沖縄 ケミカルピーリング。 沖縄で受けられるピーリングの種類と美容皮膚科まとめ

ケミカルピーリングのやりすぎは危険?適切な頻度や副作用への対処法は?

沖縄 ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、サリチル酸マクロゴールの薬剤をお顔全体に塗布し、肌表面にある古い角質を取り除き、 ニキビ・ニキビ跡などの肌荒れ、 毛穴の開きや 黒ずみ、お肌のくすみやハリなどの改善に適した治療です。 また、フォトシルクプラスや、レーザー治療を併用することでシミや、 そばかすなどの色素沈着の改善にも有効です。 本来、健康な肌は約28日周期で生まれ変わります(ターンオーバー)が、年齢とともにこの周期が乱れ、肌表面に残った古い角質が溜まり、くすみ・毛穴の開きや黒ずみ・ニキビ・小じわなどの様々な肌トラブルの原因となってしまいます。 ケミカルピーリングを使用する薬剤は、肌のターンオーバーを活性化し、角質層同士の結びつきを弱める働きがあります。 古い角質が取り除かれた後に、新しい角層の生成が促されます。 ・サリチル酸マクロゴールとは サリチル酸マクロゴールは、 サリチル酸(角質溶解)と マクロゴール(酸が肌内部に浸透するのを予防する成分)を溶解したケミカルピーリングです。 もともとサリチル酸ピーリングはお肌への刺激を強く感じるものでしたが、マクロゴールの働きにより皮膚表面の汚れた古い角質や毛穴に詰まった角栓のみを取り除くことができるようになりました。 お肌のターンオーバーの正常化を促すことでシミやくすみ、 ニキビの予防改善にも効果的で、お肌のハリや潤いを保っているコラーゲンやエラスチンの生成を促して美しい肌を保ちます。 サリチル酸マクロゴールは 刺激が少なく角質除去の効果が高いケミカルピーリングです。 ケミカルピーリングの治療後はお肌はどのようになりますか? また、ダウンタイムはありますか? わずかにピリピリした感じやかゆみが残りますが徐々になくなります。 ケミカルピーリングはダウンタイムやお体への負担も少ない治療です。 ケミカルピーリングはどれくらいの頻度で治療できますか? 前回の治療から2週間以上間隔を空ければ再度受けることができます。 ケミカルピーリングは治療を複数回行うことにより徐々に効果があらわれる治療です。 効果には個人差がございます。 ケミカルピーリングでにきび跡の大きなクレーターは改善しますか? 症状によって異なりますが、ケミカルピーリングだけでは改善しない、効果が見込めない場合は他の治療方も取り入れたプランや内服薬の処方など医師の診察に基づき適切な治療法をご提案しております。 詳しくはカウンセリングの際に担当医師へご確認ください。 ケミカルピーリング詳細情報 治療時間 薬剤塗布時間約5分 通院 ピーリングは繰り返し行なうことにより、徐々に効果が出てくるので、次回の治療を希望される場合は2週間以上間隔を空けてください ハレ ほとんどありません 痛み ほとんどありません かゆみ 処置後はわずかなかゆみやピリピリした感じがありますが心配ありません。

