リステリン no6。 リステリン トータルケア No.6の謎 各国製品成分比較

リステリンが痛いけど使うべき?口臭は消える?悪化する?

リステリン no6

タイのリステリンと日本のリステリンの違いは?日本でタイのリステリンを手に入れる場合は個人輸入以外にありますか? タイで去年からリステリンNo. 6ずっと使っていたんですが先月帰国。 タイと同じ効能の(歯石の沈着予防・口中の浄化・歯垢の沈着予防・歯肉炎予防・口臭予防)リステリンNo. 6が 日本で発売されていたのでこの前買ったのですが、タイのリステリンNo. 6と日本のリステリンNo. 6は成分が違うんでしょうか? 使用感が少し違う感じがしました。 タイのリステリンより甘い?口臭対策効果もなんか効いてない・・・ WEBで成分が少し違うと見たことはありますが詳しく調べてないので、本当かどうか・・・ どなたか詳しく違いをご存知のかたはいらっしゃいますか? 使用者の方 また、もし日本でタイのリステリンを手に入れる場合は個人輸入以外にありますか? ま~個人輸入でも日本とあまり変わらない値段だったら買いたいです。 (リステリン液体なので送料が気になりますが) 色々ネットで海外のリステリンNo. 6は最近話題になってますね。 『かなり虫歯予防や歯周病予防に効くという。 』私もこの言葉をタイの歯医者さんから聞いて愛用するようになりました。 ネットで見てみるといろいろ出てきますよ。 私も日本のリステリンと違いが気になったのでWEBで調べてみました。 違いを簡単に解説すると; 話題になってる奴はタイ・ボルネオだけで販売されている強力なマウス・ウォッシュ「リステリンno. 6」らしいです。 「リステリンno. 6」は虫歯予防に非常に有効で、これが広まれば歯医者の死活問題に関わる為、 一部の国でしか販売されていない。 日本で新発売された「リステリンno. 6」は、有効成分(フッ素)が入っていない。 しかし虫歯予防に効果のある成分がフッ素なのか? それとも他の成分なんか?その辺までは調べてないです。 う~ん、私は日本のリステリンを使ったことがないのでなんとも明確に差が判断できませんね・・ ただ言えることは日本のリステリンとタイ、カンボジアのリステリンは 成分が少し違うといったとこでしょうか。 konami01228さんはどうもタイ、カンボジアのリステリンの方が合ってるんでしょう。 残念ながら、日本では同じ成分のものが売ってないらしく、話題になってる『リステリンNo. 6』は 現在タイとカンボジアしか売ってません。 日本からの購入方法は現在の所、ヤフオクか個人輸入になると思います。 個人輸入だったら、ここらへんが扱ってるようです。 konami01228さんがよかったら今度私がヤフオクにタイのリステリン出しましょうか?.

