あじさい 挿し木 方法。 紫陽花(アジサイ)の挿し木の簡単な方法

アジサイ 挿し木の仕方

あじさい 挿し木 方法

アジサイ、お気に入りの品種がありますか? 気に入ったアジサイを増やしてみたいと思ったら、 挿し木をすれば、同じ品種をたくさん増やすことができます。 アジサイの生長を近くで鑑賞できるのも楽しく、 順調に生長すると、翌年か翌々年には花を咲かせてくれます。 アジサイの挿し木は、手順とコツを覚えると、容易にできます。 いろいろな植物に応用できますので、とても便利です。 中でも、湿度を保つことができ、日照時間も長い 梅雨の時期が一番適しています。 3月ごろには休眠枝ざしという方法で挿し木を行うこともできますが、 品種によっては発根しにくくなります。 9月に挿し木をする場合は、早めに挿しておくと冬の寒さに負けません。 用土:鹿沼土、パーライト、バーミキュライト、ピートモスなどを単体で使用します。 必ず新しいものを用意し、あらかじめ給水させておきます。 挿し穂を用意します。 今年伸びた枝で、花芽のついていないものを、15~20㎝程に切ります。 挿し穂から2節目の葉を取り、1節目の葉は半分くらいにカットします。 これは、葉から余分な水分が蒸発するのを防ぐためです。 茎は、よく切れるハサミやナイフで斜めにカットすると、 給水が良くなり発根しやすくなります。 挿し穂を水にさし、1時間ほど水上げします。 用土に、箸などで斜めに穴を開け、 挿し穂の切り口に異物が入らないように注意し挿します。 根元をしっかりと押さえます。 スプレーで 葉水を与えるのも良いです。 2週間から1か月で発根します。 しっかり発根する1ヶ月後くらいに5号鉢に鉢上げします。 鉢上げした後は、 徐々に日当たりのよい場所へ移しながら育てていきます。 そのように表示されたアジサイは、 自分で楽しむ程度に増やすのが良いかと思います。 2015年06月10日に、新芽が展開しているので、 おお~! 発根の兆しと思い覗いてみました。 今年の開花は無理ですが、来年には必ず咲いてくれるでしょう 梅雨の時期に挿し木をすれば、 2週間少しくらいで発根すると思います。

次の

紫陽花を地植えする時期は?万華鏡なら挿し木・鉢植えがおすすめ?

あじさい 挿し木 方法

紫陽花を挿し木にする時期 紫陽花は、挿し木に向いている花です。 よく活着するので、簡単に増やすことができますよ。 紫陽花の挿し木の適期は6月の梅雨のシーズン。 花が終わった後から、7月下旬までには挿し木をしましょう。 花が咲いていてもOKです。 紫陽花は翌年も花を楽しむために、花後に剪定をしますが、剪定時期もちょうど同じころなので、 剪定した枝を使って挿し木にするのがおすすめです。 今年は、紫陽花の挿し木に挑戦して、お気に入りの紫陽花を増やしてみませんか。 それでは、挿し木の方法をご紹介します。 紫陽花の挿し木の増やし方 紫陽花の挿し木は、2節挿しが基本です。 今年伸びた元気な枝を使って挿し木にしましょう。 長い枝を使えば、ひとつの枝から2~3本の挿し穂をとることができますよ。 紫陽花を挿し木にする用土 挿し木にする用土は、水はけや保水性がよいもの。 また、病原菌のいない新しい土で、肥料の入っていない小粒の土を使います。 鹿沼土などを単用したり、混ぜて使ったり、市販の挿し木用土を使ってもOKです。 fa-heart 紫陽花の挿し木 1 花がついているものは、節の上でカットします。 切り花やドライにして楽しみましょう。 2 枝に節が2節残るようにカットします。 4枚の葉がついている状態です。 3 下の2枚の葉を切り落とします。 これは葉の蒸散を防ぐためです。 5 植える部分をカッターで斜めにカットします。 きれいに切ることで発根しやすくなります。 6 すぐに水に挿し、1時間以上おきます。 7 湿らせた用土に割り箸で穴を開け、植えます。 切り口を傷つけないように、やさしくそっと。 葉っぱ同士も当たらないように植えましょう。 8 半日陰に置き、水が切れないように管理します。 うまくいけば、1ヵ月くらいで発根します。

