日立 製作所 水戸 工場。 日立の事業所1000人、自宅待機…イタリア出張帰りの男性が感染 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

日立製作所

日立 製作所 水戸 工場

昭和24年8月 前会長、根岸忠雄が水戸市大塚町に工具工場を個人創業開始する。 東京、余郷製作所を窓口とし、タッピング・スケヤー等標準工具の製造販売、また日立工機のゲージ、工具類の下請加工をする。 昭和26年 株式会社日立製作所水戸工場取引開始 昭和28年10月 有限会社大塚製作所と改組し、資本金60万円、根岸忠雄代表取締役となる。 主として、治工具 ・作業用具・専用機製作・電動工具部品・エレベーター部品・車両部品等の製作に専念する。 昭和48年12月 笠間工場建設、第一期工事 を完成する。 昭和49年5月 日立製作所 佐和工場取引開始 昭和50年4月 日立精機取引開始 昭和50年7月 笠間工場敷地内に恒湿恒温室(ジグボーラー室 完成する。 昭和52年3月 日立建機土浦工場取引開始 昭和52年5月 日立製作所 那珂工場取引開始 昭和54年7月 笠間工場 第2期工事完成する。 昭和59年2月 笠間工場 第3 期工事完成する。 ( 恒湿恒温室・ 三次元測定機室) 昭和59年9月 日立マクセル筑波工場取引開始 昭和60年3月 三次元座標測定機 東京精密・GS1000C-R 導入 昭和60年9月 精密ジグ中ぐり盤(三井精機・7CM)導入 昭和61年3月 池上通信水戸工場取引開始 昭和62年7月 日立化成 下館工場取引開始 昭和62年8月 立型マシニングセンター(大隈鐵工所・MC-6VA 導入 平成元年6月 ワイヤーカット放電加工機(三菱電機・DWC200H 導入 平成元年8月 根岸孝雄 代表取締役社長 となる。 平成3年2月 資本金1億円とする。 平成3年7月 本社 、笠間工場 を集約し水戸市谷津町に新工場落成 平成3年8月 会社組織を改組、株式会社大塚製作所となる。 平成11年3月 水戸市優良工場認定表彰を受ける。

次の

沿革:日立交通テクノロジー株式会社

日立 製作所 水戸 工場

日立製作所水戸事業所の場所はどこ?【茨城県】 それでは、日立製作所水戸事業所の場所はどこか調査していきましょう。 国道6号線東、日立製作所水戸工場と日立ビルシステム水戸事業所が併設されています。 日立製作所水戸事情所 住所: 茨城県ひたちなか市大字市毛1070 日立製作所水戸事業所の場所はどこ? 終わりに 感染が確認された男性ひたちなか市に住む30代の男性で、2月24日から同月27日までイタリアへ出張していました。 16日に男性の家族がひたちなか保健所に相談し、専門外来を受診し、17日にウイルス検査の結果、感染が確認されました。 男性は現在感染症指定医療機関に入院したとの事ですが、 症状は落ち着いているとの事です。 茨城県は男性の行動歴を詳しく調査し、家族もウイルス検査を行い、家族が通う幼稚園関係者の健康観察も行うとの事です。 男性は帰国後3月12日以降は欠勤していた。 帰国後、男性が出社したのは3月2日から5日、9日から11日の午前までとの事で、12日以降は出社していません。 また、男性は常にマスクを着用し、昼食は1人で食べていたとの事です。 日立製作所は男性が勤める建物を17日の勤務後に閉鎖し、勤務する社員約1000人は25日まで自宅待機する事としました。 茨城県初の感染の確認との事で、感染経路が気になりましたが、海外出張の際に感染した可能性が高そうですね、また、日立製作所の約1000人の社員の自宅待機には驚かされました。 願わくば、感染が確認された男性の早期の快復と、ご家族、会社の関係者を含め全ての人に感染が拡がらない事を願うばかりです。

次の

茨城初のコロナ、ひたちなか市の日立製作所水戸事業所に勤務の30代男性 2/27に出張先のイタリアから帰国し3/5に発熱

日立 製作所 水戸 工場

昭和24年8月 前会長、根岸忠雄が水戸市大塚町に工具工場を個人創業開始する。 東京、余郷製作所を窓口とし、タッピング・スケヤー等標準工具の製造販売、また日立工機のゲージ、工具類の下請加工をする。 昭和26年 株式会社日立製作所水戸工場取引開始 昭和28年10月 有限会社大塚製作所と改組し、資本金60万円、根岸忠雄代表取締役となる。 主として、治工具 ・作業用具・専用機製作・電動工具部品・エレベーター部品・車両部品等の製作に専念する。 昭和48年12月 笠間工場建設、第一期工事 を完成する。 昭和49年5月 日立製作所 佐和工場取引開始 昭和50年4月 日立精機取引開始 昭和50年7月 笠間工場敷地内に恒湿恒温室(ジグボーラー室 完成する。 昭和52年3月 日立建機土浦工場取引開始 昭和52年5月 日立製作所 那珂工場取引開始 昭和54年7月 笠間工場 第2期工事完成する。 昭和59年2月 笠間工場 第3 期工事完成する。 ( 恒湿恒温室・ 三次元測定機室) 昭和59年9月 日立マクセル筑波工場取引開始 昭和60年3月 三次元座標測定機 東京精密・GS1000C-R 導入 昭和60年9月 精密ジグ中ぐり盤(三井精機・7CM)導入 昭和61年3月 池上通信水戸工場取引開始 昭和62年7月 日立化成 下館工場取引開始 昭和62年8月 立型マシニングセンター(大隈鐵工所・MC-6VA 導入 平成元年6月 ワイヤーカット放電加工機(三菱電機・DWC200H 導入 平成元年8月 根岸孝雄 代表取締役社長 となる。 平成3年2月 資本金1億円とする。 平成3年7月 本社 、笠間工場 を集約し水戸市谷津町に新工場落成 平成3年8月 会社組織を改組、株式会社大塚製作所となる。 平成11年3月 水戸市優良工場認定表彰を受ける。

次の