サーチ 映画。 search/サーチ

映画『Search/サーチ』は、奇抜な“インターネット映画”では終わっていない:『WIRED』US版レヴュー

サーチ 映画

監督は ()、主演はが務めた。 本作はストーリーの全てがパソコンの画面上で展開されるという異色の作品である。 なお、本作はチャガンティの映画監督デビュー作でもある。 ストーリー [ ] デビッド・キムは在りし日の家族の姿を収めたホームビデオをパソコンの画面上で鑑賞していた。 妻のパメラが癌で亡くなってからというもの、デビッドと娘のマーゴットとの関係は疎遠になる一方であった。 ある日、マーゴットは勉強会に参加するために外泊すると言ってきた。 翌朝、デビッドは自分の就寝中にマーゴットが3回も電話をかけてきていたことに気がつく。 マーゴットが帰宅した形跡はなかったが、デビッドは娘がいつも通り登校してピアノのレッスンに行ったものと思いこんでしまった。 ところが、ピアノ教室に連絡を入れると、マーゴットは半年前に勝手に退会しているという。 不安に思ったデビッドは弟のピーターに相談するが、「マーゴットくらいの年頃なら親に告げずにフラっと遠出してもおかしくない」と言われる。 娘の交友関係を知らなかったデビッドは、妻の遺したアドレスをもとにマーゴットの幼なじみの家に連絡を入れ、彼らがキャンプの企画を立てていたことを知った。 一旦は安堵するデビッドだったが、翌日、マーゴットは待ち合わせ場所に来なかったと知らされる。 ここに至って、デビッドは娘の失踪を警察に届け出た。 警察が捜査している間に、デビッドはマーゴットのメールアカウントにログインすることに成功した。 デビッドは娘の友達から情報を得ようとするが、その中にマーゴットと本当に親しい友人は一人もいなかった。 また、デビッドがピアノ教室の月謝として渡していたお金は、マーゴットの銀行口座に貯蓄され、失踪直前にを通じて謎のアカウントに送金されていた。 娘のことを何一つ把握できていなかった事実を突きつけられデビッドは消沈する。 捜査を担当するヴィック刑事は、自身の体験を話してデビッドを慰める。 その後、デビッドはマーゴットのアカウントを突きとめ、娘が謎のユーザーと頻繁に会話しているのを発見した。 しかしヴィック刑事は、調査の結果そのユーザーは無関係だったと言う。 YouCastの映像とマーゴットのの投稿を照らし合わせたデビッドは、彼女がしばしばバルボッサ湖を訪れていることに気がついた。 湖はマーゴットの車が最後に目撃された高速道路の先にあった。 湖に急行したデビッドは、マーゴットのキーホルダーを発見する。 ただちに警察がバルボッサ湖に派遣されたが、マーゴットの姿はどこにもなく、彼女の車と2500ドルが発見されただけだった。 事件は大々的なニュースになり、捜索隊が連日湖の周辺を捜索するが、手がかりはつかめない。 デビッドは、マーゴットの居場所を知るとSNS上で吹聴していた若者を直接問い詰めに行ったことが原因で捜査から締め出されてしまうが、自力で娘の捜索を続けることにした。 しばらくして、デビッドは事件現場の写真にピーターのジャケットが映りこんでいることに気がついた。 マーゴットとピーターの不審な会話の履歴を発見したデビッドは、弟が事件に関与していると考え、すぐさま彼の家を訪ねる。 しかしピーターは、マーゴットとを吸っていただけで事件とは無関係だった。 ピーターは、マーゴットが母を思い出すピアノをやめたがっていたこと、父親は母の話を避けるばかりで自分と向き合ってくれないとこぼしていたことを明かす。 2人の言い争いの最中、ヴィック刑事から何度も連絡が入っていた。 ようやく応答したデビッドのもとに、衝撃の一報がもたらされる。 事件の真犯人が自白したのだという。 デビッド・キム - ( )• ローズマリー・ヴィック刑事 - ()• マーゴット・キム - ミシェル・ラー()• パメラ・ナム・キム - サラ・ソーン• ピーター・キム - ジョセフ・リー()• ロバート・ヴィック - スティーヴン・マイケル・アイク• ランディ・カートフ - リック・サラビア• ラジオ番組の司会者 - () 公開 [ ] 2018年1月21日、本作はでプレミア上映された。 22日、ソニー・ピクチャーズが本作の配給権を獲得したと報じられた。 当初、本作は2018年8月3日に全米公開される予定だったが、後に公開日は同年8月24日に延期された。 本作が公開される1週間前、主要キャストをアジア系俳優のみで固めた映画『』が大ヒットを記録した。 それは長らくを続けてきたハリウッドに大きな衝撃を与えるものであった。 本作の主演俳優、ジョン・チョーもアジア系であるため、同作の主演俳優であると監督はその盛り上がりを本作にも波及させるべく、本作の無料上映会を主催した。 2018年8月24日、本作は全米9館で限定公開され、公開初週末に38万8769ドル(1館当たり4万3197ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場22位となった。 31日には公開規模が1207館にまで拡大され、週末に602万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング4位となった。 評価 [ ] 本作は批評家から絶賛されている。 4点となっている。 」となっている。 なお、本作の ()はAとなっている。 本作はサンダンス映画祭で観客賞次点となった。 出典 [ ]• 2018年9月3日閲覧。 Jeff Yang 2018年9月4日. Quartzy. 2018年12月2日閲覧。 2019年1月11日閲覧。 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p. 2019年1月11日閲覧。 映画ナタリー 2019年1月11日. 2019年1月11日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 2018年9月5日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 関連項目 [ ]• - のの映画。 本作と同様にパソコンの画面上で物語が展開する。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語).

