ミニ トマト 2 本 仕立て。 農家が教えるミニトマト栽培 最後まで鈴なりの実を付けさせる方法

農家が教えるミニトマト栽培 最後まで鈴なりの実を付けさせる方法

ミニ トマト 2 本 仕立て

種類 科目 好適土壌pH 連作障害 トマト 原産地が南米アンデス高原であるトマトは、乾燥・多日照・昼夜の温度差がある気候を好みます。 甘いトマトを作るためには水分を制御することがコツ。 高畝にして排水をよくし、さらに雨除け栽培などの工夫が必要。 乾燥気味に育てる方が味が良くなります。 また、トマトの生育には強い光が必要であり、光が不足すると軟弱徒長し、花数が少なく、花質も落ち、落花も多くなります。 そのため、日当たりのいい場所で栽培するようにしましょう。 露地野菜で完熟させたトマトの美味しさは別格ですが、高温や多湿に弱く栽培途中の作業も多くて、意外と作るのが難しいです。 最初は、丈夫で作りやすく、たくさん採れるミニトマト系の品種がオススメです。 植え付けの際には、土に埋める部分の子葉と本葉は掻き取っとておきます。 そのまま土に埋めると腐ることがあります。 尚、 接木苗の場合、寝かせ植えはNGです。 接ぎ目部分が埋まってしまい穂木からも根が出て、接ぎ木の意味がなくなってしまいます。 連作障害・コンパニオンプランツ トマトは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を4〜5年あけるようにします。 また、トマトと一緒に植えることで良い影響を受ける「コンパニオンプランツ」には次のようなものがあります。 トマトの植え穴に「」を一緒に植える。 ニラとトマトの根を絡ませるように混植することで、ニラの根に繁殖する拮抗筋が「」などの土壌障害を防ぐ効果があります。 トマトの株間に「」を植える。 トマトとラッカセイは互いの生育を促す働きがあるため、トータルの収量が増えます。 中玉トマトやミニトマトには、主枝と第1花房の下から伸びるわき芽の計2本を伸ばす「2本仕立て」も向いています。 主枝1本仕立ての倍の量が収穫できるので、苗が少なくてすむことが最大のメリット。 成長点が2つになるため、初期育成が抑えられ、多少収穫期が遅れますが、茎葉が茂りすぎる「過繁茂」になりにくい利点もあります。 雨よけ屋根 雨に当たると病気や実割れを起こしやすいので、雨よけ屋根を張るのがオススメです。 特に、大玉トマトは完熟するまで時間がかかり、過湿障害が出やすいので、雨よけ屋根がないと難しいです。 また、雨が土を跳ね飛ばして葉に付くと、土壌病原菌に侵されやすくなります。 これを防ぐためにも、特に梅雨の時期に設置しておきたいところ。 MEMO寝かせ植えをしない場合は、樹勢を強くするために、第1段目は摘果して2個にします。 摘芯 4〜6段目の花房ができる頃には、主茎の先端が支柱の頂上に達するので、先端を摘芯します。 この時に大切なのは、 最も上の花房より上に出ている2〜3枚の葉を残しておくこと。 これにより、株が充実して実に養分が届きやすくなります。 また、この頃になると、株の下の葉は役目を終えているので、下葉かきも行っておきます。 第1果房より下の葉をすべて取り除くことで、風通しと日当たりがよくなり、病気予防にもなります。 中耕 実がつき株がぐんぐん成長してきたら、高畝の外側から中耕して土寄せをします。 株まわりの雑草も土と一緒に削って除草しておきます。 鳥害対策 トマトが熟す頃、 カラスなどの野鳥に狙われやすくなります。 露地栽培では、株の周囲に棒を立てて釣り糸を張る、防鳥ネットを張るなど、鳥害対策が必要になります。 を張ると、支柱にぐるっとネットを巻きつけられるので、設置が簡単になりオススメです。 収穫 空洞果 果実の子室内のゼリー部分の発達が悪く、空洞が発生する「空洞果」。 高温や低温のため受粉不良となり種子が十分にできないことが原因で、日照不足でも発生しやすくなります。 また、 ホルモン剤の散布時期が早すぎたり、高濃度であった場合にも発生します。 対策としては、ホルモン処理は開花時に限定し、高温時に処理はしない。 