えらてん 現在。 正田圭VSえらてんの炎上騒動を右斜め下から見てみた。脱社畜サロンはどうなる?

正田圭VSえらてんの炎上騒動を右斜め下から見てみた。脱社畜サロンはどうなる?

えらてん 現在

えらいてんちょう(以下、えらてん)さんの宗教について紹介する動画などを見ても頭が良いのが伝わってきますよね。 頭の良さを感じると小さい頃から何か特別なことをしていたのではないかと思うこともあります。 えらてんさん曰く 小さい頃はどこにでもいる普通の少年であった と語っています。 しかし、慶應大学経済学部を卒業する際に就職が決まらず、就職したくないと思っていたそうです。 そんな時に東京都豊島区に店舗が付いていて生活できるところが月8万円で借りられることを発見し、 リサイクルショップの経営を開始しました。 最初は「 リサイクルショップ店で少し稼げれば家賃の足しになる」位にしか思っていませんでしたが、 ここで月40万円を売り上げることに成功! その経験をブログに書いてみたところ、反響が大きく「ショボい起業」という考え方で多くの人に経営コンサルタントをすることになりました。 「ショボイ起業」という響きだけを見てしまうと良い響きには聞こえませんが、実際は会社員として浪費するくらいだったらショボくても良いから起業をしてしまおうという考えです。 これは本当に面白い考え方ですので、興味がある人は一度本を読んで見るのもいかがでしょうか! えらてんさんは元々はバー、学習塾、リサイクルショップの経営をしていました。 しかし、 現在では実務からは身を引いています。 実務からは身を引きましたがオーナーとしてバーの経営に携わったり経営のコンサルタントをしています。 これらのことから えらてんさんの本職は経営コンサルタント兼YouTuber ということですね! 宗教系の動画が人気が出た為に宗教系YouTuberと一部では呼ばれていますよね。 元々、YouTubeを始めた理由は金髪起業家ヒカルさんが祭りくじの闇を暴くを動画を見た時に 「 自分の方が社会の闇を暴けるのではないか」 と思ったのがキッカケでした。 その為、 えらてんさんのYouTubeスタイルは「起業系&社会の闇を暴く系」と言った感じですね。 社会の闇を暴くというところでは東大卒でアムウェイYouTuberのマズザワ内閣さんと似ていますね! 正体は一体何者!? えらいてんちょうと一緒に検索されるキーワードについて調べてみると「正体」というものがあります。 なぜこのように検索されているのか気になりますよね。 調べてみたところえらてんさんが自分で書いたブログが見つかりました! そのブログを見てみると 2012年1月にえらてんさんは「唯一神からのメッセージを受け取った」と宣言して宗教団体を形成していたということが発覚しました。 その宗教団体は15人ほどの信者しか集まらず、親からの反対もありましたが活動を続けていました。 この宗教活動があったからこそ「正体は何者なんだろう」と気になっていた人が検索をしていたのかもしれませんね。 えらてんさんは宗教のことを語っていますが、それは 自分が宗教家として活動していたからこそ語れること ということですね。 この過去のことを恥じているというのをブログでは語っていましたが、その経験をもとに私たちに社会の闇を暴いてくれているので恥ではないと思います。 えらいてんちょうについてまとめ! いかがでしたでしょうか。 えらてんさんは就職をせずに起業したことがきっかけで現在は経営コンサルタントをしていることがわかりました。 また、21歳の頃には宗教家として活動していることもわかりましたね! この様々な経験があるからこそ楽しい動画を届けてくれているのでこれからもえらてんさんの動画が楽しみですね。

次の

えらてん(えらいてんちょう)チャンネルのwiki風プロフィール!宗教や裏社会などの世の中の闇についての情報とコネがすごい!

