ジムニー%20シエラ%20納期。 大人気ジムニーの納期が再延長!! 海外需要増と新型コロナ禍で納車待ちが1年半に

ジムニー新型の人気カラー(色)をスバリ聞いてみた!納期や納車時期はいつ?|会社員デルの検証ブログ

ジムニー%20シエラ%20納期

1998年に登場した先代ジムニーシエラ「JB33」。 2000年に新しいDOHCエンジンを搭載した「JB43」が登場するなど、地道な改良を重ねてきたものの、やはり20年というモデルチェンジサイクルは長かった。 2018年7月5日に現行のジムニーシエラが登場すると、待ちに待ったユーザーから人気爆発! 多くのバックオーダーを抱える状況となった。 発売してすぐは、納期が1年以上かかるといわれたが、1年以上が経過した2019年9月での納期状況はどうなっているだろうか? 【参考】 新型ジムニーシエラの納期はいつ? 2018年7月の発売当初、ジムニーシエラの納期は1年以上とされていた。 つまり2019年9月現在、発売当時にオーダーしたユーザーの手元に、ようやく納車が終了しつつあるという状況だ。 発売開始時点で、スズキはジムニーシエラの国内販売台数の目標を1200台/年としていた。 つまり、1か月あたり100台。 全国都道府県に割り当てるなら、1都道府県あたり月に2台程度だ。 そのため、発売時以降1年あまりの追加オーダーに対応しきれず、2019年9月時点ではジムニーシエラが1年半〜2年程度の納期となっているようだ。 ジムニーシエラは増産しないの? 人気を受けて、2019年に入りジムニーシエラは増産されている。 しかし、ジムニーシエラは世界販売されており、そのため日本国内のみに販売数を振り分けるわけにはいかず、納期の大幅圧縮とは至っていないもよう。 ところで本家、新型ジムニーの納期情報ってどうなっているの? 全国軽自動車協会連合会の「2019年8月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報」によると、スズキ「ジムニー」の8月の販売台数は1916台。 7月は2367台を販売した。 2019年1月から8月までの累計では2万872台となった。 【参考】 ジムニーの発売当初の国内販売目標台数(年間)は1万5000台とされており、1か月あたりで1250台となる。 それに対して実績値は1〜8月で2万872台であり、月あたり2609台となる。 目標値の倍以上を販売することでバックオーダーに対応しているが、それでもまだ、人気に追いつかない状況となっている。 2019年9月時点で新型ジムニーの納期は1年あまりで推移しているもようだ。 ジムニー/ジムニーシエラの納期は早まるの? 発売開始から1年を経過し、さすがに追加オーダーが落ち着いてくる時期だ。 しかし、ユーザーの中には納期の長さを嫌い、注文を控えていたケースも想定される。 また、販売店(ディーラー)は、人気車の場合、顧客からのオーダーがなくても、売れることを見越してメーカーに発注するケースがある。 ジムニー/ジムニーシエラの場合もディーラーがメーカーに先行発注するケースもありえる。 そういった事態が重なった場合、しばらくは納期が長引く可能性もある。 一方でディーラーによっては先行発注分が在庫として存在するケースもあるので、ディーラーへの注文は1か所に限らず、多数を訪問し状況を把握することをおすすめしたい。 文/中馬幹弘.

次の

【納期1年待ち?】新型ジムニーシエラの魅力とは?

