混ぜるとても簡単に作れるホワイトソースご飯です。 このホワイトソースご飯にレトルトカレーをのせてチーズをのせてオーブンで焼くとアレンジドリアの出来上がりです。 つくれぽ750件の大人気のアレンジレシピでおすすめです。 マカロニに変えてカレーグラタンもありと書かれていて、こちらもおすすめです。 ひと手間カレーうどん• うどん• レトルトカレー• 長ネギ• めんつゆ• 片栗粉 カレーを食べた次の日でもカレーうどんは別物で食べたくなります。 レトルトカレーを使った簡単アレンジのカレーうどんです。 うどんに入れる具材がなくてもレトルトカレーアレンジで満足なボリュームで美味しくいただけます。 アツアツのカレーうどんは寒い日にぴったりのメニューです。 簡単タコライス• 合い挽き肉• 玉ねぎ• 塩コショウ• レトルトカレー• 豆板醤• レタス• プチトマト ミートソースの代わりにレトルトカレーで作るアレンジレシピです。 豆板醤が入ったピリリ感がご飯に合います。 パリパリレタスの食感もよくご飯がすすみます。 チーズをトッピングしても美味しいでしょう。 糖質制限中の方はご飯を豆腐に変えても美味しいそうです。 ミートソースも美味しいですが、カレーでのアレンジは香りでも食欲をそそるおすすめレシピです。 本場インド風カレー• レトルトカレー• 野菜のみじん切り• プチトマト• バター• ウスターソース• 牛乳 レトルトカレーのシャバシャバ感をトロトロカレーにアレンジしようと考えられたレシピのようです。 バターチキンのレトルトカレーを使った本場のインドカレー風のアレンジです。 トマトの酸味とウスターソースのコクでレトルトカレーをアレンジします。 野菜やきのこなどをふんだんに使うと栄養バランスもよくおすすめです。 和風オムライス• 玉ねぎ• しめじ• バター• 和風粉末だし• 塩コショウ• 味の素• 和風だし• レトルトカレー• ご飯 レトルトカレーでアレンジするオムライスレシピです。 和風味なのであっさりしていてモリモリ食べられます。 レトルトカレーにめんつゆと和風だしを加えて和風味にするだけでなく、ご飯にも和風だしを混ぜています。 白いご飯より和風味のご飯の方がよく合います。 カレーに相性の良い卵で作るふわふわトロトロのオムライスがたまりません。 レトルトカレーを使ったおすすめアレンジレシピです。 カレーグラタン• 残りカレー(レトルトカレー)• 食パン• とろけるチーズ パンで作るレトルトカレーのアレンジレシピです。 牛乳で湿らせたしんなりしたパンに相性の良い、カレーとチーズをかけて焼き上げるアレンジオムレツです。 牛乳の効果でパンがモソモソしないので食べやすいです。 がっつり朝食やランチにもおすすめです。 ハンバーグのカレー煮込み• 冷凍ハンバーグ• レトルトカレー• ピーマン• しめじ• 塩コショウ• サラダ油• 牛乳or水 冷凍ハンバーグと冷蔵庫の残り野菜をレトルトカレーで煮込むアレンジレシピです。 忙しくて買い物に行けなかった日でも家にあるものでパッと作れる便利で簡単なアレンジレシピです。 冷凍ハンバーグは解凍せずにそのまま使えて時短になります。 冷蔵庫の野菜やきのこ類などが半端になっているときなどにおすすめのアレンジレシピです。 ボローバンのカレーパイ• ボローバン• レトルトカレー• とろけるチーズ• パセリ ボローバンを使ったレトルトカレーのアレンジレシピです。 ボローバンは薄いパイ生地の中にお肉や魚を入れて焼いたものです。 サクサクの薄いパイ生地はボローバンとしてアマゾンなどで購入できます。 ボローバンをくり抜いて中にレトルトカレーとチーズを入れて焼くと出来上がる簡単美味しいアレンジレシピです。 見た目もお洒落で来客のときにササッと作れておすすめです。 アレンジの幅も色々ありそうです。 レトルトカレーを美味しくリメイク 忙しく帰りが遅くなった日や疲れてご飯支度がツライ日におすすめするのは簡単時短のレトルトカレーアレンジご飯です。 レトルトカレーをレンジでチンしてご飯にかけて食べても美味しく簡単ですが、 ちょい足しアレンジや一手間アレンジをすることでより美味しく、また別メニューとして楽しめます。 レトルトカレーと相性ぴったりのチーズや卵をトッピングするちょい足しアレンジは簡単でそのまま食べるよりグンと美味しくなります。 また、ちょっと手間をかけてレトルトカレーを使って調理すると大満足のメインディッシュも作れます。 長期保存・常温保存可能で便利なレトルトカレーを上手にアレンジして食卓を豪華に飾りましょう。 レトルトカレーのランキングを、こちらの記事でも詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。 ご当地レトルトカレーランキングTOP5 湯煎や電子レンジで温めるだけで手軽に美味しく食べるこ... sumica編集部.