光環境に注意し、強日射、光線不足にならないようにする。 高温条件や養水分過多にならないように管理するなどがあります。 割果・裂果(トマトが割れている) トマトの実に亀裂が入る「割果・裂果」。 主な原因は、 土壌水分の急激な変化にあります。 乾燥が続いたあとに急な降雨があると、実が内側から一気に肥大するのに、果皮の成長がついていけず、亀裂が入ります。 また、強い日差しで果皮がコルク化し、そこから水を吸って割れることもあります。 対策としては、大きく3つあります。 根をしっかり張らせることで、急激な変化に耐えられるようにします。 このためには、元肥は少なめに、こまめな追肥(株元から離していく)で根を伸ばしていきます。 により土壌の過湿を防ぎます。 また、も有効です。 裂果は雨に直接当たることでも起きるので、その面からも効果が期待できます。 果実が隠れるように葉を残し、直射日光や雨を防ぎます。 雨よけ屋根に遮光寒冷紗をかけても良いです。 すじ腐れ果 果実が縦にすじ状に着色不良になります。 日照不足や肥料の過不足、ウイルス病の感染などが原因です。 対策としては、採光性をよくし、適正に肥料を施し、ウイルス病に強い品種を選定するなどがあります。 グリーンバック 果実は熟しているのにへたまわりの緑色が抜けない「グリーンバック」。 窒素分がやや多い時に現れますが、生育は良好で味は変わりません。 2日くらい放置すると緑色が抜ける場合もあります。 疫病(えきびょう) 葉・茎・果実に暗褐色の病斑ができ、白いカビが発生します。 特に トマトに大きな被害。 ウイルスによる伝染性の病気で、コナジラミが原因ウイルスを媒介します。 葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。 かいよう病 葉は変色(黄色や褐色)して枯れ、果実にはコルク状の病斑ができます。 細菌による病気で発病株は抜き取って処分します。 はじめ、株の片側の葉がしおれ、やがて全体が黄化して枯れます。 葉に濃淡のモザイク模様が現れ、縮れて奇形化します。 原因ウイルスをアブラムシが媒介します。 害虫 オオタバコガ.

次の

ミニトマト2本仕立て

ミニ トマト 2 本 仕立て

種類 科目 好適土壌pH 連作障害 トマト 原産地が南米アンデス高原であるトマトは、乾燥・多日照・昼夜の温度差がある気候を好みます。 甘いトマトを作るためには水分を制御することがコツ。 高畝にして排水をよくし、さらに雨除け栽培などの工夫が必要。 乾燥気味に育てる方が味が良くなります。 また、トマトの生育には強い光が必要であり、光が不足すると軟弱徒長し、花数が少なく、花質も落ち、落花も多くなります。 そのため、日当たりのいい場所で栽培するようにしましょう。 露地野菜で完熟させたトマトの美味しさは別格ですが、高温や多湿に弱く栽培途中の作業も多くて、意外と作るのが難しいです。 最初は、丈夫で作りやすく、たくさん採れるミニトマト系の品種がオススメです。 植え付けの際には、土に埋める部分の子葉と本葉は掻き取っとておきます。 そのまま土に埋めると腐ることがあります。 尚、 接木苗の場合、寝かせ植えはNGです。 接ぎ目部分が埋まってしまい穂木からも根が出て、接ぎ木の意味がなくなってしまいます。 連作障害・コンパニオンプランツ トマトは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を4〜5年あけるようにします。 また、トマトと一緒に植えることで良い影響を受ける「コンパニオンプランツ」には次のようなものがあります。 トマトの植え穴に「」を一緒に植える。 ニラとトマトの根を絡ませるように混植することで、ニラの根に繁殖する拮抗筋が「」などの土壌障害を防ぐ効果があります。 トマトの株間に「」を植える。 トマトとラッカセイは互いの生育を促す働きがあるため、トータルの収量が増えます。 中玉トマトやミニトマトには、主枝と第1花房の下から伸びるわき芽の計2本を伸ばす「2本仕立て」も向いています。 主枝1本仕立ての倍の量が収穫できるので、苗が少なくてすむことが最大のメリット。 