ほくろ 除去 赤み。 ほくろ除去の失敗例まとめ!【赤み・傷跡・陥没・ケロイド】

ほくろ除去後のケアの方法は?テープの貼り替えや紫外線対策について

ほくろ 除去 赤み

「ほかの人は気にしてないってわかってるけど気になる・・・」 という代表といえば「ほくろ」 ほくろがどこにもない、という人は珍しいでしょうし、誰でもどこかにはあるもの。 でも、それが顔の目立つところだったり、大きかったりすると、 本当に気にしちゃうものなんですよね; 「ほくろをどうにかしたい!」と思ったら、レーザー治療で取ることができます。 今はかなり一般的になってきたので、費用面でもそこまで負担にはならないですし、 安心して施術を受けることができるようになってきました。 ただ、 「本当にレーザーで取れるの?」 「取ったあとの傷跡はどうなるの?すぐに治る?痕になったりはしない?」 なんていう不安はなかなか消えません。 レーザー治療をしたせいで余計に目立ったらどうしよう! なんて心配する方も多いと思います。 この記事では、レーザー治療でほくろ除去を行った場合、 跡が消えるまでどれぐらいかかるか?ということについて書いていきます。 周りの人には「ほくろを取るなんて大げさだ」と言われがちですが、気にすることはありません! 毎日鏡で見る自分のことですから、自分が胸を張って楽しく生きられるようになるのが一番。 しっかり正しい知識をつけて、ほくろ除去に挑んでみてくださいね。 Contents• ほくろ除去をした後はどうなるの? 昔は外科手術が必要でしたが、今はレーザー治療によって除去するのが主流になっています。 時間が短い、傷が目立たない、というのがメリットです。 レーザー治療によってほくろを除去するときは、 ほくろの色の原因になっている色素細胞にレーザー光を当て、 蒸散させることで取り除いていきます。 仕組み的にはそのようになっていますが 、「少しずつ削っていく」といった方が解釈しやすいですね。 これにより、ほくろ除去後は「傷を負っている」のと同じ状態になります。 治療した直後は赤っぽくなることが多いです。 ちょっと腫れているニキビや、ほんの少しすりむいた傷口と似ている感じですね。 場合によっては、もともとのほくろの色よりも目立つので、ショックを受けるかもしれません。 基本的に、術後も全く腫れずにきれいな肌色!ということはほぼありません。 (小さいほくろであれば、そういうこともありますが) 大体赤っぽく腫れるものなので、まずは安心してください。 スポンサードリンク ほくろ除去をした後の傷跡はどれぐらいで消える? では、その赤い傷跡はどのように消えていくのでしょうか。 ここからは、普通の傷跡が治るプロセスと同じになります。 どれぐらいの期間で色が抜けるかは、ほくろの大きさに比例しますが、 小さなほくろであれば、術後一週間ほどでほぼきれいになるようです。 ただ、目立っていたような大きなほくろだと、数か月~半年ほどは見た方が良いでしょう。 また、大きなほくろを除去した場合、色が落ちても「くぼみ」が残ってしまうことがあります。 ほくろの傷跡が消えない!これってどうして? ほくろの除去跡は上に書いたようなプロセスで消えていきますが、きれいに消えないことも中にはあります。 レーザー治療時の傷跡であれば、時間と共に薄くなっていくのですが、まれにほくろが再発してしまうことがあるのです。 レーザー治療では、傷跡が残らないように細心の注意を払って施術が行われます。 そのため、「削りすぎないように」調節するのですが、ここに落とし穴が・・・ この時、もしほくろの原因となっている色素細胞が皮膚の奥の方にあると、取り切れないことがあるのです。 傷跡ができないように最低限の削り方にしようとするから、再発率もそれなりにある、ということですね。 この場合、待っていても良くなることはありません。 もう一度通院して、ほくろの再除去を行う必要があります。 大きなほくろの場合は、2~3回の除去が必要になることも多いようです。 そのあたりのプランも含めて、初回のときに先生に相談してみると良いでしょう。 ほくろの除去跡をきれいに消すための方法 術後、なるべくきれいに傷跡を消すために気を付けることをまとめました。 ・処方された化膿止めはきちんと塗ること。 ・シートや傷パッドなどを処方された場合、掻いたりいじったりしないこと。 ・紫外線に当てないこと。 これらを守らず、傷口に塩を塗るようなことをすると、傷が悪化してしまします。 「普通の皮膚よりも何倍もデリケートなんだ」ということを忘れないようにして対策をとってくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ほくろ除去後の皮膚の変化を書いていきました。 跡の残り方、消え方、ほくろ除去後の経過について、 イメージしていただけたら嬉しいです。 ほくろ除去って治療の時間はかなり短いのです。 私の友達も取りに行って、その間お子さんを預かったことがありますが、 「もう終わったの?」っていうくらい早く帰ってきました。 でも、術後は跡が消えるまでは数か月の注意が必要になります。 取るのは簡単ですが、そのあとは、気を抜かないでケアしてあげてくださいね!.