次の

自宅でできるケミカルピーリング

沖縄 ケミカルピーリング

ケミカルピーリングについて、仕組みや施術について詳しく紹介していきます。 ケミカルピーリングの仕組みについて ケミカルピーリングは、通称ではフルーツ酸と呼ばれる薬剤を使用して、毛穴に詰まった皮脂を溶解するという仕組みの施術です。 気になる毛穴の黒ずみや角栓を取り除くために有効で、 皮膚のデコボコを滑らかにしてくれる効果もあります。 ケミカルピーリングで使用される薬剤には、グリコール酸や乳酸などのAHA(アルファハイドロキシ酸)、サリチル酸と呼ばれるBHA(ベータハイドロキシ酸)などがあります。 ニキビ跡を目立たなくさせるために、TCA(トリクロロ酢酸)が使用されることもあります。 ピーリング自体はエステやセルフケアで行われることもありますが、ケミカルピーリングは医薬品を用いる施術のため、ケミカルという名が付いています。 特にTCAなどは、医療機関のみで使用が認められている医薬品です。 ケミカルピーリングは、ニキビやニキビ跡、シミ、ソバカス、小じわ、色素沈着、乾燥など、幅広い肌トラブルの改善に向いています。 顔だけでなく、全身に施せるのも、ケミカルピーリングの特徴です。 ケミカルピーリングの施術の流れ ケミカルピーリングの施術の仕方はクリニックによって異なりますが、ここでは一般的な施術の流れを順番に説明します。 カウンセリング まず医師が患者さんの肌質や肌の状態をチェックし、その上でケミカルピーリングに使用する 酸の濃度や施術時間などを決定します。 患者さんひとりひとりの肌質に合わせたオーダーメイドのピーリングを行うことで、施術後の肌トラブルリスクを軽減するのが目的です。 カウンセリングではケミカルピーリングを行うことでどんな変化が期待できるか、施術の流れやアフターケアなどについても詳しく説明してもらえます。 わからないことがあれば遠慮せずにどんどん質問しましょう。 クレンジング メイクをしていたり、皮脂汚れが残っていたりするとピーリング剤の浸透率が悪くなってしまいます。 事前にクレンジングをして、肌をまっさらな状態に戻してから施術を行います。 ピーリング剤を塗布する 肌質や肌の状態に合った濃度のピーリング剤を塗布します。 事前にドクターが診察してひとりひとりに適したピーリング剤を選んでいるので強い痛みを感じる可能性は低いですが、気になる症状があったらその場で申し出ましょう。 中和する 20分ほど放置した後、中和剤を顔全体に塗り、ケミカルピーリングの反応をストップさせます。 この中和剤は酸性に傾いた肌を元に戻す役割も担っています。 拭き取り 数分後、中和剤と一緒にピーリング剤をやさしく拭き取ります。 クリニックによっては拭き取り後、洗顔をして薬剤を洗い流します。 メイクをして帰宅 肌の状態をチェックし、OKが出たらメイクをして帰宅します。 もし肌の状態が敏感になっている場合はメイクは避け、 そのまま帰宅するよう指示されるので従いましょう。 アフターケア もし施術後に気になる点があれば、クリニックに申し出ることでアフターケアを受けられます。 ケミカルピーリングはデリケートな施術なので、気になる症状が出たら自己判断せず、電話などで問い合わせるとよいでしょう。 以上がケミカルピーリングの主な流れですが、クリニックによっては拭き取り後にイオン導入やパック、保湿などを行うところもあります。 ケミカルピーリング後は有用成分が肌に浸透しやすくなっているため、肌の状態や悩みに合わせてビタミンC誘導体やプラセンタ、成長因子などの成分を取り入れてみるのもおすすめです。 ケミカルピーリングと同時に行えるスキンケアメニューはクリニックによって異なるので、希望があれば事前にクリニックに尋ねてみましょう。 本来であれば 長い時間がかかるニキビ跡やニキビの治療を短期間で行うことができます。 沖縄マリアクリニックにおけるケミカルピーリングは1回で8,640円ですが、5回セットで38,800円となっています。 また沖縄マリアクリニックは、脱毛でも有名で、すでに5,000症例がある人気のクリニックです。 全身脱毛が月々3,400円(60回払い)で受ける事が出来て、初診料、再診料、カウンセリングは0円。 万が一肌トラブルが起きた際の追加治療とお薬代も無料です。 3,000円〜5,000円のお試しプランもありますので、興味がある方はこのプランからスタートする事をおすすめします。 各施術プランの特徴 沖縄県は他の地域に比べるとシミで悩んでいる人が多い事が特徴です。 また水質や食文化といったものが関係して、皮膚の破壊が進みやすくなっています。 そんな肌トラブルに対して、当山美容形成外科のケミカルピーリングがとても効果的です。 ケミカルピーリングの他に、パールレーザー、リジェネーションといった治療法でお肌改善、シミ、くすみ、毛穴、小じわを綺麗にします。 また、たるみや引き締め、リフトアップの施術も行っていますので、どんなジャンルのお悩みも気軽に相談してみて下さい。 cscnaha. 角質の浅い部分に対して作用するピーリングで、刺激も非常に少なく肌にかかる負担も小さい事が特徴です。 お肌が敏感な方に特におすすめです。 BHAサリチル酸ピーリングも浅い層に作用するピーリングなので、ニキビに対して非常に高い効果を期待することができます。 1週間から2週間程度で治療することができ、ダウンタイムも一切必要なく、すぐに普段の生活をおくることができます。 元々ケミカルピーリングは、肌のターンオーバーを正常化させる事が目的ですので、日常的な肌トラブルが改善される効果が期待出来ます。 最新の美容医療を提供しているクリアスキンクリニック那覇では、脂肪吸引やわきが・多汗症、バストアップなども得意としています。 ケミカルピーリング以外でも総合的に見てくれる美容クリニックですのでお気軽にご相談下さい。