成長点が2つになるため、初期育成が抑えられ、多少収穫期が遅れますが、茎葉が茂りすぎる「過繁茂」になりにくい利点もあります。 雨よけ屋根 雨に当たると病気や実割れを起こしやすいので、雨よけ屋根を張るのがオススメです。 特に、大玉トマトは完熟するまで時間がかかり、過湿障害が出やすいので、雨よけ屋根がないと難しいです。 また、雨が土を跳ね飛ばして葉に付くと、土壌病原菌に侵されやすくなります。 これを防ぐためにも、特に梅雨の時期に設置しておきたいところ。 MEMO寝かせ植えをしない場合は、樹勢を強くするために、第1段目は摘果して2個にします。 摘芯 4〜6段目の花房ができる頃には、主茎の先端が支柱の頂上に達するので、先端を摘芯します。 この時に大切なのは、 最も上の花房より上に出ている2〜3枚の葉を残しておくこと。 これにより、株が充実して実に養分が届きやすくなります。 また、この頃になると、株の下の葉は役目を終えているので、下葉かきも行っておきます。 第1果房より下の葉をすべて取り除くことで、風通しと日当たりがよくなり、病気予防にもなります。 中耕 実がつき株がぐんぐん成長してきたら、高畝の外側から中耕して土寄せをします。 株まわりの雑草も土と一緒に削って除草しておきます。 鳥害対策 トマトが熟す頃、 カラスなどの野鳥に狙われやすくなります。 露地栽培では、株の周囲に棒を立てて釣り糸を張る、防鳥ネットを張るなど、鳥害対策が必要になります。 を張ると、支柱にぐるっとネットを巻きつけられるので、設置が簡単になりオススメです。 収穫 空洞果 果実の子室内のゼリー部分の発達が悪く、空洞が発生する「空洞果」。 高温や低温のため受粉不良となり種子が十分にできないことが原因で、日照不足でも発生しやすくなります。 また、 ホルモン剤の散布時期が早すぎたり、高濃度であった場合にも発生します。 対策としては、ホルモン処理は開花時に限定し、高温時に処理はしない。 光環境に注意し、強日射、光線不足にならないようにする。 高温条件や養水分過多にならないように管理するなどがあります。 割果・裂果(トマトが割れている) トマトの実に亀裂が入る「割果・裂果」。 主な原因は、 土壌水分の急激な変化にあります。 乾燥が続いたあとに急な降雨があると、実が内側から一気に肥大するのに、果皮の成長がついていけず、亀裂が入ります。 また、強い日差しで果皮がコルク化し、そこから水を吸って割れることもあります。 対策としては、大きく3つあります。 根をしっかり張らせることで、急激な変化に耐えられるようにします。 このためには、元肥は少なめに、こまめな追肥(株元から離していく)で根を伸ばしていきます。 により土壌の過湿を防ぎます。 また、も有効です。 裂果は雨に直接当たることでも起きるので、その面からも効果が期待できます。 果実が隠れるように葉を残し、直射日光や雨を防ぎます。 雨よけ屋根に遮光寒冷紗をかけても良いです。 すじ腐れ果 果実が縦にすじ状に着色不良になります。 日照不足や肥料の過不足、ウイルス病の感染などが原因です。 対策としては、採光性をよくし、適正に肥料を施し、ウイルス病に強い品種を選定するなどがあります。 グリーンバック 果実は熟しているのにへたまわりの緑色が抜けない「グリーンバック」。 窒素分がやや多い時に現れますが、生育は良好で味は変わりません。 2日くらい放置すると緑色が抜ける場合もあります。 疫病(えきびょう) 葉・茎・果実に暗褐色の病斑ができ、白いカビが発生します。 特に トマトに大きな被害。 ウイルスによる伝染性の病気で、コナジラミが原因ウイルスを媒介します。 葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。 かいよう病 葉は変色(黄色や褐色)して枯れ、果実にはコルク状の病斑ができます。 細菌による病気で発病株は抜き取って処分します。 はじめ、株の片側の葉がしおれ、やがて全体が黄化して枯れます。 葉に濃淡のモザイク模様が現れ、縮れて奇形化します。 原因ウイルスをアブラムシが媒介します。 害虫 オオタバコガ.