次の

紫陽花を挿し木にする時期はいつ?簡単な増やし方と鉢上げの方法

あじさい 挿し木 方法

Sponsored Links あじさいの育て方地植えするには? あじさいってどうやって育てたらいいのか? 全く知識がない人にとってみると、なかなか難しそうに感じてしまいますよね。 ですが、心配はいりません。 簡単です。 正直なところ地植えなら誰でも、花を咲かせる事ができますよ。 それでは、まず地植えする場所はどんなところがいいかを簡単に説明します。 あじさいは梅雨時期に花を咲かせますので、乾燥を嫌います。 ですから、西日に当たりすぎてしまうと葉っぱ自体や土が乾燥してしまうので、水分不足になります。 でも、光合成は必要ですので日中の日差しはしっかりと当たるところがいいです。 できることなら、西日からは影になって、日中はしっかり日差しを浴びることのできる家の東側を選びたいですね。 とは言っても、それも難しいようであれば植える場所自体はあまり気にする必要はありません。 場所が決まったら土づくりを始めます。 あじさいの場合は土壌が酸性だと青、アルカリ性だとピンク色の花が咲きます。 青色の花を咲かせたい場合には、庭土:腐葉土:ピートモス=5:3:2の割合で耕して土づくりをします。 基本的には酸性雨と言われているくらいですから、土も酸性になりやすいです。 放っておくと青の花が咲く可能性が高くなります。 ピンク色を咲かせたい場合は、土をアルカリ性にしないといけませんね。 この苦土石灰がアルカリ性なので、雨の季節が始まる前(春先)にもう一度混ぜておきましょう。 ただ、どうしても雨が降ってしまうと酸性に傾いていきますので、アルカリ性を維持していくには、それなりのケアが必要になってきます。 こうして、できた土にあじさいを植えていきます。 あじさいの地植えする時期はいつ頃がいい? あじさいの苗を地植えする時期は、3~4月と9月が最適です。 上で述べました土作りは1か月前に行っておくといいです。 当然ながら苗よりも一回り大きな穴を掘って、苗を植えます。 言ってみれば、これだけでとても簡単な作業ですね。 その気になればすぐにでもできそうですね。 挿し木は6月~7月に枝の切り口を斜めに整えて、水に浸します。 その後、庭に植えます。 根がしっかり生えるまで水やりを欠かさず行います。 (土が乾かない程度) Sponsored Links 地植えのあじさいを植え替えるには? あじさいは、放っておくとすごく株が大きくなります。 それを上のような挿し木や株分けによって、増やしていきます。 大きくなりすぎた株は、株分けをして増やす方がコンパクトでいいですよ。 全ての花が咲き終わった後に、株を掘り出します。 このとき根に傷がつかないように注意しましょう。 なるべくなら手で土を払い落とし、株分けをします。 硬い時は、マイナスドライバーやナイフを使います。 株分けができたら、同じ土に分けて植えましょう。 どんどん大きくなっていきますので、邪魔にならなければ問題ありませんが、邪魔になるようであれば剪定します。 来年も花を咲かせるためには、花の時期が終わったらその咲いていた枝を花から二節下の脇芽が出ている部分からカットします。 7月半ばまでに行った方がいいでしょう。 例え、花が咲いている状態でもこの時期までに剪定しておくようにします。 花の咲かなかった枝は、切らずに残します。 ただ、どうしても大きくなりすぎてしまって邪魔に感じてしまう場合には、取りあえず来年の花は諦めて、花の咲かなかった枝もカットする方法もあります。 それでも、意外と咲いたりしますけどね。 まとめ あじさいって土の管理で色が変わるのが面白いですよね。 鉢植えもいいですが、場所があれば庭に植えて毎年咲くのを待つっていうのも楽しいですよ。 きれいなあじさいが咲くと、雨の時期も本当に嬉しくなってきます。 自分の育てたあじさいが今年も花を咲かせている! うれしいですよね。 しかも、鬱陶しいはずの雨によく映えるっていうのがもっといいんです。 あなたも、一緒に楽しみましょうよ!.

次の