えらてん 現在

【この記事はだいたい5分で読めます。 】 人並みにマルクスなんか読みまして 「貧困は社会問題だ!政府のせいだ!国家の責任だ!」と考えておりました若かりし頃の「えらいてんちょう」。 や(TENOHASHIでは炊き出しの手伝いのみを行っておりますので、誤解を招かぬように削除します。 詳細:追記を参照。 2017. 5)でボランティアの経験を積むと、てんちょうに頼めば生活がなんとかなるらしい、と噂を聞きつけた若い生活困窮者が集まるようになりました。 今回はそんな彼らのケーススタディー。 先に断っておきますが、生活保護者の大半は真面目につつましい生活を送っていることも存じており、生活保護は全員クズだとか、そういったことを言いたいわけではありません。 貧困は社会問題といっても、大半は本人の責任で、国家は立派にその役割を果たしている、というのが今回の趣旨です。 【S(当時22歳)のケース】 Sは北海道出身で、私と同級生。 北海道の大学を親に無断で中退した廉で勘当され、単身上京して職を転々としていました。 住み込みの職が給与未払いで、住んでいたマンションにもいられなくなったため、生活保護を受給することになりました。 【大きな買い物をするわけではないが、普段の支出に無頓着】 総じて、 金の使い方がおかしいのが生活保護受給者の特徴のひとつです。 生活保護のお金が支給されます。 まずいくのは、コンビニです。 タバコを2箱と、レッドブルを2本買います。 また、酒を買います。 ウィスキーの中サイズです。 これでおよそ、 2500円くらいです。 腹もすいています。 オリジン弁当にいき、690円の弁当を買います。 道中で喉が渇きました。 自動販売機で130円のジュースを買います。 一日4本くらい買います。 新宿にいて、居候先の池袋の私の家に帰ります。 一日歩いて疲れたし、 タクシーを使って帰ります。 4000円です。 こんな調子で、支給日から数日は 1日に10000円ほど支出します。 生活保護の支給金は、単身男性の場合、家賃別で 80000円強です。 当然お金がなくなります。 1日に支給され、残高が3万円くらいになると、さすがに危機感を覚えるのか、 支出のベースが1日5000円になります。 それが3000円になり、2000円になりますが、 結局、月の真ん中、15日には一文無しです。 それから2週間は文無しで過ごします。 1990年生まれ 28歳男性です。 東京都豊島区在住。 結婚3年目の妻と2歳の息子、0歳の娘 【書籍】 ・単著 イーストプレス社 2018・12 ベストセラーズ社 2019・6 ベストセラーズ社 2019・6 ベストセラーズ社 2019・6 ほか・累計発行部数10万強 【出演】 大竹まことのゴールデンラジオ(2019・5・15) 【講演】 (2019年6月) 【メディア掲載】 日経トレンディ取材記事(2019.1月)(新着アクセスランキング1位) Biz SPA! フレッシュ取材記事(2019.1月) (2019.1月・type. 朝日新聞全国版で著書が紹介されました。 小学校からはずっと東京都豊島区です。 公立小中高を経て慶應経済卒です。 中学生のときは水泳と陸上、高校ではバスケットボールですが、全部中途半端です。 カードゲームとかポケモンとか、戦略ゲームが好きでした。 大学在学中に会社を興して、なんとか卒業してまぁそれなりにうまくやってる感じです。 生活保護の申請随行ボランティアや、身近で起こった不動産トラブルなどに対処する経験を通して、独自の人生観が形成され、そのアウトプットがウケてるみたいです。 5 チャンネル登録1000人突破 2018. 7 チャンネル登録2000人突破 2018. 9 チャンネル登録50000人突破 2018. 10 チャンネル登録70000人突破 2018. 12 チャンネル登録100000人突破 2019. 8現在・チャンネル登録14万人) ・ 【できること】 講演会(起業・動画マーケティング・福祉等) 2時間講演 交通費別 10万円 店舗経営のコンサルティング・集客 インターネット上で完結 月1万円~ 記事の寄稿等 3000字程度・5万円~(起業・政治関連) 曲 ・ ・ ・ ・ ・ ・ トークイベント ・(トークイベント/2017年12月) ・(トークイベントレポート・サンクチュアリ出版/2017年8月) ・(トークイベントゲスト登壇/2018年5月) ・ ・) ・ ・ ・(2018年9月) ほかにもいろいろやってますので思い出したら追加していきます。