次の

【アレンジNG】市販のカレールーはレシピ通りがマジ旨くて草生える!

カレールー レシピ アレンジ

【材料】• ショートパスタ…30g• じゃがいも…1個• ミックスベジタブル…100g• ローリエ…1枚• カレールー…1かけ• 水…2カップ• 固形コンソメ…1個• 塩・こしょう…適量• バター…20g 【作り方】• 鶏肉は小さめに切り、じゃがいも、玉ねぎはさいの目切りにします。 ショートパスタは表示よりやや短めに茹でます。 鍋にバターを溶かし、鶏肉を中火で炒めます。 鶏肉の色が変わったら、玉ねぎ、じゃがいもを加えさらに炒めます。 じゃがいもと玉ねぎが透き通ってきたら、ミックスベジタブルと水を加えます。 コンソメ、半分に折ったローリエを加え沸騰したらアクをとって煮込みます。 カレールーを加え溶かしたらパスタを加え、塩こしょうで味を整えて完成です。 【材料】• しめじ…45g• じゃがいも…2個• サラダ油…小さじ1• 塩(炒め用)…少々• A水…300ml• A鶏ガラスープの素…小さじ2• Aトマトソース…大さじ3• Aカレールー(フレークタイプ)…小さじ2• 塩…適量• パルミジャーノ(削ったもの)…少々• イタリアンパセリ(ドライ)…少々 【作り方】• 玉ねぎ・じゃがいも・人参は1cm角にきり、しめじは横半分に切ってほぐします。 鍋に油を熱し、玉ねぎ・人参・しめじに塩を振りかけ炒めます。 玉ねぎが透き通ってきたらじゃがいもを加えさらに炒めます。 Aの材料を加えたら人参やじゃがいもが柔らかくなるまで煮込みます。 塩で味を整えたら器に入れ、パルミジャーノチーズ、パセリを振って完成です。 【材料】• 鶏ひき肉…100g• じゃがいも(メークイン)…1個• パセリ…適量• だし汁…400cc• 薄口醤油…大さじ2• みりん…大さじ1• 酒…大さじ1• カレー粉…小さじ1• じゃがいもは皮をむき、斜め5mm幅に切ります。 人参は皮をむき、5mm幅の輪切りにします。 玉ねぎは4等分のくし切りにします。 鍋に油を熱し、ひき肉をそぼろ状に炒めます。 じゃがいも、人参、玉ねぎを加え炒めます。 玉ねぎが透き通ったらだし汁を加え、アクを取りながら煮込みます。 酒・醤油・みりん・塩を加え蓋をして弱火で4分煮込みます。 カレー粉を加えたら再度、蓋をして弱火で5分煮込みます。 水溶き片栗粉でとろみをつけて、パセリをトッピングしたら完成です。 【材料】• 鶏むね肉…1枚• 人参…1本• 玉ねぎ…1個• じゃがいも…1個• ローレル…1枚• 固形スープの素…1個• サラダ油…大さじ1• 塩・こしょう…少々• 醤油…小さじ1• 水…500〜600cc 【作り方】• 人参は縦に2等分して、暑さ4〜5mmの半月切りにします。 鶏肉とじゃがいもは一口大に、玉ねぎは2cm幅のくし切りにします。 鶏肉に塩こしょうで下味を付け、カレー粉小さじ半量を揉み込んでおきます。 (4)にラップをかけ、レンジで2分半〜3分加熱します。 鍋に油をひき、鶏肉を両面こんがり焼きます。 玉ねぎ、人参を加えさらに炒めます。 野菜がしんなりしたら水、ローレル、固形スープを加え煮込みます。 煮立ったらアクを取り、弱火で10〜12分煮込みます。 じゃがいも、カレー粉を加えさらに煮込みます。 じゃがいもが柔らかくなったら、塩こしょう、醤油で味付けし完成です。 【材料】• なす…1本• しいたけ…2枚• ピーマン…2個• 玉ねぎ…1個• にんにく…1個• 鷹の爪…お好みの量• 生姜…適量• ベーコン…適量• トマトジュース…300cc• 赤ワイン…50cc• 水…600cc• コンソメ…1本• Aバジル…適量• Aクミン…適量• Aカレー粉…適量• Aターメリック…適量• Aチリペッパー…適量• Aタイム…適量• Aクローブ…適量• Aこしょう…適量• もち麦…50g• ケチャップ…大さじ2• ソース…大さじ2• 醤油…大さじ1• 粉チーズ…適量 【作り方】• なすは一口大に切り、多めのオリーブオイルで揚げ焼きにします。 しいたけは軸をみじん切り、傘の部分はさいの目切りにします。 ピーマン、ベーコンはさいの目切りにします。 玉ねぎ、にんにくはみじん切りにします。 鍋ににんにく、鷹の爪を弱火でじっくり炒め、玉ねぎを加えたらさらに炒めます。 