全て 投げ出し て も いい じゃ ない の used to be 諦める の は easy。 「シャミ子が悪いんだよ」は言ってないのに何故流行ったのか?まとめ

倖田來未 Can We Go Back 歌詞&動画視聴

全て 投げ出し て も いい じゃ ない の used to be 諦める の は easy

「諦めるのはeasy 全て投げ出してもいいじゃないの」の元ネタとは何なのか? ちなみに、そのワードは画像とともに使われる事が多いため 見た事がある人も多いとは思うが、元ネタは 「Can We go back」という倖田來未の曲の歌詞の一部である。 そして上記の有名な画像は、その曲でMステに出演した時のキャプチャである。 ちなみにその時の映像がこちら この映像をリアルタイムで見ていない人も多いと思うが、59秒くらいで妙な既視感を覚える事だろう。 それにしても、別に曲として普通にカッコいいと思う。 歌詞も良いと思う。 どこを取っても粗があるようには思えない。 ここまでネタにされるような曲とは思えないが... 一体なぜ、この曲のこの映像はネタにされているのだろうか? 当時の倖田來未 倖田來未が最も売れていたのは2006年。 今の20歳でさえ小学校上がりたての時代である。 となると、若い人にとっては「昔流行っていた人?」くらいの認識ではないだろうか? 例えるなら西野カナ。 今現在ならあいみょん。 もしくはそれ以上に女性ソロシンガーでは頭一つ抜けた人気ぶりだった。 と同時に、とんでもない程アンチも存在していた。 少しでも失言しようものなら切り抜かれ拡散され テレビに出る度、おもしろキャプチャグランプリが開かれるほど、倖田來未を嫌う層が存在していた。 その理由としては、彼女の言動と思われる。 2019年現在の若手アーティストは、処世術を身につけ過ぎている。 とにかく悪目立ちしないように、どこを切り抜かれても大丈夫なように発言する、それはもう見ていて面白くないと感じるほど、立ち回り方を体得しているように思う。 で、その真逆を行くのが倖田來未。 実力があり、下済み時代が長かったというのもあるとは思うが、とにかく自己主張が強い。 謙遜をしない。 慎まない。 それは彼女の良さでもあり、アンチを生む原因でもあった。 で、なぜネタにされているのか? で、話は戻って本題の曲。 あれは何故ネタにされているのだろうか? 調べてみたが、「顔が面白いから」以外に一切理由はないらしい。 別に放送当時に問題を起こしたわけでも変にイキってたわけでもなく、普通に出演して普通にトークをして普通に歌って問題なく出番は終わった。 で、ネタにされる理由は「顔が面白いから」 その通りだと思う...。 まぁ、コメントを見る限り倖田來未に対する憎悪がネタの根源ではなさそうなのはせめてもの救いなのかもしれない。 と、使い勝手の良さも相まって多くの人に愛用されているようだ。 形はどうあれ、当時のように本気で倖田來未を忌み嫌う人の嫌がらせとしてではなく、面白ネタとして愛されているのはファンとして少しばかり嬉しく思う。 ぜひこれを機に倖田來未を聞いてみてね。