次の

トマトの3本仕立て

ミニ トマト 2 本 仕立て

もくじ• ミニトマトの育て方【2本仕立てで作ると効率がいい?脇芽かきと追肥や病害虫対策など】 トマトを効率よく栽培するには2本仕立てがおすすめです。 具体的な栽培方法は【育て方】本文の【3. 4】あたりから詳しく描いています。 本日はご訪問ありがとうございます。 このサイトが面白いなと思った方はブックマークなどして、ほかの記事もご覧いただけると嬉しいです。 ここからは本題の記事【ミニトマトの育て方】をお楽しみください。 ミニトマトの育て方【家庭菜園の予備知識編】 ミニトマト栽培の基本情報 野菜の種類 科目 適正土壌酸度 連作障害 栽培難易度 ミニトマト ナス科 6. 0~6. スーパーなどの店頭に並んでいるのは、一般的に赤いピンポン玉より小さい品種がほとんどですが、家庭菜園では、それ以外にも黄色い色をしたもの、形が楕円形をしたアイコ、ハート形に実もの、外国産のものには紫色をしたトスカーナバイオレットなど多種多様な品種が出回っています。 糖度が通常のものより高いフルーツトマトなどと称される品種が人気です。 家庭菜園におすすめの品種 家庭菜園におすすめの品種は、フルーツトマトなどと呼ばれる糖度を上げた品種がおすすめです。 一般的に赤色よりも黄色いほうが酸味が少なくて甘いといわれていますが、自分の経験的にはあまり変わらないように思います。 ミニトマトの育て方【家庭菜園の実践編】 ミニトマトの栽培カレンダー ミニトマトの土と畑作り 苦土石灰や消石灰で土の酸度を中和する 土壌適正酸度は ㏗値6. 0~6. 5とアルカリ性の土壌を好みます。 栽培の2週間くらい前までに苦土石灰や消石灰をまいて中和しておきましょう。 石灰の量は地面全体に軽く振りかけるまたはかぶせる程度でOKです。 石灰の中和と同時に化学肥料をまいてしまうと土の中で化学反応を起こして作物の成長に影響を与える可能性があるので、早いうちにまいておくのがBESTです。 堆肥と元肥を与えて土を耕しておきましょう 定植の7日くらい前までに土に堆肥として牛糞や鶏糞、豚糞などを与えてよく耕して、化成肥料を使う場合は元肥として10-10-10または14-14-14の化成肥料を一株に対して1握り程度まぶしておきましょう。 元肥とは定植前に施す肥料のことで、同じ肥料でも堆肥とは土に栄養を与えてふかふかな土を作るのに適した肥料のことを指します。 牛糞堆肥は土をふかふかにしてくれる堆肥としての特徴が強く、鶏糞は堆肥としての力はあまりありませんが、肥料分を多く含んでいます。 豚糞堆肥はある意味万能で堆肥としても元肥としても大変有効な肥料です。 科学 ここまでの作業は畑でもプランターでもだいたい同じです。 畑で栽培する場合は畝を作って水はけを良くしておきましょう 堆肥を入れてよく耕したら幅60cm~70cm高さ10cmほどの畝を作ります。 畝を作ると水はけがよくなります。 畝ができたらマルチを敷いて地温を上げておきましょう 畑で栽培する場合黒色のマルチを敷いておくと地の温度を上げてくれるので定植後の成長が促進されます。 また黒マルチは光を通さないので雑草の繁殖を防いでくれます。 値段は少し上がりますがシルバーマルチもあり、こちらはアブラムシなどの光るものを避けて行動する一部の害虫の接近を予防する効果があります。 ミニトマトは真夏の野菜です。 この時期は放置しておくとすぐに雑草が生えて手に負えなくなるので黒マルチは必須です。 ミニトマトの種まき ミニトマトは種まきから育てない方がいい ミニトマトは連作障害が強い野菜です。 4年~5年あけて輪作することをお勧めします。 かといってもスペースが限られた家庭菜園では5年に一度しか栽培できないなんて考えられません。 ミニトマトは毎年育てたいですよね。 家庭菜園では接木苗を使うと安心です。 これはタイトルにもあった 一つ目の問題の 【連作障害を回避する】方法で、一番簡単に 接木の苗を購入 することで解決してくれます。 それでも種まきはから始める場合は ミニトマトはプランターなどで単年だけ栽培する場合、高価な接木苗を使わなくてもOKです。 さらには種から育てることもできるでしょう。 種まきはその他の野菜とそう変わりません もちろん直接プランターや畑にまくこともできますが、直接蒔くよりもポットで苗を育ててから定植したほうが安心で経済的です。 