次の

タイ産のリステリン紫ナンバー6のフッ素の効果と危険性について

リステリン no6

リステリンは口臭が消えたって人と悪化するって人に分かれる、合わない人はホントに合わないので自分が合わない(口臭が悪化した)と感じるならやめるべきです。 口臭予防にリステリンは効果的か? 口臭予防効果と言えばマウスウオッシュをイメージしたことがあると思いますが中でも一番売れてるマウスウオッシュは リステリンですね。 世界中でも販売され、ミントタイプのものからいろいろなフレーバーのものが販売されています。 甘くないタイプもあり甘いのが苦手な人も使用することができます。 でこのリステリンですが 口臭予防に効果があるという人もいれば口臭が悪化したという意見もあり、どっちなの?って話です。 実は筆者は過去口臭に悩んでる時にいろんなタイプのリステリンを試したことがあり、低刺激やアルコール入り、はては海外の殺菌成分が超強力と言われるものまでわざわざ輸入代行業者を使って使用していました。 でも今は口臭予防にリステリンを使用することはありません。 リステリンが痛いならやめておくべき 私がリステリンを使用しなくなった理由の一つが使用後に 痛いということです。 私に限らずリステリンを使用すると痛いという人って結構多いと思います。 最初は頑張って使っていましたね。 特に喉の奥の舌苔なんかを取りたかったのでうがい方式で何度もやってました。 が、まあ使用した後は痛い痛い 笑 でもこれで口臭がなくなるなら・・・ ということでしようしてましたが、リステリンの使用直後は口がピリピリして唾液がジュワジュワと出るもののしばらくするとネバネバしだして 口の中が乾燥してきたんです。 さらにリステリンを使っていると 胃まで痛くなってきました。 一部のリステリンにはエタノールが含まれており、舌や口の中があれる人もいるそうで、アレルギーのようなものともいわれています。 また人によってエタノールが含まれていない場合でも同じ現象になる場合もあります。 私もノンアルコールタイプのリステリンに変えもやはりダメでした。 また、私の場合リステリンの使用をやめた理由の一つに胃が痛くなったということが挙げられます。 もともと胃が弱かったせいもあり、リステリンを使用した後に口の粘膜や胃が荒れて痛くなるんです。 リステリンを飲みこむわけではないのですが、どうしても口の中に含む以上胃の中に唾液と入ります、それが胃が痛い原因になってたと思います。 リステリンで口臭消えた? 実際にリステリンで口臭が消えたという人もネットを見てるとたくさんいるのは事実です。 「一か月使ってたら口臭が消えた。 」 「使用してすぐに口臭が消えた」などなどいろいろです。 実は私がわざわざ海外からリステリンを取り寄せたのは某掲示板で 「海外の殺菌成分の強力なリステリンを使えば口臭なんか一発で消えるぞ!」 という書き込みがあったからです。 なるほど!日本のリステリンは規制で殺菌成分が弱いけど欧米なんかはオーラルケアが進んでるから殺菌成分を強くして口臭を消す効果が高いんだ! ということでわざわざ東京の新宿に当時あった輸入代行業者にお願いして取り寄せてもらいました。 (今は輸入代行はカンタンになりましたが当時はめちゃくちゃめんどくさかったのとネットの輸入代行業者って当時は怪しかったんです) ようやく届いた海外のリステリン。 かなり刺激の強く(と感じた)、確か当時は茶色のような色だった気がします。 で使った結果結果として、 口臭は消えたんです。 でも効果は一時的、すぐにやっぱり使う前のように口が臭くなります。 さらに刺激が強すぎてやっぱり胃が痛くなりました。 