トリスタン 七 つの 大罪。 『七つの大罪』堂々の完結!次回作『黙示録の四騎士』(仮)がめちゃくちゃ楽しみな件!

【オセロニア】ディアンヌの評価とおすすめデッキ|七つの大罪コラボ|ゲームエイト

トリスタン 七 つの 大罪

【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・•

次の

【七つの大罪考察】メリオダスとエリザベスの子が産まれる!?息子の名はトリスタン!アーサーの精鋭となる!

トリスタン 七 つの 大罪

この物語の原型は古代にあり、それが吟遊詩人や恋愛詩人たちに脚色を加えられつつ歌い継がれ、12世紀頃のフランスにて、今知られる形に概ね定まったと推測されています。 これが雛型となり、フランス、ドイツなどで様々なリメイク、アレンジ版が作られていきました。 ものによって細部もキャラの名前も違いますが、最も知られるトマス・マロリー(15世紀の人)による『の死』中の円卓の騎士トリストラムの物語には、 トリストラムの両親として「リオネス王と王妃エリザベス」が登場します。 ) リオネスの若き王であったは、近隣国の王マークの妹、エリザベスを妃に迎えます。 マロリーは全く詳細を語っていませんが、ゴットフリートによれば、二人の馴れ初めは次のようなものです。 パルメニーエ(近隣にあったとされる国)の若き領主リヴァリーン、別名カネーレングレス(に相当)は、自らの主君筋に当たるモルガーン公と土地を巡って争っていました。 戦に勝利して和睦した後、留守を忠臣ルーアルに任せて騎士修行に出ます。 当時名君として名高かったクルネワル王マルケ(王マークに相当)の宮廷に一年間滞在し、その薫陶を受けて、より騎士らしい立ち居振る舞いを学ぼうというわけでした。 そこで開催された 騎士競技会 [ トーナメント ](騎馬槍試合)が二人の出会いの場となりました。 輝く五月のその日、彼の美々しい武者ぶりを貴婦人たちは讃嘆し、一方の男性陣は、マルケ王の妹ブランシュフルール(エリザベスに相当。 名はの意)の清廉でな美しさに目を奪われていました。 二人は惹かれあい、離れがたく甘い毒のような恋に苦しみます。 互いに片想いだとばかり思っていたのです。 また、ブランシュフルールは大国の姫。 リヴァリーンは小国の領主に過ぎない。 兄王が交際を許すとは思われません。 間もなくクルネワル国が他国の侵攻を受け、勇猛なリヴァリーンは自ら戦に加わり武勲を立てました。 しかし脇腹に重傷を負って瀕死になります。 彼の人柄を慕っていた宮廷中の人々が悲しむ中、ブランシュフルールは家庭教師の助言で乞食に変装し、密かにリヴァリーンを訪ねて、想いを込めたキスをしました。 乙女の愛は奇跡を起こすものです。 騎士物語 ロマンスにおいては、ヒロインは妖精~女神~魔女のような不思議な魔力を持つのが暗黙の了解的な定番。 この場合、愛する男性の傷を癒す力を、彼女は持っていたわけです。 リヴァリーンは奇跡的に回復しました。 色々と元気になった彼は自分の体を押し付け、幸せの中でほどなく二人は結ばれたのでした。 元気になりすぎですね。 幸せの代償として、ブランシュフルールは恐ろしい秘密を抱え込むことになりました。 リヴァリーンの子を身ごもったのです。 当時、結婚前の乙女が男性と関係を持ち、まして妊娠するなど大変な禁忌。 良くて勘当、悪ければ兄に殺されてもおかしくはない。 そのどちらも彼女にとって恐ろしすぎる末路です。 こんなこと誰にも言えません。 一方、リヴァリーンの元には自国から急使が訪れます。 モルガーン公が裏切り、再び侵攻を開始したと言うのです。 急遽帰国を決めた彼にブランシュフルールは打ち明けました。 お腹にあなたの子がいます、このままでは兄に殺されるか、追放されて名誉を失い、父のいる子を私生児扱いにして一人で産み育てなければなりませんと。 リヴァリーンは、あなたの苦痛を私がもたらしたのなら力の限りなんとかすると言い、彼が帰国を諦めてこの国に留まるか、彼女が自国を棄てて彼の国へ移るか、好きな方を選ぶよう告げました。 ブランシュフルールは考えます。 もし留まれば、彼は自国の危機を放置した領主として名誉を失う。 自分が彼の国へ行くなら、今までの暮らしの全てと決別することになる…。 不安に惑う彼女に、彼は、ずっと傍にいる、一生守ると誓いました。 リヴァリーンがマルケ王に帰国の挨拶をしている間にブランシュフルールが帰国船にこっそり乗り込む方法で、二人は駆け落ちをしました。 (マルケ王は追手をかけませんでした。 暗黙のうちに許してくれたのかもしれません。 ) パルメニーエに着くと、忠臣ルーアルの助言に従って、モルガーン公との戦に赴く前に教会で正式に結婚を宣言しました。 これで産まれてくる子供は私生児にならずに済み、名誉も確保されたわけです。 戦が終わったら宮廷で盛大な披露宴をしましょうとルーアルは提案してくれました。 しかしリヴァリーンが戻ることはありませんでした。 モルガーン公との戦いで再び重傷を負い、帰ることができずに死んだのです。 ブランシュフルールの悲しみはひどく、心は石となり、口も思考も全てが死んで、手足は萎えてくずおれ、涙すら出ませんでした。 やがて産気づいて四日間もだえ苦しんでを産み落とすと、すぐに息を引き取ったのです。 男の子は、モルガーン公から隠すため忠臣ルーアル夫妻の子として育てられ、「悲しみの子」を意味するトリスタンと名付けられました。 七つになると最良の教育のため従士ゴヴェルナルに預けて騎士に必要なあらゆる教養を身につけさせました。 ところが大変な美少年だったため14歳の時に誘拐され、色々あって猟師の養子になり、どんな運命のいたずらか互いにそれを知らないまま伯父であるマルケ王の宮廷に入って重用され、後に、彼を探し当てた忠臣ルーアルの証言で血統が判明して後継ぎ候補になりました。 未だ独身だった伯父はこの甥を大変に気に入って、我が子同然に見込んでくれていたのです。 しかしここから、愛と裏切りに満ちた、彼の波乱の人生が始まるのでした。 他方、マロリー版のとエリザベスは、前述したとおり馴れ初めが語られません。 二人はマーク王の許可を得て正式に結婚していて、エリザベス王妃が身ごもったところから物語が始まります。 別作者のトリスタン物語には、戦で武勲を立てた褒賞として、リヴァリーンがブランシュフルールを兄王から正式に授けられたと語るものもありますから、そういう感じで結婚したんでしょうか。 王とエリザベス王妃は間もなく子供が生まれる幸せな夫婦のはずでした。 そこに横槍が。 以前からに横恋慕していた「妖精的な」女性(妖精そのものと解釈されることもあります。 伝承の世界では魔女~女神~妖精は区別しがたいので)に惑わされ、森で狩りをしていたは古城に誘い込まれて閉じ込められ、とりこにされてしまったのでした。 (浦島太郎が竜宮城で宴会や乙姫に目を眩まされた状態と思ってください。 なお、妖精の領域は異界~冥界ですから、これは「死」の暗示でもあります。 ) 帰らぬ夫を案じたエリザベスは、身重の体で従者たちと共に冷たい森を探し回りました。 そこで産気づき、侍女の介助で男の子を産み落とすと、子供の洗礼名は「悲しみの子」を意味するトリストラムにするよう夫に伝えてほしいと言い遺して息を引き取ったのです。 やがてが帰ってきました。 魔法使いマーリンによって古城から助け出されたのです。 王妃の死を知り、遺言に従って子供をトリストラムと名付けました。 7年経つとは公の娘と再婚し、何人か子供をもうけました。 この継母は、優れたトリストラムがいると自分の子供が王位を継げないと考えて毒殺を目論みました。 けれど手違いで自分の子の方が毒死し、王も巻き添えを食う所でした。 は彼女を火刑にしようとしますが、トリストラムはそれを止めて仲直りさせます。 父王は、継母から遠ざけるため彼をフランスに7年間留学させ、様々な教養を身につけさせました。 その後は、父が亡くなったので母国に帰らず、伯父である王マークに仕えることになります。 以降のトリスタン(トリストラム)の人生は、複数の別作者の物語を併せて語るに、概ね以下のような感じです。 伯父・マーク王はに課せられた重税に苦しんでいました。 逃れる条件は王弟である百戦錬磨の騎士モーロルトとの勝負に勝つこと。 トリスタンは志願して臨み、モーロルトを殺しましたが、彼の毒槍で癒えない傷を受けました。 これを癒せるのは毒の調合者である王妃か、その娘<麗しのイデ>姫だけ。 伯父の協力で音に変装してに潜入し、なにしろ美青年で竪琴も上手でしたから、まんまと宮廷に入り込んでイデに傷を癒してもらいます。 やがて正体が露見して仇と憎まれたものの、王は許してトリスタンを帰国させたのでした。 帰国したトリスタンは<麗しのイデ>の美しさを語り、未だ独り身の伯父マーク王の妃に相応しいと宮廷が盛り上がって、トリスタンは求婚の使者として彼女を迎えに行きました。 ところが、帰路で互いに媚薬を誤飲してしまい、逃れられない愛欲に囚われたのです。 