遺族年金 いつまで。 遺族厚生年金とは?いつまでもらえる?金額の計算方法と請求手続き

遺族年金は「誰が」「いつまでに」「いくら」もらえるかを徹底解説

遺族年金 いつまで

遺族年金とは、その名の通り、『家計を支える方がお亡くなりになった場合、残された遺族の生活を守るための年金』です。 遺族年金を受け取るためには、申請手続きを行う必要があります。 手続きに関しては、様々な必要書類を揃える必要があり、また、加入中の年金種類によって申請する場所も異なります。 煩雑な手続きが多いため、社労士(社会保険労務士)の事務所が有料で遺族年金の代行手続きを承っているケースもあります。 この記事では、遺族年金の手続きについて、できるだけ簡単に、分かりやすくご説明させていただきます。 遺族年金の手続きが遅れてしまうと、その分、受け取れる時期も先延ばしになってしまいます。 これから、お手続きが必要な方にとって、お役に立てる内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。 遺族年金の申請はどこにする? ご家族に不幸が起きてしまった時は、死亡届の提出をはじめとして、様々な手続きが必要となります。 そんな時、みなさんが不明に思うのが「どこに何を申請すればいいのか?」ではないでしょうか。 遺族年金については、加入中の年金種類により、届ける機関が異なります。 順に確認していきましょう。 自営業など国民年金の方 国民年金に加入中の方については、お住まいの地域の 『市区町村の役所にある年金担当窓口』へ連絡をしていただきます。 国民年金の加入者である遺族の方が受け取れる遺族年金は「遺族 基礎年金」と言います。 ご家族の方がお亡くなりになった場合、まずは役所に死亡届を提出します。 その際に、遺族年金の手続についても同時に確認をすると良いでしょう。 遺族年金の手続きには、諸々の書類を揃える必要がありますので、死亡届と同時に申請を完了させるのは難しいとお考えください。 必要書類については、後ほどご説明いたします。 会社員など厚生年金の方 遺族基礎年金に加えて、厚生年金に加入中の遺族が受け取れる遺族年金を「遺族 厚生年金」と言います。 この場合、申請の窓口は 『各都道府県の年金事務所』となります。 日本年金機構が運営する「」では、年金に関する様々な相談を受け付けています。 電話以外では、年金事務所の窓口での直接相談のほか、文書での問い合わせをすることもできます。 いずれの方法でも、ご家族であることの本人確認が必要となりますので、まずは電話での連絡をおすすめいたします。 耳が不自由な方のためには、FAXによる相談も受け付けています。 公務員の方は厚生年金に統一 平成27年10月より、公務員の方が加入している共済年金については、厚生年金と統一されることになりました。 厚生年金と共済年金は同じものとして扱われることになっていて、遺族年金も制度の内容は基本的に同じです。 申請先も、厚生年金と同じく『年金事務所』になります。 共済年金は「国家公務員共済組合」「地方公務員共済組合」「私立学校教職員共済組合」等に分かれています。 ご自身が加入中の組合に、直接お問い合わせをしていただくことも可能です。 どんな書類が必要? 公的な機関へ申請を行う時に、最も面倒なのが必要書類を揃えることだと思います。 それは、遺族年金の手続きにおいても同様です。 まずは 『年金請求書』に必要事項を記入し、これに各種書類を添付する必要があります。 書類については、個人によって必要な書類とそうでないものに分かれてくるので、参考程度にご覧いただければと思います。 注意が必要な部分に関してのみ、解説をさせていただきます。 必要な書類 以下のリストをご覧ください。 遺族年金の手続きでは、お亡くなりになった方が家計を支える中心であったことを証明する必要があります。 そのために、遺族年金を受け取るご家族の 「請求者の収入が確認できる書類」を提出する必要があります。 所得証明書、課税(非課税)証明書は、市区町村の区役所で発行することができます。 