チェンソーマン アニマン。 【チェンソーマン】ハロウィンちゃん、強すぎる

チェンソーマンのパワーは死亡するのか?魔人パワーの気になるあれこれ│アニドラ何でもブログ

チェンソーマン アニマン

子供アキがデンジとパワーを見つける。 「なあんだ!パワーもいたんだ!」 「じゃあ雪合戦パワーはデンジのがチームな!」 「くらえっ」 デンジとパワーを狙撃し吹っ飛ぶデンジ。 腰を抜かした民間人の男女を見つめる早川。 子供アキ「一緒に遊ぶ?」 銃を向ける。 逃げる女性を狙う早川。 デンジが助けに入るも建物に吹っ飛ばされる。 人々の死体を見つめるデンジ。 子供アキが雪を投げるたびに増える死体。 腹から内臓が飛び出した血だらけのデンジが倒れている。 巻末コメント「上野正彦先生の「死体は語る」が面白かったです!オススメです」.

次の

チェンソーマンのアニメ化はいつで声優キャストや放送日と制作会社は?

チェンソーマン アニマン

魔人とは? チェンソーマンにおける魔人とは「人の死体を乗っ取った悪魔」と本編中でアキが話しているシーンがあります。 また頭の形状が特殊で、通常は理性が低いというのも、魔人の特徴ですね。 魔人パワーは他の魔人と違う? 先ほど記載したように、魔人は理性が低いという特徴があるのですが、 なぜか魔人パワーに関しては理性が高く人間とバディを組むこともできてしまうのです。 ちなみに飲み会に参加したり、部屋で食事や風呂、トイレなど普通の人間と変わらない行動をとっている様子が確かに度々描かれていますが、価値観は噛み合わないことが多いとか。 そのため試験的に主人公デンジの所属する部署に組み込まれ、バディを組むことになった珍しい魔人となっています。 パワーが死亡する可能性はある? 既に登場人物の一部が死亡しているチェンソーマンで、この点が気になるのは仕方ないはず。 実は 魔人は、血を飲むと回復するという性質をもっているので、当然人間より死ぬ可能性はグッと低いと考えられますね。 肉弾戦や、刃物、銃器を使っての戦闘ばかりであれば必ず血は出るので、戦えば闘うほど回復の元がそのあたりに出てくるということなのでしょう。 しかし、パワーは血の魔人ですので、自らの武器に血を使って足りなくなるということも考えられます。 そのうえ、最強のデビルハンターから戦いを指導されている際に「半分不死身」と言われ、また別の魔人が人の姿のまま力尽きる描写もあったので、 血を摂取する前に完全に力尽きてしまうとさすがに回復できずに死亡という場合もあるかもしれません。 以上の点からして、魔人パワーは死ぬ可能性は低いけれど、絶対に死なないというわけではない、要は作者の気分次第でパワーちゃんの生死が決まるということですね。 パワーは何の悪魔だったのか パワーは「血の悪魔」だったようで、血を使った戦い、血をコントロールして武器にするような戦いを得意とし、そのせいか血の匂いには敏感なようでデビルハンター初仕事の際にそういったし仕草を見せています。 力の元にもなっている為、血を摂取しすぎると頭の角が伸びてしまう性質があるらしく、本人曰く他の悪魔から恐れられていたそうですが、虚言癖があるので真相は謎のままなのでしょう。 猫のニャーコ パワーには愛猫のニャーコがいるのですが、悪魔にこの猫を連れ去られています。 人間も悪魔も嫌いだが、ニャーコを取り戻すためなら人間の味方でも何でもするというくらいの溺愛ぶり。 初めは食べるために育てていた 今はそんなことはしない ようですが、食べるために肥えさせていたせいかいわゆるデブ猫みたいになってしまったようです。 このコーナーだけで本編中では読み取れないことが書かれているので、これを読めばパワーがどんな性格なのかがよく分かるミニコーナーなのですが、例を挙げれば、見栄っ張りだったり幽霊が苦手だったりといくつか書かれています。 それを見た私は「そりゃアキからクズって言われるわ」と思うしかありませんでした。 それを踏まえても魔人だから、可愛いからと、チャラにできてしまうのがパワーらしいということのようにも、個人的には思えてくるから不思議ですね。 序盤から存在感たっぷりであるだけに、そう簡単に死亡退場なんてことにはならない気がしますが、最近はどんでん返したっぷりなマンガが多いと思いますのでどうなることか。 ことあるごとにデンジとはコントのようなやり取りが繰り広げられたり、野菜は食わんと料理からよけて投げたり、めちゃくちゃなように思える言動が多々ありますが、猫を可愛がっている姿も見られるので、見方を変えると無邪気な子供のようにも思えますね。 改めて考えてみるとデビルハンター初仕事の後に、マキマに怒られているシーンは、小さくなって言い訳もしていてまさに子供のようだと気づかされました。 マキマから逃げられなくて渋々というのもあるかもしれませんが、デンジと打ち解け、よりバディらしくなっていく今後に期待ですね。 最後に改めて一つだけ。 パワーってかわいいんです。 ということで珍しい私服パワーでお別れとさせていただきます。