次の

【医師が監修】ほくろ除去は皮膚科?費用(保険)やレーザーの種類

ほくろ 除去 赤み

ほくろを除去後の凹みの原因 ほくろの除去の施術方法は、 実は簡単に分けると2通りあります。 メスでほくろ部分を切除して皮膚を縫合、縫い合わせる方法と レーザーによる治療・除去です。 レーザー施術による凹みの原因 ほくろのレーザー治療では、 切り取れない位置にあるほくろを除去することや 治療自体が短時間で済むメリットがあります。 レーザー治療を行う場合は、 数回の照射が必要になってくるので ある程度の期間が必要になってきます。 レーザー施術にも二通りあり、一つは QスイッチYAGレーザーによる照射で ほくろ細胞のメラニン色素を反応させ、 熱エネルギーで破壊し 体内で吸収分解にてほくろを取り除くタイプのもの。 もう一つは炭素ガスによる皮膚そのものを レーザーで削るものがああります。 炭素ガスレーザー治療は、 隆起しているほくろに対して非常に有効です。 凹むタイプの皮膚トラブルは後者のレーザー施術によるものが多くなります。 前者のレーザー治療では、 メラニン色素の化学反応を利用するもので 物理的に皮膚を削る必要もなく、凹むことはありません。 そのため ほくろを除去した際のトラブルが起きるとしたら 「炭酸ガスレーザーの施術」によるものが多くなります。 ほくろの母斑が深部にある場合は、個人差によって 必要以上に深く削らなければならないことがあります。 そしてレーザー治療では、レーザーで削った後には縫合せず、 自然に皮膚の閉鎖を待たなければならないことから 施術後はほくろの細胞があったところが 凹んでしまうというトラブルがどうしても起きやすくなってしまうのです。 ほくろ除去後の凹みはメスを使っても起こるの? それでは、「メスで切除」では凹むのかを調べていきましょう。 メスで物理的に皮膚の深い部分までほくろを除去することで、 傷が深くなることから大きなほくろの場合傷を縫い合わせるために 凹む傷ができにくい反面 皮膚再生には時間がかかります。 スポンサーリンク 確実にほくろ除去後のトラブルを防ぎたい場合は 長期戦として構え、日々のスキンケアが重要になります。 顔や普通の肌のケアと一緒ですね。 日々手間や時間をかけて贅沢なケアをしてあげましょう。 除去したところが黒い状態に!赤みを持つ場合も なぜ赤くなってしまうかを説明する前に、 ほくろ除去部分が黒くなる理由から説明します。 炭酸ガスレーザーでは完全に母斑が無くなるまで除去しないので、 再発や黒すみができてしまうのです。 炭酸レーザーガスを使ったほくろ除去施術では ほくろの元がある深部に到達することができない特徴があるため どうしても一部が黒くなってしまうのです。 これを防ぐには、 メスによる切除に切り替え 深部までほくろを除去する方法が最善の方法となります。 さらにレーザーでは照射によって ほくろ細胞以外の皮膚細胞内のメラニン色素にも反応して 再びほくろが形成される場合があります。 手早い分、後のリスクもあるということですね。 ほくろ除去後に赤みが出る原因 次に、どうして赤みが出るのかです。 施術後は繊維芽細胞が増殖するために どうしても傷痕は赤く硬くなってしまいます。 繊維芽細胞というのは、 端的に言えば皮膚を再生するための成分を作る細胞のことです。 コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という 真皮の成分を作り出すものといえば、 「ああ、あれね!」と分かる人もいるのではないでしょうか。 皮膚の修復に関与する繊維芽細胞が増殖を行うということは 「皮膚が再生を行っている」印になります。 そのため、 赤みは皮膚再生を行っているためにおきているために起こるので 外部細菌や施術の失敗によることが原因ではないのです。 赤みが出るだけなら安心できますね。 レーザー除去にしろメスで除去にしろ傷痕の再生で赤みが出ることは、 自然であり、問題はないということです。 対処方法としては時間をおいて自然治癒を待つことが一番です。 どうしても気になる場合 待っても赤みや黒ずみ、皮膚の凹みがなくならなかったり 気になる場合は病院などに行って相談するといいでしょう。 できれば施術を行ったところで見てもらうようにしましょう。 その方がお医者さんも状況を把握しやすく、 適切な処置を受けやすくなります。 まとめ ほくろ除去の方法は大きくわけて2つあります。 メスを使った切除法とレーザーを使う方法です。 それぞれ長所短所があるので、 ほくろ除去をしたい場合はそのほくろが一体どこまで深いのかなど 特徴を担当医としっかり分析してから施術に取り掛かる必要があります。 凹みの原因も赤くなったり黒ずんだりするのは 手術の失敗で起こるわけではないので、 長い目で見てお医者さんに行くかどうかの 判断をするのが一番いいでしょう。

