けい ちゃん 岐阜。 鶏ちゃん合衆国 公式ホームページ

まるはち食堂 (まるはちしょくどう)

けい ちゃん 岐阜

新年のご挨拶 鶏ちゃん合衆国憲法(鶏法) 2020東京オリンピック・パラリンピック応援メニュー 2020年1月8日 鶏ちゃん合衆国大統領 長尾伴文 謹んで新春をお祝い申し上げます。 今年は 「鶏ちゃん」が 2020東京オリンピック・パラリンピックの応援メニューになる予感がします。 鶏肉は低脂肪でタンパク質豊富なことから昔からアスリートにとって強い味方であるばかりか、「 鶏は手をつかない」ことからあらゆる競技において縁起の良い食べ物だと言えるからです。 庶民においては「 鶏ちゃんで一杯」やりながらスポーツ観戦の楽しみがあります。 そこでなにより鶏ちゃんは 岐阜県が誇る郷土料理であり、 伝統の食文化であることを、東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて強く思うところであり、今ここであらためて「 鶏ちゃん合衆国憲法(鶏法) 前文」を新年のご挨拶として披露させていただきます。 鶏ちゃん合衆国憲法(鶏法) (前文) われらは、鶏ちゃんが岐阜県固有の郷土料理であり、郷土の暮らしの中で生まれた伝統の食文化であることをここに宣言し、この憲法を制定し、確定する。 われらは、鶏ちゃんを愛し、鶏ちゃん文化を育み、広く普及を図り、子孫に伝えていくことを決意した。 われらは、鶏ちゃんが多様性を特色とする食文化であることを認め、それぞれの鶏ちゃんが独立性を保ちながら連帯していくために、鶏ちゃん合衆国を建国する。 もとより、鶏ちゃんの多様性と独自性は、未来にわたって最大限尊重されるべき本質であり、われらは自らの鶏ちゃんのみに専念して他の鶏ちゃんを無視してはならないのであって、この法則に従うことは、鶏ちゃん文化を守り育てようとする者の責務であると信じる。 われらは、鶏ちゃんが人と人とをつなぐ食文化であり、それぞれの鶏ちゃんが歴史と物語を有することを誇りに思う。 われらは、鶏ちゃんを愛する人々の熱き思いが大きく広がり、鶏ちゃんが地域及び岐阜県を代表する食文化として確固たる地位を占めるようになることを強く願う。 われらは、国歌の名誉にかけ、全力を挙げて、この崇高な理想と目的を達成することを誓う。 鶏ちゃんバスツアー第3弾レポート<月刊ぷらざ岐阜FBより転載> 1 月 19 日(土)、 とのコラボで が行われました。 今回で 3 回目、実に 3 年半ぶりの開催となるこのツアーは、鶏ちゃん合衆国内にある 「国立羽ー鶏(はーばーど)大学」文化学部の活動の一環なんです。 今回は、通の方にも満足いただけるような下呂観光プランと鶏ちゃんランチをご提案。 まずは萩原の古い町並みに降り立ち、ガイドの都竹利一さんの案内で「食の匠」をテーマに町並みを散策。 最初に訪れたのは老舗酒蔵「」です。 その後は和菓子屋さん、青空市場、味噌蔵などを見学&ショッピング。 仕上げはお肉屋さん「天狗」で、鶏ちゃんの作り方実演見学&試食をしました。 実はこのお店、「パック売り鶏ちゃん発祥の地」という知る人ぞ知るお店。 上手な焼き方のコツも伺ったので、おうちでもすぐに実践できそうです! さて、お待ちかねのお昼ごはんは地元の人気店「」で鶏ちゃんランチをいただきました。 