インスタ 昨日 アクセス が ありま した。 インスタ中毒の友人が投稿した「我が家のお気に入りの植物」、それ私んちなんですが。 : おうち速報

インスタ中毒の友人が投稿した「我が家のお気に入りの植物」、それ私んちなんですが。 : おうち速報

インスタ 昨日 アクセス が ありま した

このページの目次 CLOSE• 1.インスタグラムの検索機能のメリット インスタグラムにおける検索で、いったい何ができるのでしょうか? インスタグラムは全世界のユーザーが参加しているため、あなたと同じ趣味や意外な共通点を持つ人と、比較的簡単に知り合うことができます。 また投稿を通して 「いいね」やコメントをしてコミュニケーションが取れるので、多くの人と繋がりを持っておくと日常生活がより楽しくなるでしょう。 身近な友人からの紹介程度では、繋がりの輪は広がらず、多くの人と知り合うには 検索を使い幅広くアンテナを張らなければいけません。 つまり、インスタグラムの検索では「 繋がりを広げる手がかり」を掴むことができるのです。 2.インスタグラムの検索機能の使い方 それではさっそく、検索窓の使い方について紹介していきます。 まずはインスタグラムアプリを起動して、トップ画面を表示させてください。 トップ画面を開くと、画面下部に「 虫眼鏡アイコン」がありますので、そちらをタップします。 すると検索画面に切り替わるので、画面上部にある検索窓に検索ワードを入力すると、それに基づく情報が一覧として表示されるようになります。 しかし膨大なユーザーが存在するインスタグラムですから、検索にもいくつか フィルターをかけて絞り込むことができるのです。 絞り込み方法は次の4つがありますので、意味を理解しておくと便利ですよ。 全ての情報から検索する「総合検索」 検索画面の一番左に位置しているのが、「 総合検索」アイコンです。 横棒が3本引かれており、一番下の棒だけが短いタイプのものが、総合検索のマークとなります。 ここは絞り込みをせず、ユーザー名やワードを入れて検索する際に用います。 すると、広い範囲が抽出されるので、検索対象が曖昧な時などに利用すると良いでしょう。 ユーザー名に絞ってくれる「ユーザー検索」 ユーザー検索とは、プロフィール欄に検索するユーザーの名前が入力されていると、その名前を検索結果欄に表示してくれます。 もしユーザー名がプロフィール欄に入っていない場合は、アカウント名で検索することもできますが、アカウント名を知るというのは難しいのが現実。 ユーザー検索で確実に特定の人を探すには、 アカウント名を知っておく必要があるんですね。 ただし、Facebookや電話帳を同期しているなら、その連絡帳などから発見が可能です。 ハッシュタグのみで調べてくれる「ハッシュタグ検索」 インスタグラムではハッシュタグが、非常に重要視されています。 何故ならこの「 ハッシュタグ検索」で、自身が投稿した写真や動画がヒットされるからです。 つまり多くの人に見てもらうには、ハッシュタグを上手に使うことが求められているワケですね。 さて、画面の右から2番目にある「 」マークをタップすると、青く表示が変わるので、検索窓に検索したいワードを入力して検索をしましょう。 場所から特定できる「スポット検索」 インスタグラムは写真に位置情報を追加することができ、どの場所で撮影されたものかを地図上に表示が可能です。 もし位置情報をオフにしていても、この検索は有効なので 場所が分かっているときは活用したいもの。 たとえば、「富士山」や「屋久島」、「沖縄」などと検索をすると、その地域に関する投稿がズラリと表示されます。 旅行の下見などの際、こうした検索をすると効率的でしょう。 3.インスタのハッシュタグから追加で検索が可能! インスタグラムの検索が優れている点として、「 追加検索」が出来るというものがあります。 これは最初に検索した結果から、お気に入りの投稿を表示させたとします。 表示された投稿は、「続きを読む」をタップすればキャプションに書かれている全文が表示されるのです。 すると関連したハッシュタグを掲載している場合が多いので、そちらをタップすると 関連したキーワードで検索ができます。 つまり興味の幅が広がり、世界をどんどん広げられるのです。 インスタグラムの検索を何気なく使っている人は、「追加検索」という便利な機能がある点を、ぜひ把握しておきましょう。 インスタグラムの検索まとめ.

