生ごみ処理機 メリット。 キッチンに置く人増加中。エコで清潔!『生ゴミ処理機』の正しい選び方

生ごみ処理機で堆肥を作る方法やメリットとは?

生ごみ処理機 メリット

生ごみを家庭で処理する方法としてはコンポストなどが代表的です。 しかしコンポストは処理に時間がかかる事、臭いが発生する事、屋外に設置する必要があることなど制約があります。 この問題を生ごみ処理機は、処理工程を乾燥、分解等の方法で加速させることで、家庭でお手軽に生ごみを処理できるようにした家電です。 生ごみ処理機のメリットとしては衛生向上や生ごみが発する不快な臭い対策、屋内設置が可能、処理した生ごみは家庭菜園用の土として利用が挙げられます。 一方生ごみ処理機のデメリットとしては初期費用が高い、スペースを取る事、動作音、電気代の発生などが挙げられます。 ですので、ご自宅にコンポストを設置できる大きなスペースがある方は費用の安いコンポストをおすすめします。 都会などで住宅スペースが限られたり、屋内で処理をしたい方には生ごみ処理機がおすすめです。 本記事では生ごみ処理機を選ぶポイント、おすすめの生ごみ処理機3つを紹介していきます。 生ごみ処理機を選ぶポイント ・処理形式 乾燥式とバイオ式があります。 乾燥式はヒーターで生ごみの水分を飛ばし、減量化します。 短時間で処理が終わるのがメリットですが、その分電気代が高くなります。 バイオ式は微生物を用いて生ごみを分解します。 分解により堆肥ができるので家庭菜園を行っている方には向いています。 一方でバイオチップの交換などのコスト・手間が生じます。 ・消費電力 前述の処理形式が乾燥式の場合、電気代が400~1000円/月かかります。 バイオ式は乾燥式の1/10程の電気代に抑えることができます。 ・最大処理量 一回に処理できる生ごみ量です。 乾燥式は処理時間が短く1日に3~4サイクル回せるため、1日当たり約8kgの生ごみを処理できます。 一方バイオ式は処理に時間がかかり、1日1サイクルほどになるため、1日当たり1. 5kgの生ごみしか処理できません。 ・サイズ 生ごみ処理機のサイズは機種によって大小様々あります。 キッチンスペースを考慮したうえで購入する機種を選ぶと使いやすさが増すこと間違いなしです。 0 1. 5 2. 0 38. 0 28. 0 消費電力 W 800 60 500 価格 円 64200 110000 61380 おすすめの生ごみ処理機は表に示した3つです。 全体的に見ますと乾燥式はお値段が安いですが、電気代が高い。 一方バイオ式はお値段が高いですが、電気代は安いです。 あとはメーカーがパナソニック、伝然は日本企業、Food Cyclerはカナダ企業という違いがあります。 これらの情報を参考に是非ご家庭にあった生ごみ処理機をチョイスしてみて下さい。 H-9177 (パナソニック).

次の

【おすすめ家電】生ごみ処理機の選び方 おすすめの機種3選!

