簿記 3 級 過去 問。 簿記2級,3級の想定過去問を無料で提供しているサイト

【簿記3級】過去問の傾向と対策~合格への絶対条件!

簿記 3 級 過去 問

簿記3級、試算表とは? 試算表とは、 月末や期末に作成する会社の成績表のことです。 試算表には、資産・負債・純資産・収益・費用などが記載され、日々変化する会社の状態を知ることができます。 会社の状況を瞬時に把握できるため、決算表の簡易版ともいわれています。 簿記3級、試算表の配点は? 「日商簿記3級」試験は以下のような配点で出題されます。 第1問 仕訳問題(20点) 第2問 帳簿に関する問題(10点) 第3問 試算表の作成問題(30点) 第4問 伝票問題もしくは決算仕訳(10点) 第5問 精算表の作成問題(30点) 100満点中70点以上で合格となります。 第3問の試算表・第5問の精算表の作成問題は、配点が30点と大きく、解答にも時間がかかります。 そのため、しっかりとした対策が必要です。 簿記3級、試算表の種類を教えて!? 試算表には 「合計試算表」「残高試算表」「合計残高試算表」の3種類があります。 「合計試算表」は借方と貸方を別々に合計したもの、「残高試算表」は借方と貸方を合算して集計したもの、「合計残高試算表」はその両方を合わせて一覧にまとめたものです。 簿記3級、試算表の解き方 簿記3級、試算表を早く解くコツを教えて!? 試算表を早く解くコツは、 仕訳を早く確実に行うことです。 また、時間を短縮するコツとして、「電卓を左手で打ち、右手で記入する(右利きの場合)」「数字の下三ケタが000の場合、『/』で省略する」「勘定科目を省略する」などが挙げられます。 省略文字は人それぞれですが一例として、以下のように省略することが可能です。 自分なりの省略文字を決めて表にまとめ、机やトイレ、テキスト、問題集、手帳などに貼っておくと自然と覚えることができます。 問題文をしっかりと読み、合計試算表・残高試算表・合計残高試算表のどれを作成するか確認する。 一文を読むごとに、仕訳をする。 わからない部分は印をつけて飛ばす。 単位・数字・書きこむ欄を間違えない。 まれに資料に重複した取引があるので、同じ取引を2回足さないよう注意する。 問題を解いた際には、必ず借方と貸方の合計が一致しているかを確認する。 簿記3級、試験によく出る試算表の問題とは? 日商簿記3級試験の第3問では、「合計試算表」「残高試算表」「合計残高試算表」のいずれかが出題されます。 最近は 「残高試算表」「合計残高試算表」の作成問題が頻出されていますが、どの問題が出題されても対応できるように過去問演習で慣れておきましょう。 簿記3級、試算表の過去問を見てみよう 日商簿記3級の試験では、以下のような試算表の問題が出題されます。 こちらは残高試算表の作成問題です(著作権の問題があるため、少し内容を変更しています)。 答案用紙の平成25年9月30日の残高試算表および次の【平成25年10月中の取引】にもとづいて、答案用紙の平成25年10月31日の残高試算表を作成しなさい。 【平成25年10月中の取引】 1.商品売買に関わる手付金の授受 (1)手付金の支払い(小切手振出による支払い)¥30,000 (2)手付金の受取り(当座預金口座への振込み)¥40,000 2.