ミョウバン水。 【ミョウバン水の使い方】ミョウバン水は消臭や制汗効果があります!

みょうばん(ミョウバン)水の作り方−みょうばんで消臭

ミョウバン水

数年前からテレビ番組などで取り上げられ、市販のデオドラント剤や制汗剤よりも安価で効果があると注目されています。 早速 ミョウバン水の作り方を知りたいという方は「」から、 ミョウバン水について興味のある方は「」からどうぞ。 重曹などと一緒に置いてあることが多いです。 (ミョウバン5gは、ちょうど小さじ1杯です) ペットボトルにミョウバンと水道水を入れて軽く振り、そのまま一晩置いておきます。 ミョウバンは水に溶けにくいので、最初は細かい発泡スチロールが水に浮いたようになりますが、そのまま放置しておけば透明な水ができあがります。 お湯を使うと早く溶けます。 最初は白濁しますが、数十分そのままにしておけば同じく透明な水ができあがります。 この透明な水が、 ミョウバン水の原液になります。 ミョウバン水の原液を水道水で6倍から10倍に薄め、これをスプレーボトルに入れます。 より消臭効果を高めたい場合は濃いめにするといいです。 これでミョウバン水の完成です。 ミョウバン水の作り方はここまでです。 お風呂上り、またはシャワーの後に、気になる部分に ミョウバン水をスプレーします。 そのまま乾かすか、タオル等でみょうばん水を軽くふき取ります。 ミョウバンの強力な殺菌力、制汗力、消臭力で気になるニオイが消えます。 その効果が実感できるでしょう。 ペパーミント、レモングラスティーツリー等のエッセンシャルオイルを ミョウバン水に加えると一層快適です。 (お好みでお試しください) 消臭効果を長時間持続させたい場合は、 ミョウバン水にレモンを1滴加えてみてください。 レモンもミョウバン水と同じ酸性ですので、殺菌作用があるため、効果がより長続きします。 また、レモンの香りが気になるニオイをマスキングしてくれます。 (こちらもお好みでお試しください) そもそもミョウバン水って何? ミョウバンは、なすの漬物やレンコンの下ごしらえなどの料理の用途に広く使われている食品添加物です。 ミョウバンは水に溶けると酸性になり、気になる汗やワキガ・足の臭いの元となる雑菌を分解・抑制してくれるため、優れた消臭効果も発揮してくれます。 ミョウバンには、厳密には幾つかの種類がありますが、主に使われているのは「焼きミョウバン」と呼ばれるもので、スーパーや薬局などで50g100円以下で売られています。 臭いの元となる雑菌と汗を同時に抑え、臭いの発生源を清潔に保ち、同時に嫌な臭いを消臭してくれます。 ミョウバン自体は、古代ローマ時代から広く使われていた天然の食品添加物ですので、体に安心・安全な成分です。 ミョウバンは、水に溶けると酸性になりますので、臭いの元となる雑菌の増殖を抑制し臭いを抑えることができます。 制汗作用 ミョウバンは汗を抑える効果もあります。 汗が抑えられることで皮膚表面の湿気が抑えられ、臭いの元となる雑菌の増殖を抑制してくれます。 収れん作用 ミョウバンには、肌の角質層を形成しているたんぱく質から緻密な保護膜を作って、お肌をスベスベに引き締める作用があります。 ミョウバンは、優れた消臭剤としてだけでなく、その収れん作用から美肌水として利用されます。 別府温泉のミョウバン風呂でも有名ですが、ミョウバンは、アトピーやニキビ予防にも効果があります。 ミョウバン水の使用上のワンポイントアドバイス 汗をかいてニオイが強く気になる場合は、ワキや足などに みょうばん(ミョウバン)水を1〜2回プッシュし、一旦、 みょうばん(ミョウバン)水と一緒に汗を綺麗に拭き取ります。 (こうすることで雑菌がきれいに無くなります。 ) その後、みょうばん(ミョウバン)水を1プッシュすればより効果的です。 酸性の みょうばん(ミョウバン)水は、体の表面にいる常在菌(体にとっては良い菌)を殺菌することなく、臭いのもととなるアンモニアの臭いを効果的に抑えてくれます。 汗やワキガのニオイは汗をかく夏場が最も気になりますが、実は冬場も気をつけたいところです。 冬場は服の重ね着をしますので、通気性が悪くなり、夏場よりもかえって臭うこともあるので、ワキガが気になる方は、冬場も一層のケアに心がけましょう。 ミョウバン水の保管方法と使用期限 ミョウバン水の原液は、腐敗を防ぐために冷暗所または冷蔵庫に保管しましょう。 ミョウバン水の使用期限は、原液は1カ月程度、原液を薄めたミョウバン水は1週間程度で使い切りましょう。 また、 ミョウバン水を作る際の水は、必ず水道水を使いましょう。 精製水やミネラルウオーターは塩素が入っていないため、腐敗が早まる場合があります。 なお、より消臭効果を高めたい場合には、水道水の代わりに、濃い目の緑茶に溶かすと効果的です。 緑茶のカテキンも強い消臭効果がありますので相乗効果が期待できます。 この場合は、使用期限が短くなりますので、早めに使い切るか、少量のミョウバン水原液をその都度作るようにしましょう。 みょうばん(ミョウバン)水は、スーツやシャツなどの布製品や加齢臭、靴や生ゴミなどのニオイとりの他、アトピーやニキビ予防、鍋の焦げつき、コーヒーメーカーの汚れ落としなどにも効果があります。 ミョウバン水の様々な使い方は、 を参考にしてください。 Copyright(c)2007 みょうばん(ミョウバン)で消臭 All rights reserved.