生ごみ処理機 メリット

生ごみ処理機とは 生ゴミ処理機は大きく分けて「 バイオ式」と「 乾燥式」の二種類があります。 バイオ式は微生物に適した環境を作り、微生物が有機物を酸化分解し堆肥を作って生ゴミを処理します。 主に備えている機能は保温と加熱、攪拌と送気、脱臭装置、水分調節機能です。 これらの機能によって処理機内の環境を整え、微生物を活発にさせ、生ゴミを堆肥へと作り変えます。 電気を使う乾燥機とランニングコストが安いのも特徴の一つです。 一方、乾燥式は温風等による加熱処理によって生ゴミ中の水分を蒸発させ、原料化と微生物の不活性化によって衛生化を行います。 主に備えている機能は乾燥機能、攪拌・破砕機能、脱臭機能です。 乾燥式では電気を使い機械的に処理するため、室内に設置でき、比較的コンパクトな物が多いです。 また、臭いも少なく手間もかからないのが特徴です。 生ごみ処理機 機能比較 乾燥式のメリット・デメリット 乾燥式は室内に設置でき、バイオ式より比較的コンパクトで匂いも少ないので室内に設置することができます。 また電気で機械的に蒸発を行うためバイオ式のようにチップを交換するなどの微生物の生育環境を整える必要がありません。 また短時間での乾燥が可能です。 バイオ式は屋外設置が多く、また、温度を要求するため寒冷地などでは使用が難しいのですが、乾燥式ではその心配がなく使う地域を選ばないのも魅力の一つです。 もちろんデメリットもあり乾燥式は電気代がかかります。 メーカーが謳う時間では乾燥が終わることはまずないそうで、宣伝されている電気代よりも多くかかることが予想されます。 また乾燥化されたところで堆肥となるわけではないため、処理された生ゴミは可燃ゴミと一緒に捨てることになります。 バイオ式のメリット・デメリット バイオ式では堆肥を作ることができるのが最大の利点ではないでしょうか。 もともと生ごみ処理機は社会で問題になっているごみの問題を解決すべく生まれた背景があります。 堆肥にすることで家庭菜園に再利用すればよりエコ意識が高まるのではないしょうか。 ランニングコストも安く微生物の力を借りて分解を行うため電気代もかかりません。 自分の家から生まれた堆肥でお花や野菜を育てられるのも生ごみ処理機の魅力の一つです。 良いことばかりに見えるバイオ式ですがデメリットもあります。 バイオ式では微生物を利用するため投入できる生ゴミを選びます。 微生物が分解できない硬い生ゴミや、微生物に悪影響を与える刺激物などは投入することができません。 またチップの交換などの手間がかかります。 さらに乾燥式に比べて生ゴミが堆肥に変わる際、独特の匂いが発生するため屋外に設置することが多いです。 寒冷地では設置ができないのもデメリットの一つとなります。 国も購入を推奨!補助金制度について 近年聞くことが増えた生ゴミ処理機ですが、その背景には社会のゴミ問題を見据えた自治体の動きがあります。 各自治体で回収されるごみの総量は年々増加しており、水分を含んだ生ゴミの輸送・焼却コストが大きく排出源である各家庭に生ゴミを処理する術として生ごみ処理機の設置を推奨していることが普及の後押しをしています。 自治体によっては家庭用の電気生ゴミ処理機を購入する際、助成金を出る場合があり、自治体によっては2万円以上、3万円未満などの助成金が出るところが多いようです。 生ゴミ処理機は値段もそれなりで手を伸ばしにくい人も多いのでは?ですので助成金の話は購入を考える人にとって助かる話ですね。 簡単に申請の仕方を紹介いたします。 まず商品を購入します。 必要書類(振込先口座番号がわかるもの、印鑑、生ごみ処理機の保証書、電気店の領収書(レシート)など)を持って市役所の窓口へ。 申請書を記入し、書類を添えて提出します。 (申請書は役場の環境部ごみ対策課などにあります)• 助成金が指定口座に振り込まれます。 もし利用される方がいましたら申請のタイミングや助成金の上限など各自治体によって異なるため、事前にインターネットなどで検索してから申請をしてください。 生ごみ処理機 おすすめ10選 乾燥式5選 Panasonic パナソニック 家庭用生ゴミ処理機 温風乾燥式6L MS-N53-S Amazon 「生ごみ処理機」カテゴリーランキング第一位 パナソニックのベストセラー品。 生ごみを7分の1に減らすことができ、また処理している最中でも追加で投入することができます。 