種まき プランターや畑に直巻きする場合もポットに苗を作る場合も要領はほぼ同じで、深さ3cm~5cmくらいで、土をしっかりかぶせて暗闇を作るイメージです。 発芽を促進させるには複数の種を同にポットに入れることです。 複数発芽させて間引いていくことをお勧めします。 ミニトマトの場合パラパラまくイメージでOKです。 注意すること 水やりで種が飛び出さないように土を上からしっかり押さえておきましょう。 また、ミニトマトの場合めったにありませんが、鳥などに種を食べられないように不織布などでカバーしておくと安心です。 ミニトマトの植え付け 定植の仕方は基本的にその他の夏野菜と同様と考えてください。 植穴をあける 苗の定植はポット苗植え付け用の器具や球根植え付け用の器具を使うと簡単です。 器具を使ってポットとだいたい同じ深さの植穴を作って植え付けます。 植穴に水を入れる 苗を植え付ける前に植穴に水を入れて畝にある程度水分を浸透させておきましょう。 適当な量でOKです。 こうしておくと定植後の苗が根張りしやすくなります。 農薬 好みですが無農薬にこだわらずに低農薬を許容する場合は、水を入れる前に植穴にオルトラン粒剤やスミフェート粒剤、スターガード粒剤のような浸透移行型の殺虫剤の中から栽培する野菜に対応した薬品を入れておくと栽培初期の害虫予防になります。 栽培初期のアブラムシの被害が気になり、低農薬を許容する場合はオルトラン粒剤を株もとに入れてあげましょう。 オルトラン粒剤はトマトに公式対応している浸透移行型薬品です。 家庭菜園のマメ知識 株間 株間は野菜を植え付けるときになやむ要素の一つです。 株間は野菜の特性によってさまざまで、だいたいはその野菜の成長の仕方や草丈、横にどれだけ広がるかによって変わってきます。 植物の根張りの広がり具合は、地上での広がりがそのまま地下でも展開されていると考えてよいとされています。 要するに地上で横に広がっている枝の先端と同じあたりまで根が張っているとゆうことだそうです ミニトマトの株間 ミニトマトは草丈2mくらいに成長します。 1本ないし2本仕立てにする場合は、 株間40cm~60cm取ると良いでしょう。 ミニトマトの仕立て方 ミニトマトは1本から3本仕立てや欲張りな4本以上仕立てで育てる事もできます。 家庭菜園で一般的なのは1本か2本仕立てす。 それ以上になるとスペースも必要で栽培がむずかしくなってしまします。 1本仕立て 1本仕立手で育てる場合は出てくる脇芽をすべて取っていきます。 とにかく出てきた脇芽は全部取るだけで非常に簡単です。 2本仕立て 2本仕立ての場合は、上に伸びる主枝と、主枝の一番花が咲くあたりの脇芽を1本残して、主枝に出たその他の脇芽はすべて摘み取ります。 主枝と1本の脇芽をのばしていく仕立て方が2本仕立てです。 ミニトマトの支柱 ミニトマトの栽培に合掌型支柱がおすすめです。 合掌型支柱の立て方については別の記事で説明していますのでそちらをご覧ください。 ミニトマト栽培の誘引 ミニトマトの誘引は支柱に主枝を結びながら栽培していきます。 実が出来て大きくなってくるとその部分が重くなってきます。 花房が付いている前後で結んでおくと後々バランスがよくなります。 ミニトマト栽培の受粉と摘果 トマトは自然に受粉しても実になってくれますが、すべての花が実になるわけではありませんが、トマトの花弁にはたくさんの花が咲いているのでそのすべてが実にならなくても十分な収穫量が得られます。 植物ホルモン剤であるトマトーンなどをかけてやると収穫量が増えるのですが、使わなくても家庭菜園では十分な数の実がなります。 ホルモン剤は農薬ですが、薬剤を許容する場合で、収穫量を増やしたい場合使用します。 ナスの石ナス予防にもなり、トマトの着果促進に優れた効果を発揮するトマトーンがおすすめです。 ミニトマトに摘果の必要はありません。 ミニトマトの脇芽かき ミニトマトは放置しておくと脇芽が次々に出てきます。 しばらくするとその脇芽にも花が咲いて実がなるのですが、あまりたくさんの脇芽を伸ばしていくと肝心な身に養分がいかない状態が続き実が大きくならないので脇芽は取っていって、できるだけ養分を実の成長に集中させた方が効率よく収穫できます。 2本仕立てで栽培するのであれば残した1本の脇芽を伸ばすのですが、残した脇芽から出る脇芽も含めてすべての脇芽は摘み取っていきましょう。 摘み取った脇芽は差し穂として利用できます。 トマトの苗の増やし方については別の記事にまとめていますのでそちらをご覧ください。 