刺激が強くて痛い・・・ なので自分には合わないと思って使用をやめましたね。 今は海外に住んでるので海外のリステリンはいろいろな種類が手に入るんですが、やはり買おうと思いません。 ただ、ネットを見てるとほんとにリステリンは効果が分かれるので試してみるのもありかもしれません。 リステリンで口臭悪化 やはりリステリンで口臭が悪化するという意見もネットにあるわけです。 特に言われるのが ドライマウスになりやすいというもの。 ドライマウスは口の中が何等かの原因で乾燥したり、唾液の分泌が不足して口が臭くなるというもの。 特にリステリンだけではなくマウスウオッシュを使用すると口がパサパサネバツキやすい、口の中が乾きやすいため口臭悪化になるという意見はネットではあります。 またリステリンの最大の特徴である殺菌力についても口の中には口臭の原因である口臭を発生させる悪玉菌を抑える良い菌いわゆる善玉菌もおり、むやみに殺菌すると良い菌も殺菌して口臭予防に良くないという意見も少なくないわけです。 また、味覚異常や歯石形成などの副作用も報告されていません。 」 と記載されてるので一応は問題ないのかもしれません。 ただ、人によっては「口が荒れる」という意見も少なくない。 「頑張って何日が使用してみましたが、ピリピリしてダメです。 」 「口の中のネバツキが増えて口臭が悪化した気がします。 」 「低刺激タイプも使用したのですがやはり全般的に刺激があるのか殺菌が強いのかダメです。 」 といろいろです。 合わない人はとことん合わない ということでリステリンは「口臭が消える」「口臭が悪化する」という人に分かれるので結論としてリステリンは合わなければ使わない方がいいと思います。 いやいやそれってどうなの? って思うかもしれませんが、実は舌磨きなんかでも口臭がなくなるって人もいればかえって舌磨きで口臭が悪化するって人もいるんです。 そもそも口臭外来や歯医者などの専門家でもかなり舌磨きや舌苔は取った方がいいという派と取らない派に分かれるくらいなんです。 誰でも共通の結果になると限らないことも多く、 口臭予防って個人差がかなりあるんです。 なのでリステリンについても効果があるという人がいるので自分で使ってみて合えばOKです。 海外のリステリンが日本で大人気? 実は海外旅行に行った際にリステリンを購入する人が増えてるそうです。 これは一部の人だけですが、 実は口コミでタイのリステリンが大人気何だそうです。 というのも タイや中国のリステリンにはフッ素が配合されており、虫歯予防や歯を白くする効果が高いとのこと。 そのリステリンの名前は 「リステリンNo6」でネットではひそかにブーム。 口臭予防に関しては前述のように人それぞれだと思いますが、リステリンで口臭が消えたという人はいいかもしれません。 ということで私も香港のリステリンを買ってみたんですが・・・ ちゃんとフッ素入ってますね やっぱり口の中が痛いですね。 合わない人は合わないんです 笑 ちなみにタイまで行かなくても日本で輸入代行でカンタンに手に入れることができます。 ただしあくまで日本では販売されてない薬なので薬害があっても自己責任になるのでその点はご注意を。 ちなみに欧州などのものはホワイトニング効果のあるものも売られてるらしいですが日本では販売禁止だそうです。 ちなみに私が以前タイに住んでた時に人気だったのはリステリンNo6より緑色のタイプです。 緑ってタイだと理由があって緑茶が健康にいいからとプチ緑茶ブームだからです 笑 なんにしてもどんなに良いリステリンでも合わない人は口や胃を痛めたり、口臭がきつくなることがあるのでやめておいた方がいいです。