次の

手作りミョウバン水の作り方 消臭以外にも効果が?実験してみた

ミョウバン水

ワキガ(腋臭症)にミョウバン水は効果があるの? 効かないって聞いたことがあるけど? ワキガ対策になる正しい 作り方や使い方を知りたい。 手作りできる? 逆に ミョウバンで悪化するって聞いたことがあるけど本当? 「 ワキガ対策にミョウバン」 一度は聞いたことがある方が多いと思います。 ミョウバンはワキガ対策に有効であり、その歴史は古代ローマまでさかのぼるほどのようです。 それほど昔から臭いに対する効果があるミョウバンは今でもワキガに有効であると言われる対策の1つです。 ミョウバンはスーパーなどで100円、200円と安く売っているので、ワキガにとっては非常に助かります。 今回は15年以上ワキガに悩んだ経験がある私が、ミョウバンの効果、ミョウバン水の作り方や使い方、 また 私が体験して効果のあった使い方などをご紹介していきます。 また、 ミョウバン水が効かなかったという方もいらっしゃると思います。 そんな方も一度目を通していただけると幸いです。 何かヒントがあるかもしれません。 ワキガで悩む方の一人でも参考になっていただければ幸いです。 下記クリックで好きな項目へ移動• ミョウバンのワキガへの効果 念のためですが、ミョウバンはワキガを根治させるなどの効果があるわけではありません。 ワキガを根本的に治療する方法は手術になります。 臭いを中和するという方法によって、ワキガの臭いが改善されます。 殺菌効果 ミョウバンは、水に溶けると酸性になるという特性があります。 ワキガの臭い菌はアルカリ性なので、中和されることによって菌の繁殖を防ぐ効果があります。 殺菌効果ですね。 まさにデオドラントです。 ワキガは、アポクリン腺から出る汗と、肌や脇毛、衣類に付着している菌が合わさり、分解されることによって臭いがします。 ミョウバンはその菌を殺菌するという、ワキガ臭の原因に対して対策することができます。 消臭効果 ミョウバンには金属イオンがが含まれています。 金属イオンは消臭効果が期待できます。 制汗効果 さらにですが、ミョウバンには毛穴をしめる作用もあるため、 発汗を抑える効果もあります。 先ほどご説明したように、ワキガ臭はアポクリン腺から出る汗が多いほど臭いがきつくなりますので、汗が減ることはワキガ対策になります。 結論、ミョウバンによって悪化するということはありません。 ただ、ミョウバンにはアルミニウムが含まれているので、使いすぎたり、肌につける濃度が濃すぎると赤みや湿疹などの肌荒れを起こす場合があります。 肌が傷ついてしまい、デオドラントクリームなどが塗れず、その結果ワキガの臭いがきつくなるなどはあり得ますので、そこは注意が必要です。 また、ミョウバンが原因ではないでしょうが、生活習慣によってワキガの臭いが悪化してしまうということはあり得ます。 というのは、 ワキガはストレスや食生活、睡眠不足、疲労の蓄積などによって悪化します。 これは私も経験がありますが、残念ながら事実です泣 たまたまミョウバンを使い始めたタイミングで、何らかの生活習慣が変化し、そのせいでワキガが悪化してしまった人がいるのかもしれません。 これがミョウバンがワキガを悪化させるという、事実ではない噂の正体の可能性が高いです。 ミョウバン水の作り方 ミョウバン水は手作りすることができます。 さっそくミョウバン水の作り方をご紹介していきます。 さきほど水に溶けると酸性になると説明させていただきましたが、その 殺菌効果を発揮するのはミョウバンを水に溶かす必要があります。 