度々になってしまい。 度々フリーズが起こるようになってしまいました。どうして?

度々エクセルのファイルが破損してしまい、とても困っています。

度々になってしまい

「度々」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。 「度々」は「たびたび」と読み、対話やメール、手紙などで使う言葉です。 ここでは、この「度々」の意味や使い方についてみていきます。 「度々」の意味 「度々」とは「何度も」とか「何回も」といった言葉と同じく、同じことを何度も繰り返すという意味になります。 「度々」は「度度」と表現されることがありますが、これは「度々」と同じで意味や使い方に違いはありません。 度々すみません・申し訳ありません 「度々」という言葉とよく一緒に使われる表現に「度々すみません」「度々申し訳ありません」というフレーズがあります。 これらは、ビジネスシーンでよく使われる表現です。 上司や取引先など目上の人に何度も手間をかけさせてしまったときなどに使います。 例えば、同じ相手にメールを送ったのに、間違いを見つけて再度訂正版のメールを送るなどの場合に、「度々申し訳ありません」と謝罪を入れて送るなどの使い方になります。 また、「お忙しいところ」と頭につけて「お忙しいところ、度々申し訳ございません」と付け加えても良いでしょう。 「度々」の後の文章も「すみません」よりも「申し訳ありません」の方が、かしこまった表現になるため、取引先や顧客などには「度々申し訳ありません」を使い、近しい先輩や上司の場合は「度々すみません」を使うなど使い分けていくと良いでしょう。 度々のご連絡 「度々ありがとう」という表現もあります。 これは、相手に重ねてお礼する場合に使います。 例えば、ある案件について部下から何度も報告を受けた場合に「度々ありがとう」を使います。 もし、相手が上司で、何度も連絡をもらったという場合には、「度々ご連絡ありがとうございます。 」と丁寧な表現で言うようにしましょう。 さらに丁寧に表現したい場合は「度々ご連絡いただき御礼申し上げます」という言い方もあります。 ただし、ここまで丁寧な表現は社内というよりは、外部の顧客や取引先の場合になるでしょう。 謝ることを意図している場合 「度々」という言葉は、前述のように「すみません」とか「申し訳ありません」などの謝るフレーズと組み合わせて使うことが多いです。 そして、「度々」は「の~」と組み合わせて使うことも多いです。 例えば「度々の質問」というように使い、「度々の質問申し訳ございません」というように使います。 意味としては、「何度も質問をしてすいません」という意味で、新入社員で教えてもらっている場合や取引先に何度も質問している場合などに使います。 ほかにも、「度々お手数をおかけしまして申し訳ございません」といったように使います。 これは、同じ相手に何度も依頼し申し訳ないと感じた場合に使います。 度々お手数をお掛けします 「度々お手数をおかけして申し訳ございません」という表現もビジネスシーンではよく使われるフレーズです。 目上の人に何度も依頼をして何かしてもらった場合に、申し訳ないという気持ちを伝えるためにこの表現を使います。 この表現の場合は「度々」に換えて、「繰り返しお手数をおかけして申し訳ございません」や「幾度となくお手数をおかけして申し訳ございません」と言い換えることも可能です。 度々の質問 「度々」というフレーズは、目上の人に何度も質問を繰り返す場合に、「度々の質問申し訳ございません」というように使うことがあります。 例えば、取引先との交渉で聞きたいことがあって、何度かに分けて質問をやり取りしたときなどに「度々の質問申し訳ございません」と一言添えた上で、本題の質問に入るといった使い方をします。 また、目上の人へのメールで「度々の質問申し訳ございません」という一文を添えることで、相手に謙虚な姿勢を示すことができます。 「度々」という言葉は、メールや話言葉、手紙などで使えるため用途は広いです。 また、ビジネスシーンにおいてもよく使われる言葉です。 