また温風で乾燥するので減容化と同時に処理中の匂いも約99%カットすることができ、バイオチップ等も必要ないためお手入れがとても簡単です。 コンパクトサイズでゴミ箱と同じ感覚で設置できるのも魅力ですね。 大量の生ゴミが一握りのカサカサした物に変わるのを見て感激しました!これで台所の嫌な臭いから解放されます。 2度目の購入。 酷使して7年耐えたのでコスパは良かったと思う。 とにかく夏場の生ゴミ処理での不快感を軽減する効果は計り知れない。 島産業 家庭用屋内型生ごみ処理機(乾燥式)【パリパリキューブ】 処理中のいやなニオイを活性炭を使った脱臭フィルムで漏らさず処理。 また付属のバスケットを三角コーナー代わりにシンクに設置できるため、手を汚さずに処理することができます。 またパリパリキューブには堅い骨や爪楊枝などが誤って混入しても、破砕する羽根がついていないため故障の心配がありません。 価格がお手頃、お手入れが簡単です 安かろう悪かろうではなく、安いですが、ちゃんとゴミを乾燥させて名前通りパリパリにしてくれます。 島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 【パリパリキューブ ライト】 サイズは電気ポットなみにコンパクト。 本体を流し場のどこにでも置けそうです。 破砕刃などを使わず温風だけで乾燥させるため、とても静か。 運転音は約36デシベル ささやき声が約30db で深夜でも使用できる静音性を備えています。 HITACHI 日立 キッチンマジック 家庭用生ごみ処理 回転刃と噛み合う固定刃を従来の1枚から2枚に増やした業界初の「ツインカッター方式」を採用。 破砕力を大幅に向上させ、パワフルかつスピーディーに生ゴミを処理する。 蓋が大きく開いて投入し易くキッチンに置いて直接ポイポイできる幸せを実感中。 ゴミ出し時の重さが違います。 もっと早く買えば良かった。 これなしの生活には戻れません(^^) REBRAN(リブラン)生ゴミ処理機&乾燥機 エアドライ 容器2個セット RBIII 画期的なエアドライで一ヶ月約124円とあまりかかりません。 シンプルな構造で容器の取り外しが簡単で掃除が楽、その上コンパクトに収納もできる軽くて、持ち運びも楽々です。 野菜を乾燥させてから冷凍保存できる! 燃えるゴミって少ないんだなぁと改めて思いました。 ちょっと場所はとる大きさと形ですが、今まで重たい生ゴミに悩まされていた事を考えると全然問題ありません バイオ式5選 家庭用バイオ式生ごみ処理機バイオクリーン BS-02 マンションのベランダで使用可能。 臭わず、生ごみの処理速度が早い。 業務用は給食センターや老人ホーム、動物園でも使用されています。 家庭から出る生ごみのほとんどを24時間以内に分解します。 設置も簡単でしたし、生ゴミもすぐ分解してくれますし非常に満足しております。 今年、購入した。 結果は満足。 これなら、使える。 家庭用電動バイオ式生ゴミ処理機 ゼロボックス 消費電力が小さく電気代が安い。 大きな投入口に生ゴミをぽいっと放り込むだけです。 フタをあけたら、攪拌・ヒーター・ファンが自動で停止するため使い勝手がよさそうですね。 これを買ってから燃えるゴミを出す量が減りました。 処理能力に驚きです。 株式会社サクラエコクリーン エコ美人 空気清浄機脳を備え、1日あたり1〜1. 5kgの生ゴミを処理し、本体の周りの空気を浄化・脱臭・除湿・殺菌する能力も持っています 分解力に優れた自然由来のバイオ材を使用しているため臭いがほとんどしません。 株式会社サクラエコクリーン バイオ式生ごみ処理機 優れた分解力。 ペットのフンも投入できて、臭わず分解できます。 バイオ材の全量取り替え不要で手間が省け、使えば使うほどに生ゴミの分解時間が早くなる不思議なバイオ材を使用しています。 エコ・クリーン自然にカエルS 電気不要で経済性を徹底追及。 特殊な攪拌機構で手動式なため電気代がかかりません。 生ゴミからいい土が作れます。 ただハンドルが少々重く、お年寄りにはきついかも。 生ゴミをポイしてくるくる回せばほとんど臭いがしません。 まとめ 夏場になりますと臭いが気になる生ゴミ。 あの臭いから解放されるとしたら、検討の余地があるのではないでしょうか。 捨てるにしても手を汚したくないし、ゴミ捨ての度に臭いで顔をしかめることを考えたらそれがなくなる生活というのも魅力的かもしれませんね。 今なら自治体から助成金もでるところも多いので、購入を検討している方はぜひ利用してみてくださいね。