次の

インスタグラムの「ショッピング機能」を解説! 導入方法や活用例を紹介

インスタ 昨日 アクセス が ありま した

Instagram(インスタグラム)ショッピングの最も大きな障害は、外部の小売事業者のサイトで決済しなくてはならないことです。 新機能の「Checkout(チェックアウト)」を利用すれば、インスタグラム上で決済まで可能になります。 インスタグラム経由で商品を購入する時の最も大きな障害を取り除く機能です。 この数か月間、フェイスブック傘下のインスタグラムは、写真共有アプリからECプラットフォームへの転換を模索してきました。 「チェックアウト」と呼ばれる買い物機能をテストしているという先日の発表は、今までで最も大きな動きです。 すでにNike(ナイキ、インターネットリテイラー社発行『全米EC事業 トップ1000社データベース 2018年版』第27位)、メガネブランドのWarby Parker(同 174位)、アパレルブランドのZARA(同500位)などが参加しています。 「チェックアウト」機能を利用すれば、インスタグラム上で決済まで可能になります。 画像内の商品タグをタップして商品詳細ページを見ると、その中に「インスタグラムでチェックアウト」という表示が出ます。 一番初めに決済する時は、氏名、メールアドレス、請求書の送り先住所、配送先などを入力しますが、その後はインスタグラム上にそれらの情報が保管されます。 消費者はインスタグラム内で発送や配達の情報を受け取ることになります。 「Checkout(チェックアウト)」機能のイメージ(Instagramのブログから編集部でキャプチャ) 決済はVisa、Master、Discover、PayPalの利用が可能で、今後機能が拡張すれば、「Shpify」やECプラットフォームの「BigCommerce」とも直接連携できるようになります。 現在はまだ23の小売事業者しか参加していませんが、数か月後にはより多くのブランドを追加する予定だそうです。 見るだけの人を買う人にするかもしれない機能 情報を求めてインスタグラムやPinterest(ピンタレスト)にアクセスする人数と、実際に購入する人数の溝を「チェックアウト」機能が埋めるかもしれません。 ただ、インスタグラムの買い物機能を使う消費者の数は増えており、 毎月1億3000万人の消費者が商品タグをタップしています。 その数は2018年9月の9000万人から44. インスタグラムは昨年1年間で、ストーリーズに買い物機能を追加したり、後で買う予定の商品を保存しておけるようにしたりと、 複数の買い物関連機能をリリースしていました。 Pinterestも買い物機能を強化中 今年後半にIPOを控えるピンタレストも買い物機能を強化しています。 3月初めに小売事業者がプラットフォーム上で販売を促進するためのアップデートをいくつか発表しました。 そのうちの1つが、 ユーザーの保存した情報に合わせてスタイル、ホーム、ビューティ、DIYボードに表示されるカスタマイズされたオススメ商品です。 在庫ありのプロダクトピンが、検索結果のトップに表示されます。 また、プロダクトピンの下に表示される「このブランドで買い物する」セクションでは、リーバイスのようなブランドが、カタログの他の商品も一緒に紹介しています。

次の

「俺のインスタなんか誰が見てんだ?」気になったのでビジネスプロフィールに切り替えて確かめてみた!

インスタ 昨日 アクセス が ありま した

世界的な人気を誇るInstagram。 自分の撮った写真や動画をおしゃれに加工して共有することができます。 ハッシュタグ検索を使いこなせば、情報を世界中から集めることもできます。 今回は、ぜひとも押さえておきたい、Instagramの基本的な使い方を用語の確認とともに紹介します。 Instagramとは• Instagram関連の用語解説• まとめ Instagram基本用語データのDLはこちらから! 1.Instagramとは Instagramは、Facebook傘下で世界中で急成長を続けている注目のSNSの一つ。 世界の利用者数では8億人を超えており、今後もその人数が増えることが期待されます。 絶対数で見ると20代・30代の女性ユーザーが多いですが、近年では男性の間でも人気が広がっています。 Instagramの特徴は、写真・動画の撮影・編集・共有に特化したSNSであるという点です。 自分で撮影した写真を、フィルターや文字入れなどの編集機能を使って写真や動画をおしゃれに加工し、共有することができます。 今回はそんなおしゃれでかわいいInstagramを使いこなす入門編として、基本的な用語を紹介します。 アカウントを作成するときに設定しますが、後に変更することもできます。 ログインIDとしても使用されます。 タイムライン上部に表示されるストーリー欄、投稿時やコメントの横に表示されます。 他のウェブサイトへのリンクも貼りつけることもできます。 他人を「フォロー」することで、その人のポストがタイムラインに表示されるようになります。 フォロワー数は自分の投稿を見てくれている、ファンの人数ということになります。 フォローしている人の投稿が、アルゴリズムによるおすすめ順に表示されます。 現在の仕様では、時系列では表示できないようになっています。 メニューバーの真ん中のアイコンから、写真や動画を投稿できます。 左にスワイプすると、自分がフォロー中のユーザーが最近「いいね」または「フォロー」した投稿の一覧も確認できます。 ここで保存したものは他のユーザーとは共有されず、自分にしか閲覧できないシステムになっています。 ポスト画面において、ユーザーネームの右側に配置されます。 ここにハッシュタグを埋め込むこともできます。 その他の機能について リポスト(Repost) 「ほかの人の投稿を自分のアカウントでシェアすること」です。 Instagramのアプリ自体にはリポストの機能はついていないので、専用のアプリを使用する必要があります。 関連記事: ストーリー(Stories) タイムラインとは別に、24時間で消える写真や動画を投稿できる機能です。 タイムラインの画面上部にあるストーリー欄から、自分のサムネイルをタップし、投稿することができます。 関連記事: カルーセル機能 「一回の投稿で、複数の写真や動画が投稿できる機能」です。 一投稿内では、画像・動画の寸法が統一されます。 タグ付け 投稿した写真や動画に、他のユーザーを「タグ付け」することができます。 写真に写っている人物やモノのブランドなど、関連するアカウントを示す機能として使われています。 タグをクリックすると、タグ付けされた人のアカウントに飛べます。 ハッシュ タグ 「#」と特定の文字列で作られた「タグ」の事です。 Instagramではこのハッシュタグを検索して、同じハッシュタグが付いた投稿の一覧を見ることができます。 元々は、「写真映えする」ことと「Instagram」を合わせて作られた造語です。 同じ意味で「インスタジェニック」と言われることもあります。 インスタグラマー 「Instagramで大きな影響力を持つ人」のことです。 フォロワー数は1万人を基準にしていると言われています。 インスタグラマーの中には、InstagramでPR投稿することによって収入を得ている人もいます。 3.まとめ 今回はInstagramで使われる基本的な用語とともに、基本的な機能を紹介しました。 これらの用語と機能さえマスターすれば、Instagramを使いこなすことができるようになります。 特にハッシュタグやタグ付けといった機能は、使いこなすことができればマーケティング対象に上手くメッセージを発信することができます。 ぜひ活用してみてください。 他のSNSの用語集も合わせてご覧ください。 関連記事: 合わせて読みたい記事 ・ ・ ・.

次の