受給権発生日数以降で提出日から6ヵ月以内に交付されたもの。 死亡者との生計維持関係・住民票コードの確認のため。 所得証明書、課税(非課税)証明書、源泉徴収票等。 高等学校等在学中の場合は在学証明書または学生証等。 死亡の事実(原因)および死亡月日確認のため。 請求書に金融機関の証明を受けた場合は添付不要。 死亡の原因が第三者行為の場合に必要な書類 交通事故など「第三者からの行為」が原因でお亡くなりになった方の遺族年金を請求する場合、追加で提出が必要となる書類がいくつかございます。 滅多にないとは思いますが、交通事故のほか、傷害・殺人もこれに含まれます。 ここでは 「損害賠償責任の算定書」に注目してみましょう。 この算定書が必要な理由としては、被害者となった方のご遺族が、加害者から損害賠償を受けた場合、「最大24ヶ月、遺族年金の支給が停止される」という規定が定められているからなのです。 要するに、賠償責任でお金をもらえる間は遺族の生活費は、その中からまかなってください、というルールになっているのです。 示書等受領額がわかるもの。 その他の書類 例えば、国民年金から途中で共済年金に移行した場合や、海外に住んでいて国民年金に加入していなかった期間がある方の場合など、公的年金の加入状況により必要書類はこと細かに分かれています。 遺族年金は、遺族の生活を守るための年金なので、事実婚の夫婦についても、申請書を提出すれば、遺族年金が受け取れるケースもあります。 この記事を書くにあたり、公的機関の様々な情報を集めてみたのですが、必要書類については存在する種類も数え切れないほどあり、一般の方がご自身で判断するのはとても難しいと感じました。 分からない点は「」に問い合わせていただくのが、最もスムーズだと思います。 委任状を書けば代理人による手続きも可能 最初に少し触れたのですが、遺族年金の請求手続きは、委任状を提出すれば、代理人による手続きでも行うことができます。 原則としては、お亡くなりになった方の奥様(ご主人様)やお子様が手続きを行います。 家族以外の第三者でも手続きができる 何らかの事情により、手続きができない場合は国家資格を持っている社労士が所属する「社会保険事務所」などで、年金手続き代行サービスをお願いすることもできます。 費用については5万円前後かかることが多いのですが、役所の窓口は基本的に平日しか開いていないので、仕事が忙しく申請ができない方や、ご高齢でご自身で書類を揃えるのができない場合などは、このような機関を活用するのも有効だと思います。 委任状に必要な記載事項 代理人が手続きを行うための委任状は、日本年金機構ホームページからをダウンロードできるようになっています。 基礎年金番号については、年金手帳の裏表紙に記載されています。 年金コードとは、すでに年金を受給されている方のみ必要となります。 主な記載事項 ・委任状を作成した日付 ・基礎年金番号、年金コード ・委任する内容(年金の「加入期間」や「見込額」の交付希望など) ・代理人の氏名、住所、電話番号、委任者との関係 4. 手続きの期限はいつまで? 遺族年金の手続きを忘れてしまった・先延ばしにしてしまった、というような場合も、一定の期間内であれば申請を行うことができます。 時効は5年以内 遺族年金の申請をしなかった場合は、受給権が発生してから5年以内の分については請求をすることができます。 5年を超えてしまった年金については、時効により権利が消滅してしまいます。 ちなみに、遺族年金だけではなく、老齢年金・障害年金・未支給年金についても時効は同じく5年となっています。 死亡一時金・脱退一時金の時効は2年です。 5年を超えてしまった場合 やむを得ない事情などにより、5年以内に申請が出来なかった場合は、その理由によっては時効を撤回する申し立てをすることができます。 申請については、様々な書類を揃える必要があることは、先程申し上げましたよね。 死亡診断書など、時間が経てば経つほど、これらを用意するのは大変な作業になってしまいます。 書類を揃えることができないと、遺族年金を受け取ることが出来なくなったしまうので、早めの手続きを行うようにしましょう。 