シティーズ スカイライン 序盤。 シティーズ序盤プレイ 個人的な考察

シティーズ:スカイライン

シティーズ スカイライン 序盤

労働者が足りません 市長を悩ませるアイコン「 労働者が足りません」。 住宅区画を設定してもまだ家が建ってないところがあるのでしばらく様子を見ます。 住宅区画を拡張 住宅区画がすべて埋まり、さらに住宅需要が増してきたので区画を拡張します。 端を区画指定しなかったのは立ち退きをさせずに道路を拡張したかったからです。 住民にやさしい市長を目指してます。 一気に区画を増やしてもサービスが追い付かないので少しづつ増やします。 ついにごみ問題が発生 発展を見守っているとついに「 ゴミ」問題が発生しました。 終盤になるとどうやっていいかわからなくなる問題の1つがこのごみ問題です。 ごみ問題の解決策の1つ「 ゴミ処分場」を建てます。 汚染範囲が広いのでこの施設も住宅街から離しますが離しすぎると回収が追い付かなくなるのでほどほどに離します。 そしてこの施設は処分場となっていますが処分せずためておくだけの施設です。 本当の 処分場はのちのちアンロックされます。 ゴミ回収お願いします。 ちゃんと回収されるか不安になったので待ち伏せしてみます。 ちゃんと回収されましたね、不安というのは嘘でしたごめんなさい。 中央の乗り物がごみ回収車です。 立派な村 人口が900人を超えたのでマイルストーン達成です!! 地区設定 今回のマイルストーン達成で「 地区」がアンロックされました。 地区というのはエリアを指定してそのエリアに 独自の条例を設定できます。 実際の「区」のような存在でしょうか? せっかくなので設定していきましょう。 中央の商業区画は 「上通り」 産業区画は「大津」 住宅区画は「江津」 特に意味はありませんがこのような感じになりましたw 記事を書いてるときに思ったのが、地区名が小さいのでなんだかしょぼく感じました。 なので今度から「区」や市で命名していこうと思います。 (決して今回付けた名前がダメだったのではななく私のネーミングセンスがダメだったということです) 更に住宅区画を拡張 様子を見ていると住宅需要が伸びてきたのでさらに住宅区画を拡大しました。 商業区画と産業区画は最初に設定しただけで需要はまだ伸びてきていません。 はやり都市を発展させるには住宅を増やし、そこに住む人を集めることが重要みたいですね。 学校を建てる 人口も増えてきたので、前々回のマイルストーン達成時にアンロックされた「 小学校」を建てようと思います。 序盤に公共施設を建てすぎると 維持費がかさむので要注意です。 小学校の充足度が低いですし通学可能人口が306人なのでちょうどよいですね。 6人ほど学校へ行けませんが、家庭で学習してくださいw 消防署と警察を建てる 目だし帽アイコンが表示されましたね。 こちらは犯罪が起きているというアイコンです。 ほぼ同時刻にツイッターのパクリみたいなものから「 消防署」を望む声が出てきました。 良いタイミングなので建ててしましましょう。 消防署は火事が頻繁に発生する産業区画の近くへ。 警察署は何となく住宅区画近くへ。 ちっぽけな村 人口が1,400人を超えたのでマイルストーン達成です!! 900人から1,400人までがあっという間でしたw 住宅区画を一気に設定したのでそのせいでしょうか? しかし住宅需要が衰えることを知りません。 ひとまず今回はここで区切らせていただきます。 次回はまた同じような感じになりますが住宅区画を拡張していきたいと思います。 以上、「住宅街の拡張と公共施設の充実」でした。 , and other countries. Developed by Colossal Order Ltd. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.