商品の仕入れ (1)小切手振出しによる仕入れ ¥71,000 (2)掛けによる仕入れ ¥187,000 (3)当店を受取人とする約束手形の裏書譲渡による仕入れ ¥54,000 (4)当店を振出人とする約束手形による仕入れ ¥39,000 (5)手付金と相殺による仕入れ ¥21,000 (6)仕入値引(掛け代金から控除) 10,000 3.商品の売上げ (1)現金売上 ¥38,000 (2)掛けによる売上げ ¥296,000 (3)当店を受取人とする約束手形による売上げ ¥75,000 (4)売上戻り(掛け代金から控除) ¥14,000 4.掛け代金の決済 (1)小切手振出しによる買掛金の支払い ¥80,000 ……………………以下続く (フォーサイト『簿記3級 問題集』より) 簿記3級、試算表の練習問題を解いてみよう 練習問題を解く前に、まずは、合計試算表、残高試算表、合計残高試算表、がそれぞれどんなものかを確認しましょう。 こちらは合計残高試算表の作成問題です。 原因としてケタ間違い(1,000円を10,000円と記入)・貸借を逆に記入・数字の記入ミス(658円を685円と記入)などが考えられます。 まず、問題演習では早さよりも正確さを重視しましょう。 計算スピードは問題演習を重ねるうちに、自然と上がってくるはずです。 試験で合計残高試算表の合計が合わないときの対処法 試験では最後の 合計金額が合わなくても、そこまで神経質になる必要はありません。 というのも試算表の問題(第2問)は部分点制です。 合計が合わないからといって0点になるわけではありません。 合計金額欄の配点は3~5点程度といわれています。 このような理由から試験では、合計金額を合わせるために時間を費やすよりも、第1問(仕訳)や第4問(伝票・決算仕訳など)に時間を振り分け、しっかり得点することをおすすめします。 簿記3級 精算表とは? 精算表とは、 決算書を作成するために利用する計算シートのことを指します。 決算整理前残高試算表から、損益計算書と貸借対照表とを作成する過程を示した一覧表です。 なお、「日商簿記3級」試験では、 第5問で「精算表の作成問題」が出題されます。 決算整理仕訳から、精算表を作成する問題です。 配点が30点と大きいため過去問演習を繰り返し、しっかり点が取れるようにしておきましょう。 精算表の作成問題では、部分点を稼ごう! 精算表の作成問題は、最後の当期純利益の数字が合わなくても、部分点がもらえます。 部分点を稼ぐコツとしては、「修正記入欄だけを先に埋めてしまう」方法ではなく、 「損益計算書、貸借対照表の欄まで横一列を埋める」こと。 まとめ 今回は、簿記初心者に向けて「試算表とは?」「試算表を早く解くコツ」「3種類の試算表 合計試算表・残高試算表・合計残高試算表 について」「試算表でケアレスミスをなくすコツ」「試算表の過去問題」「精算表とは?」についてご紹介しました。 試算表と精算表の作成問題を攻略するコツは、テキストでしっかりと基礎知識を身につけ、少しでも多くの過去問を解いておくことです。 過去問演習で出題傾向に合わせた学習を行い、合格力を高めておきましょう。