まず使うミョウバンですが、「 カリウムミョウバン」と言われるものです。 他にも鉄ミョウバンなどがあります。 スーパーなどに置かれていて、 「ミョウバン」「焼きミョウバン」などと書かれている商品はカリウムミョウバンです。 そのミョウバンを、 水とミョウバンの割合30対1で水に入れて下さい。 水道水を使うようにして下さい。 すぐには水に溶けませんので、混ぜたら一晩寝かせるようにして下さい。 これでミョウバン水(原液)の完成です。 1ヶ月ほどもちますので、ペンなどで記載しておくのが良いかもしれません。 ミョウバン水の使い方 メジャーな使い方としてはスプレーにして直接脇にかける方法です。 原液を薄めて使って下さい。 薄すぎると効果を感じにくいかもしれませんが、濃いと肌荒れしたりすることもあるので、加減するようにして下さい。 まず10倍前後で試してみると良いです。 原液をガーゼにしみ込ませて、 脇の下に挟んで浸透させる方法もあります。 たっぷり目のガーゼを5分ほど脇に挟んでおくと良いです。 また、私はやったことがありませんが、スプレーにレモンの汁をたらすとさらに酸性となって効果があるという情報もあります。 私が効果のあったミョウバン水の使い方 問題は持続性 私がそうだったので他にもいらっしゃると思いますが、 スプレーをかけるだけでは私は効果がありませんでした。 スプレーをした直後はなんとなく臭わなくなったように感じるのですが、家を出て会社の駅に着く頃に嗅いでみると、ほぼいつもと変わらない臭いがしました。 おそらくですが、殺菌作用があるのは確かですが、その 効果を継続させることができませんでした。 少なくとも私の場合はそうでした。 ミョウバン水の問題は持続性にあります。 ミョウバン入りの市販のデオドラント 当時ミョウバン入りのデオドラントがあることを知り、それを買ったら見事臭いを改善することができました。 私の場合は手作りではなく、 市販のデオドラントの方が効果が高かったです。 おそらくミョウバンの効果が持続するような成分が入っているか、作り方をしているんだと思います。 一番手軽で有名なのは「 デオナチュレ」ではないでしょうか。 どのドラッグストアにも売っていますし、楽天などでも買えます。 脇毛を剃ってからミョウバン水を使う こちらもワキガ対策の基本ですが、 脇毛を剃るとデオドラントが塗りやすくなるので効果が高いです。 ワキガに悩んでいて脇毛の処理をしていない方はぜひ試してみて下さい。 デオドラントが塗りやすくなるのもそうですが、脇毛があると菌が繁殖しやすくなるので、臭いがきつくなります。 軽度~中度のワキガであればワキガを剃ることで大きく改善されるはずです。 こちらにわかりやすくまとめていますので参考にして下さい。 関連記事: それでもワキガに効果がない場合は専用のクリームが必要かも 脇毛を剃った上でデオナチュレなどを使って対策しても効果がない場合は、ワキガのレベルが重いことが考えられます。 ワキガ専用のクリームの方が良いかもしれません。 実体験に基づいてまとめた記事があるので参考にしてください。 関連記事: 最後に ミョウバン水のワキガへの効果、作り方と使い方をご紹介させていただきました。 ミョウバンの良いところはなんといっても安いこと、また副作用が少ないことです。 ぜひ一度試してみて下さい。 ワキガ対策の関連記事です。 参考にして下さい。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