次の

『search/サーチ』ネタバレあらすじ解説と感想 映画に隠された秘密とは?

サーチ 映画

映画『search サーチ』は、10月26日より全国順次公開! SNS=ソーシャルネットワークサービスによる人と人の交流・交際、ネットショッピングによる買い物、ネットバンキングによる資産管理などなど、日常の総ては今やPCの画面上で進んでいると言って現在。 監督はこれが初監督となるインド系アメリカ人アニーシュ・チャガンティ。 Googleに招かれて二年間GoogleのCMを作ってきた才人が初監督作品から大きなインパクトを残しています。 『ナイトウォッチ』『デイウォッチ』『リンカーン秘密の書』のティムール・ベクマンベトフ監督がプロデューサーになっているのも注目! CONTENTS• 映画『search/サーチ』の作品情報 【公開】 2018年(アメリカ映画) 【原題】 Searching 【監督】 アニーシュ・チャガンティ 【キャスト】 ジョン・チョウ、デブラ・メッシング、ジョセフ・リー、ミシェル・ラー 【作品概要】 すべてパソコンの画面上を捉えた映像でストーリー展開が進行していくサスペンス・スリラー映画。 映画『search/サーチ』のキャラクターとキャスト デビッド・キム(ジョン・チョー) シングルファーザーとして娘のマーゴとを支える父親。 ヴィッグ(デブラ・メッシング) マーゴット失踪事件の担当となる女性捜査官。 ピーター(ジョセフ・リー) デビッドの弟、マリファナが止められない マーゴット(ミシェル・ラー) 突如として失踪した女子高生。 映画『search/サーチ』のあらすじ 愛する妻パムを3年前に癌で亡くしたデビッド。 今は16歳の高校生マーゴットのことが大地位の生活のシングルファーザーです。 ところがある週末、そのマーゴットが友人と、宿題をするので帰りが遅くなるというメッセージを残して忽然と姿を消します。 その真夜中にマーゴットの携帯電話から、2回デビッドの携帯電話に着信があったようですが、眠りこけていたデビッドは、それに気が付くことはありません。 翌朝、着信に気が付きデビッドは電話をかけなおしますが、マーゴットにはつながりません。 それ以降、マーゴットとは一切連絡がつかなくなってしまいます。 宿題を共にするのもチームを組まなくてはいけないからマーゴットが中に入っていただけでした。 昔からの幼馴染だと思っていた男子生徒の家に電話をすると、キャンプに行っているから電話も通じないのではと言われます。 しかし。 このキャンプへの誘いも形だけのもので、実際にはマーゴットは行っていませんでした。 そんな時デビッドは毎週のピアノレッスンの日だということに気が付き、ピアノ教室に連絡します。 すると、マーゴットは半年前に教室をやめていました。 そして、渡していたレッスン料の2000ドルを行方不明になった夜に、マーゴットは口座から全額おろしていました。 ここへきて、デビッドは警察に通報。 すると女性捜査官のヴィック刑事が担当捜査官としてやってきます。 ネット上のニュースを見ると、刑事は捜査官としても有能でさらに元犯罪者の更生などにも尽力している人でした。 直接、会って話をすると実はシングルマザーということで、デビッドは様々な面で信頼を置いていくようになります。 街中の防犯カメラをくまなく調べていくとマーゴットは、偽造免許で車を運転し待ちの外へ向かっていったことが分かりました。 マーゴットは果たしてどこへ行ってしまったのか。 そんななか、SNSのtumblerでマーゴットは1人になれる場所として、ある湖が何度も登場していることに気が付きます。 デビッドが地図で調べるとそれは防犯カメラの車の行った先にあることが分かりました。 