次の

ケミカルピーリング|美容皮膚科なら湘南美容クリニック【公式】

沖縄 ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは ケミカルピーリングとは、 角質をはがれやすくしたり毛穴の中に詰まった老廃物を取り除いたりする お肌のトリートメントです。 軽度の炎症反応を起こして皮膚の再生を行う働きを促します。 また、お肌の本来の美しさを引き出します。 ケミカルピーリングには、 水に近い成分であるグリコール酸や乳酸、フルーツ酸、それから 皮脂に近い性質をもつサリチル酸などのピーリング薬剤を使うことが一般的です。 ケミカルピーリングでは、『肌質の改善』や『アクネ菌の殺菌』『メラニンの排出』『新陳代謝の促進』『コラーゲンやエラスチンなどを増やす働き』などを促すことが期待できます。 その結果、 にきびや小じわ、くすみ、過剰皮脂などに効果が期待できると言われています。 ケミカルピーリングをやりすぎた時のお肌の状態 肌にさまざまな効果を生み出すケミカルピーリングですが、 やりすぎてしまうと逆に悪影響をもたらしてしまいます。 ケミカルピーリングをやりすぎたときのお肌の症状を3つご紹介します。 お肌が荒れ、極度の乾燥状態になる ケミカルピーリングをやりすぎた時に出る症状の1つ目が、 極度の乾燥状態になってしまうことです。 ケミカルピーリングをやりすぎると、新陳代謝が促進されすぎてしまいます。 その結果、 本来除去する必要がない水分を保つ層まで薄くしてしまうのです。 そして、極度の乾燥状態になってしまいます。 皮膚が炎症を起こしやすくなる状態になる 2つ目は、 お肌が炎症を引き起こしやすくなることです。 ケミカルピーリングをやりすぎてしまうと ターンオーバーが早くなりすぎてしまい、角質層が薄くなりすぎてしまいます。 その結果、皮膚が炎症を起こしてしまうリスクが高くなります。 また、バリア機能が低下して紫外線の影響を受けやすくなったり、炎症によって生じた赤みが色素沈着を引き起こしてシミとして残ってしまったりすることが考えられます。 ビニール肌を引き起こした状態になる ケミカルピーリングをやりすぎたときにお肌にでる症状の3つ目は、 ビニール肌になってしまうことです。 ビニール肌とは、角質をはがし過ぎてしまいビニールのようにテカテカしているお肌のことです。 『艶』が出た綺麗な肌にも見えるので、勘違いしてしまうこともあります。 しかし、お肌が乾燥を防ごうと過剰な皮脂をつくりだしてしまい、炎症を引き起こしたり皮脂によってニキビができてしまったりする危険な状態です。 ビニール肌になると、 洗顔後でもテカテカしたり乾燥により化粧水をつけるとヒリヒリしたり化粧ノリが悪くなったり傷跡が治りにくくなったりするようになります。 「ケミカルピーリングの効果がでてきた。 」と勘違いする方が多いので注意しましょう。 ケミカルピーリングをやりすぎてしまった場合の対処法 続いて、ケミカルピーリングをやりすぎてしまった場合の4つの対処法をご紹介します。 洗顔を優しくおこなうこと ケミカルピーリングをやりすぎてしまった場合、肌のバリア機能が低下して炎症が起こりやすくなっています。 そのため、お肌が刺激に対して敏感になっています。 もしも洗顔を行う場合、 こすり過ぎないことが大切です。 また、 ピーリング効果のある石鹸は使わないようにしましょう。 低刺激の石鹸をしっかり泡立て、泡で洗うような感覚で洗顔してください。 