では、「度々」という言葉はビジネスシーンにおいて具体的にどういった場面で使うのでしょうか。 ここでは、「度々」のビジネスでの使い方についてみていきます。 メールなど ビジネスシーンにおける手紙やメール、話言葉としても「度々」は使えます。 例えば、一度連絡したけれど、ちょっと付け加える場合の連絡に「度々ご連絡しまして申し訳ございません」という一文を最初につけることで、その後の話をスムーズに進めることができます。 また、相手から何度か電話をもらったという場合にも、「度々ご連絡いただき、ありがとうございます」と一言言ってから本題に入ると相手への敬意を払うことができます。 「度々」を使った言葉は、メールや話言葉で本題に入る前のクッション的役割を果たすということを覚えておきましょう。 「度々」の敬語 「度々」とは何度もという意味の言葉です。 この言葉をより丁寧に表現すると、「重ね重ね」とか「度重なる」といった言い方になります。 例えば「度々申し訳ありません」を「重ね重ね申し訳ありません」と言い換えるとより丁寧な表現になって、目上の人への謝罪にも使えます。 丁寧語 「度々」を敬語表現にする場合には、組み合わせる言葉に丁寧語を使うことでも、目上の人へ使える言葉になります。 例えば、「度々すみません」を「度々申し訳ございません」と丁寧に表現するだけで、顧客や上司など目上の人に仕える表現になります。 「度々」自体が目上の人に使って悪い表現ではないため、組み合わせる言葉を丁寧にする、または敬語表現と組み合わせるようにすれば、目上の人に仕える敬語表現になります。 「度々」を使った例文 ここまで「度々」という言葉の意味、ビジネスにおける使い方、類語などをみてきましたが、ここでは「度々」を使った例文をいくつかご紹介します。 1.娘のケガについて、ご両親は度々学校に足を運んだ。 2.引っ越してしまったら、いままでのように度々立ち寄ることもないだろう。 3.その説については異論があり、度々論争となっている。 4.度々言うことだが、その問題は解決方法がみつからない。 5.わたしはその様子を度々見ていた。 6.そのようなことは度々あったのであろう。 7.度々のご訪問、ありがとうございます。 8.忙しい中、度々訪れてくれたのだが、あいにく留守をしていた。 9.彼に度々注意したのだが、聞き入れてはもらえなかった。 10.彼女は度々そのようなことをする癖がある。 「度々すみません」を英語で表現する 「度々」という言葉がビジネスシーンにおいてよく使われる言葉だということがわかりましたが、この「度々」を使う場合の注意点はあるのでしょうか。 ここでは、「度々」を使う場合の注意点についてみていきます。 1.初対面の相手には使えない 「度々」という表現は、「何度も」とか「繰り返し」という意味で使います。 そのため、初対面の相手にメールや手紙を送る場合や電話で話す場合には使えません。 もし、初対面の人に「度々申し訳ありません」など使ってしまうと「過去に会ったことがあったかな」と相手を混乱させてしまう可能性があります。 「度々」という言葉は、相手に何度か連絡した、または連絡をもらったという事実がある場合に使うように気を付けましょう。 2.結婚式に使うことはNG 「度々」という言葉は結婚式のスピーチやお葬式の挨拶では使っていけません。 「度々」は重ね言葉といわれるもので、不吉なことを連想させる言葉として、結婚式やお葬式で使うことは非常識とされています。 「度々お世話になっております」は間違った文章 ビジネスシーンにおいてメールで「お世話になっております」という文章を最初に使うことは多いでしょう。 しかし、何度もメールのやりとりをしているからといって、「度々お世話になっております」という使い方をしてはいけません。 「度々」は「何度も」と同じ意味だから使って良いと考える人も多いでしょうが、文章が不自然になります。 もし、「度々」というフレーズからメールの文章を始めるのであれば、「度々失礼します」とか「度々恐れ入ります」「度々申し訳ございません」などの言葉から始めるようにしましょう。 「度々」の意味と使い方を覚えましょう.