二人は愛し合い、彼女が伯父と結婚した後も不倫関係は続いて、やがて二人の仲に気付いた伯父は攻撃的になっていきました。 伯父はイデを火刑に処そうとし、その前に慰み者にせんとライ病患者たちが彼女を小屋に連れ去るのも止めませんでした。 そこにトリスタンが駆け付けて救出し、ついに二人は駆け落ちしたのです。 二人は森に隠れ住み、トリスタンが自作の「必ず当たる」弓矢で狩りをして暮らしました。 ほどなく彼らを探し当てた伯父は、一つ寝床に眠る二人が真ん中に抜き身の剣を置いて肉体のを保とうとしていたり、イデが未だに自分との結婚指輪をしたままでいるのを見ると、怒りも消えて、剣と指輪を自分のものと交換しただけで帰りました。 目覚めた二人は王の来訪に気付いて恐怖し、伯父が追手を取り下げたのも知らずに再び逃亡生活を始めたのでした。 一説に、それから三年後にかつて飲んだ媚薬の効果が切れ、二人は今の辛い境遇や、それを相手に課してしまったことを後悔して別れを決意したとされます。 トリスタンはイデを王宮に返し、自分も帰還を望みましたが受け入れてもらえませんでした。 また別説では、トリスタンの留守中にマーク王の配下がイデを拉致して城に連れ戻したとします。 ともあれ、トリスタンはイデと別れ、独り外国()へ旅立ったのでした。 彼はそこで、公の息子・カエルダンと親友になり、その妹に求婚しました。 彼女 の名が偶然にもイデだったからです。 しかし結婚してみて<麗しのイデ>への未練を再確認したトリスタンは、妻となった<白い手のイデ>に指一本触れず、全く愛そうとしませんでした。 その後、カエルダンと共に狩りに出たトリスタンは、そこで出会った騎士に助太刀を頼まれ、高慢者トゥとその六人の兄弟と戦い、再び毒槍の傷を受けます。 この傷を癒せるのは<麗しのイデ>しかいない。 そう思いつめた彼は、カエルダンにへの使いを頼みました。 イデに来てほしいと。 一説に、二人を許した伯父・マーク王がイデを送り出してくれたことになっています。 (またまた別説では、マーク王こそが間男トリスタンを斬殺するのですが…。 作者によってキャラ解釈が異なり過ぎです。 ) 収まらないのは妻の<白い手のイデ>です。 からの船に<麗しのイデ>が乗っているなら白い帆を、いないなら黒い帆を揚げる手はずで、白い帆が揚がっていましたが、彼女は「黒い帆です」と嘘をつきました。 瀕死のトリスタンは絶望して、彼女の名を呼びながら死んでしまい、それを知らされた<麗しのイデ>も、悲しみのあまり心臓が潰れて彼の亡骸を抱きしめながら息絶えたのでした。 伯父マーク王は二人を並べて葬らせました。 するとそれぞれの墓から木が生え出し、枝が絡みついて夫婦木となって、決して離れることが無かったそうです。 (別説では、マーク王はわざと離して二人を葬り、それぞれの墓から蔦が伸びて絡まると断ち切らせましたが、何度切っても蔦は再び絡まって離れることが無かったとされます。 ) 余談ですが、トリスタンの物語は、骨子だけを取り出せは『ニーベルンゲンの指輪』でも有名なとプリュンデの悲とほぼ同じです。 即ち、• 主人公は親の縁に薄い英雄。 主君とは親しい間柄(親類、親友)である• 主君が外国の女神的な姫(運命の女)を花嫁に望み、主人公が求婚の使者として赴く• しかし、主人公の方が<運命の女>と恋愛に陥り、肉体関係を結ぶ (実は今回の求婚の件以前に彼女と出逢っていた)• なのに、主人公は<運命の女>と主君を結婚させ、自分は「親友の妹」と結婚する• 主人公がそんな矛盾と裏切りの行動をとったのは「薬」のせいである (トリスタンは「媚薬」を誤飲したため。 は「忘れ薬」を飲まされたため)• ドロドロの四角関係が勃発してゴタゴタする• その果てに主人公が瀕死になる。 助かるチャンスを「女の嫉妬」がふいにして、彼は死ぬ• 主人公の後を追って<運命の女>も死ぬ というもの。 肉付けこそ異なりますが、根が繋がった物語なんでしょうね。 この悲は「王とエリザベス王妃」にも重ねられています。 そもそもトリスタン物語の冒頭で「前史」として両親の悲恋が語られるのは、息子が父親の人生を踏襲するという「因縁」を語る仕掛けでもあるからです。 父と同じように、トリスタンは、本来結ばれない立場の女性と道に外れた恋に落ちる。 彼女には彼の傷を癒す不思議な力がある。 一度は想いを成就させますが、父がそうだったように、自身は殺され遺された女は悲痛のあまり死んでしまう。 