カカシ 先生 声優。 はたけカカシ その強さと人気 素顔の下は…?考察 名言(名セリフ)声優

【NARUTO】カカシ先生の父・はたけサクモはどうして死んだの?

カカシ 先生 声優

『NARUTO -ナルト-』は岸本斉史の漫画作品で、1999年から少年ジャンプにて長期連載されている人気漫画です。 その人気ぶりは日本だけにとどまらず、世界でも広く認知されるなどで、ワンピースと並びジャンプの2枚看板とも呼ばれています。 そんな「ナルト」には魅力あるキャラが沢山出てきます。 ハッキリ言って主人公のナルト以外のキャラ人気の方が高そうな気がしますが…。 今回はその愛すべきキャラクター達のキャラレビューを勝手にしちゃいましょう。 はたけカカシ• 第七班の教官である天才上忍。 元暗部。 うちはオビトから譲り受けた写輪眼を持つ。 父は天才忍者はたけサクモ、師は四代目火影でありナルトの父波風ミナト。 アニメでの声優 井上和彦• いつも遅刻したりサボったりしているのんびり屋でとぼけた性格なのに、バトルで本気を出す時は、ナルト達のような少年とは違う格好良さがあります。 こういった普段は飄々としているのに、やるときはやるタイプってどの漫画でも本当にカッコよくて困ります(笑)。 例えばワンピースのエースだったり、銀魂の坂田銀時だったり、どのキャラクターもカカシ先生を含め主人公ではなくても人気が高いキャラクターばかりです。 また過去に親友のうちはオビトを亡くすという悲しい経験を背負っているのも、読者は感情移入してしまうのではないでしょうか。 今のカカシ先生の優しい雰囲気や、仲間を大事にする姿勢はこの経験からなんですよね。 普段の姿の上手く後輩を利用して奢らせたり、ガイからの勝負を受け流したり、どこか余裕がある態度がちょっとおバカっぽくも、ナルトやサスケには無い大人な対応で素敵です。 アニメ版で声優をされている井上和彦さんはベテランの声優さんで、落ち着いた大人の声はカカシ先生にぴったりです。 それに井上和彦さんは声優界でかなりのモテ男らしいです。 そんなとこもカカシ先生に合っている気がします。 2部ではカカシ先生の強さとカッコよさは変わらずあるものの、ナルト達も実力をどんどん上げ、敵もイタチやペインなどかなり手強い忍が1部より多く目立つのでちょっとかすみがちかな、という印象があります。 黄鮫などの敵の中堅キャラとの戦闘で活躍の場があるでしょうね。 強いイメージはありますが。 とはいえ2部のペイン襲来の際一度カカシ先生が死んでしまったときは、ネット上でもかなりの騒ぎになるくらいですから、どれだけ強く魅力的な忍が増えても、カカシ先生の人気は本当に安定していますね。 そんな安定した人気を得たきっかけはまだまだナルト達も未熟だった初期に見せたカカシ先生と再不斬のバトルでしょう。 そのバトルはそれまでのNARUTOの漫画の雰囲気を一気に変えるくらいのものでした。 写輪眼の能力の凄さを見せたのもこの時ですし、カカシ先生の術の代表である雷切はバトルにかなり緊張感を持たせました。 このバトルシーンは初期とはいえ人気の高いシーンでしょう。 カカシ先生の根強い人気はこの再不斬とのバトルが土台になっていると思います。 物語後半にはなんと死んだはずのオビトとの対戦が展開されます。 まさかあのトビが??って感じではありましたが、この戦いが用意されていると知った上でもう一度全巻読み直すと面白いかもしれませんね。 オビト vs カカシ。 リアルタイムでジャンプで読んでいた読者はページをめくる手が震えるレベルの展開でした。 …言い過ぎたか。 カカシ先生といえば忘れてはいけないのが、普段はマスクに隠れているその素顔はかなりのイケメンという噂があることです。 作中ではまだその素顔は明らかになってはいませんし、その明らかになっていない所がまたミステリアスでカカシ先生の魅力に拍車をかけるのですが、それでもいつか絶対にカカシ先生の素顔は公開していただきたいものです。 早くイケメンを拝みたいですね(爆)。 【ことひめ】.

次の

井上和彦さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 3位島村ジョー、2位はたけカカシ、トップは…