次の

Can We Go Back

全て 投げ出し て も いい じゃ ない の used to be 諦める の は easy

「諦めるのはeasy 全て投げ出してもいいじゃないの」の元ネタとは何なのか? ちなみに、そのワードは画像とともに使われる事が多いため 見た事がある人も多いとは思うが、元ネタは 「Can We go back」という倖田來未の曲の歌詞の一部である。 そして上記の有名な画像は、その曲でMステに出演した時のキャプチャである。 ちなみにその時の映像がこちら この映像をリアルタイムで見ていない人も多いと思うが、59秒くらいで妙な既視感を覚える事だろう。 それにしても、別に曲として普通にカッコいいと思う。 歌詞も良いと思う。 どこを取っても粗があるようには思えない。 ここまでネタにされるような曲とは思えないが... 一体なぜ、この曲のこの映像はネタにされているのだろうか? 当時の倖田來未 倖田來未が最も売れていたのは2006年。 今の20歳でさえ小学校上がりたての時代である。 となると、若い人にとっては「昔流行っていた人?」くらいの認識ではないだろうか? 例えるなら西野カナ。 今現在ならあいみょん。 もしくはそれ以上に女性ソロシンガーでは頭一つ抜けた人気ぶりだった。 と同時に、とんでもない程アンチも存在していた。 少しでも失言しようものなら切り抜かれ拡散され テレビに出る度、おもしろキャプチャグランプリが開かれるほど、倖田來未を嫌う層が存在していた。 その理由としては、彼女の言動と思われる。 2019年現在の若手アーティストは、処世術を身につけ過ぎている。 とにかく悪目立ちしないように、どこを切り抜かれても大丈夫なように発言する、それはもう見ていて面白くないと感じるほど、立ち回り方を体得しているように思う。 で、その真逆を行くのが倖田來未。 実力があり、下済み時代が長かったというのもあるとは思うが、とにかく自己主張が強い。 謙遜をしない。 慎まない。 それは彼女の良さでもあり、アンチを生む原因でもあった。 で、なぜネタにされているのか? で、話は戻って本題の曲。 あれは何故ネタにされているのだろうか? 調べてみたが、「顔が面白いから」以外に一切理由はないらしい。 別に放送当時に問題を起こしたわけでも変にイキってたわけでもなく、普通に出演して普通にトークをして普通に歌って問題なく出番は終わった。 で、ネタにされる理由は「顔が面白いから」 その通りだと思う...。 まぁ、コメントを見る限り倖田來未に対する憎悪がネタの根源ではなさそうなのはせめてもの救いなのかもしれない。 と、使い勝手の良さも相まって多くの人に愛用されているようだ。 形はどうあれ、当時のように本気で倖田來未を忌み嫌う人の嫌がらせとしてではなく、面白ネタとして愛されているのはファンとして少しばかり嬉しく思う。 ぜひこれを機に倖田來未を聞いてみてね。

次の

倖田來未 Can We Go Back 歌詞&動画視聴

全て 投げ出し て も いい じゃ ない の used to be 諦める の は easy

人生RTAとは何か?wawawa ハイボールの人 でよく使われる言葉の意味は? おそらく、最近やたらと流行っている根源は「アル中カラカラ」と思われる。 アル中カラカラとは、wawawa ハイボールの人とも呼ばれる という動画投稿者である。 ニコニコ動画にて活動しており、最近になって異様なほどバズっている。 絵に描いたような「底辺」っぽい感じの生活環境と タバコ、酒、味の濃い食べ物という早死に三種神器を愛用している中年らしき男性。 動画のジャンルとしてはお料理系 ? であり、半オリジナルのメニューを自作し、それをアテにお酒を飲む動画を投稿している。 また、笑いを取ろうとしているわけでもないと思われる事から 悪ノリのようなコメントが大量に流れるのもまた、アル中カラカラ動画の重要な要素の一つとなっている。 そのコメントの中の一つで、ほぼ必ず冒頭に出てくるのが 「人生RTA」である。 人生RTAの意味 ここまで読めば、勘のいい人は気づくかもしれないが 人生RTAの意味としては 「人生の始まりから終わりまでの速さを競うタイムアタック」といったところである。 体に悪い食生活をすれば、病気などで早死にするリスクが高まる。 そこから転じて、人生RTAという言葉が生まれたのだろう。 もちろん、アル中カラカラ本人は死にたくてそんな事をしているわけでは無いと思うが、どう考えても長生きは出来なさそうな食生活であるため、ここまでくると 「わざと体に悪いものを食べているのでは無いか?」という邪推なのかそう言われているようだ。 皮肉を込めてそのような事を言われているのか、はたまた長生きしてほしいためにあえて厳しい言葉を浴びせているのかもしれない。 というわけで、人生RTA。

次の