トマトは追肥のタイミングが重要な野菜です。 タイミングだけではなく、チッソやリン、マグネシウムなどの要素が足りなかったり、多すぎたりしたときの障害が非常に出やすいので、追肥が難しいのです。 肥料過多と肥料不足 ミニトマトが肥料不足になっているか、肥料過多になっているかの見極めは、トマトの苗を見るとある程度分かります。 ミニトマトの追肥は基本的には3週間に1度くらいの割合で行うといいのですが、実際には株の色や形を見ながら調整していきます。 ミニトマトの肥料過多、肥料不足の見極め方 ミニトマトの株の姿を見てわかる肥料過多、肥料不測の見極め方を簡単にご紹介しておきます。 肥料が正常に生きわってりるトマト 適度に肥料が生き割っているトマトの状態は、茎が極端に太すぎず、また細すぎず、葉が軽く下に曲がっています。 トマトの肥料過多の目安 肥料過多になると茎が太くなり、葉に凹凸ができて内側にまいてきます。 全体的に色が濃い緑色になってきます。 トマトの肥料不足の目安 茎は細く、葉がやや上向きになってきます。 色は薄くなっています。 1回目の追肥 ミニトマトの1回目の追肥は1番花に咲いた花が実になって膨れかけてきたころに行います。 このころはまだ肥料過多などのサインは出てない頃だと思います。 2回目以降の追肥 2回目以降の追肥の目安は役3週間に1度ですが、肥料過多、肥料不足のサインを見ながら、肥料過多の場合は追肥を1週間見送り様子を見ましょう。 また、肥料不足の場合はすぐに追肥してください。 肥料過多になると様々な障害が出てきます。 そのほかの細かい対策については別の記事にまとめておきますのでそちらを合わせてごらんください。 ミニトマトの水やり 地植えの場合通常は水やりの必要はありません。 乾燥気味に育てるのがいいのですが、苗が小さいうちは根張りも小さいので乾き気味になったら水やりしてあげましょう。 プランター栽培の場合は、表面が乾いたら水やりしてください。 決してやりすぎず、また乾きすぎると尻腐れ病の症状が出ることもあります。 注意が必要です。 また、実がついているときに、乾燥状態から急激に水分を吸収すると実が割れてしまうので注意しましょう。 ミニトマトの収穫 ミニトマトの収穫は実が赤く熟してきたら収穫しましょう。 害虫に食べられたり割れてしまう前に早期収穫を目指しましょう。 一つの房にたくさんの実がなりますが、実が熟すタイミングは1個1個違います。 できれば数珠なりになった実を房ごと一度に収穫したいところですが、一個一個熟したものから収穫したほうがいろんなリスクを回避できるでしょう。 ミニトマトの主な害虫 アブラムシ アブラムシは春から夏の終わりごろまでに飛来して繁殖する害虫で、ほとんどの野菜に被害を与える害虫の代表的存在です。 小さな個体が群集している様子がものすごく気持ち悪いと感じる方が多いと思います。 アブラムシの駆除方法 アブラムシにもたくさんの種類がいて、トマトにはたくさんの種類のアブラムシが寄生します。 いずれも株のエキスを吸引し、ウイルス性の病気を媒介するので駆除が必要です。 テントウムシの成虫はアブラムシを食べる益虫ですが、テントウムシがいることはアブラムシもいるということになるので注意してください。 無農薬で栽培する場合はガムテープで除去したり、牛乳を散布して窒息死させたり、木炭や竹炭を作る際に発生する煙の成分を冷却して得られた水溶液である木竹酢を散布したり、黄色い粘着力のある札を作物にぶら下げたり、銀色のマルチや光テープで囲ったり対処の方法はたくさんあります。 手に負えなくなって薬剤の散布を考える場合、ベニカベジフル乳剤、スミチオン乳剤、マラソン乳剤、ベニカ水溶液などが有効です。 トマトにはマラソン乳剤が対応しているのでおすすめです。 どうしても被害がひどく、薬品を使う場合はマラソン乳剤を適量散布してください。 より安全な薬品を好む場合は、アーリーセーフもナスのアブラムシに対応しています。 アーリーセーフは天然ヤシの成分から抽出した液体です。 アブラムシ駆除のお方法は別の記事に詳しく記載したいと思いますのでそちらの記事を参照してください。 テントウムシだまし テントウムシはアブラムシを食べる益虫ですが、このテントウムシだましは益虫ではありません。 形はテントウムシに似ていますが、背中が柔らかく、アブラムシを食べません。 早茎を食害する害虫で、色は赤色なのですが背中には黒い星がたくさんあり、28星(にじゅうやほし)てんとうなどとも呼ばれています。 