次の

【浜松市でほくろ除去したい人へ】費用や痛みは?経過写真ありの徹底レポ!

ほくろ 除去 赤み

ほくろ除去体験談 皮膚科・形成外科でとってもらいましたが、先生の説明によると、ほくろを焼灼するとのことでした。 なので、おそらく電気分解法での焼灼だと思います。 1つ3000円と激安でしたが、カウンセリングなどはほとんどなく、初診で除去するほくろに赤ペンでマークをして数十分後に、ほくろ除去というスピード除去でした。 ほくろ除去の流れは、ベッドに横になったら、軽くアルコール消毒。 その後、医師がほくろ一つ一つに局所麻酔を施しました。 この麻酔が結構痛かったです! 特に唇に近いところの注射は他の部位よりも痛覚が過敏なのか、痛く感じました。 しかし、長年悩みであったほくろがなくなるならと考えると余裕で我慢できるレベルです。 10分くらいして麻酔が効いた頃に、焼灼です。 焼灼中はピッピッピッと電子音が聞こえます。 痛みは麻酔が効いているので、少しチクチクする程度でした。 ほくろ除去経過|術前 ほくろ除去前の写真です。 頬、鼻、鼻下、口角、こめかみに7つのほくろがありますね。 今回は、この7つのホクロ全部を除去してみました。 ほくろ除去経過|当日4時間後 ほくろ除去4時間後の写真です。 最初なのでキズパワーパッドは、1番小さいスポットタイプを切らずにそのまま使用しています。 ほくろ除去経過|6時間後(キズパワーパッド貼り付け2時間後) 少しずつ傷の部分が白く膨らんできました。 傷口から浸出液がでてきている証拠なので、貼り付け方も問題ないということでしょう。 ほくろ除去経過|1日後 ほくろ除去1日後の写真です。 傷口の白くなった部分が大きくなってきました。 キズパワーパッドは2~3日に1回交換すればいいので、この日はこのまま放置です。 ほくろ除去経過|2日後(45時間経過後) キズパワーパッドの交換のために、絆創膏を外して水道水で洗浄し、ティッシュでふいた後の写真です。 今回は、キズパワーパッドのスポットタイプを半分にカットして使いました。 部位によっては丸くカットしています。 絆創膏をできるだけ小さくした方が目立たないのでおすすめです。 こちらがカットしたキズパワーパッドを貼った写真です。 そのまま使うよりもかなり目立たない感じがしますよね。 後、実はこの写真、キズパワーパッドの上からエアウォールUVという紫外線を97%カットしてくれるフィルムを貼っています。 エアウォールUVはきれいに貼るとつけているのがわからないほど目立たないので、おすすめです。 ほくろ除去後は、紫外線対策をちゃんとしないと色素沈着が残ることがあるので、エアウォールUVで紫外線対策をすることをおすすめします。 絆創膏の上から日焼け止めを塗るのも可能ですが、つけ忘れて外出してしまうことがあったり、日焼け止めは取れてくることがありますよね。 効き目がなくなった状態で外出してしまったら、せっかくの苦労が水の泡になります。 なので、確実に紫外線カットしてくれるエアウォールUVがおすすめです。 ほくろ除去経過|4日後 お風呂に入ったときに、口の上のキズパワーパッドが外れたので撮影しました。 ほくろ除去4日後ですが、まだ目立ちますね。 ちなみに、鼻のキズパワーパッドも前日に剥がれて張り替えています。 鼻は汗を書きやすいので剥がれやすく、口周りはひげが伸びてきたせいで剥がれてしまったようです。 鼻や口周りは剥がれやすいので、カットせずに使用したほうがいいと思います。 また、運動して汗をかきすぎると、剥がれる可能性があるので、あまり運動をしないようにしたほうがいいですね。 