こちらのオススメの食べ方は、〆の焼きそばを最初から投入すること。 皆さん最初は少し戸惑っていましたが、麺に香ばしいタレがしっかり染み込んで驚く程美味!そしてごはんがススム!!こんなに食べきれないと言いながらも、しっかり完食しました。 その後は、別腹のおやつとして(?) 水明館オリジナルのふかしたて「」で至福の時間を堪能。 実はこの鶏ちゃんまん、和と中華の料理長がコラボして開発した渾身のグルメ。 1 口食べればその美味しさに感動!水明館に行かれた際は、ぜひ食べてほしい逸品です。 またこの場で羽ー鶏大学の授業修了の証として、全員に賞状が授与されました。 旅の仕上げは鶏ちゃんのお土産タイム。 地元のショッピングセンター「 pia 」に立ち寄って、パック売り鶏ちゃんを爆買いしましたよ!こちらは数十種類の鶏ちゃんを取り揃え、 地元でしか買えない商品も多数あるので、温泉旅行の帰りに寄るのもオススメです。 鶏ちゃんに始まり、鶏ちゃんに終わる、まさに鶏ちゃんづくしとなった、今回のバスツアー。 こんなに食べても「当分鶏ちゃんはいいわ~」とならないのが、鶏ちゃんの計り知れない不思議な魅力です。 そんな期待が早くも高まる、鶏ちゃんバスツアーとなりました。 鶏ちゃん店めぐり 「(鶏)田中製作所」 オーナーは現役プロ競輪選手 田中秀治さん 鶏ちゃん合衆国へ入会 <報告:鶏ちゃん合衆国大統領 長尾伴文> 鶏ちゃん合衆国は今年度から「こまめに鶏ちゃんの店を巡ろう!」を事業計画に掲げ、 12 月 13 日(木)に予てから話題に挙がっていた羽島郡岐南町にある(鶏)田中製作所へ出向き、閣僚会議を開催しました。 株式会社、有限会社でもなく(鶏)組織で始まり、工場現場のモノづくりイメージの「田中製作所」なる店名で、「鶏ちゃん」と「鶏しゃぶ」を看板メニューに 2014 年 8 月にオープンしました。 オーナーの田中秀治さん( 41 歳)は現役のプロ競輪選手で岐阜県人、奥様は加茂郡白川町出身ということもあり鶏ちゃんへの愛着が強く、店スタッフには下呂出身者もいる。 店内は競輪車輪を使っての鶏籠シャンデリアなどいたるところに鶏デザインが活かされ楽しくなります。 その鶏ちゃんは岐阜県産鶏を使用、みそ味、しょうゆ味のタレでもまれ、かなり本場の味が追求され、焼き器具のジンギスカン鍋にも独自な工夫があります。 鶏しゃぶは豆腐の煮込みが溶けた豆乳出汁でしゃぶしゃぶするもので、スライス鶏肉と混ざって絶妙な味に仕上がります! この日はオーナーの田中秀治さんが威勢よく顔を出され、田中さんの鶏ちゃんへの熱き思いをお聞きしました。 owst. このうち中学生以下が5分の1を占める下呂市で最も子供の数が増えている地域です。 今でも若いお母さんたちの住みたい集落一番に挙げられるほどで、 祖父母・親・孫で家を守る伝承意思が非常に強く、昔からの伝統行事と食文化を大切にしています。 食文化の代表が「鶏ちゃん」で、家々に秘伝のタレが瓶詰めにして保管されています。 購入した鶏肉を刻み、瓶から取り出したタレを鶏肉にこぼしサッと揉んで鶏ちゃんを作り、家族みんなで焼いて食べることが根付いています。 