次の

生ゴミ処理機の選び方とおすすめ6選!生ゴミ減らして臭いも解消

生ごみ処理機 メリット

うーたんです! 今人気が出ている 生ゴミ処理機 ですが、その中でも比較的安価で購入できる 乾燥式 の 生ゴミ処理機 を検証してみます。 乾燥式生ゴミ処理機は口コミを見ても良いのか悪いのかはっきりしないし、どの商品を選べば良いのかわからないですよね。 ただ、これだけははっきりしています。 一般的に普及している乾燥式の生ゴミ処理機は、 臭いや手間、音などの点で注意が必要です。 私うーたんは、 実際にハイブリット式の 生ゴミ処理機「ナクスル」を購入しました。 という事で今回は、この乾燥式の生ゴミ処理機のメリットやデメリットを中心に説明をします。 乾燥式の生ゴミ処理機は以下のような人におすすめです。 それなりのものを選びたい人• ニオイや音はあまり気にしない人• 比較的に安価で購入したい人 乾燥式の生ゴミ処理機は、価格が比較的安価であり、性能と価格のバランスが取れた生ごみ処理機です。 私はいつも、 生ゴミ処理機を購入するときは妥協しないことをおすすめしています。 なぜなら、せっかく購入したのに、処理中の臭いが気になってしまったり、取り扱いが面倒になり 使わなくなってしまう人がおおくいるからです。 わざわざお金を出して購入するのですから、 メリットと デメリットをしっかりと把握し、ご自分の生活や性格に合ったものを選ぶようにしてください。 乾燥式の生ゴミ処理機のメリットは 乾燥式生ゴミ処理機のデメリットは次のようなものが考えられます。 臭いが出やすい• 操作が少し面倒• 処理に時間がかかる• 稼働時に音が出る• 電気代が結構かかる 生ゴミ処理機を購入する方はの多くは• 生ゴミのイヤな臭いをなくしたい• 三角コーナーの生ゴミを触りたくない• 生ゴミを捨てる回数を減らしたい などの理由や期待をもって購入を考えます。 購入して満足している人もいる一方で、口コミなどを見てみると、不満に感じておられる方もいるのが事実です。 特に価格を優先して購入された方からの後悔の便が多いようです。 ですので、 価格が安いという理由で買うことは絶対におすすめしません。 しかし、脱臭機能が不十分だったり、熱を加えていることにより商品によっては、下記のような問題もあります。 生ゴミの臭いや焦げるニオイ• 生ゴミの臭いが広がってくる あくまでも乾燥処理なので、処理過程においては臭いが出たりしますし、完全に臭いがなくなるわけではないため注意が必要です。 投入する生ゴミの水分量が多い時は、既定時間内に処理が終わらないことがあります。 通常の場合、処理には数時間かかるので、寝る前にセットして、翌朝には完了しているはずが終わっていなく、きつい臭いを発することもあります。 中には、1〜2週間ほど貯めておけるものもありますが、毎回取り出しが必要で、取り出した後に容器を洗う必要のあるものもあります。 「生ゴミリサイクラー」は処理時間をセットをして、処理できているか確認し、溜まったら捨てる手間があります。 「パリパリキューブライト」は容器を洗わないと不衛生なので、毎日容器を洗う必要があります。 処理中に追加して生ゴミを投入することは出来ませんので、処理中に新たに生ゴミが出た場合は、処理中のものが終わった後に再度処理をすることになります。 商品によって投入できる生ゴミの量や水分量にもよりますが、完全に水分がなくなっていないと、臭いの原因になるため注意が必要です。 以下に、生ごみリサイクラーとパリパリキュウーブライトの乾燥時間目安をの出してみました。 キッチンがリビングなどと離れていたり、扉を完全に閉められるお家なででは気にならないかもしれませんが、処理時間も結構長いので、音は結構気になります。 毎日利用なのか、毎食使用するのか、など使用頻度によっても変わってきます。 当然ですが、同じ乾燥式でも製品によって変わります。 基本的にバイオ式やハイブリッド式に比べると高くなり、月に1000円以上かかります。 