次の

チェンソーマンのパワーは死亡するのか?魔人パワーの気になるあれこれ│アニドラ何でもブログ

チェンソーマン アニマン

マキマとは デビルハンターを率いるミステリアスな女性であり、名前もマキマとしか明かされていません。 経歴や素性、契約している悪魔なども一切不明で現状謎だらけのキャラクターです。 所属 内閣官房長官直属のデビルハンターである マキマの所属は公安の公安対魔特異4課となっており、そこを取り仕切っています。 この部隊は実験的に組まれたものだと明言しているため、魔人を取り入れたり、悪魔と契約したデビルハンターを用いたりとかなり特殊であることは明確ですね。 マキマの能力 公安のデビルハンター達は悪魔と契約し、その力を何か代償を差し出し使わせてもらうのが一般的なようですが、 マキマについては契約している気配はあるもののその内容は一切不明となっています。 というのも4巻にて明確に能力を使用しているシーンがありますが、現場にいるデビルハンターまで目隠しをされており、一端のデビルハンターではその契約を知ることすら許されないと明記されているから。 なぜ悪魔と人間の匂いを判別できるのか?ということだけは、巻頭登場人物紹介に明記されていますが、これも生まれ持ったものなのか、あるいは契約によるものなのか、が描かれていないためその辺りは全く分かりません。 マキマの契約と思わしき能力 先ほど記載したように、マキマの契約に関してはほぼ全てが謎で、状ではっきりと分かるのは、人命と引き換えに遥か遠方の敵を押しつぶして倒すということをやってのけたというだけ。 この能力だけなら、代償は他者の命であり契約を行使できると考えられます。 自分に損はないですが、他者の命が必要で、しかもその贄となる人物に対象者の名前を言わせる必要があるため、その場でサクッと使えるようなものではないのですが、これだけでも使役するにはかなりハードルが高いでしょう。 そして、一つ契約なのか何なのか、いまいち断言できないのが電車内での襲撃を潜り抜けたシーン。 ここでは能力を発動した場面は描かれておりませんが、電車内の敵が体を貫通された状態で倒れている1コマだけが描かれています。 先述したものと比べると あまりに規模感が違いすぎるので、その点からもこの2つが同一の契約なのかは断言できません。 もう一点気になるところは、電車内で完全に頭を打たれた後に何事もなかったかのように復活した描写があります。 ということで悪魔との契約による能力と思えるものを一旦まとめますと、• 対象の名前を口にした者の命と引き換えに超遠距離攻撃ができる• 人間を貫通するほどの何かを放てる• 恐らく不死身 こういった内容ですね。 契約している悪魔は? 公安のデビルハンターには、例としてアキの様に複数の悪魔と契約している者もいて、アキが契約しているのは、呪いの悪魔と未来の悪魔の2つです。 ポチタがチェーンソーの悪魔だったり、パワーが元は血の悪魔だったりと実態のある物に準ずるだけかと思いきや、呪いや未来は実態がありません。 ということで 実態がないものでも悪魔として実体化し契約ができるのは間違いないですね。 また、人が恐怖を抱くほど悪魔は強くなりますが、あまりに計り知れないものや、未知に対して人は恐怖すると言われますし、天使の悪魔なんてのも存在しているので、神の悪魔がいてもおかしくはないでしょう。 これだけ人並み外れた能力を連発していれば、神のような契約でも納得です。 契約の代償は? 悪魔との契約には代償が伴いますが、発動している力からしてその代償はかなり大きいはず。 遠方の敵を倒した能力に対する代償は、引き換えにする人命でした。 しかし明確に代償が見て取れたのはこの能力のみです。 電車内で蘇生した時や奇襲を撃退した時の能力は、発動のシーンすら描かれていないため、代償は不明。 まず人命と引き換えに、自らの要望を叶えるような能力は神への生贄信仰と考えられますし、その際に対象とする相手がはるか遠くにいたことを考えると 千里眼のような力も発動していたのでしょう。 電車内の奇襲に対しては、帯同していた味方が絶命寸前で、それを引き換えに敵を撃退したなんて少々残酷ではありますが、有り得る話です。 蘇生したことについては、死ねないことが代償であると考えれば、周りの人間が死にゆく中でも自分は死ねず、常人であれば絶命するような痛みを受けても自分は死ねないと思えばかなりの苦痛であり、代償としては十分すぎますね。 その過程で感情が薄くなったのであれば、独特なミステリアスさも理解ができます。 これだけ常軌を逸した要素が集まれば、神の悪魔と言えるくらいのとてつもない契約をしていることは間違いないでしょう。 まとめ 個人的な所謂考察という内容でしたが、想像が膨らむ一方で、いつか本編で種明かしがされると思えばそれだけでワクワクしてしまっています。 今回は私の勝手な考察ですし、複数の悪魔と契約している可能性やそもそも魔人であるなんて可能性もあるかと思いますが、個人的には 人間であり1体の最強悪魔と契約しているという線が、より強キャラであることを際立たせると思ったので、この説を推して書いてみました。 まだまだあらゆる謎が残るチェンソーマンの今後が楽しみで仕方ありません。

次の