次の

自己紹介

えらてん 現在

お久しぶりです。 えろがくです。 今回でこのブログでのえらてん特集はとりあえず一区切りとさせていたただこうかと考えています。 理由としては4月から受験生となる身なので大々的にえらてん批判特集を組むのが時間的にきつくなると考えたからです。 の方もいつの日かフェードアウトしてしまう気がするので「えらてんやカルト問題をはじめて知る人へのメッセージ」「カルト問題を担う方々へのメッセージ」の二つのテーマでえらてんについての最新情報を交えながら自分の想いを綴らせて頂きます。 【はじめてえらてんやカルト問題を知る人へ】 はじめにを読んで頂けると助かります。 ・そもそもえらてんのなにが問題なの? 問題点はとりあえずこの3つ。 しかし、自分についてきた信者に対する謝罪らしいものをしていない。 が主な問題点となっている。 ・自身のブログ で総括をしているのでは? このブログはかなり本人の主観に閉じこもっており、他人の人生を自分に捧げてくれた信者の方への謝罪などがほとんどない。 また、最近のツイートでこのような発言をしたり、 本来自身のブログで主張していたはずの消耗の中での「神の声」を病気と言って誤魔化したり するなど教祖時代の反省をしているとは言えない言動をしている。 ・カルトに関するデマってなに? こんな感じである。 『に対する説明』 『に対する説明』 なぜデマなのかは前々回の記事 を参照。 このようなカルトに関する深刻なデマを垂れ流した動画が2019年3月現在、「入ってはいけない宗教5選」の方は610万回再生、「入っていい宗教5選」の方は65万回再生を記録し、カルトに対する誤解を広めることに貢献している。 そしてこのようなデマ動画の結果、面白半分で宗教団体に入ってしまう人を生み出す結果となってしまった。 この問題に対してえらてんは深く考えなかったのか、自分の影響力を誇るような発言をしている。 しかし、この事態に対して一部の人々はその日のうちに警鐘を鳴らした。 そして、に入信したこの方はこのような発言をしているが、これはこの入信した人だけの話ではないのである。 この人のようにえらてんの動画によって面白半分で宗教に入ってしまう人が増えた場合、確実に誰か一人は本当に宗教にハマって、自分の収入に見合わない多額の金を教団に捧げる人や人間関係を壊される人が出てくることになるだろう。 カルトが人をマインドコンする方法は非常に巧妙である。 このような問題が自己責任で済むのであれば、カルト問題に取り組む人もいないのである。 そして上記のように警鐘を鳴らした人たちに対して、えらてんはこのような反論をしている。 反論が日本語としておかしいような気がするが、この反論は自分の動画がきっかけでに入信したことに対する反論であり、決してに入信した人が不幸にならないことを保証するものではない。 つまりえらてんは自分の動画が他人にどのような影響を与えようとどうでもいいのである。 ・をエデンに呼ぶことのなにが問題なの? そもそもが代表を務めるの残党「」は対外的には麻原信仰を脱したと主張している。 しかし、元々氏と松本麗華氏のどちらがの意志を継ぐ者としてふさわしいかの論争の末にと分裂したのがであり、巧妙な「麻原隠し」をすることでの監視の目をすり抜けようとしている。 ・の事情に詳しいジャーナリストの見解 世間ではを知らない若い人を中心に「はヤバいが、は社会融和に意欲を見せている。 」という誤解が広まりつつある。 このようなイベント会場に上祐を呼ぶことは「社会と上手くやれている」というにとって都合のいい宣伝材料を与えてしまうことになる。 また、たびたびをイベントに招待しているなどでは、上祐が参加するイベントにおいての勧誘が行われ、に入信してしまう人も確認されている。 イベントバーエデンでは宗教の勧誘活動はフリーとされているため社会融和の宣伝もでき信者を獲得できる、まさにオウムの残党にとって格好の「狩り場」なのである。 以前、自分のフォロワーの方が「イベントバーエデン繋がりで公安関係者がの外部監査委員になってしまうケースがあり、公安がに肩入れする構図ができてしまった。 エデンの罪は大きい。 」という情報を下さった。 そしてえらてんの裏アカのフォロワー 大半はエデンの関係者 を調べると公安からの外部監査委員になったと思われる人のアカウントが発見されている。 確たる証拠がない為ここでは掲載しない。 〘 の外部監査委員とは…〙 が立ち上げた、を外部の人間が監視するための組織…というのは建前で、実際はメンバーの大半が上祐のシンパである。 が健全な組織であるように見せる為につくられた団体であり、に対するチェック機能を果たしているとは言い難い。 ・えらてんはこのような批判に対してどんな態度をとっているの? 一言でいうと非常に不誠実な態度をとっている。 別に批判に対して毅然とした態度でいることは別に良いのだが、えらてんの場合をして批判者を見つけ、なぜ批判されているかを考えず「バカ」と認定する。 そして、ミュートをして自分に批判コメントが来ていることから目を背けるという「逃げ」に徹底しているのである。 更にひどいのはジャーナリストの氏の批判に対する態度である。 このように自分に対する批判には答えず、金で相手を黙らせようと画策した。 ジャーナリストに金を渡して黙らせようとすることはジャーナリズムに対する冒涜でしかない。 ジャーナリストを自称している人間とは思えない行動だ。 