ハッピーエンドは訪れず、相似のバッドエンドが重ねられます。 とは言え、この親子二代の不幸な愛の物語が、読者に何らかの感銘を与えるのは確かなのでしょう。 だからこそ語り継がれてきたわけですから。 愚かで不純で倫理に背き、未来に続かなかった愛。 けれど、逆境にさらされようと薬の効果がなくなろうとも本当には消えず、他の誰も代わりになりえず、互いがなければ死に絶えるしかなかった。 その激しさに、読者は一片の<真実の愛>を感じ得るのではないでしょうか。 余談ですが、ゴットフリート版には、亡き父リヴァリーンの財産をトリスタンが取り戻すエピソードがあります。 伯父マルケ王に「お前にはすべき仕事があるはずだ」と背中を押され、父を殺したモルガーン公と対峙して領地の返還を要求するのです。 モルガーン公は、お前の両親は同棲カップルに過ぎずお前も私生児だ、だからお前にはないと嘲笑いますが、トリスタンは両親は正式に結婚しており私は嫡子ですと反論し、モルガーン公の頭蓋を剣で叩き割ったのです。 更に忠臣ルーアル率いる援軍が駆け付け、彼は父が奪われていた領地を取り戻し、それをルーアル達に与えると、再び伯父・マルケ王の待つへ帰ったのでした。 両親の関係は道に外れたものではなく、正しい愛だったと、彼は証明せねばならなかった。 恐らく、それは彼自身に訪れる未来、<麗しのイデ>との愛の顛末の肯定ともなり得ることなのでしょう。 『』作者の氏は、2014年の雑誌『』11月号のインタビューにて、もし『大罪』の続編を書くならの息子トリスタンとの円卓の騎士達が活躍する内容だと述べています。 トリスタンは主役か、それに近いメインキャラとして構想されているようです。 しかし彼は「不幸な生い立ち」が前提のキャラ。 なにせ「悲しみの子」という名前です。 そうなると、『大罪』のとエリザベスも、物語の最後で子供を遺して死んでしまうか、異界にでも姿を消す予定なのかもしれません。 …もし本当にそうなったとしても、「真実の愛の体現」こそが重要であるならば、その意味ではベターエンドということになるのでしょうか。 今の南西部、州のペンウィズ半島の最西端ランズ・エンド岬。 (「世界の果て」という意味の地名です。 半島から地続きの土地だったという説が主流ですが、島国だった風に言われていることもあります。 信憑度は定かではありませんが、リオネスの名は「 ルーの島 [ ルーネス ]」に由来するとの説があります。 (「ルー Lugh」とはの光明・太陽神のこと。 )太陽の恵み受けて温暖かつ肥沃で、まさに光輝くように栄え、だけでなく(エリン)とも交流があったとされます。 伝説のリオネスがあったとされる辺り、ランズ・エンド岬から50km弱の沖合いには、今はがあります。 5つのと150以上の小島から成り、元は大きな陸地だったものが、海没して標高の高かった地点のみ島として残ったと見られています。 4000年ほど前のには既に人が住み、紀元前1世紀頃はのにあったと遺跡や遺物から推測され、その頃から浸水が始まって7世紀頃に今の形になったのだと考えられているのです。 「シリー Scilly」の名は、これまた信憑度は定かではありませんが、ローマ人が「太陽の島々 Sully」と呼んだことに由来するとの説があります。 が伝説のリオネスの名残ではないかと強く言われるようになったのは16世紀からです。 ランズ・エンド岬との中間地点には、セブン・リーフという域があります。 潮が引くと七~八つの岩が現れるこの海域は難破事故の起きやすい船の難所。 16世紀に、ここで漁師の網に引っ掛かって窓枠が引き揚げられたことから海底の住居跡の存在が知られ、リオネス伝説が注目されることとなりました。 現在、地元の漁師はこのを「 リオネス王都の遺跡 [ ザ・タウン ]」と見なしています。 凪いだ日には海底から教会の鐘の音が聞こえるという、まことしやかな噂もあります。 現実のの周囲は数世紀かけてゆっくり浸水していったと考えられていますが、伝説のリオネスは嵐と・によって一夜で沈んだと言われます。 曰く、リオネスは肥沃な平野にあり、高貴な人々の住む豊かな国でした。 幾つもの美しい街には140の教会が建ち、素晴らしい大聖堂もあったそうです。 しかし、あるときに呑まれて深淵に沈み、失われたと。 この危機を察知したのはェリアン Trevelyan、またはトレビリアン Trevilian という男だけでした。 一説に、彼は以前から海の様子を注意していて、妻ら家族と家畜をの内陸に逃がし、自身は白い馬を駆って、今のマラジオン Marazion (マウント湾に面した都市。 