次の

トイレが度々詰まってしまい困っています。ラバーカップを使用すると詰まりは解消されますが、大便をすると又結構な頻度で詰まります・・・。一度、クラシアンを呼んだのですが、詰まっているものはなさそうだと

度々になってしまい

どうも、優柔不断すぎるあまり、毎食のご飯で頭を抱えてしまうしまうせしたです。 「何食べたい?」って聞かれても困っちゃうんですよね。 和食・洋食・中華、どれもおいしいですし、ナルドなどのファーストフードだって最高です。 ラーメンなんてもうたまりません。 なんて、悩んでいる間に時間が経過してしまい、ご飯時を度々逃してしまいます。 昼食が遅くなってしまったときには、夜になってもおなかがすいてなかったりして、晩ご飯どうしよう問題が発生してしまいます。 食べるのは好きなんですけど、ほんと、優柔不断過ぎるあまり毎日毎日困っています。 さて、土地の契約を一足先にすませ、次は泉北ホームとの契約です。 優柔不断なせしたではありますが、難航した土地探しを最後まで心強くサポートしていただいた泉北ホームに家づくりをお願いすること自体については大きな迷いはありませんでした。 しかし、悩みは尽きないものです。 泉北ホームとの契約が目の前に迫ってきているにもかかわらず、答えを出せずに悩んでいることがいくつかありました。 そんな悩みの原因となったのが、土地の絶妙な狭さ加減です。 当初は二階建てを希望していたのですが、契約する土地に合わせて営業さんにかいていただいた図面は三階建てでした。 営業さん曰わく「今まで打ち合わせをする中でせしたさんが希望されていた要素を入れようとすると、二階建てには入りきらないので三階建てになりました」とのことでした。 三階建てになることは多少なり覚悟していたのですが、見通しが甘かったのが金額です。 今まで様々な土地に合わせて図面をかいていただき、何度かいただいていた見積もりの中で、一番建物の金額が高かったのです。 「泉北ホームでは二階建てから三階建てになっても金額は上がらないはずなのに、なぜ?!」「あんなに親切だったのに、釣った魚に餌をやらないスタイルなのか?!」とかなり困惑したのですが、とっても単純な話で、金額が高くなったのは、三階建てになったことにより、延べ床面積が広くなったからでした。 そこにさらに追い討ちをかけたのが、以前の記事でも書いたように、契約した土地の水道関係の費用が予想以上にかかってしまうことです。 水道関係の工事だけで約80万円ほどの費用がかかってしまいます。 この出費はとても痛く、さらに「これから他にも予想外の出費がでてくるのではないか…!!」と疑心暗鬼にさせるには十分すぎる力を発揮していました。 そんな寝ぼけたことばかり言っているせしたに華麗なるドロップキック!! (どちらかというと寝ぼけているのはきなこさんの方) ………をぶちてくることもなく、泉北ホームの営業さんは「契約したあとでも、変更できますよ」と優しく教えてくれるのでした。 優柔不断の味方、必殺「選択の先延ばし!」 営業さんの悪魔の囁きにより、無事(?)泉北ホームと契約を結ぶことができました。 泉北ホームとタッグを組み、世界を目指します!(何の世界かは定かではありません。 ) seshita.

次の

度々ご連絡してすみません、で敬語の使い方は大丈夫?メールの時は?

度々になってしまい

遠方に住む両親の話です。 母は初期から中等度の認知症で、元より自分の意見を突き通す、又、怒りやすい性格です。 認知症が進むにつれ、それらの症状が強くなり、父との衝突が多くなってきています。 母は社交性がなく、認知症になってからは引きこもりがちで話し相手は父や私以外おりません。 今は何をするのも億劫なようで、ほぼテレビを観てるか寝ているかです。 なるべく連絡をとったり、食糧を送ったりしていますが、父の負担は大きいようです。 その父に病気が発覚し、近々手術する事に。 コロナも懸念されますが、短期記憶凋落している母を一人にしておけないので帰省する由を伝えた所、父が頑なに拒否します。 理由も私の家族の事など理解できるものでは無いため、問いただすと、"もう嫌だ" "いなくなりたい"と鬱状態の言動が見られます。 冷静沈着な性格だった為、かなり追い詰められているように感じます。 病気の治療に専念してもらいたいので帰省する由を伝えても、"もう悩ませないで欲しい!"と言われました。 自分でも何を言っているのか分からないとも。 私は結婚しており、又、家庭の事情もあって地元で同居する事はできません。 前より、母に地元を嫌っているならこちらで暮らす事を提案しましたが、却下されています。 このままだと悪い方向にしか進まないと感じる一方で、良い考えが浮かばず途方に暮れております。 兄がおりますが全く無関心です。 このまま放置も出来ず悩んでおります。 父の気持ちを荒だてずにサポート出来る方法がございましたらアドバイス頂けたらと存じます。 私も混乱しており纏まりのない文で失礼しました。 103.

次の