どうぶつの森 不人気。 任天堂「あつまれ どうぶつの森」人気の理由は?

どうぶつの森の住民/キャラの人気ランキング30選【2020最新版】

どうぶつの森 不人気

「どうぶつの森」シリーズの最新作として発売されたNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』、通称『あつ森』。 個性豊かな住民との交流は、『あつ森』の魅力の一つ。 本作をプレイしたことがない人も、SNSで眼鏡をかけたグレーの猫を見たことはないだろうか? 300人を超える住民たちの中で、特に注目を集めているのが、この新住民「ジャック」である。 『あつ森』から新登場となった住民は8人。 どの住民も注目度が高く人気だが、その中でも、ジャックは突出して大人気なのである。 なぜここまでダントツの人気を誇るまでになったのか、その秘密を分析してみよう。 筆者は幸運にも、プレイを始めてすぐの離島ツアーでジャックと出会うことができた 1. 実はシリーズ初だった! 禁断の組み合わせ「キザなネコ住民」 「どうぶつの森」シリーズの住民には、イヌ、ネコ、ウサギ、カエル、ハムスター、トリ、リス、ワニ……といった様々な種族がある。 どの種族の動物も見た目や名前がユニークで、それぞれ違った可愛らしさがある。 とはいえ、この日本で「ネコ」が大人気であることに、もはや特別な説明は不要だろう。 そして、住民たちには性格の種類が8つあるのだが、性別が男の住民の中では、キザな性格の住民は一番数が少ない。 つまり倍率的にレアなのだ。 この人気の種族「ネコ」とレアな性格「キザ」を兼ね備えた住民は、なんと過去シリーズにはいなかった。 「初のキザなネコ住民」という条件だけでも、ジャックが注目を浴びるのは必然だったといえるだろう。 ネコの住民は、全体的に丸いフォルムに対して、ツンと尖った耳が特徴的だ 2. 属性てんこ盛りの外見 ジャックといえば、何といってもその外見だ。 オッドアイ、三白眼、メッシュのような前髪(毛並み)、黒縁メガネ、ピシッとしたスーツ姿、笑うと見える八重歯……刺さる人には刺さるポイントを、的確に、複数押さえている。 ブルーグレーを基調にしたシックな配色も洒落ているし、整った顔立ちはイケメン(イケネコ?)と言って差し支えないだろう。 魔が差して「メイドのふく」をプレゼントしてしまい、さらに属性過多となったジャック 3. イケメンなので、キザな言動が似合ってしまう!? ジャックの「キザな性格」もキャラの濃さに一役買っている。 『あつ森』に登場するキザな性格の住民たちは、基本的に言動がキザである。 周りの住民との会話では、カッコよくキメたはずがスルーされてしまったり、「いい人だけど、ちょっと残念よね……」といったふうにコミカルに扱われることもある。 しかし、ジャックはイケメンなので、歯が浮くようなセリフを言っても、どこかカッコよく・可愛らしく見えてくる……と筆者は感じている。 スーツ姿のジャックにロマンチックな台詞を言われ、ドキッとするプレイヤーもいるかしれない。 一方で、他のキザ住民と同じくジャックも、あまりモテている様子はないので、「残念なイケメン」というユニークさを愛でることもできる。

次の

任天堂「あつまれ どうぶつの森」人気の理由は?