デビッド、そしてヴィック刑事が現地に駆け付けるとそこにはマーゴットの持ち物が、さらに調べていくと湖底から車が発見されました。 マーゴットが行方不明になってから5日。 ヴィック、デビッドの弟はボランティアを募って周囲を捜索し始めますが、行方はようとして知れません。 そんな中、ある元犯罪者がマーゴットの殺害を自供した映像を残し、自死するという事件が起きます。 絶望的な状況になったデビッド。 ぼんやりとPCの前にたたずみますが…。 およそ100年前の1920年代に設定されたものなので、今の時代にはそぐわないモノも多くありますが、それでも少なくとも証拠は全て見ているものに披露されていなくていいとはならないのです。 偶然に発生したもの、発見したものによって事件が解決されてはならないということです。 読唇術や降霊術などの超常現象で事件が解決されてはならないなどなど、今の時代にも通じるものがあります。 もちろんこれを守らなくて名作となったミステリーの傑作はあります。 しかし、映画でもこれを完全にスルーしたうえで、誰もが納得せざるを得ない傑作もあります。 そんななか、本作『search サーチ』です。 本格ミステリー小説の読み方にメモを取りながらというのがありますが、さすがに映画館の暗がりでメモを取りながらというのは難しいと思いますが、 頭の中にメモを残しながら見ていってほしい映画です。 字幕もちゃんとそのあたりを心得ていて、必要な情報を我々に漏らさず教えてくれます。 犯人・動機・ラスト、その後にある真のラストまですべて根拠となる情報は提示されています。 あなたは見逃さず居られるでしょうか。 ハリウッドも無視できないアジアの存在 今、ハリウッドで大注目作品となっているのが二本でも間もなく公開の『クレイジーリッチ』。 メインキャストがすべてアジア系の俳優で固められている作品として、異例の大ヒットを記録している作品です。 しかもカンフーアクションもオタク要素もない作品で大ヒットを記録しているといいます。 これは ハリウッドにおけるアジア人映画の在り方の新しい形を示す一本です。 本作 『search サーチ』も主演が韓国出身のジョン・チョー、これに ジョセフ・リー、ミシェル・ラーなどなど、メインキャストは韓国系のアメリカ人が占めています。 ハリウッドの大型企画を進めるレジェンダリーピクチャーズが中国資本の傘下に入ったこともあってか、『ゴジラ』『キングコング髑髏島の巨神』というモンスターユニバース作品や「パシフィックリム」シリーズ、ドゥエイン・ジョンソンの『スカイスクレイパー』の舞台もアジア圏となっています。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でも 韓国が登場したりとハリウッド映画作品のアジアン圏での興行収入が占める割合(特に中国市場)が年々大きくなっていることもあって、ハリウッド映画も無視できない状況になりつつあります。 まとめ アジア圏やアジア人が旬といえば、日本でもサプライズヒットとなった、『MEG ザ・モンスター』でリー・ビンビンがヒロインを熱演しています。 韓国発のゾンビエクスプレス映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』のハリウッドリメイクをアジア系のジェームズ・ワンがプロデュースとなる話も出ています。 日本勢が一時期ほどの勢いがないのが寂しい話ですが、この流れはまだ止まりそうもありません。 そんなひとつに本格ミステリー作品『search サーチ』に注目ですよ! 初監督となるインド系アメリカ人アニーシュ・チャガンティ。 そして主演は韓国出身のジョン・チョー。 映画『search サーチ』は、10月26日より全国順次公開! お見逃しなく!.