次の

【Cities Skylines 攻略ブログ】 初心者のための効率的な序盤の街作りの方法

シティーズ スカイライン 序盤

目指せ脱初心者! 道路 電力 水道について 道路について まず道路を引かない事には、何も始まりません。 上級者になってくると全然違うかもしれませんが、将来的に交通量が多くなるであろう道路は、2車線ではなく4車線以上の道路を引くのがおススメです。 最初から4車線で設置する事により、道路の太さを変えずに6車線などに変更出来ますので、建物を壊さずに渋滞に対応しやすくなります。 一例として、下記写真のようにメイン通りは出来るだけ道路の接続を減らし、将来の渋滞を減らしていきましょう! まあ、それでも渋滞は必ず発生してしまうのですが、人口が増えゲームが進むとアンロックされる公共交通機関で(地下鉄やバスなどですね)ある程度の対処は可能です。 まあ色々とチャレンジしてみて自分にあった街作りをしていくと良いと思います! (プレイしている内に考え方など、細かく変わっていきそうですけどね) 電力について 最初は風力発電所や石炭発電所などが設置出来ますが、騒音や公害など、あまり住宅地の近くに建てると、住民が病気になってしまったり、時価が上がらず発展の妨害をしてしまうので、出来るだけ住宅地などから放して設置しましょう。 (アカルイミライ) 下記写真の青色のエリア内の通電エリアと隣接していれば、発電施設と建物だけで通電してくれるのですが、遠距離の際は送電線を使い、電気を送らなければなりません。 青色のエリア内に一か所でも送電線を繋げれば、 隣接している全ての建物に電気が送られます ですので下記写真のように、むやみやたらと送電線を設置する必要はないです。 序盤で建てる事が出来るのは4つ、 水道管、給水塔、取水施設、排水施設です。 給水塔は任意の場所に設置できて地下水を汲み上げる事ができます。 川や海などの水辺が都市の近くに無かったりした時に重宝しますが、工場などの近くに建ててしまうと 、汚染水を汲み上げる事になり、住民が病気になったりしますので、注意が必要です。 取水施設は、川などの水源から水を汲み上げて、都市に水を供給する事が出来る施設です。 排水施設は、住宅や工場などから発生する汚水を処理(垂れ流し)するための施設です。 どの施設も水道管と繋げなければ機能しません。 また取水施設、排水施設共に水辺にしか設置出来ず、電気も送ってやらないと機能しないので注意が必要です。 上記のように、電気を送ってあげても、ただ建てただけでは機能しませんので、取水施設に 水道管を繋げて住宅地に水を送ってみましょう。 これで水を住宅に送る事が出来るようになったのですが・・・ これだけでは下水が機能せず、汚水マークが出てしまっています。 多分住宅の中は 悲惨な事になっていると思われます。 取水施設と同じように水道管を繋ぎ、上記と同じように設置してみますが・・・ 実はこれでは機能せず、汚水表示が出たままとなっています。 じゃあ、どうすれば良いのか! 答えは簡単、 取水施設と繋げてやれば良いだけです。 シティーズ:スカイラインでは 上流と下流の概念もあって下記写真では、 上流に汚水処理施設を、 下流に取水施設を建ててしまっています。 こうなってしまうと考えただけでも恐ろしいのですが、 工場や各家庭から排出された汚水を汲み上げて、上水道として提供する形となります。 ゲームが進むにつれて、他にも様々な施設がアンロックされて忙しくなりますが、それがまた楽しく、適切に設置する事が出来れば発展の助けになるものばかりです。

次の

シティーズ:スカイライン

シティーズ スカイライン 序盤

Transport Fever 2は、鉄道に特化したシティーズスカイラインといった感じの建設シミュレーションゲームです。 操作も大体シティーズスカイラインに近いのでプレイはしやすいと思います。 Transport Fever 2とは? 鉄道輸送に特化した建設シムです。 シティーズスカイラインと操作性は似ているので、この手のゲームが好きな人にはプレイしやすいと思います。 スチームサマーセールでゲットしてみました。 Transport Fever 2の序盤プレイ 起動するとこんな感じ。 日本語化済です。 キャンペーン キャンペーンは年代順?にゲームをプレイしていきます。 チュートリアルも含まれるので順番にプレイしていったほうがよいでしょう。 最初は中西部っぽい場所。 チュートリアルに従ってプレイしていきましょう。 画面右上のボックスで、左上のアイコンをクリックするとカメラが指定ポイントへ速やかに移動します。 最初はカメラ移動を行います。 シティーズスカイラインと大体一緒です。 徐々に、下からパーツを選んで画面上に配置していったりしていきます。 無料ゲーム 無料ゲームでは、年代などを設定してゲームをプレイできるモードです。 設定後は輸送をつないで遊んでいきましょう。 マップエディター まっさらな土地にいちから町や鉄道を配置できるモードです。 下のバーからパーツを選んでおきましょう。 土地を持ち上げて成形していくこともできます。 感想は? シティーズスカイラインの鉄道特化型...っぽい作りの作品です。 ちょっと音楽が安っぽい?感じなのはもう一つですが、全般的には操作性はまずまずではないでしょうか。 といっても覚えることも多いので、時間のある時にプレイしたほうがよさそうです。

次の