300mほど沖に、イギリスのとして有名なセント・マイケルズ・マウント島がある。 )近くの洞窟にまで無事逃げおおせたとされます。 或いはこう言います。 彼は一日狩りに出て木の下で眠っていました。 夜中に物音で目を覚ましてに気付き、連れていた白馬に飛び乗って、高台…今のランズ・エンド岬まで逃げのびたのだと。 この時、彼の白馬の蹄鉄が一つ失われたと語られることがあります。 まるで、逃げるシンデレラが川を飛び越える際に靴を片方落とすように。 魔法の城から生命の水や眠り姫の純潔を盗んで逃走する英雄が片足の踵を鉄門に噛み取られるように。 金羊毛を求めて世界の果てへ向かうアルゴー船が船尾を岩門に挟み取られるように。 深淵に呑まれて滅んだリオネスには、「異界(冥界、あの世)」のイメージが重ねられているようです。 の名士・ビビアン家は、自分達の祖先こそリオネスから逃げのびた唯一の男だったとし、そのビビアン Vyvyan という男はリオネスの統治者だったとしています。 厩舎にいたとき、振り返ってが来るのに気づき、素早く鞍を置いて馬を駆ったため助かったのだと。 彼らの土地トレロワレン Trelowarren は、そのとき馬が辿り着いた場所で、家紋の上部に乗った白馬は伝説に因んだものとされています。 余談ですが、海に沈んだ都市から、その統治者である男一人が馬で逃げおおせるというモチーフは、から大西洋を挟んで程近い、フランスの地方の(イス)伝説と共通していますね。 には他にも、聖ピランの上陸伝説で有名なペランの浜の沖合にあったという「Langarroc」という島の沈没伝説があります。 そこは七つの教会のある富み栄えた島でしたが、としても使われており、「流刑人と地元の女性の結婚」という背徳のため、三日三晩の嵐によって神に滅ぼされたと。 今でも嵐の夜には助けを呼ぶ声や教会の鐘の音が聞こえるのだとか。 ェリアン伝説の時代設定はハッキリしませんが、5、6世紀頃と見なされることがあります。 (1099年11月11日、1089年とされることもあります。 )恐らく、リオネス滅亡がの死と結びつけられて語られることがあり、彼の死が5世紀末~6世紀頭頃とされているからでしょう。 こんな伝説が地元に伝わっているそうです。 が簒奪者モルドレットとのカムランの戦いで殺された後、アーサー軍の残党はモルドレット軍に追われて敗走し、リオネスまで逃れてきました。 追撃するモルドレットがリオネスの中心部まで来たとき、晴天にわかに搔き曇って魔法使いマーリンの亡霊が現れ (彼はこの戦い以前に別件でこの世を去っていました。 ただ、人によっては亡霊と言わないこともありますので、その場合は「実は生きていた」パターン?)、呪文を唱えて嵐とを起こしたので、モルドレット軍はリオネスと共に海底に消え、僅かに残った陸地(後のとセント・マイケルズ・マウント島)に逃れたアーサー軍だけが助かったと。 よく知られる『の死』の顛末とは全く異なりますね。 そちらではリオネスに行きませんし、マーリンの亡霊も出てきません。 モルドレットと相打ちで瀕死になったは、妖精的な女たちの導きで異界(あの世)アヴァロンに小舟で流れ去ったと、婉曲に英雄の退場が語られています。 『の死』をタネにしてアレンジを加えた、19世紀イギリスの詩人の長編詩『国王牧歌』では、がモルドレットと行った最後の戦いの場所がリオネスの辺りとされ、いずれ深淵に沈むことを作者は不吉な文言で予告しています。 明言はされていませんが、『聖書』にある神に滅ぼされた都市ソドムとのように、の不倫、それへの憎しみのため背後からの不意打ちでトリスタンを殺したマーク王の騎士にあるまじき行い、こうした背徳によってリオネスは海に沈められたのだと、作者は言いたがっているように思います。 詩の最後では、小舟のが向かうアヴァロンを海の果ての深淵として語っており、リオネスとアヴァロンのイメージを重ね合わせています。 リオネスは滅んだことによって「あの世」になり、死者の王となるの向かう地に同化したのでしょう。 (ちなみに、この詩では何故か、リオネスはトリスタンの故郷であると同時にマーク王の治める地だったことになっています。 ) さて。 リオネスの伝説について並べてみましたが。 大災害で一夜にして滅亡した王国が、『』メインキャラ達の所属する国のモデルだなんて、なんとも不吉ですね。 しかもの死の巻き添えでマーリンに滅ぼされるなんて。 