やりすぎてあまりにひどい場合は、お風呂に入ってぬるま湯で流すように洗顔し、様子を見ることが大切です。 しっかりと保湿すること 角質を除去しすぎてしまっている状態やビニール肌になってしまっている状態のときは、お肌が極度に乾燥しています。 そのため、 しっかりと保湿をしましょう。 やりすぎて乾燥肌になってしまった場合は、ニキビができやすくなってしまいニキビ跡ができてしまったり、シミができてしまったりする状態になっています。 化粧水をたっぷりふくませたコットンで優しくパッティングしてください。 保湿効果のある化粧水がおすすめです。 また、それでも乾燥が気になる時には、保湿クリームや保湿オイル、ワセリンを使うことをおすすめします。 普段ニキビ肌や脂性肌が気になる方は、抵抗があるかもしれません。 しかし、やりすぎの状態はかえってニキビを引き起こしてニキビによってできるニキビ跡ができやすくなってしまいます。 しっかりと保湿ケアを行いましょう。 毛穴パックやお化粧、ピーリングを控えること ケミカルピーリングをやりすぎてしまった場合、 毛穴パックやお化粧、ケミカルピーリングは控えましょう。 ケミカルピーリングをやりすぎてしまったお肌は敏感になっています。 そのため、毛穴パックやお化粧など刺激になるものは控えましょう。 また、乾燥したお肌やケミカルピーリングして間もないお肌に更にケミカルピーリングをすることは、やりすぎになってしまい、大変危険です。 角層をますますはがし過ぎてしまい、ますます乾燥肌になってしまいます。 やりすぎは、絶対にやめましょう。 皮膚科を受診すること どうしてもセルフケアで対処できない場合は、 皮膚科を受診しましょう。 お肌のプロである皮膚科の医師は、自分に合った対処法や解決策を提案してくれます。 また、やりすぎであまりにひどい場合、お薬や軟膏など状態にあったものを処方してくれます。 また、ケミカルピーリングを行う際にはやりすぎを防ぐために皮膚科で行うことがおすすめです。 自分にあった薬剤を自分にあった濃度に調整してケミカルピーリングを行ってくれますので、不安な方は、美容外科やクリニックを受診しましょう。 ケミカルピーリング後のケア方法も伝授してもらえます。 ケミカルピーリングを受けるときの効果的な頻度・間隔は? ケミカルピーリングは、 やりすぎてしまうと大変危険です。 ケミカルピーリングは、やりすぎを防ぐために、 1週間から2週間に1回の頻度がもっともおすすめです。 クリニックで行う場合、医師の監修のもと強めの薬剤をもちいることで、4週間に1回の頻度で効果が期待できることもあります。 そのため、セルフピーリングやエステサロンで行う場合は1週間から2週間の頻度、クリニックで行う場合は医師のおすすめする頻度でおこなうことをおすすめします。 多忙な方は、その旨を医師に伝えることで最も自分にあった頻度を教えてもらえます。 また、ある程度お肌が慣れてきたら2か月に1回や3か月に1回の頻度でも十分なことが多いです。 そのため、お肌の様子を見て頻度の調整することをおすすめします。 やりすぎは禁物です。 セルフピーリングとエステサロンと美容皮膚科と一般皮膚科 最近ではケミカルピーリングが身近になり、セルフピーリングやエステサロンのケミカルピーリング、美容皮膚科のケミカルピーリング、一般皮膚科のケミカルピーリングなど選択肢が増えました。 では 「どれを選べばいいのか?」と感じる方も多いでしょう。 