次の

簿記3級は過去問と問1が超重要!後悔しないための2つのポイント

簿記 3 級 過去 問

なお、利息相当額の計算は、利率年0. 本問のレベルは「ふつう」です。 仕訳問題は、まず第1に、「 取引の大きな枠組み」を把握することから始めます。 設問を見ていくと、「 約束手形¥800,000を銀行で割引き、利息相当額を差し引かれて残額を当座預金」うんぬんが、大枠ってな感じです。 この時点で…、 借方:当座預金??? 貸方:受取手形 800,000 …的な仕訳が切れます。 後は、利息相当額の「 利息相当額の計算は、利率年0. 言うまでもありませんが…、 問題文の「約束手形」ですが、「約束手形」なる勘定科目はありません。 約束手形の勘定科目は、「受取手形」を使用します。 ついウッカリして、「約束手形」で仕訳を切らないでください。 ごく稀に発生するケアレスミスです。 また、「借方」は「左がわ」で、フォーク・お茶碗・スマホを持つ方です。 対して、「貸方」は「右がわ」で、ナイフやお箸を持ったり、配偶者にお手をするときの方です。 手形割引の処理 先述しましたように、本問は知識問題です。 ですから、当該手形割引の処理を知っていないと解けないという塩梅です。 手形割引では、利息相当額は、「手形売却損」で処理します。 んなもんで…、 借方:手形売却損??? …ってな仕訳が切られることになります。 本問の肝は以上です。 後は細々した計算だけです。 利息相当額の計算(後述あり) 利息相当額は、算数をするだけです。 額面は「800,000」で、利率「年0. 当該「1,440」を、「800,000」から引くと、「798,560」となります。 これで答えが出ました。 なお、後のほうに、「計算機の打ち方例」があるので参考にしてみてください。 まとめとこたえ 答えは…、 …です。 一口コメントです。 本問の「手形割引」は、「 手形売却損」の勘定科目を使います。 きっちり憶えてください。 よく出ます。 決して、「支払利息」で処理しないように!当該「支払利息」と間違える受験生が多いから、出題者は狙ってくるのです。 しかし、試験が難化すると、「日数計算」を課せられる危惧があります。 「」などを参考に、日数計算のコツを押さえておいて下さい。 電卓の打ち方例 利息相当額を計算する際の、電卓の打ち方です。 当方、カシオの「DF-120GT」を使っています。 「1,440」が計算できたら、「M-」を押します。 当該「M-」を押すと、メモリに保存された数字と引き算ができるのです。 次いで、「MR」を押せば、液晶には、「798,560」と表示されているはずです。 そう、いちいち、「1,440」をどこぞにメモして、ほいで、再度、計算機に「800000」を入力して「1,440」を引き算する手間が省けた、という次第です。 要らぬ手間はしないに限ります。 電卓は、打ち方1つで、劇的に効率が向上します。 これを機に、電卓の打ち方に習熟してみてください。 なお、先の操作はカシオ製のものです。 ま、ほとんど同じですが、他社の電卓の人は、自分のと読み替えてください。 おまけですが、「0. わざわざ、「0」「. 009」などと押さないでいい、ってな寸法です。 たった「1キー」の入力が減るだけですが、かなり勝手が違うので、参考にしてみてください。 なお、電卓の打ち方等は、「」以下を参考にしてみてください。 ところで、念のために言っておきますが、電卓操作前は、「AC:オールクリア?」なり「MC:メモリクリア?」なりを押して、電卓内の記憶領域をきれいにしてください。 ・・・「ふつう」。 ・・・「ふつう」。 ・・・「やさしい」。 ・・・「ふつう」。 独学向け教材-簿記3級独学の生命線 簿記3級は格段に難化しているので、本格教材を使うのが一番、無難です。 詳細は「」で述べてますが、読むのがメンドクサイ人は…、 テキストは「 」で…、 問題集は「 」で…、 過去問は「 」で揃えば、独学に支障ありません。 どれも『ド定番教材』です。 ところで、電卓です。 100円ショップで売ってるような、ぺらぺら計算機は計算ミスの元です。 高品質な電卓を使っていない方は、「」や「」を参考に、買い換えてください。 左のがぺらぺらで、中と右が高品質の計算機です。 絶対的に高品質の方が打ちやすいです。 考えるのが面倒な人は、現在わたしが愛用している「 」にすればよいでしょう。 全く支障ありません。 簿記3級のこまごましたもの 簿記3級の中で異色のメンドクサさを誇るのが為替手形です。 当該論点についてはブログの方にまとめているので、「」を参考ください。 仕訳問題は、「」を参考ください。 そのほか、簿記3級に関するこまごましたことは、ブログにも投稿しています。 興味のある方は、「」をばご参考ください。 また、電卓の打ち方についてを、「や「」で述べてます。 お目汚しください 「」を知っておくと、計算ミスを結構防げます。 なお、お手持ちの電卓が、試験で使えるかどうか不安な方は、「」を参考ください。 また、簿記3級の求人数等を、「」に挙げていますので、ご高覧をば。