すごく不吉です。 尤も、 伝承上でリオネスがあったとされている位置と、ファンブックに掲載されていた『』のリオネス王国の位置は全く違います。 『七つの~』のリオネスは、今でいうのハイランド地方、アーガイル・アンド・ビュート辺りに設定されていました。 (アニメ版のや第一期EDで使われていた地図を見るに、キンタイア半島全体がリオネス王国の領土ということなのかな?) 当たり前ですけど、モデルと物語は違う、ということなんですね。 (ただし、連載第一回目のカラー扉絵に描かれていた地図では、リオネスの位置は伝承どおりでした。 後に変更したようです。 ) 思えば『七つの~』には、巨大な空隙の底に消えて滅亡したダナフォールという王国が出てきます。 が16年前まで所属していた国です。 海底(深淵)に消えて滅亡したリオネスのイメージは、こちらのエピソードで既に消化されているのかもしれません。 けれど、彼の前世であるオウムのワンドルにはあるのかもしれない。 そんな妄想をメモしておきます。 ホークの前世は、ワンドルという喋る鳥でした。 現時点、本編で語られた情報はそれしかありません。 喋る鳥なんての色んな物語に出てきますし、特異なものでもありません。 ただ、ある日ふと思ったのです。 ワンドルの元ネタって『 鸚鵡 オウムの騎士』のオウムかな? と。 『 鸚鵡 オウムの騎士 Le Chevalier du Papegau』とは、14~15世紀頭頃に書かれたとされる、著者不明のフランスの小説です。 に包括される多くの物語は、王自身ではなく彼に仕える円卓の騎士たちを主人公とするものですが、これは珍しく自身が冒険しています。 と言っても、私はまだこの小説を読めていません。 入手しやすい邦訳がないようなので。 中期フランス語で書かれた古書はWEB上で無料公開されていますけど、流石に読めぬわ。 よって、細かいことは何も言えないのですが。 それでも大まかにあらすじを言えば、「で行われたのに始まり、彼の死で終わる」「は魔法のオウムをお供にし、その導きで金髪の乙女と出会い、恋と冒険をする」「その過程で、海の怪物のような騎士、が乳で育てた若い巨人、等と出会う」「回転する刃が仕掛けられた橋を突破」という感じの話らしいです。 見事に何のことやら判りませんね。 どうも巨人と戦って、を従者にしてオウムの世話をさせるっぽいですが…。 の相棒となるオウムは、吟遊詩人的な立ち位置で冒険と恋を盛り上げ、王を導き、一方で皮肉な突っ込みを入れるキャラだそうです。 ある日ふと、ワンドルのモデルは『鸚鵡の騎士』のオウムかなと思ったのですが、根拠はありませんでした。 そもそもワンドルはオウムなのか? キャラデザインを見るに、くちばしも羽の感じも、格別にオウムらしい形はしていません。 オウムだと思えばそう見えるかなという程度。 似たような鳥が背景にいることもありますが、イギリスの自然にオウムがいるはずはない。 大きさや止まり木にとまった感じはオウムっぽいけれど…。 ただ「喋る鳥」とくれば真っ先に連想されるのはオウム。 そして、当時はWEBのみで公開されていた『』第1話没版ネームを読むに、に口やかましく説教したり突っ込みを入れたり、いいコンビぶりです。 『』はを元ネタにしているというのですから、「魔法のオウムを連れた放浪の騎士」という要素を取り入れたんではなかろうかと。 (そして、それを変形させて「喋る豚を連れた放浪の騎士」になったと。 ) これだけなら泡のような妄想です。 ただその後、アニメ版16話のイラストにワンドルが登場した際、羽色が赤や緑の混じったオウム風に彩色されていたので「おっ」と思いました。 更にその後に発売されたファンブック(巻末の超百科)では、ワンドルを「人語を解し、喋るオウム」と解説していました。 おお、ワンドルはオウムで間違いないんだ。 じゃあ本当に元ネタが『鸚鵡の騎士』なのかも? そう色めきたってみたところで、あまり意味もないことなんですけどね。 ちなみに『鸚鵡の騎士』のが使っている剣の名は「シャスティフォル」です。 そう、キングの神器・霊槍シャスティフォルの名前の由来と思われます。 よって、作者がこの小説をご存じであることだけは確かなはずです。 【考察】メリオダスのこと(第二部序盤時点) - 『七つの大罪』だらだら感想 【考察】エリザベスのこと(第二部序盤時点) - 『七つの大罪』だらだら感想 【考察】ホークのこと(第二部序盤時点) - 『七つの大罪』だらだら感想 ikanimo.