その他 生ゴミを処理した後に堆肥や有機肥料として使いたい方が多いようです。 ですが、乾燥式の生ごみ処理機で処理した生ゴミは、水分がなくなっただけの状態なので その状態のままでは使えません。 堆肥として使うためには、再度水分を含ませ数週間から数ヶ月時間を置いて発酵させる必要があります。 そのため、すぐには肥料として再利用はできません。 生ごみ処理機の種類と選ぶ時のポイント ここでは、生ごみ処理機を選ぶ際に必要となる 種類や 選択ポイントをお伝えします。 生ゴミ処理機の種類 生ゴミ処理機は乾燥式含め4つに分類できます。 それぞれの特徴を以下にまとめてみました。 乾燥式 生ゴミの水分を熱や温風で蒸発させ、乾燥処理します。 水分がなくなるため、雑菌の繁殖を抑えられ、臭いの発生を防ぎます。 バイオ式 生ゴミを微生物で分解処理します。 電動で自動で中身がかき混ぜられるので、毎日のお手入れは必要ありませんは、屋外にしか設置することができません。 処理後は堆肥として使用できます。 ハイブリッド式 乾燥式とバイオ式の両方の良い点を上手く取り入れたものになります。 乾燥させながら微生物で処理するためニオイが出にくく、脱臭装置も優れています。 コンポスト 微生物で分解し、堆肥を作ることに使用されます。 土に存在する微生物や、EM菌などの菌をふりかけ、発酵を促進させます。 かき混ぜたり、ニオイが出ないようにお手入れに手間がかかります。 生ゴミ処理機を選ぶ時のポイント 生ゴミ処理機を購入してから後悔しないために、デメリットをよく確認し、下記の4つのポイントに注意して選ぶようにしましょう。 臭いがでないこと• 手間がかからないこと(面倒でない)• 稼働時に音が出ないこと• 置く予定の場所にサイズが合うか 特に、「臭いがでないこと」「手間がかからないこと」は 使わなくなってしまう大きな理由ですので絶対に抑えておきたいポイントです。 あなたにピッタリな生ごみ処理機をフローチャートでチェック 自分に合った生ゴミ処理機を見つけるための簡単なチャートを作ってみました。 生ゴミ処理機は大きく下記の4つに分類され、それぞれおすすめな人は違います。 バイオ式・・・堆肥を手間をかけずに作りたい人• 乾燥式・・・室内で生ゴミの処理をしたい人• ハイブリッド式・・・室内、室外で快適に生ゴミのニオイを無くしたい人• コンポスト・・・手間をかけて堆肥を作るのが楽しい人 基本的な分類とフローチャトを参考に、ご自分の考える用途や必要性によって、生ゴミ処理機の選んでください。 私は、快適さ・臭いの点で、 ハイブリッド式の生ゴミ処理機をおすすめします。 ハイブリット式で評判の生ゴミ処理機「ナクスル」 ハイブリット式生ゴミ処理機でイチオシなのが です。 処理方式:ハイブリッド式 電動タイプ• 電力:60W• 設置場所:室内用 屋外も可 は、 価格は高めですが、 室内用で臭いも出ず、 手間がかからないので、 快適に使いたい人におすすめの商品です。 中身がなかなか増えないので、頻繁にゴミを取り出す必要はありません。 処理済みのゴミを取り出すのは標準的なご家庭で半年~1年に一度です。 初期コストは高くなりますが、電気代が安いので、長期的に考えると乾燥式と大差がなくなります。 サイズは少し大きいですが室内に置けるサイズですし、臭いや面倒なことがない点を踏まえても「ナクスル」がおすすめです。 街の電気屋さんなどで売られている物は、この乾燥式がほとんです。 値段がアンケであるメリットはありますが、性能的な問題や臭いに対するデメリットもあります。 生ゴミを処理する点では問題なくつかえますが、生ゴミの処理は毎日のことですので快適性も十分に考慮する必要があると私はお伝えします。 これから、生ゴミ処理機を購入しよと検討中の方は今回のこの記事をじっくりとご覧になり参考にしてください。 安価になってきたと言っても、お金を出して買うのものですから、後悔のないように十分に吟味されてください。

次の