静岡 県 公務員 ボーナス支給日。 【2020】公務員の夏と冬のボーナス支給日はいつ?元公務員が支給額予測【コロナで大幅ダウン?】|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

非正規公務員にもボーナスを支給 47都道府県、来年度から|静岡新聞アットエス

静岡 県 公務員 ボーナス支給日

都道府県公務員の年間賞与額トップ10(単位:歳、円)/都道府県公務員の年間賞与額から上位10をピックアップ/都道府県公務員の期末・勤勉手当の支給状況(総務省「平成26年の地方公務員の給与水準の概況」)より筆者が編集 地方公務員の中でも、都道府県の事情はどうでしょうか? 上の表は、総務省「平成26年の地方公務員の給与水準の概況」から都道府県別のボーナス支給額を高額順にトップ10を並べたものです。 表中の支給額は年額ですので、1回の支給はこの半分程度となります。 一番高額だったのは滋賀県で163万6200円。 続いて福岡県、静岡県、茨城県、東京都となります。 滋賀県は1回あたり81万8100円という計算になりますね。 平均年齢も高い方ではないので、かなりの高待遇といえるでしょう。 トップ10の中には秋田県や宮城県、山口県、福島県なども入っており、民間の給与調査では上位に入らないような都道府県が高額支給となっています。 公務員は少し事情が違いますね。 地方公務員:都道府県別ワーストは鳥取県。 一番低額だったのが鳥取県の138万9400円。 1回当たりの支給額は69万4700円です。 他にも、沖縄県、青森県、島根県、岩手県などが続いています。 奈良県をのぞいて東北や九州、山陰地方となっており、民間の給与調査とよく似た結果になっています。 トップの滋賀県とワーストの鳥取県を比べると、その差は年間24万6800円。 1回あたり12万円程度です。 民間給与から比べると大差ないともいえますが、同じ地方公務員でも差がでてきていますね。