ちなみに、私は自然治癒力を少しでも高めるために、ビタミン剤やバナナ、キウイなどの果物を毎日摂取するようにしています。 ほくろ除去経過|5日後 鼻、口角のほくろ除去跡はだいぶ目立たくなくなってきました。 一方、頬の2つはまだ陥没があります。 頬のほくろは色が濃かったので、深く焼灼されたので、治りが遅いのだと考えられます。 こめかみ部分もだいぶ良くなってきてますね。 頬とこめかみはキズパワーパッドを3日間張りっぱなしだったので、治りが早くなるのではないかと期待していたのですが、何度もキズパワーパッドを交換している鼻や口の下の方が治りが早いようです。 私の場合は、キズパワーパッドを長く貼ったからといって治りがよくなるわけではありませんでした。 ほくろ除去経過|一週間後 ほくろ除去7日後の経過です。 こめかみの下、鼻、口角の跡のキズパワーパッドが白くふくらまなくなったのでテープを外しました。 ほくろ除去跡はだいぶん目立たなくなってきました。 滲出液は出なくなったので、上皮ができたのだと思います。 なので、これらの跡に関しては、テープは卒業となりました。 テープを剥がした跡は紫外線対策のために、エアウォールUVだけを貼ります。 エアウォールUVを貼った写真はこちらです。 正直ほとんどわからないと思います。 ここまでくればもうほとんど目立たないですね。 関連記事 2018-11-23 00:37 ほくろ除去経過|8日後 ほくろ除去経過8日後です。 鼻と口の上のほくろ除去跡はほとんど目立たなくなりました。 口の上のほくろもキズパワーパッドを貼っても膨らまなくなったので、翌日からはテープなしにしています。 ほくろ除去直後はほんとに治るのか不安でしたが、かなり治ってきて嬉しいです。 普段はマスクで隠しているので、誰でも何も聞かれませんでした。 しかし、今日は、お昼ごはんを友人と食べることになり、どうしても流れで断ることができなかったのです。 結構何か言われるかを心配していましたが、「どうしたの?」と聞かれ、「怪我をした」と適当にごまかしてなんとかなりました。 テープが少なくなっていたからギリギリごまかせた感じです。 さすがに、テープを顔に5枚も貼っていては、怪しまれたと思います。 なので、ほくろ除去後は8日後からギリギリ人と食事ができると考えていいでしょう。 ほくろ除去経過|9日後 ほくろ除去経過9日後です。 今日からテープは2枚になりました。 日中はこの状態でマスクをして過ごしています。 頬のテープも白くなっていないので、明日くらいには外せるでしょう。 こめかみのテープは髪で隠れるので、頬のテープが外せたら、ほぼ見かけに悩む必要はなくなりそうです。 ほくろ除去経過|10日後 ほくろ除去経過10日後です。 どの跡もほとんど目立たなくなりました。 キズパワーパッドを貼っても白い膨らみがなくなってきたので、もう絆創膏は貼らなくてもいいと思います。 念の為、こめかみ上と頬はもう1日くらい貼っておいて、白くならなければ絆創膏なしにするつもりです。 1番治りが早いのが鼻ですね。 よく見ると陥没はありますが、写真ではほとんどわからなくなっています。 ほくろ除去経過10日後でこれくらいのレベルにまで回復するという参考になれば嬉しいです。 ほくろ除去経過|12日後 ほくろ除去経過12日後です。 鼻の跡はほとんど目立たなくなりました。 口角と唇上の跡もかなりよくなってきてますね。 頬の2つには、2日前からキズパワーパッドを貼っていましたが、白く膨らまなかったので、テープは卒業にします。 こめかみの上のキズパワーパッドは少し膨らんだので、また貼ってみて白くならなければ、テープなしにする予定です。 基本的に、目立つ部位のテープははがせるようになりました。 