次の

漫画『七つの大罪』が来週で最終回に 続編はあるんだろうか? : あにまんch

トリスタン 七 つの 大罪

こんにちは。 ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。 ブリタニアのリオネス王国を主な舞台とした、漫画「七つの大罪」の登場人物の多くは、モデル人物がいます。 特に、イギリスを中心にヨーロッパで伝説となっているアーサー王物語の登場人物が、「七つの大罪」の多くのキャラクターのモデルになっています。 アーサー王物語が大好きな人にとっては、とてもワクワクする内容ですよね。 そこで、今回は「七つの大罪」の7人のキャラクターのモデル人物(と考えられる)についてご紹介いたします。 どの人物もとても個性があって、興味深いですね。 憤怒の罪、メリオダス 「七つの大罪」の主人公、メリオダス。 とてもエッチで小柄な少年の風貌ながら、魔力はすさまじく、過去にダナフォール王国を破滅させたほど。 このメリオダスのモデル人物は、七つの大罪の舞台となっている場所と同じ、イギリスのコーンウォール地方に存在した、リオネス王国にいました。 そのモデル人物の名前は、同じくメリオダスで6世紀頃に活躍したリオネス王国の国王だったのです。 イギリスのコーンウォール半島から離れたシリ島にリオネス王国がありました。 メリオダスの家系図を書いてみました。 コーンウォール地方の国々と、メリオダスはイザベラとの結婚によって親戚関係になっていることが分かります。 実はこのイザベラ、英語名ではエリザベスとなり、七つの大罪に登場するリオネス王国の王女エリザベスが連想されるのです。 モデルとなっているメリオダスとエリザベスには子供がいました。 アーサー王物語に登場している勇者、トリスタン卿です。 トリスタン卿には「トリスタンとイゾルデ物語」という伝説があり、ヨーロッパではとても有名な物語です。 👉リオネス王国の場所などはこちらをご覧ください 強欲の罪、バン 楽天的でチャラチャラしていてお調子者的で、恋人のエレインとデレデレする一面もありますが、不死身な強さを誇っておりメリオダスと共に大活躍をします。 このバンにもアーサー王物語に登場するフランスのバン王です。 バン王は、アーサー王がブリタニアを統一するときに援助するなど存在感を示しますが、強敵に敗れ戦死します。 このため、バンにはもう一人モデル人物がいると考えています。 それは、バン王と妻エレインの間に産まれた息子、ランスロットです。 ランスロットは円卓の騎士の中で最高で最強の騎士で、アーサー王の妃グィネヴィアを奪うほどの色男。 このことが原因で、ランスロットはアーサー王に謀反を起こした罪に問われ、アーサー王と戦ったこともありました。 バンもチャラチャラとした感じがあるし、エレインを生き返らせるために「七つの大罪」団長であるメリオダスの命を狙い戦いを挑んだこともありました。 更にバン王と妻エレインの息子がランスロットで、ランスロットにも何人かエレインと呼ばれる恋人がいました。 その中の一人に子供が宿り生まれたのが、アーサー王物語の中で聖杯探索で活躍する、円卓の騎士ガラハッド卿です。 七つの大罪でのバン、と恋人エレイン 👉バンとエレインの関係についての記事 👉ランスロットに関する記事 嫉妬の罪、ディアンヌと怠惰の罪、キング 「ディアンヌは身長が915㎝もある の里出身で、七つの大罪のメンバーの中で屈指の怪力を誇りますが、とても可愛らしい少女の一面を持っています。 過去には、キングと恋人の関係にありましたが、記憶を消されてしまっています」 「一方、非常に小柄な男の子と、中年太りしたオヤジの両面の風貌を持つのが、真珠の森を守る妖精王キングです。 キングはハーレクイン(道化師)のあだ名を持っています」 この二人をなぜ並べて書いたのか? それはこの二人のモデル人物は同じ物語の中に夫婦という形で登場しているからです。 その物語は、シェイクスピア作の「真夏の夜の夢」で、妖精王オーベロンと妻であるタイターニアが登場しています。 妖精王オーベロンがキングのモデル、妻タイターニアがディアンヌのモデルと考えられます。 二人は夫婦で些細なことで争いをし、オーベロンはいたずら者の妖精を使って、タイターニアやその他の登場人物に、記憶を消すのではなくちょいと惚れ薬の魔法をかけて悪ふざけをさせます。 最後にはオーベロンは魔法を解いて、仲直りするという内容です オーベロンの名前の由来は、中世ドイツのに登場する道化師(ハーレクイン)アルベリヒという説があります。 漫画では キングは人間を助けるために森を放ってしまった、喜劇ではオーベロンは妻やその他の人々を巻き込んで悪戯をして森を混乱させてしまった様に、共に「怠惰」な点があるのかな、と思います。 一方、ディアンヌの名前は、英語でタイターニアをフランス語読みしたものなのです。 夏の夜の夢でもタイターニアは嫉妬深い面を見せています。 「恥ずかしくないのか、タイターニア。 