また、このような姿勢はエデングループの共同経営者である氏にも当てはまる。 このようにカルト問題において害悪でしかない行動を繰り返す、それがえらてんなのである。 【カルト問題に取り組んでいる方々へ】 ここからは敬語で話させていただきます。 まずは皆さん、えらてん問題に関係なく、それぞれの立場での情報発信を頑張ってください。 そしてここからは様々な方にメッセージを送りたいと思います。 ・や宗教学を学んでいる方々へ 今まで 去年の10月ぐらいから? えらてん批判を展開してきましたが、自分の半年間の反省としては動画の宗教についての基本情報などの間違っている部分を指摘することがあまりできなかった、ということです。 自分がえらてんを批判する原動力はカルトについて全く勉強をしていないえらてんがこのようにカルトや二世問題について知ったかぶって語っていることへの怒りだったと感じています。 まぁ、ほかにも色々ありますが 宗教について熱心に勉強している方々らてんやが宗教について語り、間違った情報を垂れ流している姿を見てそれなりに怒りを感じているのかな、と思っています。 できる範囲で構わないので「これは間違いである。 」といった情報発信をして頂けると助かります。 でないとこのように教育の現場にえらてんの動画が使用されるということに繋がりかねないので… ・アンチの方々へ 内部ではこれからもたくさんの事件が起こると考えられます。 そしてえらてんはそのようなゴタゴタにはどんどん首を突っ込んでくると思います。 心配なのは宏洋氏の動向です。 宏洋氏とえらてんは仲が良い為、これからも様々なコラボをしてくると思います。 今までのコラボでは宏洋氏が一部の脱会者の方々を傷つけるような発言や企画を行ってしまうことがしばしばありました。 」ということを宏洋氏にリプライなど通して伝えて頂けると嬉しいです。 ・ aleph、など のアンチの方々へ 一時期、イベントバーエデンが6月15日にを呼ぶという情報が流れましたが、今の所は予定は入っていないようです。 イベントバーエデンさんに訊いたところ、このような返答が返ってきています。 しかし、えらてんは「客の人生がどうなろうと、知ったこっちゃない。 」と発言しており、油断はできない状態です。 もし、イベントバーエデンに上祐を呼ぶということが起きたら、徹底して批判をして下さい。 その際、えらてんは「ガー、学問の自由ガー」と反論してくると思います。 その時は「いやお前、の2016年10月号では宗教として終わってる、得るものは何もない、と発言してるじゃん。 結局や学問の自由を口実にして客を集めたいだけでしょ?」と言い、上祐やえらてんの欺瞞性を世の中に訴えていってください。 そして怖いのらてんchのファンの方々が宏洋氏に飽きた時です。 で様々な人とコミュニケーションがとれる現在、氏や松本麗華氏とコラボしてに出る可能性があります 杞憂かもしれませんが。 もしそうなればにおいて様々な誤解が生じることとなるでしょう。 だけでなく、でのえらてんの動向にも注目して下さい。 画像は野田成人氏とのコラボ ・藤倉さんをはじめとする、やや日刊カルト新聞の方々へ 以前、藤倉さんがnoteで仰っていたようにえらてんは他人を不幸にするクソだと思います。 えらてんはカルト問題において現段階で確実に害をもたらしています。 やnote、やや日刊カルト新聞などでえらてん批判を展開していって下さい。 今までえらてんをウォッチしてきましたが、えらてんは藤倉さんに対して基本、ツンツンしている 以下の画像1~3枚目 けれど時々デレる 4枚目 可愛いヤツなんです。 彼が粗相をしたらでヨシヨシと可愛いがり、彼がデカいやらかしをしたらやや日刊カルト新聞で思いっきり叩いてやって下さい。 どうかウチのえらてんをよろしくお願いします。 ・ 宮内春樹 えらてん さんへ あなたは以前このように仰っていました。 ただ、それは違うと思います。 なぜなら僕もあなたの批判ブログをあなたの固定ツイートに貼り付けることにより いわゆるコバンザメ戦法 、アクセス数が20倍に跳ね上がり、5chで話題にして頂けるぐらいに出世することができました。 あなたの周りが信者とは限らない、ということですね 笑。 もう本当に感謝です。 ありがとうございます。 とりあえず、あなたがやるべきことはこの4つです。 ・教祖時代に他人の人生を狂わせたことに対する謝罪と総括。 ・過去の間違った情報を流した動画の訂正。 ・これからは宗教に関する動画をしっかり下調べをしてから公開する。 ・安易にイベントバーエデンにオウムの関係者を呼ばない。 あなたは藤倉さんのこのツイートにいいねをしているのだから、このツイートの通り口先だけでなく行動をして下さい。 それができないのであればカルト問題には二度と関わらないで下さい。 それだけの話です。 あっ、言っておきますが、僕がブログを作っている途中にあなたがしたこの発言。 ただの「僕はこれから宗教ゴロで生きていきマース。 」という宣言ですからね。 禁断のですよ。 ジャーナリストを名乗りながらこれに手を出したらあなたは社会から相手にされなくなります。 そして反論待ってます。 最後になりますが、ブログをつくってみてはどうか、と提案して下さった藤倉さん、そして、今までブログを見て下さった方々、拡散して下さった方々、本当にありがとうございました。 でもよろしくお願いします。

次の