遺族年金を受け取るまでの流れ 最後に、遺族年金を受け取るまでのおおまかな流れについて見ていくことにします。 繰り返しにはなりますが、遺族年金を受け取るためには数多くある書類をすべてそろえ、必要事項の記入を行い、とにかく手間と時間がかかることは、覚悟しておいたほうがよいでしょう。 以下をご覧ください。 年金請求から定期受取までに110日(4ヶ月弱)かかることがお分かりいただけますでしょうか? これは「おおむね」なので、もっと時間がかかる可能性も十分に考えられるわけです。 遺族年金の手続きが進まないままでいると、生活を支えるための収入が途絶えてしまうことになり、結果として家計を圧迫することにもなりますので、できるだけ早め早めの手続きをしていただきますよう、お願いいたします。 ただし、2つ以上の年金を受け取る権利のある方や、年金給付に調整のある方は50日以上かかる場合がある。 最初に受け取れる金額は、原則として受取り開始年月から直前の受け取り月の先月分まで。 「年金決定通知書」に記載されている。 ただし初めての受取りになるときや、さかのぼって過去の受取りが発生した場合などは、奇数月の受取りになることがある。 各定期月に受取りになる年金額は受取り月の2ヵ月分。 まとめ 遺族年金は、一家の家計を支える大黒柱に万が一のことがあったとき、残された家族を支えてくれる大切な社会保障なのですが、この手続きは複雑だったり面倒だったり、多くの書類を記入しけなればいけなかったり、何かと手間がかかります。 一説によると、自営業の半分以上が遺族年金をもらえる権利があっても、もらっていないそうです。 このようなことにならないよう自分で手続きをするのが難しい場合は、委任状を提出すれば、代理人の方に代わりに手続きをしてもらうこともできます。 有料とはなりますが、社会労務士に依頼することも可能です。 人がお亡くなりになった時は様々な手続きが発生することになりますが、遺族年金について少しでもご理解いただけたならば幸いです。 遺族年金の具体的な年金額については「」をご覧ください.

次の

遺族年金はいつまでもらえる?金額は?遺族が知っておくべき知識

遺族年金 いつまで

遺族年金とは? 遺族年金とは、家計を支えていた公的年金制度の加入者が亡くなった場合、その遺族が困窮しないことを目的に支給される年金です。 )であれば遺族年金を請求することができます。 この遺族年金は亡くなられた方がどのくらいの期間納付していたのか、遺族年金を受け取る遺族の年齢や優先順位など、いろいろな条件によって金額や受給資格が変わってきます。 遺族年金の種類 遺族年金の種類は、亡くなられた方が生前どんな公的年金制度に加入していたかによって、おおよそ3種類に分けられます。 加入していた公的年金制度によって種類が分かれる 生前に国民年金へ加入していた場合は「遺族基礎年金」。 一方、厚生年金に加入していた場合は「遺族厚生年金」、共済年金に加入していた場合は「遺族共済退職年金」に該当します。 遺族年金の受給対象とその金額は? 遺族年金の受給金額は、故人が加入していた年金の種類や、遺族の人数・年齢などによって異なります。 また、遺族年金を受け取れる遺族の範囲も、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」では異なります。 以下では、各遺族年金の受給要件、支給開始時期、遺族年金の計算方法、請求の方法について説明します。 遺族基礎年金とは 遺族基礎年金とは、亡くなられた方が国民年金に加入していた場合。 主に自営業者や自由業者等のように事業所へ勤務する従業員以外の方であった場合、生計を維持されていた遺族が受け取ることができる年金です。 遺族基礎年金の請求先は?請求の期限にも注意 遺族基礎年金の請求先は、住所地の市区町村窓口等です。 なお、 請求の時効期間は5年です。 遺族基礎年金の受給要件 受給要件は、亡くなられた方、そして亡くなられた方によって生計を維持されていた遺族にも細かな条件があります。 ・亡くなられた方が、保険料納付した期間や年金を免除してもらった期間(正式には受給資格期間と言います。 )の合計月数が300月(25年)以上 ・亡くなられた方が老齢基礎年金を既に受給していた 上記の2つに該当しない方でも受給要件を満たす場合があります。 つまり、子どものいない配偶者だけでは遺族基礎年金の対象にはなりません。 収入の要件もあり、遺族の前年の収入が850万円未満または所得が655万5,000円未満であることが必要です。 また、同居が必要ではありますが、別居していても、亡くなられた方から仕送りしてもらって養われていた等の事情があれば認められます。 さらに子の年齢要件もあります。 ただし、年金の支給は平成31年2月・3月分に関して平成31年4月となるので、実際の支給されるのは平成31年4月までで終了となります。 遺族基礎年金の支給開始時期 遺族基礎年金の支給開始時期は、亡くなられた方が死亡した日の翌月からとなります。 ただし、遺族基礎年金は国民年金加入者が亡くなると自動的に遺族が受け取れるものではなく、遺族側が請求しなければいけません。 そのため、遺族が必要書類を集めることを手間取れば、それだけ実際の支給は遅くなります。 また、市区町村の窓口に提出できても、審査があるのでその期間も待つ必要があります。 およそ3、4ヶ月程度はかかってしまいます。 その後、審査で問題が無いことがわかれば支給が開始され、死亡した日の翌月から蓄積された年金は全て受け取ることができます。 子の加算分としては第1子、第2子で各224,300円、第3子以降は各74,800円となります。 以下では例をあげて支給される年金額を計算してみます。 ただし、子が2人以上であれば子1人が18歳になった場合、その18歳になった子の分だけが今後受け取れなくなるだけで、遺族年金全額が受け取れなくなるわけではありません。 遺族基礎年金の請求手続き 遺族基礎年金を請求する場合には、次のような必要書類を用意します。 [提出書類:共通] 基本的な提出書類は次の通りです。 提出をする前6ヶ月以内の書類が必要です。 本籍地の市区町村で取得します。 お住まいの市区町村で取得します。 子が小・中学生の場合には不要です。 市区町村役場で取得します。 自動車安全運転センターで取得しましょう。 示談書のように受領額がわかる書類を用意します。 その他、各市区町村により追加の書類を要求されることもあります。 遺族厚生年金 亡くなられた方が、サラーリーマンのように事業所へ勤務している従業員であった場合、その方に生計を維持されていた遺族が受け取ることができる年金です。 年金請求を行う場合、申請書類の提出先は年金事務所・年金相談センター窓口です。 なお、申請の時効期間は5年です。 ・亡くなられた方の受給資格期間が300月(25年)以上 ・亡くなられた方が老齢厚生年金を既に受給していた ・傷害厚生年金(1級または2級)を受給していた 上記の3つに該当しない方でも受給要件を満たす場合があります。 亡くなった方に生計を維持されていた次の方が対象です。 ・妻(ただし、30歳未満で子のいない妻の場合、遺族厚生年金の支給は5年間となります。 ) ・子、孫(18歳到達年度の年度末を経過していない子、孫または20歳未満で障害年金の障害等級1・2級の子、孫) ・55歳以上の夫、父母、祖父母 それぞれ遺族厚生年金の支給開始は60歳からです。 ただし、夫は遺族基礎年金を受給中の場合、遺族厚生年金も合わせて受給できます。 遺族厚生年金の支給開始時期 遺族厚生年金の支給開始時期は、遺族が妻・子(孫)であれば遺族基礎年金と同様に、亡くなられた方が死亡した日の翌月からとなります。 ただし、夫・父母・祖父母が請求対象者の場合、遺族厚生年金の支給が開始されるのは60歳になってからです。 遺族厚生年金の計算方法 受け取る年金額は平成29年4月から 報酬比例部分の年金額は、原則として「1. 本来水準」の計算式の金額になりますが、「2. 従前額保障」の計算式の金額の方が高い場合には、こちら「2. 従前額保障」の計算式の金額が年金額となります。 