あの男が無理強いに妻にしていたペリグリーナを棄てたのも・・・シーシアスに美しいイーグリーズとの誓いを破らせたのも・・・アイアドニとの誓いも、アンタイアパとの誓いも・・・・破らせたのもお前ではなかったか?」 「それもこれも、嫉妬がつくりあげた根なしごと・・・」 👉キングとディアンヌのモデルについての記事 アーサー王物語の中では巨人が多く出現しています。 ディアンヌが巨人なのはアーサー王物語の栄養を受けているのかもしれませんね。 性格も、最強の時は傲慢に、最弱な時は弱気で内気なおっさんになってしまうところも面白いです。 カノールのモデルと考えられる人物は、物語に登場する円卓の騎士、ガウェイン卿です。 ガウェイン卿は午前中に力が3倍になり敵を圧倒することが出来るけど、午後を過ぎると力がどんどんと落ちていきます。 ガウェインが円卓の騎士の中で最強のランスロットと 一騎打ちをしたことがあります。 さすがのランスロットも午前中にガウェインとの戦いを避けて防戦に徹し、午後になって、ガウェインの力が落ちたところを見計らって反撃し勝利した話があります。 ガウェインの強さの秘訣は、昼に向かって太陽の光は増し、その後日没に向けて光を弱めていく、という古代の太陽神に由来した力が宿っていると考えられています。 👉エスカノールに関する記事 👉ガウェインに関する記事 色欲の罪、ゴウセル ゴウセルは男性ですが、ひょろりと弱々しい体格で、顔のつくりも仕草も服装も女性的な官能を感じさせ、中性的なキャラクターです。 ゴウセルです。 ゴウセルは7つの大罪のメンバーですが、その正体は3000年前の世界におり、魔神王に「無欲」の戒禁を与えられ、500年自由を奪われていました。 このゴウセルの正体は亡くなっていますが、記憶と感情を奪った人形のゴウセルを作り代わりに動かせている、という少々複雑なキャラクターです。 ゴウセルのモデルと考えられる人物も、少々複雑な状況になっています。 直接のモデルと考えられるのは、中世ヨーロッパに伝わるゴウサー卿の物語です。 ゴウサー卿の元となる話は、悪魔ロバート(Robert the Devil の伝説です。 子供に恵まれず絶望した母親は、子を授かることを悪魔に願い子供が生まれます。 その子供はロバートと呼ばれ、騎士となり暴力と罪に満ちた日々を送ります。 しかしロバートは悪事に対して罪の意識を持ち、改心を果たすという話です。 (ゴウサー卿の話と似ています) この伝説のロバートは、華やかな衣装を好み、兄リシャール三世を暗殺してノルマンディー公になったというロベール1世ではないか、という説があります。 実は、このロベール1世は、ハロルド2世を倒してイングランド王になった、ウィリアム1世の父親です。 また他説には、悪魔ロバートは11世紀イングランドのシュルーズベリー侯爵、ロバート・デ・ベレーメ)という伝説もあります。 キリスト教の歴史の中で無比なほど残忍であった、と言われています。 というように、ゴウセルのモデルと考えられるゴウサー卿の伝説は複雑ですが、とても残忍で悪魔のような人物であることは変わりなさそうです。 ということは、ゴウセルの正体である、無欲の戒禁を与えられたゴウセルも悪魔のような残忍な人物だったのでしょうか。 今後、真相を知りたいと思います。 👉ゴウセルに関する記事 👉ロベール1世の息子ウィリアム1世に関する記事 暴食の罪、マーリン 露出度が高く、妖艶なセクシーさを醸し出すミステリアスで、ブリタニア最強の魔術師がマーリンです。 アーサー王物語の中ではマーリンは老人のイメージが強いですが、漫画七つの大罪では女性になっており、映画キング・アーサーでもマーリン役メイジが女性になっている点も面白いです。 アーサー王物語の中で、マーリンは常にアーサー王を助け、無くてはならない存在です。 漫画の中でもアーサー・ペンドラゴンを友人・師としてアーサー・ペンドラゴンと共に行動しています。 また、アーサー王物語の中でもマーリンの弟子はビビアンであり、漫画の中でもビビアンはマーリンの弟子として戦う場面もあるなど、アーサー王物語との共通点が見られます。 今後、七つの大罪の中でアーサー王はどう活躍していくのか、マーリンもアーサー王をどう助けていくのか、とても気になるところです。 アーサー王物語のアーサー王も、キャメロット王国に住み、伝説の剣エクスカリバーの魔力を利用して活躍します。 漫画「七つの大罪」ではまだ能力が開花しておらず、さほど活躍には至っていませんが、今後どんな活躍をしていくのか楽しみです。 その部分を取り上げて解説しました。 さらに、 第一巻に出てきた町はずれのお城についても酷似しているお城があったので、記事にしました。 その他いろいろあります。 モデルと似ているところもあり、似ていない点もあり、とても興味深いです。 まだ見つけていな部分もあると思いますし、更に新たなモデルが出てくる可能性もあります。 今後のストーリーも合わせて、漫画「七つの大罪」から目が離せそうにありません。

次の