ジムニー%20シエラ%20納期

あ発売以来、供給が需要に追い付かず納期が1年以上とも言われている、スズキのジムニーとジムニーシエラですが、最新の納期はいったいどうなのか?という疑問にお答えいたします。 ジムニーと言えば、本格派のSUVとして、実に20年ぶりのモデルチェンジとなりました。 モデルチェンジを待ち焦がれた人も多くいたため、フルモデルチェンジとともに売れに売れて大人気となっています。 メーカーもまさかここまで売れるとは思っていなかったようで、供給が全く追いついていません。 いかがでしょうか、このド迫力の画像。 SUVと呼ばれる車は多数世の中に存在しますが、本格派のオフローダーは本当にわずかです。 世の中に存在する大多数のSUVは、街中を走る車で、悪路を走行するためのSUVではありません。 ジムニーは、悪路を走破するために作られた貴重な本格派SUVと言えます。 唯一無二の走りを求めて、ジムニーを買い求める人が数多くいるということです。 スズキジムニーの最新の納期情報を調査しましたので、皆様にお伝えしたいと思います。 ジムニーの納期 皆様よくご存じだと思いますが、ジムニーは660ccの軽自動車の「ジムニー」と、1500ccの「ジムニーシエラ」があります。 人気があるのは、維持費が安いジムニーのほうです。 さて、ジムニーの納期ですが、2019年6月に実際に試乗をして、見積もりを取って確認したところ、ジムニーの納期は未定ながら、10ヶ月ほどで入荷するという情報を得ました。 もちろん地域によっても多少違うようですが、納期1年はかからないようです。 もともと、ジムニーシエラと比べると、ジムニーは売れる車だったので、メーカーもそれを見越して多く生産する体制を構築していたと考えられます。 繰り返しになりますが、ジムニーの納期は10ヶ月となります。 申し込みをすれば、さらに縮まる可能性もあるという情報もあります。 購入希望者の方は、できるだけ早めに申し込みをしましょう。 ジムニーシエラの納期 さて、1500ccの小型車のジムニーであるジムニーシエラの納期ですが、2019年6月にお店に確認したところ1年程度かかるとのことでした。 もちろん、地域によって差はあるでしょうが、おおむねこのくらいの納期になるそうです。 国産の量産車で納期1年とはずいぶんと時間がかかりますね。 メーカーもここまで、ジムニーシエラが売れるとは予測していなかったと考えられます。 ジムニーシエラは、小型車で1500ccの排気量ということで、ジムニーよりも維持費がかかります。 ジムニーとジムニーシエラは、車体は共用となっており、外観上の違いはブリスターフェンダーの有無くらいです。 もちろん、車幅が大きくなっている分、走行安定性はあります。 小型車にこだわらないのであれば、納期が1年かかるジムニーシエラをあきらめて、ジムニーにするのも手かもしれません。 ジムニー・ジムニーシエラの最新納期情報まとめ ジムニーとジムニーシエラの最新納期情報をまとめると、以下の通りです。 ジムニーの納期は10ヶ月• ジムニーシエラの納期は1年 ただし、納期については短縮される可能性があるとお店の営業担当者は言っていました。 スズキと言えば、似たようなSUVにハスラー、クロスビーがあります。 同じSUVでも、本格派SUVのジムニーと街乗りSUVのハスラー・クロスビーでは車の性質がぜんぜん違います。 本格派SUVのジムニーをほしいと考えている人が、納期の問題でハスラー・クロスビーを購入するときっと後悔すると思います。 申し込みをした順番に納車されるので、早くほしい人は早く申し込んだ方がよいでしょう。

次の

スズキ・新型「ジムニー」の最新納期情報。50周年特別仕様車が4月に発売?プジョーディーラにて「ジムニー」が納車するなど…

ジムニー%20シエラ%20納期

1998年に登場した先代ジムニーシエラ「JB33」。 2000年に新しいDOHCエンジンを搭載した「JB43」が登場するなど、地道な改良を重ねてきたものの、やはり20年というモデルチェンジサイクルは長かった。 2018年7月5日に現行のジムニーシエラが登場すると、待ちに待ったユーザーから人気爆発! 多くのバックオーダーを抱える状況となった。 発売してすぐは、納期が1年以上かかるといわれたが、1年以上が経過した2019年9月での納期状況はどうなっているだろうか? 【参考】 新型ジムニーシエラの納期はいつ? 2018年7月の発売当初、ジムニーシエラの納期は1年以上とされていた。 つまり2019年9月現在、発売当時にオーダーしたユーザーの手元に、ようやく納車が終了しつつあるという状況だ。 発売開始時点で、スズキはジムニーシエラの国内販売台数の目標を1200台/年としていた。 つまり、1か月あたり100台。 全国都道府県に割り当てるなら、1都道府県あたり月に2台程度だ。 そのため、発売時以降1年あまりの追加オーダーに対応しきれず、2019年9月時点ではジムニーシエラが1年半〜2年程度の納期となっているようだ。 ジムニーシエラは増産しないの? 人気を受けて、2019年に入りジムニーシエラは増産されている。 しかし、ジムニーシエラは世界販売されており、そのため日本国内のみに販売数を振り分けるわけにはいかず、納期の大幅圧縮とは至っていないもよう。 ところで本家、新型ジムニーの納期情報ってどうなっているの? 全国軽自動車協会連合会の「2019年8月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報」によると、スズキ「ジムニー」の8月の販売台数は1916台。 7月は2367台を販売した。 2019年1月から8月までの累計では2万872台となった。 【参考】 ジムニーの発売当初の国内販売目標台数(年間)は1万5000台とされており、1か月あたりで1250台となる。 それに対して実績値は1〜8月で2万872台であり、月あたり2609台となる。 目標値の倍以上を販売することでバックオーダーに対応しているが、それでもまだ、人気に追いつかない状況となっている。 2019年9月時点で新型ジムニーの納期は1年あまりで推移しているもようだ。 ジムニー/ジムニーシエラの納期は早まるの? 発売開始から1年を経過し、さすがに追加オーダーが落ち着いてくる時期だ。 しかし、ユーザーの中には納期の長さを嫌い、注文を控えていたケースも想定される。 また、販売店(ディーラー)は、人気車の場合、顧客からのオーダーがなくても、売れることを見越してメーカーに発注するケースがある。 ジムニー/ジムニーシエラの場合もディーラーがメーカーに先行発注するケースもありえる。 そういった事態が重なった場合、しばらくは納期が長引く可能性もある。 一方でディーラーによっては先行発注分が在庫として存在するケースもあるので、ディーラーへの注文は1か所に限らず、多数を訪問し状況を把握することをおすすめしたい。 文/中馬幹弘.

次の