年額584,500円が40歳~65歳に達するまで加算されます。 条件としては次の通りです。 ・夫の亡くなった時に生計が維持されていた妻 ・夫が亡くなった時、妻が40歳~64歳で生計を同じくしている子がいない場合 ・遺族厚生年金、遺族基礎年金を受けていた妻で、子が受給対象外の年齢に達したために遺族基礎年金が受給できなくなった場合 ・夫の厚生年金加入期間が20年以上である場合 経過的齢寡婦加算 中高齢寡婦加算を受給していた妻と、65歳以降になって中高齢寡婦加算の受給要件を満たした妻は、その生年月日に応じて65歳以降に経過的寡婦加算が、遺族厚生年金に加算されます。 請求手続き 遺族厚生年金の提出書類は、遺族基礎年金の場合と同様です。 遺族年金のQ&A こちらでは、遺族年金の請求をしたり、受給したりする時に想定される様々な疑問にお答えします。 Q1:遺族年金に税金はかかる?非課税なの?所得税・住民税や扶養控除は? 遺族年金は非課税です。 公的年金の根拠法である国民年金法(第25条)および厚生年金保険法(第41条第2項)では、遺族年金に税金をかけることができないことが明記されています。 また、遺族年金を受給している方を扶養家族として迎えると、扶養控除の対象となり所得税では38万円分、住民税では33万円分が、所得から一律に差し引かれる(正式には基礎控除と言います。 )ことになります。 Q2:遺族年金は確定申告をする必要がある? 遺族年金は確定申告をする必要がありません。 そもそも確定申告を行う目的は、1年間の所得に応じて住民税および復興特別所得税の額を申告するためですので、遺族年金のみが収入の場合、所得扱いになりません。 仮に他の収入があって確定申告をする場合でも、遺族年金の記載は不要です。 Q3:別居中でも遺族年金は受け取れるの? 遺族年金を受給したい方は、原則として亡くなった方と同居していることが必要ですが、次のようなケースでは別居していても認められます。 ・亡くなった方と別居中であっても、生活費や治療費等の経済的な支援を受けていた方 ・亡くなった方と別居中であっても、定期的な連絡や訪問があった場合 ・亡くなった方に暴力を受ける等して、避難する必要があった場合 ・介護や長期療養等によって別居する必要があった場合 Q3:遺族年金が受給できなくなるケースはあるの? 遺族年金を請求し年金の受給が開始された場合でも、受給している遺族に次のような事実があれば受給を受けることができなくなります。 ・遺族年金の受給者が亡くなった場合 ・結婚をした場合(内縁関係も含) ・離縁した場合 ・自分の親族または自分の配偶者の親族以外の方の養子となったとき Q5:遺族年金の手続きは代行できる? 遺族年金の請求の際は、一般の方にとって必要書類も多く複雑な手続きといえます。 また、遺族は亡くなられた方の通夜や葬儀で忙しくなる等、なかなか手続きを行う時間がとれない事もあるでしょう。 遺族年金の手続きの代行は、法律の専門家(社会保険労務士等)に依頼することができます。 費用の目安としては、だいたい10万円前後となります。 Q6:老齢年金を受け取らず夫が亡くなった!年金は受け取れるの? 子のいない妻であった場合は、遺族基礎年金を受け取ることはできません。 ただし、老齢基礎年金を受けられる加入期間のある方が、年金も受けることなく亡くなってしまったときは、残された妻に年金が支払われます。 これを正式には「寡婦年金」と言います。 この寡婦年金は結婚して10年が経った妻に対し、60歳から65歳になるまで年金が支払われる仕組みです。 Q7:国民年金に加入した独身の子供が亡くなりました!何か保障は? この場合には遺族の方に一時金が支払われる場合があります。 正式には、死亡一時金と呼ばれています。 この死亡一時金は、亡くなられた方が保険料を3年以上納めて年金のいずれも受け取らずに死亡し、かつ、遺族の方が遺族基礎年金を受給できない場合に支払われます。 寡婦年金と死亡一時金について 年金加入者の遺族が受け取れるのは、遺族基礎年金・遺族厚生年金ばかりではありません。 こちらでは、寡婦年金・死亡一時金について説明します。 