ドミナント 戦略。 ランチェスター戦略の基本、「ドミナント戦略」を解説

コンビニの「ドミナント戦略」の問題点とは?

戦略 ドミナント 戦略 ドミナント

☝ - 頻回に出演することで人気と収益を上げる• まとめ ドミナント戦略は特定の地域に集中的に多店舗展開することで、地域のシェアを拡大し、地域での優位性を持つことができるマーケティング戦略のことです。

12

セブンイレブンが採用するドミナント戦略のメリット・デメリットまとめ

戦略 ドミナント 戦略 ドミナント

😊 均一化された商品の中でも、関東と関西で味付けを変えるといった工夫も需要に合わせるためには必要になってきます。 「ドミナント(dominant)」は、「優勢である」「支配的な」という意味です。

3

ドミナント戦略のメリット・デメリットは?コンビニや飲食店を例に紹介

戦略 ドミナント 戦略 ドミナント

☢ 一般的な例でいうと、コンビニであれば3,000人・スーパーなら10,000人といったように、業態で商圏人口は異なってきます。 店舗同士で顧客の奪い合いが生じる ドミナント戦略のデメリット、2点目は、「顧客の奪い合いが生じやすい」ということです。

19

コンビニの「ドミナント戦略」の問題点とは?

戦略 ドミナント 戦略 ドミナント

📲 特定地域に出店すれば商材の配送やスーパーバイザーの巡回効率が高まるので、店舗数と売上に対する本部側のコスト比率は、そりゃあ縮減するでしょう。 ドミナント戦略を維持するために、時には競争が必要なケースもありますが、その際の競争結果の予測にも役立ちます。 まだまだ十分に成長できる余地がある」と述べたが、ここまでガクンと店舗を減らしてはさすがに説得力に乏しい。

コンビニの「ドミナント戦略」の問題点とは?

戦略 ドミナント 戦略 ドミナント

⚒ 特に、ドミナント戦略を軸にしているチェーンストアに、フランチャイズ加盟するときは注意が必要です。 いま注目の急成長ビジネスがひと目でわかります。 複数店舗を訪れたら割引などのキャンペーン など、多店舗であることに意味を持たせることで、より市場の占有を進めることができます。

ドミナント戦略のメリット・デメリットは?コンビニや飲食店を例に紹介

戦略 ドミナント 戦略 ドミナント

😗 これは、スターバックスが持つブランド力と提供される付加価値・徹底したドミナント戦略によるものと言えるでしょう。 - 競合の少ない地方では寡占状態となる• ドミナント戦略を軸に地域客を囲い込むウォルマート アメリカ最大手のスーパーマーケットチェーン・ウォルマートも、ドミナント戦略を軸に出店を進め、成功を収めてきた企業です。 この方法はWebコンテンツ運営でも応用されており、2010年代前半に盛んとなったいわゆるローカル情報Webメディアでは、一都市とか都市の一区域に特化した情報を徹底的に発信することで同様の効果を得ている。

コンビニの「ドミナント戦略」の問題点とは?

戦略 ドミナント 戦略 ドミナント

☯ これは、店が近場にあるからこそできることです。 カプセルホテルといえば安全性などを理由に、男女別フロアを設けるところが多いが、ここは違う。 グループ企業やチェーン展開を行うスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどは、新たに店舗を作るにあたり、集客力を左右する商圏について人口や年齢層、主な家族構成、昼夜間人口、競業他社の有無、交通アクセスといった立地特性を調査し、出店すべきかどうかを決めています。

ランチェスター戦略の基本、「ドミナント戦略」を解説

戦略 ドミナント 戦略 ドミナント

👏 近隣店舗での顧客の奪い合い• 【ドミナント戦略に必要な4つの調査項目】 ・人口増減 ・夜間と昼間の人口差 ・競合調査 ・需要特性 人口が減少傾向にある地域に集中出店しても、利益は見込みづらいでしょう。 店舗間の 物や従業員の移動コストが抑えられる などのメリットがあります。 綿密な出店計画が必要な理由はここにもあります。

20