おすすめは、 美容皮膚科で行うことです。 セルフピーリングのメリットは、安くケミカルピーリングができるということです。 しかし「せっかく買ったのに効果がでなかった」「やりすぎてお肌を傷めてしまった」などといった声が多いように、デメリットも多いです。 デメリットの多くは、効果が出ないことやお肌を傷めてしまうこと、お肌のダメージが強く結局皮膚科代や保湿代がかかってしまうことなどです。 安くできる反面、デメリットが大きいことが特徴としてあげられます。 続いて、エステサロンでのケミカルピーリングについてです。 エステサロンには医師がいないため、濃度が薄い薬剤を使うことが多いです。 クリニックよりも安くできるサロンも多く、手軽なことがメリットです。 しかし、効果がでないこと、医師の監修のもとではないので皮膚の剥離といった点で危険な可能性が高くなることが考えられます。 また、エステサロンは継続での契約も多いことが現状です。 結果、効果がでないにもかかわらず通い続けるはめになったり、お肌にトラブルが出たにも関わらず「好転反応だから大丈夫」といわれてしまい通い続けたりする方も多いです。 そのため、あまりおすすめできません。 最後に、美容皮膚科と一般皮膚科です。 どちらも保険適用外の施術になるため費用に関しては同じくらいです。 では「どちらがいいの?」と思いますよね。 美容皮膚科では、美容皮膚科分野の知識や技術が高い医師が多く、症例数も多いため、美容皮膚科でのピーリングがおすすめです。 美容面で大きな効果が期待できること、数々の実績がありケミカルピーリングに慣れていること、接遇やプライバシー配慮に特に力を入れていることが理由としてあげられます。 長く通うことを考えると、美容に特化したクリニックの方が高い満足度を得られるのではないでしょうか。 クリニックの選び方 続いて、クリニックの選び方についてです。 クリニックを選ぶときには、必ず いくつかのクリニックでカウンセリングを受けましょう。 ケミカルピーリングは、長く通うことが前提になります。 そのため、 クリニックの通いやすさやクリニックの雰囲気も重要です。 そして、 効果に関してのリサーチも大切です。 担当する医師の症例数や口コミ、評判、勤続年数、皮膚の治療に関する実績、学会の発表などを事前にリサーチすることを心がけましょう。 また、当日は、 医師のカウンセリングがあるかどうか、カウンセラーのカウンセリングがメインになっていないか、はじめから数回のコースをごり押ししてくるようなクリニックではないか、パッチテストをしっかり行い自分の体質を確認してくれるクリニックかどうか、使用する薬剤や薬剤の濃度、イオン導入の有無になどについて詳しい説明があるかどうか、混雑している人気のクリニックかどうかなどをしっかりチェックしてください。 チェックポイントをあらかじめ用意して 複数のクリニックを比較することをおすすめします。 自分にあったクリニック探しをしてくださいね。 まずはカウンセリングを! エステサロンや美容皮膚科、一般皮膚科でケミカルピーリングを行う場合、まずは カウンセリングを念入りにしてもらいましょう。 カウンセリングでは、医師や看護師、スタッフが一丸となってお悩みに対する解決策や対処法を考えてくれます。 自分にあった満足度の高いピーリングを受けられるよう、カウンセリングはしっかりと受けてくださいね。 ケミカルピーリングで今よりもっと綺麗なお肌を手に入れましょう。

次の