にじゅうやほしテントウの幼虫も葉を食べる害虫です。 テントウムシだましの駆除方法 農薬を使用する場合はベニカベジフルスプレーが有効です。 トマトに対応しており、収穫前日まで使用できるようですが?どうでしょうか。 ご利用は控えめにがいいのではないでしょうか。 コガネムシの幼虫 コガネムシの幼虫は土の中で根を食害し最悪の場合全てを枯らしてしまいます。 成虫は葉を食害し繁殖も旺盛なので厄介な害虫です。 見つけたら捕殺しましょう。 コガネムシの幼虫の駆除方法 耕しているときや掘り返しているときに出てきたら捕殺しておきましょう。 ヨトウムシ アブラナ科の野菜が好物のヨトウムシですが、アブラナ科だけでなく多くの野菜を食い荒らします。 蛾の幼虫ですが昼間は株もとや土中に潜み、夜になると地上に現れます。 だいたいは茶系の芋虫で中型から大型です。 3㎝くらいから6㎝くらいのところでしょうか。 ヨトウムシの駆除方法 昼間は土中にいることが多いので駆除するのが難しく、また姿が見えないので出没していることすら気づかないことすらあるくらいです。 見つけ次第捕殺することがおすすめです。 虫の姿がないのに葉が虫食まれている状態を見たら土中にヨトウムシが潜んでいることをまず疑ってください。 コナジラミ 草花や野菜に広く寄生する小さな害虫です。 一か所に無数に生息して一度に飛び立ちます。 葉の裏に寄生して養分を吸い取るため葉がかすり状になり植物のお生育が悪くなります。 放置しておくと野菜や花草を枯らしてしますこともあります。 コナジラミは植物の汁を吸って飛来するのでアブラムシ同様ウイルス性の病気を媒介したり、排せつ物の上にすす描画発生して葉や果実を黒く変色させる厄介者です。 コナジラミの除去方法 アブラムシ同様大量に発生したら無農薬での除去は難しく木竹酢や牛乳などを使用するか、天然成分で作られたオーガニック乳剤のアーリーセーフを使うのが最も効果的です。 アーリーセーフは天然成分のヤシ油を成分にして作られた液体でハダニやアブラムシ、コナジラミなどの害虫の駆除と同時にうどん粉病の予防にも効果を発揮する優れものです。 タバコガの幼虫 タバコガの幼虫は7月から10月ごろに頻繁に表れ次々に葉や茎、実を食害する害虫です。 小さい芋虫ですが食害されるとその被害は大きいので注意が必要です。 タバコガの駆除方法 実に入ってしまうと撃退は不可能です。 その実は取り除いてください。 実に侵入する前であれば捕殺するか薬品を使って除去するしかありません。 農薬を使う場合は ゼンターリ顆粒水和剤がトマトに対応しています。 ハダニ ハダニはコナジラミやアブラムシと同様に葉の裏などに寄生して樹液を吸引する害虫です。 梅雨明けから夏場に多く繁殖して被害を与えます。 非常に小さく単体では見つけにくいのですが、数が増えてくると白くカスリ状に見えるので、この時点で被害に気付くことが多いので予防しておくことが大切です。 ハダニの除去方法 ハダニの予防にはアーリーセーフが有効です。 カメムシ 触れると悪臭を放つ曲者で、年に3度くらい繁殖します。 大量に発生すると手に負えない害虫で、ピーマンやシシトウの唐辛子類、特に鷹の爪に群集で生息しています。 冬場は葉の裏などで成虫のまま冬越しして春先から活動を開始します。 樹液を吸引する害虫です。 カメムシの駆除と対策 見つけ次第捕殺、唐辛子類などに群生している場合は薬剤をかけるのも一つの手です。 枝を軽くゆするとすぐに落ちてしまうのですが、いつの間にかまた戻ってくるのでやっぱり捕殺するか、薬剤に頼るのかと思います。 捕殺する場合は粘着テープを指にまいて触れてやるとある程度は取れますが、やっぱり落ちてしまいます。 手に負えなくなって薬剤の散布を考える場合、ベニカベジフル乳剤、スミチオン乳剤、マラソン乳剤、ベニカ水溶液などが有効です。 トマトにはマラソン乳剤が対応しているのでおすすめです。 が、でも、、、無農薬のほうがいいので、トマトの場合はカメムシ被害は、比較的少ないのでこれは必要ないかもしれませんね。 どうしても被害がひどく薬品を使う場合はマラソン乳剤を適量散布してください。 ピーマンなどにも使えるので持っているとカメムシ対策には重宝する薬剤の一つです。 ケラ ケラはコオロギの中まで見た目はかわいいのですが、野菜の茎を地際から食害します。 雑食の昆虫で益虫のミミズを食べたり土中の根を食害するので駆除しておいた方がいいでしょう。 