次の

映画searchサーチ|動画フル無料視聴! SNSサスペンスを吹き替えや字幕版を見る

サーチ 映画

以下の記事もどうぞ あらすじ 16歳の娘が疾走してから、父親は彼女のノートパソコンを手がかりに娘を探し出そうとします。 まとめ デイビッドは娘のマーゴットがある夜から姿を見せていないことから捜索を依頼します。 探偵のローズマリーがこの事件の捜査に関与します。 デイビットはマーゴットのクラスメートに連絡を取りますが全く手がかりがありません。 デービットはウェブカメラのサイトよりマーゴットが行ったと思われる湖に向かいます。 彼はそこでマーゴットの持っていた鍵を見つけます。 マーゴットの車は湖の中から引き出されます。 デイビットは車の中から彼の兄弟ピーターの服が見つかったことから彼が今回の事件に関わっていると考えますが、実際には大麻を彼女にあげただけでした。 探偵のローズマリーはデイビッドに電話し、ランディという男が自殺する前にマーゴットを殺害しようとしていることを伝えます。 その後デイビッドはこの事件そのものがなにか不可解だと感じ始めます。 そしてローズマリーが今回の事件に自ら関わっていることを突き止め、彼女を問い詰めます。 ローズマリーは、実は彼女の息子ロバートがマーゴットに恋をしており、彼は湖までマーゴットまで追い彼女を脅します。 その後パニックになったロバートは母親ローズマリーに電話し事件の真相を隠そうとしたのでした。 その後マーゴットは無事デイビッドと再会を果たします。 彼女は身体的に全く問題がない状態でした。 めでたしめでたし。 以下の記事もどうぞ 更新:ネタバレを含む感想は以下からどうぞ。 完全ネタバレ あらすじ・結末含む その夜デイビッドが寝ている間にマーゴットから着信がありました。 デイビッドはマーゴットにゴミ出しについてメッセージを送ります。 数時間後彼女からの連絡がないことを不可解に思ったデイビッドは、終業後彼女に電話しますが繋がりません。 ピアノのレッスンに参加していると考えピアノ教師に連絡しますが、実はマーゴットは半年前にレッスンを終わらせていました。 マーゴットの所在がわからないデイビッドは不安になります。 デイビッドはパムの昔の連絡先からマーゴットのクラスメートに連絡を取ります。 彼はマーゴットの幼少期の友達アイザックの連絡先を見つけ、彼の母親に連絡を取ります。 母親はアイザックと彼の友人は山散策に向かったことを伝え、マーゴットも参加しているはずだと伝えます。 デイビットはアイザックと連絡を取ることができますが、マーゴットは参加していないことを知ります。 デイビッドは警察に連絡し、探偵のローズマリーが事件の担当になります。 彼女はマーゴットのすべての知り合いに最後に彼女を見たことがある人を探すように言います。 デイビッドはマーゴットのノートパソコンより彼女のSNSにアクセスしようとしますがプライベートの設定になっています。 彼はパムの昔のメールアドレスを使ってマーゴットのフェイスブックプロフィールにアクセスし、マーゴットのクラスメートに連絡を取ります。 その後ローズマリーはマーゴットがガススタンドから出て街に向かう様子を写した動画を見せます。 また彼女はマーゴットが使ったと思える偽のIDを見せ、2000ドル以上の引き出し取引が判明したことにより、ローズマリーはマーゴットが失踪したと推測します。 デイビッドはローズマリーに連絡し物事が不可解なことを伝えます。 そして彼は警察にこのことを伝えると、スタッフは彼女はボランティアでこの捜査に関わっていることを漏らしてしまいます。 このことによりデイビッドは複数の警察関係者と共にローズマリーの逮捕にこぎつけます。 ローズマリーは、実は彼女の息子ロバートがマーゴットに恋をしており、彼は湖までマーゴットまで追い彼女を脅します。 その後パニックになったロバートは母親ローズマリーに電話し事件の真相を隠そうとしたのでした。 マーゴットの救助チームはマーゴットがいると思われる山峡に向かいます。 デイビッドはマーゴットは無事かどうか確認しようとします。 その後数ヶ月が達、マーゴットは病院で車椅子に載っています。 彼女の体調は回復し、彼女が応募していた音楽学校の入学許可を得たことに喜びを隠せません。 ここで映画は終了でした。

次の