カカシ 先生 声優

このページの目次 OPEN• 1.「カカシ」が火影に就任した経緯 カカシはナルト初期から登場し、主人公やサスケなどの担任として彼らを 指導する立場にありました。 その時から額当てをずらして左目を隠していたり、顔を半分以上マスクで隠すなど違和感を感じさせる人物で多くの読者から人気があったのです。 担任という立場なので、忍者学校にいるときだけの限定出演かと思われましたが、なんと物語が完結した後も登場するなど、第三の主人公として君臨しています。 さて、そんなカカシですが第四次忍界大戦が終わって1年ほどが経過してから、火影に就任しました。 彼は自分にそんな能力が備わっていないと考えていましたが、最終的に受け入れて里のトップである火影になったのです。 では、どうしてカカシは火影に就任したのか、その経緯について振り返っておきます。 5代目火影として里を引っ張ってきた綱手は、第四次忍界大戦で優柔不断な対応をしたことにより、 里に甚大なダメージを与えました。 それが問題視され会議が開かれ、綱手には里のトップとしての座を降りてもらうことが決定。 次の候補としてカカシが推薦されましたが、写輪眼などを失っているのでそんな能力はないと考え、保留にしていたのです。 ところが、波の国で発生したテロ事件を目の当たりにし、里を守ることの大切さを 痛感したカカシは、火影になる決意をします。 カカシは自身が能力を失った関係で火影に消極的でしたが、平和を守りたいとの願いが強くなっていたんですね。 スポンサーリンク 2.「カカシ」が火影に就任した後の動き カカシが火影に就任してから、里の平和を守り続けていきました。 彼は伝説の三忍から、「 火影候補になり得る」と言われるほど、幼い頃から才能に溢れていたのです。 ところがカカシには、自分にはそんな責任の重い仕事は向いていないと考え、いわゆる「出世」を考えていません。 綱手が戦争の責任を取って引退(ご隠居生活をしたいとの願いもあった)し、カカシが前述の経緯で火影に就任。 里を守る責任感に苦労しながらも、達成する喜び、平和を享受できている幸せを噛みしめながら火影として奮闘してきました。 それから後のこと、ナルト最終回において大人になったナルトが 7代目火影として就任したことが明かされたのです。 つまりカカシから教え子のナルトへ、火影がバトンタッチされた訳ですが、どうしてカカシは引退を決意したのでしょうか? 外伝の小説によると、明確な理由は描かれていませんが、「老い」を理由にした引退であると考えられています。 写輪眼等の能力を失っている部分も大きく、忍界大戦などが勃発した際に前線で活躍できるか不安があったのも事実。 また、歴代最強とも言われるナルトが十分に成長し、火影として里を引っ張っていける状態に達したと上層部が判断したんですね。 そこでカカシは、火影の地位をナルトに譲り、自身はナルトをサポートする役割を担う立場に就任し、ご隠居生活を送ります。 スポンサーリンク 3.「カカシ」が火影を退いたことにまつわる謎と考察 カカシは戦闘で一度死亡しており、長門の術によって蘇生しその後も戦闘に加わり続ける 特異な経験をしました。 彼の自己犠牲的な働きで里が守られたのも事実ですし、彼がいなければ木ノ葉はどうなっていたか全くわかりません。 それだけの実力、実績があるため火影に就任したのは納得ができる人も多いでしょう。 しかし、カカシが火影を退いたことに関しては、いくつかの謎が存在すると指摘されているので、考察と共に紹介しますね。 最終回でナルトが火影に就任したというのは、 物語を最高の形で終わらせたことになります。 それにしても、どうしてカカシがナルトに火影の座を譲ったのかについて疑問が残りますよね? 別に違う人でも良かったのに、教え子でもあるナルトを火影にしたのが解せないとの声がネット上に広がっているのです。 ナルトほどの実力なら火影になるのは当然• ナルト以外で火影候補がいない• カカシが後任を決める立場ではない この謎に対しては、このような考察がなされており、どれも理由に当たると考えられています。 ナルトはクラマモードや六道仙人モードなど、他の忍が到達できないエリアに足を踏み入れ里の危機を救うことに貢献しました。 そんなナルトが火影になるにあたり、里の人々が不満を垂れ流すことはないでしょう。 また、後任を決めるのは上層部であって、火影そのものであるカカシが、自身の後任を指名する権限はないと考えられます。 相談役のような立場で、火影の経験を語ることで立派になって欲しいとの願いがカカシにはあるのでしょう。 しかしながら、カカシは年齢を感じたので引退を決意したようなもので、相談役になるぐらいなら現役を続けても良いのでは、との疑問がネット上で広がりを見せているのです。 この謎に対する考察として、「次世代に刺激を与えるため」というものがあります。 ナルト世代は実力十分な忍が非常に多く、他の里にも同様の忍がおりナルトが出世したことで刺激を受けたでしょう。 その刺激は、さらに次の世代にも影響を与えるでしょうから、忍の 全体的なレベルアップが可能。 カカシは先を見据えた英断を下したと、考察されています。 まとめ ここでは、 カカシが火影になった経緯などについて紹介していきました。 カカシは綱手が戦争の責任を取る形で退職したことで、火影への就任が決まりますが最初は躊躇していたんですね。 結局は引き受けて6代目火影として、十分にその責務を全うし次の火影であるナルトへその席を譲り身を引いたのです。 続編「ボルト」でも登場するなど、人気キャラだけあって精力的な働きを示していますので、今後の彼の活躍に期待しましょう!.