次の

たったの1ヶ月!簿記3級の独学攻略法|2020年度版

簿記 3 級 過去 問

なお、決算日は12月31日とし、減価償却費は月割計算する。 本問のレベルは「ふつう」です。 仕訳問題は、まず第1に、「 取引の大きな枠組み」を把握することから始めます。 この時点で…、 借方:??? 貸方:備品??? …的な仕訳が切れます。 後は、おなじみ「 減価償却費の計上」うんぬんと、決済の「 代金は翌月末に受取」うんぬんをチョイチョイしていくだけです。 言うまでもありませんが…、 「借方」は「左がわ」で、フォーク・お茶碗・スマホを持つ方です。 「貸方」は「右がわ」で、ナイフやお箸を持ったり、配偶者のノミ取りをするときの方です。 ポイント おなじみの「固定資産の期中売却」です。 一気に解答は出来ないので、整理しながら、こちゃこちゃ数字をメモしつつ、最終解答に到りましょう。 当期の減価償却の計算1 まず、当期の減価償却費を計算します。 ほいで、償却期間です。 問題文では、「決算日は12月31日」とあります。 ですから、期首は「 平成27年1月1日」になるという塩梅です。 で、備品を売った日は、「 平成27年3月30日」です。 んで、但し書きには、「 減価償却費は月割計算する」とあります。 ですから、1月・2月・3月の「 3ヶ月」が、償却期間となります。 くれぐれも、問題文の「月割計算」を読み飛ばさないでください。 ここを見落として、日割り計算すると、計算の手間を食う上に、しかも、数字が合わないという、踏んだり蹴ったりな目に遭います。 当期の減価償却費の計算2 当期の減価償却費の計算に入ります。 仕訳は…、 借方:減価償却費 15,000 …と相なります。 直接法では、毎期の減価償却費を、取得原価から直に控除して、表記するやり口です。 対して、間接法とは、おなじみ「減価償却累計額」で表記するやり口です。 本問は「直接法」なので、 受験生が、いちいち、これまでの減価償却費の総額を計算しなくてはならない問題になっています。 出題者は、配偶者なみに陰湿ですね。 …さて、これまでの減価償却費の総額の計算ですが、単年度は、先に計算したように「60000」でした。 後は、どんだけ使ったかの「年数」が明らかになれば、事が済みます。 設問では、購入日:平成23年1月4日で、売却日:平成27年3月30日です。 当期首は、先に見たように「平成27年1月1日」です。 んなもんで、備品を購入して、「4年」が経過していることになります。 このあたりの、年月数の計算が苦手な人は、下の図のように整理するのが、絶対に無難です。 わたしは、必ず、図を書きます。 従って、期首の備品の帳簿価額は、「360000-240000」の「120000」と相なります。 120,000の備品を売ったのですから、資産の減少の仕訳を切るわけで…、 貸方:備品 120,000 …と相なります。 後は、売却時に、備品にどれだけの金額が付いているか、です。 過去4年間の減価償却費の総額は「240,000」。 当期の3か月分の減価償却費は「15,000」。 んなもんで、「360000-240000-15000」の「105000」が、備品の金額です。 んなもんで、「80000-105000」で「-25,000」となり、「損」となりました。 仕訳は…、 借方:固定資産売却損 25,000 …と相なります。 「未収金」は「資産」なので、資産の増加の仕訳を切ると…、 借方:未収金 80,000 …と相なります。 まとめとこたえ 答えは…、 …です。 一口コメントです。 固定資産の期中売却は、このように、計算するところが多いので、出題者の好む論点となっています。 何回も解いて、解き方を完全に習得しておいて下さい。 総合問題でも、ド頻出です。 さて、勘定科目「未収金」について、述べておきます。 本問では、使用勘定科目に「未収金」があるので、当該「未収金」で仕訳を切ります。 参考: しかし、当該「未収金」の代わりに、「未収入金」が使われることもあります。 解答の際は、使用勘定科目を見て、そこで指定される勘定で解答してください。 そうすると、最新年度の許容勘定科目表のPDFが見れるページに行けます。 そこで、チェックしてみてください。 ・・・「ふつう」。 ・・・「ふつう」。 ・・・「ふつう」。 ・・・「ふつう」。 独学向け教材-簿記3級独学の生命線 簿記3級は格段に難化しているので、本格教材を使うのが一番、無難です。 詳細は「」で述べてますが、読むのがメンドクサイ人は…、 テキストは「 」で…、 問題集は「 」で…、 過去問は「 」で揃えば、独学に支障ありません。 どれも『ド定番教材』です。 ところで、電卓です。 100円ショップで売ってるような、ぺらぺら計算機は計算ミスの元です。 高品質な電卓を使っていない方は、「」や「」を参考に、買い換えてください。 左のがぺらぺらで、中と右が高品質の計算機です。 絶対的に高品質の方が打ちやすいです。 考えるのが面倒な人は、現在わたしが愛用している「 」にすればよいでしょう。 全く支障ありません。 簿記3級のこまごましたもの 簿記3級の中で異色のメンドクサさを誇るのが為替手形です。 当該論点についてはブログの方にまとめているので、「」を参考ください。 仕訳問題は、「」を参考ください。 そのほか、簿記3級に関するこまごましたことは、ブログにも投稿しています。 興味のある方は、「」をばご参考ください。 また、電卓の打ち方についてを、「や「」で述べてます。 お目汚しください 「」を知っておくと、計算ミスを結構防げます。 なお、お手持ちの電卓が、試験で使えるかどうか不安な方は、「」を参考ください。 また、簿記3級の求人数等を、「」に挙げていますので、ご高覧をば。

次の