ミョウバンの毒性とは?ミョウバン水の作り方と消臭効果

ミョウバン水

ミョウバンとは ミョウバンとは1価の陽イオンの硫酸塩と3価の金属イオンの硫酸塩の複塩の総称。 高い温度で溶けやすく水溶液は弱酸性。 ここで使用するものはスーパーの乾物コーナー等にある 焼きミョウバン。 焼きミョウバンは硫酸カリウムアルミニウムを加熱して作られています。 食品添加物として茄子漬の色止めや根菜のアク抜き、煮物の煮崩れ防止に使用されているものです。 ミョウバン水の作り方 まずは原液を作って、原液を薄めて使います。 (早く作りたい場合はぬるま湯を使うと早く溶けます) 透明になればミョウバン水の原液完成! 原液を10倍に薄めたものをスプレー容器に入れて使用。 ペットボトルやスプレー容器には「ミョウバン水」と書いておきましょう。 消臭効果・アロマオイルで香り付け 古くは古代ローマ時代から消臭・制汗剤として使われていたとされています。 水溶液は弱酸性なのでアンモニア臭を中和。 ペットのおしっこの臭い、洗濯の生渇き、靴箱や玄関、ソファー・枕などの布製品、ゴミ臭等にも効果あり。 また、ワキや足の臭い、頭皮にも効果があるとされていますが、肌に初めて使用する方は目立たないところに少量塗ってアレルギー反応がないか試してからご使用ください。 アロマオイルを数滴入れると香りを楽しめます。 レモングラスやラベンダー(リラックス効果)等の柑橘系フローラル系もお好みで。 ***おすすめアロマオイル*** 日々の生活に香りを取り入れる。 加湿器(対応のもの)に入れ乾燥した部屋に潤いと共に。 リラックスして眠りたい時、集中したい時、お気に入りの香りを見つけてはいかがでしょうか。 使い方・用途 臭いが気になるところにスプレーでシュッシュッとするだけ 掃 除 台所やお風呂場の水垢、水回りの白い汚れ、水道水のカルキ汚れ、石鹸カス、排水溝、トイレなどのアルカリ性の汚れに効きます。 ミョウバン水を吹きつけ少しおいてからスポンジなので擦って下さい。 拭き掃除をするときもバケツにミョウバン水を入れると雑巾の臭いもなくなります。 洗 濯 ミョウバン水を50ml~100ml洗濯層に入れて洗濯。 トイレトレーニング中のお子さんがいる家庭では洗濯物のおしっこの臭いが気になるということも。 アンモニア臭に効果ありで臭いが消えます。 足の消臭 汗をかく夏、毎日お風呂で洗っているのに何だかすっきりしない、足の臭いが気になるという場合。 洗面器に温かくて気持ちいいと感じるくらいのお湯を入れ、台所にある酢を入れ、その中に足湯的に足を入れて5~10分間。 ちょっと足の指をグー、パーして足全体の皮膚に浸透させる感じに。 あとはタオルで拭いて下さい。 酢で殺菌されすっきり感がしばらく持続します。 その後のお手入れはミョウバン水をシュッシュッ。 酢とミョウバン水、Wでスッキリ。 殺菌された足に毛穴をキュッとしてくれる効果のあるミョウバン水で爽快感ありです。 家にあるもので出来て経済的、そしてその効果葉抜群。 食品を使っているので安心。 ただ、お湯をこぼさないように気を付けて下さい。 あじさいも青くする!? あじさいは酸性の土壌では青っぽい色になります。 芽が良く育つ4月~5月頃に3週間おきに3回ミョウバン水(薄めに)を土に与えます。 発色もよくなり青いあじさいがお好みの方はぜひ。 保存期間 原液は冷暗所で1ヶ月、薄めたものは1週間位で使い切るようにしましょう。 小さいお子様がいる家庭では、手の届かないところに置くなど、口に入れないように十分注意して下さい。 間違って目に入った場合はすぐに水で洗い流して下さい。

次の