どうぶつの森 不人気

「リングフィット アドベンチャー」に続き、任天堂のゲーム「あつまれ どうぶつの森」が人気を集めている。 「リングフィット アドベンチャー」に続き、任天堂のゲーム「あつまれ どうぶつの森」が人気を集めている。 プレイヤーは速いリズムの仕事を終えると、このゆったりしたペースの「癒やし系」ゲームの世界に没入し、虫取りや釣り、化石探しを楽しみ、家を建てたり借金を返したりする。 この見たところ癒やし系のゲームが、3月20日の発売から3日間で、日本では実物パッケージ版が188万本以上売れ、ゲーム機「スイッチ」のゲーム発売第1週の売り上げ記録を更新した。 この1週間で実物版にダウンロード版を加えて約250万本が売れ、スイッチの売り上げも大幅増加して約40万セットに達した。 前の週のスイッチ売り上げは5万7000セットだった。 「どうぶつの森」は英国で発売第1週に最も売れたスイッチのゲームになっただけでなく、米国のアマゾンでも売上トップに立ち、中国市場でも次々にファンを獲得した。 微博(ウェイボー)の「どうぶつの森」のファンの交流の場である「超級話題(スーパートピック)」は閲覧件数が2億7000万件を超え、淘宝(タオバオ)では実物版の価格が2倍に跳ね上がった。 しかし「どうぶつの森」が人気検索ワードに登場し、「社会現象と呼ばれるゲーム」になった原因はこれが「癒やし系」だからではなく、開放度と自由度の高さでプレイヤーが「遊び倒すこと」ができるからだ。 プレイヤーは次々に新しいシーンを創造し、新型コロナウイルスによる肺炎の流行期間に心温まるストーリーを紡ぎ出した人もいる。 たとえばこんなクリエーションがある。 支付宝(アリペイ)や微信(WeChat)の送金用QRコードをレンガにして入り口のところに敷き、本当に送金ができるようにした人がいる。 自分の島を果樹園にして、「もいだ方に実物を送ります、歯触りのよい甘い果物、順豊で送料込み」と書いた広告の看板を掲げた人がいる。 釣った魚を集めて、「シーフード取引市場」を作った人もいる。 感染症の影響で実際の結婚式を予定通り挙げられなかった海外の新婚カップルは、友人たちに集まってもらい、架空の島で結婚式を挙げたという。 また、ここ数年のカジュアルゲームの成長によるところも大きい。 アプリ市場調査会社の米アップアニーの「2020年モバイル市場報告」とモバイルネットワーク製品のベンチマーク分析を手がける易観千帆のデータによると、モバイルゲーム産業で最も成長が著しいのはカジュアルゲームで、月間アクティブユーザー数は4億人に達したという。 ダウンロード件数も最多で、ゲーム全体のダウンロード数のうち47%を占める、女性ユーザーの増加と消費パワーの発揮が、カジュアルゲームの発展に極めて大きなユーザーの基数と基盤を提供している。 さらに現実生活との類似性やほのぼのとかわいらしい作風により、「仏系(仏のように物事に拘泥しないこと)」青年の社交生活で話題になったこと、ショート動画で活発な告知活動が繰り広げられ、友人からの口コミやおすすめがゲームの主要な発信ルートになったこともある。 借金をしてより大きな家を建てて、借金を返すというストーリーだ。 ただ借金には利息も期限もない。 「どうぶつの森」プロデューサーの野上恒さんは取材に答える中で、こんな話をしてくれた。 「残念なことに、『あつまれ どうぶつの森』を発売した時、世界ではこんなに大変なことが起きていて、次々降りかかる災難にすっかり元気をなくし心を痛めていた。 このような状況であるので、『どうぶつの森』の大勢のファンにはこのゲームを一種の逃避場所としてもらいたい。 大変な時期だからこそ、楽しく遊んでもらいたい」。 何もかもがファンのために創造された「リアルな島での暮らし」だ。 ゲームの中で、島にやって来た背景には「現実の生活からの逃避」があり、ゲームが進行すると本当に現実生活からの出口が提示される。 「どうぶつの森」には四季があり、毎日太陽が昇り月が沈む時間の流れがあり、現実世界と同じペースで進んでいく。 夜になれば店は閉まり、動物たちはねぐらに帰って眠る。 時間や季節ごとに違う生き物が登場し、天気やイベントに合わせて装飾が変わる。 北半球と南半球の季節の違いまでも考慮され、北半球と南半球のプレイヤーはそれぞれに合った産物や生態環境が設定されている。 それだけではない。 「どうぶつの森」は細かいところにも配慮が行き届き、歩く床の材質が異なれば足音が変わり、家の明かりは2種類あり、動物の友だちの前で虫をつかまえると拍手してくれる設定もある。 毎日のノルマをこなし、いろいろな遊び方を試す中で、「どうぶつの森」の世界に隠されたディテールが想像をはるかに超えていることに気づくだろう。 砂浜で水をはき出す小さな穴を掘ってみると牡蠣がいたり、木の枝に蓑虫が揺れていたり、蜂に刺されて顔が腫れたり、毒グモに驚いて気絶したり…。 現実生活の中で、私たちは身の回りのことは何でも知っていると思い、生活は無限の繰り返しに思える。 しかし「どうぶつの森」でもう一度虫や魚を仲間ごとに分け、その習性を追いかけていると、子ども時代に返ったような気持ちになり、あらゆることに強い好奇心を抱くようになる。 ゲームは社会心理の投影であり、社会的な属性と心理の投影がプレイヤーを深く引きつける重要な要素だ。 感染症が導火線になった背景には、「旅かえる」と同じように、シンプルでほのぼのとした作風が現代の若者の孤独感、仕事の無味乾燥さ、生活の中で感じる大きなストレスを解消したこと、暮らしの中の「小確幸」(小さいけれど確かな幸せ)を求める心理的ニーズに合致したことがある。