次の

静岡市(静岡県) 平均年収・月収・ボーナス・退職金など(地方公務員)を完全掲載|年収ガイド

静岡 県 公務員 ボーナス支給日

公務員のボーナス支給日はいつ? 公務員のボーナスは6月と12月の年2回支給 国家公務員のボーナスは 年に2回支給されます。 支給日は法律で決まっており、以下の通りです。 夏のボーナスの支給日は6月30日• 冬のボーナスの支給日は12月10日 地方公務員は条例で自由に定めてOKですが、 大半の自治体の支給日は国と同じです。 ボーナス日が休日の場合、前日か前々日に支給される 6月30日が土曜の場合、6月29日に支給されます。 6月30日が日曜の場合、6月28日に支給されます。 なお、2019年のボーナス支給日は以下の通りです。 2020 年夏のボーナス支給日=6月30日(火)• 2020年冬のボーナス支給日=12月10日(木) 民間企業のボーナス日も概ね同じ 民間企業も夏は6月か7月、冬は12月の支給というところが多く、 公務員と大体同じです。 民間はまさに業績次第なので、企業によってはボーナスが出ない、もしくは年に1度しか出ない、逆に、年に3回出るようなところもあるでしょう。 95月〜4. 95月のレンジ(約4. 35月が平均)に収まっており、 非常に安定していると言えます。 地方公務員については、人事院が出す支給月数と同じ数字を使う自治体が大半です。 東京都や特別区は、人事院より支給月数が0. 1月分多いのが通例ですし、財政の苦しい自治体ならもっと低いところもあります。 公務員のボーナスは、民間企業 50人以上 のボーナス平均をベースに決められている 人事院は毎年、50人以上の民間事業所を対象に、給与(月収)とボーナスの調査を行っています。 この調査結果に基づいて人事院勧告が行われ、公務員の給与やボーナスが増減する仕組みになっているわけです。 つまり 公務員は、50人以上の民間事業所の平均に近い月収およびボーナス(なのでもちろん年収も)を貰っているということになります。 そのため、超大手企業と比べると公務員のほうが金額が低いケースが多く、50人未満の企業と比ベると公務員のほうが金額が高いケースが多いです。 よって、 一般の方から見ると「公務員のボーナスは高い!」となるケースが多いと言えます。 2020年の支給額は8月まで確定しない(2020年6月のボーナスは2019年の支給基準で仮支給) 先ほど書いた通り、公務員のボーナスは8月の人事院勧告で決まります。 そのため、6月の夏のボーナスは一旦前年の算出基準をベースに支給することになります。 なので、一旦は仮支給し、冬のボーナスで帳尻を合わせます。 具体的に言えば、 2019年のボーナス支給月数(年間)は4. 5ヶ月分ですので、2020年6月のボーナスはこの半分の2. 25ヶ月分が支給されます。 やはり民間におけるコロナの影響は大きいですね。 民間の2020冬のボーナスも厳しいことになりそうですから、そうなると、公務員は2021年のボーナスもさらに減額される可能性が大きいように思います。 (仮に、2021年民間夏のボーナスが大きく回復すれば、なんとかなるかもしれませんが・・・) 以上、4. 15月の前提で、国家公務員と地方公務員の具体的なボーナス支給額を推計しました。 国家公務員の平均支給予想額は155万円 まず、国家公務員の支給予想額です。 2020年国家公務員 行政職俸給表 一 のボーナス年額 約155万円 平均年齢43. 2020年地方公務員 一般行政職 のボーナス年額 約140万円 平均年齢42. 直近5年間の公務員ボーナス推移 次に、直近5年間の公務員ボーナス額推移について見ていきます。 まずは、 国家公務員のボーナス支給額推移です。 年 支給月数 年額 2019年 4. 50月分 約166万円 2018年 4. 45月分 約166万円 2017年 4. 40月分 約164万円 2016年 4. 30月分 約161万円 2015年 4. 5万円程度がそれぞれ加算される (人事院「国家公務員給与等実態調査」より推計) 次に、 地方公務員のボーナス支給額推移です。 年 支給月数 年額 2019年 4. 50月分 約150万円 2018年 4. 45月分 約150万円 2017年 4. 40月分 約149万円 2016年 4. 30月分 約146万円 2015年 4. 地方自治体のボーナストップ3とワースト3 上で算出した地方公務員のボーナス額はあくまで全体平均の額です。 都道府県や市町村ごとに当然金額の差があります。 以下では、総務省が公開しているデータに基づき、 2016年ボーナス支給額のトップ3とワースト3を団体区分ごとに抜粋しました。 都道府県のボーナス支給額トップ3 1位 東京都 175万8000円 平均年齢41. 5歳 2位 三重県 173万1000円 平均年齢44. 0歳 3位 兵庫県 170万3500円 平均年齢44. 6歳 都道府県のボーナス支給額ワースト3 1位 沖縄県 136万2000円 平均年齢40. 8歳 2位 鳥取県 138万1200円 平均年齢43. 8歳 3位 青森県 140万3800円 平均年齢43. 2歳 指定都市のボーナス支給額トップ3 1位 横浜市 184万5100円 平均年齢40. 6歳 2位 北九州市 177万4600円 平均年齢44. 6歳 3位 広島市 176万6000円 平均年齢42. 7歳 指定都市のボーナス支給額ワースト3 1位 札幌市 143万7400円 平均年齢40. 5歳 2位 熊本市 151万5200円 平均年齢42. 3歳 3位 新潟市 154万4600円 平均年齢41. 7歳 市区町村のボーナス支給額トップ3 1位 東京都目黒区 188万1800円 平均年齢44. 2歳 2位 東京都渋谷区 187万9700円 平均年齢44. 0歳 3位 東京都杉並区 183万7900円 平均年齢44. 0歳 市区町村のボーナス支給額ワースト3 1位 東京都青ヶ島村 56万5800円 平均年齢43. 8歳 2位 沖縄県多良間村 65万3600円 平均年齢49. 6歳 3位 大分県姫島村 105万2800円 平均年齢40. 6歳 余談ですが、青ヶ島村の人口って170人くらいしかいないんですね。 こうやって抜粋作業をしていると、日本にもまだまだ知らない街がたくさんあるんだなぁ・・・としみじみ思ってしまいました(笑) まとめ• 国家公務員・地方公務員ともに、6月30日と12月10日の年2回ボーナスが支給される。 2020年のボーナス支給額は4. 15ヶ月程度と予想。 (コロナの影響で0. 35月のダウン)• 15ヶ月をベースに計算すると、2019年の国家公務員のボーナス支給予想額は約155万円 43. 4歳 、地方公務員は約140万円 42. 手取り額は概ね8割(=国家なら124万円、地方なら112万円ほど)。 以上です。 今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました! あわせて読みたい.

次の

公務員の退職金や当月給料はいつもらえる?ボーナス基準日は?

静岡 県 公務員 ボーナス支給日

都道府県公務員の年間賞与額トップ10(単位:歳、円)/都道府県公務員の年間賞与額から上位10をピックアップ/都道府県公務員の期末・勤勉手当の支給状況(総務省「平成26年の地方公務員の給与水準の概況」)より筆者が編集 地方公務員の中でも、都道府県の事情はどうでしょうか? 上の表は、総務省「平成26年の地方公務員の給与水準の概況」から都道府県別のボーナス支給額を高額順にトップ10を並べたものです。 表中の支給額は年額ですので、1回の支給はこの半分程度となります。 一番高額だったのは滋賀県で163万6200円。 続いて福岡県、静岡県、茨城県、東京都となります。 滋賀県は1回あたり81万8100円という計算になりますね。 平均年齢も高い方ではないので、かなりの高待遇といえるでしょう。 トップ10の中には秋田県や宮城県、山口県、福島県なども入っており、民間の給与調査では上位に入らないような都道府県が高額支給となっています。 公務員は少し事情が違いますね。 地方公務員:都道府県別ワーストは鳥取県。 一番低額だったのが鳥取県の138万9400円。 1回当たりの支給額は69万4700円です。 他にも、沖縄県、青森県、島根県、岩手県などが続いています。 奈良県をのぞいて東北や九州、山陰地方となっており、民間の給与調査とよく似た結果になっています。 トップの滋賀県とワーストの鳥取県を比べると、その差は年間24万6800円。 1回あたり12万円程度です。 民間給与から比べると大差ないともいえますが、同じ地方公務員でも差がでてきていますね。

次の