寡婦年金について 自営業者・自由業者の方等(一般に第1号被保険者と呼ばれます。 )が亡くなった場合に、その妻が受け取れる年金です。 申請手続きは、住所地の市区町村役場または年金事務所・各年金相談センターの窓口で行います。 また、寡婦年金と後述する死亡一時金のうち、いずれか有利な方を選んで受給できます。 寡婦年金の受給要件 次の受給要件が必要です。 例えば、年金保険料を25年間納付していた場合ならば次のようになります。 寡婦年金の請求手続き 提出書類は、遺族基礎年金・遺族厚生年金の場合と同様です。 死亡一時金について 国民年金第1号被保険者の方が亡くなった場合、この方と生計を同じくしていた遺族が一時金を受け取れます。 申請手続きは、住所地の市区町村役場または年金事務所・各年金相談センターの窓口で可能です。 なお、申請の時効期間は2年です。 死亡一時金の受給要件 次の受給要件が必要です。 ・亡くなった方が第1号被保険者として、保険料納付した期間や年金を免除してもらった期間の合計36月以上あること ・亡くなった方が年金を受けることなく死亡した場合 ・受給者が、亡くなった方と生計が同一の配偶者、子、父母、孫、祖父母または兄弟姉妹であること ・遺族基礎年金を受けることができる遺族がいない場合 また、請求対象者には次のような優先順位があります。 下表を参考にしてください。 提出をする前6ヶ月以内の書類が必要です。 本籍地の市区町村で取得します。 お住まいの市区町村で取得します。 しょう。 しかし、いずれも遺族が日々の生活に困窮してしまうリスクを回避するための制度です。 手続きは面倒ですが、手続きをするための時間を設け、忘れずに市区町役場等へ請求を行いましょう。

次の

遺族年金はいつまでもらえる?受給条件と受給期間を確認しよう

遺族年金 いつまで

家計を支えていた方が亡くなってしまったとき、遺された遺族の方は遺族年金を支えに今後の生活を組み立てられると思っている方は多いものです。 しかし、遺族年金のみで生活が問題ないと思っていたり、一生涯受給できるものと思っていると、意外と金額が多くなかったりとちで受給できなくなったりしたときに慌ててしまう人がいるのも事実です。 そこで、この記事では 「遺族年金の受給額総金額がいくらになるのか、いつまで受給できるのか」について、• 遺族年金の受給金額の目安および概算金額• 遺族基礎年金と遺族厚生年金それぞれの概要• 寡婦年金および死亡一時金の制度の概要• 労災保険における遺族補償年金の概要 以上のことを中心に解説していきます。 この記事を読んでいただければ、遺族年金の対象となったときに自分がいくらもらえるのか、いつまでもらえるのかを知ることができ、今後の生活の備えとして役立てていただけます。 是非最後までご覧ください。 上記でも述べましたが、 遺族年金とひとくちに言っても2種類あり、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」から構成されます。 そもそも遺族年金とは、国民年金および厚生年金保険の制度を基準に、加入者である被保険者が亡くなったときに、遺された遺族がもらえる保険金としての年金のことです。 遺族基礎年金とは、 国民年金保険に加入している方が受給することができる制度です。 サラリーマン以外の自営業者やフリーランス、厚生年金に加入していない経営者の方など、国民年金保険に加入している人が対象となり、家族が亡くなった方で特定の要件を満たすときに遺族年金受給資格を得ることができます。 一方、遺族厚生年金とは、社会保険の制度である 厚生年金の被保険者の遺族が亡くなった際に、特定の要件を満たすとき遺族年金受給資格を得ることができます。 厚生年金は基本的にサラリーマンであれば加入していますので、おもにサラリーマンの方が対象となります。 その他にも、以前は公務員が加入することができた共済年金という制度において遺族共済年金という制度が存在していましたが、現在は遺族厚生年金制度に併合されています。 