生姜、人参はすりおろします。 (5)の鍋にベーコンも加え炒めます。 しいたけを加え炒めたら赤ワイン、トマトジュース、水を加え煮込みます。 すりおろした人参、生姜を加え沸騰したらアクを取り除きます。 コンソメ、カレー粉を加え、Aのスパイスを全て加えます。 もち麦を加え弱火で20分煮込み、ケチャップ、ソース、醤油で味付けします。 ピーマン、揚げ焼きしたなすを加え、粉チーズを振ったら完成です。 【材料】• 鶏モモ正肉…1枚• 玉ねぎ…1個• にんにく…1かけ• 水…400cc• 牛乳…200cc• ヨーグルト…200g• 固形コンソメ…2個• カレー粉…小さじ2• 塩こしょう…適量 【作り方】• 玉ねぎ、にんにくはみじん切り、かぼちゃは小さめのさいの目切りにします。 鶏肉は一口大よりやや小さめにカットします。 フライパンに大さじ1のオリーブオイルを熱し、にんにくを炒めます。 鶏肉を加え色が変わるまで炒めたら、かぼちゃ、玉ねぎを加えます。 塩こしょうで味付けし蓋をしてかぼちゃが柔らかくなるまで煮込みます。 かぼちゃが柔らかくなったら、水、牛乳、ヨーグルトを加えます。 固形コンソメを潰しながら加え、カレー粉を入れて混ぜたら完成です。 【材料】• 玉ねぎ…1個• 人参…1本• じゃがいも…1個• にんにく…1かけ• ソーセージ…8本• オリーブオイル…大さじ1• ローリエ…3〜4枚• 水…1000ml• コンソメ…大さじ2• カレー粉…大さじ1• 塩こしょう…適量• とろけるチーズ…適量• 卵…1個• パイシート…適量 【作り方】• 玉ねぎは薄切り、人参じゃがいもは乱切りにします。 キャベツは一口大、にんにくは薄切りにします。 ソーセージは縦に切り込みを入れます。 オリーブオイルでにんにくを焦がさないよう弱火で炒め、ローリエを加えさらに炒めます。 ソーセージをこんがり焼き、玉ねぎを加えます。 玉ねぎがしんなりしたら、人参、じゃがいもを加えます。 油が回ってきたらキャベツを加え、水を入れて煮込みます。 コンソメ、カレー粉を加えたら蓋をして沸騰後、10〜15分煮ます。 味が薄ければ塩こしょうし、耐熱容器に盛り付けます。 チーズ、のばしたパイシートを被せ、溶き卵を表面に塗ります。 200度に予熱したオーブンで、15分加熱したら完成です。 【材料】• じゃがいも…5個• きゅうり…1本• ハム(焼きベーコンや魚肉ソーセージ)…50g• 卵…2個• マヨネーズ…120ml• 塩・こしょう…適量• 味噌…小さじ1 【作り方】• 洗ったじゃがいもは皮付きのまま水を加えて、20分ほど弱火で茹でます。 卵も水の状態から11分中弱火で茹でておきます。 玉ねぎはスライスし、水にさらして辛味をとります。 じゃがいもに火が通ったら熱いうちに皮をむき、マッシュします。 人参、きゅうり、玉ねぎ、刻んだハム、潰した卵を加えます。 マヨネーズ 、塩、こしょう、味噌を加えよく混ぜます。 器に盛り付けたら完成です。 【材料】• 卵…2個• 豆苗…20g• じゃがいも…20g• ミニトマト…3個• 粉チーズ…大さじ1• 塩・黒こしょう…少々• オリーブオイル…大さじ2 【作り方】• ボウルに卵を割り入れ、軽くかき混ぜます。 (1)に食べやすく切った野菜を全て入れて混ぜます。 粉チーズ、塩こしょうで味付けし混ぜ合わせます。 フライパンにオリーブオイルを熱し、卵液を流し入れます。 固まってきた部分から混ぜて半熟卵にします。 ふわっとしてきたら蓋をして、弱火で7分ほど焼きます。 周りを剥がしたら蓋を使って卵を裏返し、裏側を3分焼きます。 お好みの大きさに切り分けたら完成です。 【材料】• 食パン6枚切り…2枚• ハム…4枚• とろけるチーズ…適量• 卵…1個• 牛乳…50ml• 砂糖…小さじ1• バター…適量 【作り方】• 食パンの上にハム2枚とチーズを乗せます。 チーズの上に残りのハム2枚を乗せ、もう一枚のパンで挟みます。 ラップをかけてしばらくなじませておきます。 広めの容器に卵、牛乳、砂糖を入れてよくかき混ぜます。 サンドしたパンを両面浸します。 卵液がなくなるまでよくなじませたら、バターをフライパンに熱しパンを焼きます。 こんがり焼けたらひっくり返し、蓋をして弱火で3分くらい焼きます。 半分にカットしてお皿に盛り付けたら完成です。

次の