次の

約束一つ守れない屑アセロラをどうぶつの森シリーズから叩き出せ

どうぶつの森 不人気

どうぶつの森シリーズの始まりは、まだニンテンドースイッチが影も形も存在していなかった2001年。 タッチパネル機能を有したゲーム機が存在しておらず、スマートフォン以上の厚みがある「ゲームボーイアドバンス」というゲーム機が発売された年でした。 当時の家庭用ゲーム機はプレイステーション2などが人気でしたが、今よりもオンライン環境が整っておらず、格闘ゲームで友達と対戦する際は、コントローラーを持参して友達に家に遊びに行くか、ゲームセンターに通うのが当たり前の時代。 ゲームボーイで通信する際は、インターネットや無線での接続ではなく「通信ケーブル」という今となっては伝説のアイテムを使用する必要がありました。 2020年4月現在、当時人気だったゲームシリーズは次々と停滞してしまい、家庭用ゲーム機で遊ぶ人も減少したようにも感じます。 スマートフォンの基本無料アプリしかプレイしない人も多く、現在のゲーム業界に対し寂しさを感じているゲーマーも少なくはないかもしれません。 それでも長年に渡り愛され続けているゲームシリーズも数多く存在しており、「どうぶつの森」シリーズもそのひとつ。 2001年にニンテンドー64ソフトとして発売され、「どう森」「ぶつ森」などの愛称で親しまれるほどの人気を獲得することに成功した人気シリーズです。 「どうぶつの森」の販売・開発を行っているのは、「スーパーマリオ」シリーズ、「ゼルダの伝説」シリーズ、「ポケットモンスター」シリーズなどでも有名な任天堂。 あまりゲームをプレイしない層も安心して楽しめるゲームを得意としており、「どうぶつの森」もライトユーザーや熱心なゲーマーなど幅広い層から好評を得ることに成功しました。 そして2005年11月23日にニンテンドーDS用ゲームソフトとして発売された「おいでよ どうぶつの森」でさらにファン層を広げ、日本国内だけで526万本以上もの大ヒットを記録したのです。 2012年11月8日にはニンテンドー3DS用ゲームソフト「とびだせ どうぶつの森」が発売され、日本国内だけで452万本の売上を記録。 ニンテンドー3DSを現在も愛用している人も多いですが、スマートフォンの普及により携帯ゲーム機で遊ぶ人は減少。 家庭用ゲーム機のプレイヤーもゲーム離れが進み、日本ではゲーム機ではなくスマートフォンでゲームをプレイする人が増加するようになりました。 その状況が少しずつ変化するきっかけとなったのが、任天堂が販売を行っているゲーム機「ニンテンドースイッチ」の誕生です。 家庭用ゲーム機、携帯ゲーム機の両方の機能を有した夢のようなゲーム機であり、ゲームにあまり興味がない層にも注目されるほどの勢いを見せているのです。 ニンテンドースイッチのゲームソフトは、「スーパーマリオオデッセイ」「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」「ポケットモンスター ソード・シールド」などのソフトが大人気。 これらのソフトをプレイするためにニンテンドースイッチを購入する人も多いですが、「どうぶつの森」シリーズの新作も長年待ち望まれていました。 そして、前作「とびだせ どうぶつの森」から約8年が経過した2020年3月20日、「あつまれ どうぶつの森」がついにニンテンドースイッチ用ゲームソフトとしてリリースされたのです。 ニンテンドースイッチは自宅のテレビに接続して遊ぶこともできるため、家庭用ゲーム機向けのシリーズ新作としては、Wiiで発売された「街へいこうよ どうぶつの森」から約12年ぶり。 シリーズらしい平和な世界観と魅力的な動物たち、そして美しいグラフィックなどあらゆる面が魅力に溢れており、発売からわずか1ヶ月ほどで国内売上360万本以上もの販売本数を記録しています。

次の