こんな家庭の鶏ちゃんの味を「超問クイズ(超問マイスター有吉弘行)」という番組で紹介されます。 テレビ撮影には鶏ちゃん合衆国が協力し、 12 月8日(土)、下呂市乗政の三ツ石集落の個人宅を舞台に撮影が行われました。 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会in飛騨 郷土食広場へ馬瀬の 「小瀬屋鶏肉店」 出店 ごはんと鶏ちゃん相性抜群! <報告:鶏ちゃん合衆国大統領 長尾伴文> 11 月 26 日(月)~ 27 日(火)の 2 日間、高山市民文化会館において <第 20 回記念大会 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in 飛騨> が開催され、郷土食広場の鶏ちゃんコーナーへ下呂市馬瀬の「小瀬屋鶏肉店」さんが出店し、鶏ちゃん合衆国がサポートに入りました。 この米・食味分析鑑定コンクールは、国内外の米を一堂に集め、審査・評価し、安全性や良食味を求め良質な米作りをする生産者を支援し平成 30 年度産米の評価を確立するもの。 今年は全国から 5700 以上出品され、最高金賞 20 点のうち 12 点を飛騨地域3市の米が占め、あらためて<飛騨の米>のうまさ、実力が評価されました。 鶏ちゃんコーナーでは小瀬屋鶏肉店さんが自社の鶏ちゃん(みそ味)を使用し、焼き鶏ちゃん、鶏ちゃん唐揚げ、鶏ちゃんやきそばを提供。 ごはんに鶏ちゃんはピッタリということで全国からのお米関係者や一般市民が買い求められ、予想を超える人気で午後1時半には売り切れとなりました。 鶏ちゃんコーナーには米コンクール飛騨地域実行委員会の副委員長を務め、記念大会の開会宣言を行った飛騨市長都竹淳也氏(鶏ちゃん合衆国国務長官)も顔を出され、小瀬屋鶏肉店スタッフを激励された。 鶏ちゃん合衆国大交流会in飛騨市 2018年8月28日(火)、飛騨古川駅前のスペランツァホテル最上階のビア ホールにおいて 鶏ちゃん合衆国大交流会in飛騨市が開催されました。 会場は 90人の満席。 下呂、郡上、恵那、荘川のとっておき鶏ちゃんに加え飛騨市から「 蕎麦正なかや」さん、「 ひだ小僧」さんのオリジナル鶏ちゃんが鮮やかに揃いました。 鶏ちゃん合衆国国務長官であり現役の飛騨市長、都竹淳也さんが受付けと司会を担当。 その他閣僚&政府高官では副大統領兼交流長官の酒井稔さん(岐阜市)、副大統領兼商務長官日下部讓さん(萩原チキンセンター、下呂市萩原町)、下呂特別区長官 村山弘明さん(村山チキン、下呂市馬瀬)、食務長官斉藤順子さん(杉の子、下呂市)、交流次官小牧美貴子(岐阜市)、長尾伴文大統領が参加。 心底にワイワイ、ガヤガヤ、輪となり人と人を結ぶ「鶏ちゃん」の魅力をあらためて認識。 ありがとうございました! <報告:鶏ちゃん合衆国大統領 長尾伴文> ~味付け焼肉文化交流~ 鶏ちゃん合衆国&遠山ジンギス 2018年4月27日(金)、 信州遠山郷の「遠山ジンギス」<㈲肉の鈴木屋(長野県飯田市南信濃和田)>さんと味付焼肉文化交流を開催しました。 会場は下呂温泉の鶏ちゃん専門店「杉の子」さん。 「遠山ジンギス」は南信州名物で、肉のスズキヤさんの登録商標。 創業以来60年、製造加工販売一貫体制で、HACCP準拠、自社加工製造所を擁する。 