遺族年金は、主として一家の大黒柱である夫が亡くなった際に、遺された妻や子どもが生活を維持するための制度と思われがちですが、それだけに限りません。 以下に遺族年金の受給資格や受給金額について、さらなる詳細な制度を解説していきます。 遺族基礎年金では、下記の4つのうちいずれかの要件を満たす方が亡くなった場合に、遺族に遺族基礎年金の受給資格が発生します。 しかし日本国内においては、20歳以上60歳未満の人は国民年金保険に強制的に加入となるため、年齢さえ満たしていればすべての人が遺族年金の受給の対象になると言えます。 国民年金保険は60歳以上の人は被保険者にはなれません。 しかし、それまで被保険者であった人には受給資格が与えられます。 国民年金保険に加入して保険料を納めていれば、一月あたり60,000円前後の給付を受けることができる制度です。 この老齢基礎年金を受給している人が亡くなった場合、遺された遺族に遺族基礎年金の遺族年金受給資格が発生します。 老齢基礎年金には受給開始時期の繰り下げというものがあり、年金の受給開始を最大70歳まで繰り下げることができます。 この繰り下げを行うことによって、年金の受給総額を増やすことができるのです。 しかし、65歳以降に受給開始時期を繰り下げたからといって、当然遺族年金受給資格が失われるわけではありません。 また、遺族基礎年金は、亡くなった方が要件を満たしているだけでは、遺された遺族に遺族年金受給資格が発生するかどうかは確定しません。 まず、そもそも遺族基礎年金で言うところの「遺された遺族」とは、亡くなった 人によって生計を維持されていたと認められる「子どものいる配偶者」または「子ども」に限定されます。 亡くなった方によって 生計を維持されていた方が、配偶者や子どもではなく他の親族などの場合は、遺族基礎年金をもらえません。 さらに、子どもがいるからといって誰でも受給が可能なわけではありません。 18歳になった年の3月31日を過ぎていない子ども、または20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子どもがいる場合に限り、遺族基礎年金を受給することができます。 また、ここでいう配偶者は夫もしくは妻のどちらでも遺族基礎年金の受給は可能です。 遺族の方の収入については、前年の収入が年間850万円以上、または所得が年間6,555,000千以上であり、その収入を将来にわたって得ることができると認められる場合は、遺族基礎年金の対象外となり、遺族基礎年金を受給することはできません。 ただし、 5年以内に収入が年間850万円未満になることが確実であれば、受給の対象となります。 労災保険とは、社会保険とは別の制度で、労働者を守るために存在する保険です。 一般的な怪我や病気について適用される健康保険、また老後や遺族のための年金制度を有する国民年金保険・厚生年金保険などの制度をあわせて社会保険と言います。 これに対し、業務上や通勤における怪我や災害などの補償を行う保険を労災保険といい、これは会社が従業員に対して掛ける保険のことです。 業務上の怪我や災害が原因で亡くなったとき、遺族には遺族年金ではなく、遺族補償年金が支給されます。 遺族補償年金の受給資格者になれるのは、労働者の死亡の当時、その収入によって生計を維持していた労働者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹です。 ただし、妻以外の者は、以下の条件を満たさなければ支給されません。 なお、通勤災害の場合は、遺族年金と言います。 60歳以上又は一定の障害の状態にある夫• 18歳年度末までの間又は一定の障害の状態にある子• 60歳以上又は一定の障害の状態にある父母• 18歳年度末までの間又は一定の障害の状態にある孫• 60歳以上又は一定の障害の状態にある祖父母• 60歳以上、18歳年度末までの間又は一定の障害の状態にある兄弟姉妹• 55歳以上60歳未満の夫• 55歳以上60歳未満の父母• 55歳以上60歳未満の祖父母• 55歳以上60歳未満の兄弟姉妹 上記の優先度の高い方から、遺族補償年金が支給されます。

次の