ケラの駆除方法 見つけたら捕殺してください。 ケラは湿地に生息していますので畑の排水性を上げてトマトに適した乾燥気味な環境を作ってあげましょう。 ミニトマトの主な病気 トマトにはたくさんの病気がありますがここで代表的なものを記載することにします。 病名はたくさんありますが、いずれの病気もかかってしまってからの対応よりも常に予防しておくことが大切です。 予防としては、植え付け前に苦土石灰や有機たい肥を多用して、健全だアルカリ性の土を作ることと、株の風通しを良くして害虫の除去をしっかりすることです。 苦土はマグネシウムを表す言葉です。 トマト栽培にはこのマグネシウム不足による様々な異常が発生しやすいので注意してください。 うどん粉病 うどん粉病はウリ科の野菜に多く発生するウイルス性の病気で、葉に白い斑点が出て放置しておくと葉が真っ白にうどん粉をまとったようになっていき、いずれ枯死してしまう怖い病気です。 ひどいときは隣接する他の植物にも感染して被害を広げる場合があるので早めの対策が必要です。 うどん粉病の対策 うどん粉病が毎年発生するような場合は発生前からの予防が大切です。 うどん粉病になる前にアーリーセーフなどの液剤を散布しておくことが大切です。 疫病 トマトに発生する土壌障害の一つで、梅雨時や秋の長雨の時期に発生しやすい病気です。 茎、葉、実がしおれてやがて株全体が枯れてしまいます。 特に実は黒く変色していき最終的には腐ってしまいます。 疫病の予防と対策 雨による泥の跳ね返りを防ぐためにマルチを張ったり敷き藁を引くことで簡単な予防となります。 薬剤を使用するときは定期的にダコニール1000を散布して除菌してください。 灰色かび病 茎や葉が解けるように腐る病気で、進行が進むとやがて灰色のカビに覆われて枯死する病気です。 高湿で風通しが悪い状態で発生し、病原菌はしおれた過花弁、害虫の食害の跡、チッソ過多により軟弱に育った組織から侵入することが多く、枯れた花をこまめに摘み取ったり殺菌剤を使う場合は、予防としてダコニールやオーソサイド水溶液などで消毒しておくのも有効です。 灰色かび病の対策 先ほども述べたように、風通しを良くして咲き終わった花弁はこまめに撤去することで環境は改善されます。 発生した場合は枯れた部分は完全に取り除きましょう。 予防にはダコニールかオーソサイドの散布が有効です。 萎凋病(いちょうびょう) 気温が高温の時期に発生する病気です。 部分的にしおれて、やがて下葉から褐色に変色し株全体がしおれてしまします。 病原菌は糸状菌(カビ)で、土から根に感染して広がっていきます。 萎凋病(いちょうびょう)の対策 病原菌は土中で蓄積して数年から数十年生き残ります。 予防には連作を避けてください。 鉢植えやプランター栽培の場合、萎凋病が発生した土は使わに方が良いでしょう。 畑などの露地栽培で萎凋病(いちょうびょう)が発生した場合、株は撤去して、薬剤で消毒してください。 ミニトマトの萎凋病(いちょうびょう)にはGFベンレート水和剤が有効です。 尻腐れ病 尻腐れ病は厳密には病気ではなく、マグネシウム不足のトマトに出る整理障害です。 トマト実のお尻の部分が黒くなってきます。 尻腐れ病の対策 尻腐れ病が発生したらこれから上げる3つの原因を疑ってください。 あくまでも環境に対する生理障害なので環境を改善してやると元に戻るのですが、変色してしまった果実は元には戻りません。 実は取り除いてプランター栽培であれば水やりをしたり、苦土石灰を入れたり、いったん肥料を停止したり、リン酸系の肥料を与えたりして様子を見ると良いでしょう。 リン酸系の肥料にはバットグアノなどがあります。 トマトのコンパニオンプランツ トマトと相性のいいコンパニオンプランツ エダマメ ネギ類の野菜 パセリとセロリ キアゲハを遠ざけ、株もとの日陰でパセリがよく育つ、パセリが余分な水分を吸い取ってくれる。 ほうれん草 ハーブ類と花類 マリーゴールド 線虫よけ) サルビア 虫よけ) カモミール(虫よけ株を元気にする) ミント(虫よけ) バジル トマトと相性の悪いコンパニオンプランツ ナス科全般の野菜との混植は避けてください。 トマトの前作に適している植物 トウモロコシやマリーゴールドはトマトの前作に適した作物です。 トマトの後作に植えると良い野菜 キャベツ、白菜、カリフラワー、ブロッコリーなどのアブラナ科野菜はナス科の野菜の後作に適しています。

次の