その商品は 「鶏」、「鶉」、「牛」、「熊」、「羊」、「馬」、「雉」、「猪」、「兎」、「山羊」、「豚」、「鹿」の何と 12種類の肉が味付けされています。 昔、遠山で飼われていたのはヤギ、羊。 スズキヤの創業者夫婦は、朝鮮の人々から「タレ揉み」を学び、遠山の人の口に合うタレを開発、焼くだけで美味しいマトン(ジンギス)を売り出した。 ジンギスカンと言えば羊肉が一般だが、 肉のスズキヤでは常連客から「鶏肉、豚肉にも味付けしてほしい」と要望が 出てそれに応じているうち「とりじん」、「ぶたじん」、「鹿ジン」、「猪ジン」、「熊ジン」などそれぞれのジンギスが誕生し、現在ではすべてを総称し「遠山ジンギス」と呼ぶとのこと。 27日は鈴木ご夫婦が若鶏、親鶏、キイタマ、キモ、皮と部位がいろいろの「鶏じん」を持参され、それぞれをフライパンで焼きました。 生ニンニク香る極旨熟成醤油ダレ、信州熟成三年味噌を隠し味の秘伝タレを独自の「タレ揉み製法」で味付けされており、どれもとても食べやすい味でした。 もちろん杉の子名物の「鶏ちゃん」とも食べ比べました。 年内には信州遠山郷へ、「お肉の十二支・遠山ジンギスツアー」を組み、交流を深めたいと思います! 交流会提案者:鶏ちゃん合衆国外務長官 浅野豊(グーテライゼ) 報告 :鶏ちゃん合衆国大統領 長尾伴文 2018年度 鶏ちゃん合衆国全州代表者会議 飛騨古川にて開催! 2018年3月21日(水・祝日)、15:00~17:00の時間、 飛騨市図書館内にある 情報発信室において 鶏ちゃん合衆国全州代表者会議を開催しました。 会議次第は以下の通り。 4月中に提供者の皆様の元へ感謝状郵送、または持参させていただきます) 全州代表者会議終了後は 懇親会を 「福全寺蕎麦」さんにおいて行いました。 蕎麦屋でおいしい蕎麦をいただき、 鶏ちゃんを焼きながら鶏ちゃんを語る会となりました。 これを記念し、恒例の大祝賀会を開催いたします。 今年のテーマは <鶏ちゃんを語る>とし、 参加者が鶏ちゃんをつつきながら、自分の食生活に絡ませながら鶏ちゃんのあれこれを語り、新しい交流の場とします。 タクシー(15~20分)1,800円~2,000円。 模擬選で選ばれた大統領から投票者に抽選で素敵なプレゼントがあります。 【開催の目的】 下呂市金山町の<道の駅 飛騨金山ぬく森の里温泉>ゾーンから 郡上市美並地区をつなぐ区間が 美濃東部広域農道 として整備されつつあり、 今後ますますこの農道が活用され、地域活性化の一翼となることを期待します。 今回は、飛騨金山ぬく森の里温泉ゾーンの一画に位置する「湯ったり館」を会場に、郡上鶏ちゃんと下呂鶏ちゃんの味比べを通し、郡上市と下呂市の交流の輪がますます 深まる ことを目的とします。 今後鶏ちゃん合衆国が主催する鶏ちゃんの集いにおいて <A級鶏ちゃん審査員認定証>を提示していただくと、 各種特典 サービスが得られます。 <味比べ審査 結果 公開> 後日、1人1人の貴重な味比べ審査記入を集計し、 郡上鶏ちゃんVS下呂鶏ちゃんの味比べ審査結果としてホームページ等で公開します。 <鶏ちゃん商品PR> 参戦する鶏ちゃんについて製造者は、地域PRに合わせて思い切り自社の鶏ちゃんについてプレゼンできます!.