経過12日後になると、テープはほぼ貼らなくていいといえますね。 紫外線対策のためのエアウォールUVはまだしばらく貼っておきたいと思います。 ほくろ除去経過|二週間後 ほくろ除去経過二週間後です。 昨日から、もうテープはどこにも貼っていません。 最後に貼っていたこめかみ上の絆創膏は昨日に外しました。 13日後にすべてのテープがとれたということになります。 ほくろ除去跡はほとんど目立たなくなりました。 普段はエアウォールUVだけを貼って、マスクをして生活しています。 関連記事 2018-11-27 19:01 以降はあまり変化がみられないと思うので、写真だけどんどん追加していきたいと思います。 ほくろ除去経過|三週間後 ほくろ除去経過|四週間後 ほくろ除去経過四週間後の写真です。 あまり変化はわかりませんが、鼻下、口角、鼻のほくろ除去跡の色素沈着が目立たなくなってきた気がします。 頬とこめかみは陥没しています。 今後の経過に期待したいですね。 ちなみに、現在のケアは、頬とこめかみの部分のみエアウォールUVを貼っています。 鼻、鼻下、口角については日焼け止めをピンポイントで塗って、マスクをつけることで紫外線対策中です。 ほくろ除去経過|5週間後 ほくろ除去経過|6週間後 ほとんど目立たなくなってきました。 ほくろ除去前よりも顔の印象がよくなっていますね。 ヒゲ脱毛も同時に行い、1回照射(2週間前に照射)しただけなのですが、モテるようになったような実感があります。 女の子に彼女がいてそうと言われました。 紫外線ケアはほくろ除去した部分にのみ日焼け止めを塗って、日中はマスクをしています。 後、日差しが強いときに車を運転する場合は、サングラスをするようにしていますね。 ほくろ除去経過|7週間後 ほくろ除去経過|11週間後 ほくろ除去してから3ヶ月近く経過しました。 微妙な変化ですが、少しずつ赤みや凹みもなくなってきている気がします。 ほとんど目立ちませんが、きれいさっぱりきれいになるにはまだまだ時間がかかりそうですね。 ほくろ除去後のケア 病院では、抗生物質の塗り薬を塗っていただいたあとに、ガーゼをテープで固定するといった処置をしていただきました。 処方薬としては、抗生物質の軟膏ゲンタシンだけをいただきました。 絆創膏やテープなどはいただけなかったです。 3~4日は、毎日洗顔後(朝と夜)に、軟膏を塗って、絆創膏かガーゼをはっておくように指示され、1週間後に受診するように言われただけ。 しかし、いろいろ調べてみると キズパワーパッドを使った湿潤療法の方が治りが早いと書いていました。 なので、今回はキズパワーパッドを使った湿潤療法で治癒をすることに決めたのです。 湿潤療法で治癒をすることに決めた理由は他にもあります。 ・絆創膏やガーゼだとあまりに目立ちすぎる ・湿潤療法は傷の治りが早いと言われている ・ネット上では湿潤療法をしている人が多い 今度受診に行ったときに、先生に何か言われるかもしれませんが、自己責任で湿潤療法をしたいと思います。 ほくろ除去跡にキズパワーパッドを貼った写真 ほくろ除去跡にキズパワーパッドを貼った写真がこちらです。 肌色なので、あまり見えませんね。 今週はあまり予定はないのですが、外出する際は、大きめのマスクをつけるつもりです。 後、エアウォールUVという紫外線対策グッズと帽子なども必須ですね。 マスクをつけるとこんな感じです。 頬の絆創膏は隠せますが、こめかみの部分は無理でした。 頬のマスクもギリギリかくれているだけなので、少しずれると見えてしまいます。 なので、大きめのマスクを使った方がいいでしょう。 関連記事.

次の