次の

『NARUTO』カカシ先生が地上波で素顔初披露(シャワーシーンつき)!!「口元のほくろがエロい……!」「結婚して」|おたぽる

カカシ 先生 声優

ヒロインのからはイケメンと絶賛されており、かなり整った顔立ちをしているようです。 普段は首元にマフラーを巻いており、緑色のコートを着用しています。 スケアは木の葉隠れの里の元忍であり、実は元暗部で火影直轄の情報収集班に所属していたという経歴を持つ元エリートです。 現在は、忍を辞めて、フリーの写真家兼ジャーナリストとして活動しています。 元暗部の情報収集班という経歴から、鍵を開けるピッキングなどを得意としています。 現在はジャーナリストとして様々な土地をめぐっているようです。 スケアは下忍となったカカシ班のナルト、サクラ、サスケの前に現れ、「の素顔を暴く」という特別任務に協力すると申し出てきたのです。 ジャーナリストということもあって、カカシの素顔をスクープすることに特に違和感はありませんが、実は秘密があって協力しているにすぎませんでした。 カカシの素顔を暴くため、カカシ班と協力しますが任務は失敗に終わります。 しかし、実はカカシの素顔を暴こうとナルトたちと協力していたスケアこそ、素顔をさらしたカカシの姿だったのです。 スケアの声優 はたけカカシと同一人物ではありますが、実は別人になりきるために声色を変えており、のどに負担がかかったことを語っています。 そのため、スケアを演じている間は声優もカカシの声優を演じている井上和彦さんではなく、六尾の人柱力の声を演じた鈴村健一さんがスケアの声を演じています。 スケアの特別任務の名シーン はたけカカシの素顔を暴くという任務では、いくつか作戦を練ってカカシの素顔を見ようとします。 その内容について詳しくご紹介します。 写真をすべて見ることが出来れば、一枚くらいは素顔のものがあるだろうとナルトが考えました。 しかし、以前にサクラが写真は確認済みであり、その計画は使えないという話になります。 そこにスケアが登場し、「忍者登録書ならば素顔である」というアドバイスをします。 しかし、忍者登録書は里の最高機密書類であるため、厳重な防犯システムを突破しなければならず、ピッキングの能力が必要になってきます。 そこで、元暗部であるスケアがピッキングを成功させ、資料を入手するのでした。 しかし、あと一歩というところで暗部に見つかってしまいますが、その時カカシ班三人がカカシの素顔を見たいというので助力したと罪をかぶせたのでした。 まずは、食事をさせてマスクを外したところを撮影するというもの。 ナルトがカカシを誘い出し、団子を食べるように勧め、マスクを外したところをカメラで押さえるというものでしたが、これはとに妨害されて失敗します。 偶然通りすがりのキバに声を掛けられてナルトはマスクを外したところを見ることはかないませんでした。 更にはキバが連れていた赤丸が、餌を食べていた鳩にじゃれてカカシの前に出てきたことで、カカシの素顔を摂ることはできませんでした。 この偶然にはサスケも「神の力を感じる」と言ったほどでした。 『新伝・風の書』ではここでナルトたちの特別任務は終了します。 川でおぼれた女性を救出するためにマスクを外して人工呼吸をするように誘導しようという作戦で、ヒナタがカカシに声を掛けます。 川で溺れた女性は実はナルトが変化の術で化けた姿で、サクラの薬により溺れて意識がないように装っていたのでした。 その場所へヒナタがカカシを誘導します。 カカシが女性を助けに川へ行くと、川岸に全身ずぶ濡れの女性が倒れており、カカシは人工呼吸をしようとしたのか、口元に手を掛けますが、病院に連れていくと言って女性を抱えて走り去っていきます。 ヒナタはすぐに作戦が失敗したことをシカマルに伝え、仲間はプランBの実行に移ることとしました。 病院への道中で待ち伏せし、秋道チョウジの奇襲と油目シノの寄壊蟲で拘束。 そこに山中イノが心転の術を使ってカカシの体を操作することにより、マスクをはずそうとしますが偶然出てきたカエルに邪魔され、カエルに心転の術を使用し失敗します。 しかし、シカマルが背後に控えており、心転の術の失敗の直後に影真似の術を発動。 カカシを捉えることに成功し、マスクをはずそうとしたところに、ガイ班が乱入し、影真似の術が解除されてしまいます。 その直後にカカシが消えてしまい、今までのカカシは影分身であり、ナルトたちの計画を知っていたことが発覚しました。 こうしてナルトたちの特別任務は失敗に終わりました。 しかし、実はずっとマスク外して横にいたので、みんな素顔を知っていることを知らないという不思議な状態でした。 カカシ先生はさすがで、カカシ本人の方を影分身にして、本人はスケアとして横にいるという抜け目のなさです。 これにより、万が一マスクを外される事態になっても影分身を消せば問題ありません。 スケアは最後に、「あと2、3回は遊んであげられるかな」と言っているので、今後も出てくる可能性を予感させます。 実際に、「BORUTO」の35話目と115話目に再登場しており、今後の活躍を引く続き見ることが出来ます。

次の