次の

【けいちゃんほそ江】テイクアウト弁当のおススメ【岐阜市柳ヶ瀬近く】

けい ちゃん 岐阜

岐阜にけいちゃんの専門店ができたという噂を聞いてからずっと気になってきた「けいちゃん ほそ江」さん。 2018年11月にオープンされてから少し時間がたってしまいましたが、ようやく訪れることができました。 場所は、柳ヶ瀬商店街から東に5分ほどのエリア。 かわいらしい鶏の絵が目印です! 外観も内装もすっきりとしていて、一見カフェのようですが、お昼だけでなく夜も営業されています。 明るい店主さんに迎えられ、早速メニューに目を通します。 ここまで当然のように「けいちゃん」と書いていましたが、県外の方は聞きなれない方も多いのではないでしょうか? けいちゃんとは、岐阜県の飛騨地方と奥美濃地方の郷土料理。 感じで書くと「鶏ちゃん」で、鶏肉を野菜と一緒に炒めたもので、ジンギスカンの調理法が起源とされているのだそう。 ほそ江さんでは「みそ味」「しょうゆ味」「しょうゆ味(ニンニクなし)」の3種類の味から選べます。 けいちゃん定食(850円) ランチはごはんとお味噌汁、副菜のセットがおすすめ! けいちゃんの他に飛騨牛のほうば味噌焼き定食もありました。 火鉢の上で、ジュージュー焼かれたけいちゃんからは、食欲そそるよい香りが漂います。 東京生まれの杉田さんはこの日がけいちゃんを初体験! ニンニクたっぷりで、食後がちょっと心配になりつつも、食べ始めたらそんなことは忘れてどんどん箸が進んでいました。 新鮮な鶏肉がぷりぷりっとやわらかく病みつきになります。 ちなみに、ご飯はセルフサービスでおかわり自由なのが嬉しいところ。 ドレッシングや一味からも岐阜県産へのこだわりが伺えました。 けいちゃん自体には辛みがないので、一味やカレー粉を一振りするとまた違った風味が楽しめます。 そして、食後にはセルフサービスのコーヒーも。 店主のご出身である、下呂の「緑の館」の自家焙煎コーヒーだそうです。 これがとてもおいしかったので、遠慮せずにいただくことをおすすめします(笑)。 テイクアウトもOKとのこと! 気さくな店主さんとスタミナ満点のけいちゃんに元気をもらった本日の岐阜ランチ。 みなさんもぜひ足をお運びください。 けいちゃん ほそ江 住所:岐阜県岐阜市二番町4番地 営業時間:12:00〜14:00/17:00〜21:00 Lo.

次の

鶏ちゃん合衆国 公式ホームページ

けい ちゃん 岐阜

岐阜県奥美濃・下呂地方で昭和30年前後から食べられている、郷土料理です。 カットした鶏肉を、味噌や醤油をベースに、ニンニク、ショウガ、唐辛子などを加えたタレに漬込み、季節の野菜と炒めて食べます。 タレや漬込む時間などはお店ごと家庭ごとに工夫を凝らして作っているため門外不出の「秘伝のタレ」となっていることがほとんど。 野菜はキャベツや玉ねぎや定番ですが、夏はナスにピーマン秋はニンジンに小松菜と、その時ある野菜と合わせて食べます。 シイタケなどのキノコ類ともよく合います。 白いご飯もお酒もすすむ味です。 現在は若鶏のムネ・モモ中心の柔らかい鶏ちゃんが主流ですが、鶏ちゃん誕生の頃に近い固い親どりや内臓部位や鶏皮が混じった鶏ちゃんも根強い人気があります。 はじめは内臓入りが当たり前だったからという理由と、工事現場には朝鮮半島出身の労働者もおり、そもそも「鶏ちゃん」の味付けや調理方法を知っていたのが彼らだったからではないか、とも言われています。 今も郡上節で唄われる畑佐鉱山は明宝にありました。 江戸時代から明治まで銀や鉛、銅(赤金)が採掘され大層賑わったとのことです。 鉱山労働者の中にも朝鮮半島から渡ってきた人々がいたそうですので、明宝の鶏ちゃんのルーツは戦前の鉱山にあったかも知れません…。 鶏肉を醤油に漬けたものという意味で、韓国料理に欠かせない「薬念醤」のことではないかと言われています。 また、「トンチャン」は、韓国語で大腸や小腸などを総じて指す単語。 明宝で鶏ちゃんが「ホルモン」や「モツ」と呼ばれていたのは、もともと、廃鶏をさばいて何もかも一緒に、内臓もすべてタレに漬け込み焼いて食べていたから、とも考えられます。

次の