次の

タイ旅行 自分用のお土産の人気商品! 紫色のリステリン(LISTERINE) トータルケア6

リステリン no6

タイさんのリステリンの紫ナンバー6が大変人気なのは、 日本のリステリンには入ってないフッ素が入っているからです。 実際に、リステリン紫の「リステリントータルケアナンバー6」の成分を見てみたところ、フッ素が入ってました。 フッ素と言えば、溶けでた歯の成分を歯に戻して、エナメル質も強くしてくれる成分です。 歯医者さんに行くと、フッ素を塗っていただくことが可能ですね。 日本の我が家の近所の歯医者さんでは、数百円でフッ素を塗って頂ことが可能です。 そんな力を持つフッ素ですが、日本で販売されているリステリンには、フッ素は一切入っていません。 フッ素は、虫歯の予防に良いとされているため、フッ素が入ったリステリンは欲しいですよね? 私も虫歯体質なだめ、そんな噂を聞きつけてリステリン紫ナンバー6を、タイで購入してみました。 タイ産のリステリン紫ナンバー6を使ってみた口コミ タイ産のリステリン紫ナンバー6を使ってみましたが、 はっきり言ってかなり刺激が強く、舌がしびれるほどの刺激でした。 言うならば、歯医者さんで麻酔注射を打つ前に薬を塗った時のあのしびれです。 口の中にずっと含んでいることができずに、吐き出してしまった程です。 ただ、その後にそのまま歯磨きをしうがいをすると口の中がかなりスッキリしてました。 すっきりしただけではなく、歯がツルツルになったと言うのも事実です。 リステリン紫ナンバーシックスをいちど使ったらやめられなくなる人と言うのは、この刺激がたまらなく止められなくなるようですね。 リステリン紫ナンバー6のメリット リステリン紫ナンバーシックス間は、タイの方々にもかなり人気がある商品です。 セブンイレブンなどでも、大量のリステリンなどが並んでいるほどタイではリステリンが重宝されています。 それもそのはず、タイの方々はとても口臭などの予防、歯磨きなどには気をつかっています。 今では多くの方々が歯の矯正をし、ホワイトニングなどにも命をかけています。 え?タイって発展途上国じゃなかったの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今現在のタイという国は、こういう国なのです。 中には貧しい暮らしをされてる方もいらっしゃったりしますが、貧富の差がすごいという事ですね。 そんなタイなので、フッ素入りのリステリンが人気なのも当然と言えば当然のことでしょう。 またタイの人たちには虫歯が少ないと言われています。 こんなに甘いタイ料理やデザートを食べているのに虫歯が少ないのは、リステリンのおかげだと思ってる方も多いようですが、 リステリンにももちろんその効果はあるかもしれませんが、タイの方々はとにかく歯磨き等に命をかけています。 タイの人たちと一緒にいると、常に歯磨きをしています。 日本人以上ですね。 まとめると、 リステリン紫のメリットは、一時的な口臭予防とスッキリ感を得られる事です。 一次的な口臭予防だと言うには、数時間すると、口臭がまた戻ってしまうと言われているからです。 また1番のメリットは、リステリンを使用した後のすっきり感でしょう。 リステリン紫ナンバー6のデメリット それではリステリン紫のデメリットをお伝えさせていただきます。 リステリン紫のデメリットは、まず 口の中の善玉菌まで減ってしまうということです。 口の中をすっきりさせる化学物質によって口の中にある善玉・悪玉にかかわらず菌を減らすことになります。 そのため、その後ケアの仕方によっては悪玉菌だけが口の中に増えることになります。 また、リステリンを歯垢(プラーク)を落とすために使うと言う方もいらっしゃるようですが、残念ながら歯垢には全く効果がないようです。 また、こちらのリステリンはお子様には絶対にNGだとされています。 刺激が強すぎるためです。 口の中の必要な菌まで殺してしまうことで、病原菌が口から体内に入ってしまう確率を増すことになります。 善玉菌を殺してしまう事によって、病原菌を体内に侵入させる事を防いでくれるシステムが機能しなくなってしまうという事ですね。 リステリン紫ナンバーシックスの使用のしすぎは危険? リステリン紫ナンバー6に含まれる成分は、大量に取らなければそこまでは問題ないかもしれませんが、大量に摂取してしまうことによって肝臓や腎臓などに障害を起こす場合もあります。 この件に関しては、飲み込む訳ではありませんのでそこまで問題は無いかもしれません。 いずれにしても、日本で薬事法によって許可されない製品と言う事は、何かしら問題がある製品だと言うことなのではないでしょうか? リステリン紫ナンバー6が日本で流行ると、歯医者さんが潰れてしまうと言う噂が先行したりしましたが、これはあくまでも都市伝説でしょう。 化学物質で作られている製品だと言う事は、間違いない事実です。 口に残る事で体の中に取り込んでしまうという事 リステリンでうがいをした際に、口にわずかに残ったりしますよね? 口に残ることで、唾液と共に体に取り込んでしまうのです。 うまく全部出し切ったと思っても、結構残ってるものなんです。 体に吸収してしまっても良いことありません。 リステリンを使用してるのに口臭が悪化する理由 また口臭予防に関しても、一時的な効果はありますが、 長年使用することによってどんどん悪玉菌ばかりが増えてしまい、口臭を悪化させてしまうことにつながります。 リステリンで毎日うがいしてるのに全然口臭が良くならないと言う事は、つまりこういうことなのです。 刺激が強いものには訳があります。 まずは刺激が強い=化学物質がと考えて、使用について考え直してみるべきです。 歯医者さんに聞いた一番効果的な虫歯の予防方法 ちなみに、信頼できる歯医者さんに聞いたことですが、1番良い虫歯予防は、歯ブラシで歯や歯茎のマッサージを行う事です。 また噛み合わせも重要だと言う事を言われてました。 丁寧に歯をブラッシングすることで、虫歯菌を防ぐことができます。 化学物質で一時的なスッキリ感を得ることと、すっきり感はそんなに得られないけれども体の中に悪いものを取り込まない歯磨きをすることとどっちが良いでしょうか? 今一度考え直すきっかけとなりました。 ちなみに、今回の記事は化学物質をあまり体内に取り入れたくないという考えの私が書いてるものであり、 普段から化学物質にそんなに敏感ではない方にとっては、使用頻度を誤らなければそんなに気になるレベルの問題ではないはずです。 結論:リステリン紫ナンバー6の使用は計画的に!.

次の