陰部 白い でき もの。 陰部のしこり(女性):医師が考える原因と対処法|症状辞典

おりものが白い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

陰部 白い でき もの

女性の陰部は、 大陰唇 だいいんしん 、 小陰唇 しょういんしん 、陰核、 腟前庭 ちつぜんてい など腟口の周囲を取り囲む部位からなります。 陰部の多くはデリケートな粘膜で覆われており、便や尿、腟分泌物などが溜まりやすい上に蒸れやすいため、さまざまなトラブルを起こす可能性があります。 中でも、陰部のは発生頻度の高い症状であり、病気や日常生活上の好ましくない習慣など、原因は多様です。 陰部が赤く、を伴う、あるいは痛みも伴い痛がゆい• おりものの量や性状に変化が見られ、を生じるようになった• 陰部にを伴うができた これらの症状が見られた場合、原因として考えられるものには、どのようなものがあるのでしょうか。 女性の陰部にかゆみを引き起こす病気 女性の陰部は非常にデリケートなため、さまざまな原因でを引き起こします。 陰部のは以下のような病気が原因で生じることもあるため、注意が必要です。 かゆみを引き起こす陰部の病気 陰部のは、陰部に特異的に発症する病気によって発症することがあります。 原因となる主な病気は次の通りです。 腟カンジダ症 カビの一種であるカンジダが腟内で異常増殖し、腟内~陰部の、白いカッテージチーズ様のおりものを生じる病気です。 は非常に強く、灼熱感を伴うことも少なくありません。 カンジダは腟内の常在菌ですが、風邪をひいたときや疲れが溜まったときなどに免疫力が低下すると、異常増殖してを発症することがあります。 また、抗生剤を使用した際などに生じることも原因として多いです。 細菌性腟炎 大腸菌や黄色ブドウ球菌など陰部から検出されることが多い病原体が、活発に作用して腟や陰部に炎症を引き起こす病気です。 強い悪臭のある水っぽいおりものが大量に分泌されるのが特徴で、陰部のただれや痛み・が生じることがあります。 原因は、衛生状態が悪い陰部のほか、体調の変化による免疫力の低下や、陰部の過剰な洗浄による自浄作用の低下などが挙げられます。 陰部にかゆみを引き起こす全身の病気 陰部のは、全身のどこかに生じる病気の症状の一つとして発症することがあります。 原因となる主な病気は次の通りです。 接触性皮膚炎 特定の物質に触れることで皮膚や粘膜に炎症を生じる病気です。 いわゆる、と呼ばれるもので全身のさまざまな部位に起こり得ます。 陰部では、生理用品や下着などが原因になることが多く、特に汗で蒸れやすい夏場に発症しやすくなるのが特徴です。 また、陰部ののほか、発赤や熱感、ただれなどの症状を伴うこともあります。 アレルギー 特定のアレルゲンが体内に取り込まれたり、触れたりすることでや皮膚の、くしゃみ、鼻水などの症状を引き起こす病気です。 これらの症状が陰部に生じることもあり、通常は発症後数十分~数時間で自然に症状が収まりますが、重症な場合には呼吸困難や血圧低下などの重篤な症状が見られることもあります。 受診の目安とポイント 陰部のはありふれた症状であるため、軽く考えて自然に治るのを待つ人も多いでしょう。 しかし、の原因は病気であることもあり、放っておくとますます症状が悪化したり、将来的なにつながったりするケースもあるため、注意が必要です。 特に、陰部の皮膚や粘膜にただれなどの症状がある場合、おりものに変化が見られた場合、発熱などの全身症状がある場合などはなるべく早めに病院を受診するようにしましょう。 受診に適した診療科は婦人科ですが、が疑われるような場合には皮膚科や内科などで診てもらうことも可能です。 受診の際は、いつからが生じたのか、以外の症状、性行為歴などを詳しく説明するようにしましょう。 特に、パートナーガ性感染症にかかった場合や不特定多数との性行為を日常的に行っている場合は、性感染症の可能性がある旨を事前に医師に知らせておくと診療がスムーズに進むことがあります。 日常生活上の原因と対処法 陰部はデリケートな上、不衛生な状態になりやすいため、を引き起こしやすい部位です。 以下のような好ましくない生活習慣が、の発症を促すこともあります。 それぞれの対処法も合わせて見てみましょう。 陰部の蒸れ 陰部は下着や衣類で通気性が悪く、汗や分泌物が溜まりやすい部位であるため蒸れやくなります。 蒸れは陰部の皮膚や粘膜の刺激となってを引き起こすことがあります。 陰部を蒸らさないためには 綿やシルクなどの汗を吸収しやすい素材の下着を選び、汗をかきやすい夏場はストッキングやスキニーパンツなど蒸れやすい衣類の長時間の着用は控えるようにしましょう。 また、生理用品も蒸れの原因になることがあるため、こまめに取り替えることを心がけましょう。 陰部の過剰な洗浄 腟内にはさまざまな常在菌がおり、それらが膣内を清潔な環境に維持する自浄作用を持ちます。 陰部や腟の過剰な洗浄は、これら常在菌を洗い流してしまうことがあり、自浄作用の低下によってかえって不衛生な環境に陥ることがあります。 その結果、陰部のや発赤、ただれなどの症状を引き起こすことがあります。 陰部を正しく洗浄するには 陰部を洗浄する際には、固いスポンジやタオルなどは使用せず、よく泡立てた石鹸を手に取って優しく撫でるように汚れをふき取るようにしましょう。 また、デリケートゾーン用の刺激の少ない石鹸を使用するのもおすすめです。 生理用品の長時間使用 月経血にはさまざまな雑菌が含まれ、生理用品は通気性が損なわれるため、長時間の使用は陰部を非常に不衛生な状態にします。 その結果、陰部が荒れてを引き起こすことも少なくありません。 生理用品による陰部の炎症を予防するには 生理用品はこまめに取り替えるよう心がけ、肌に合わない刺激のある素材のものは避けるようにしましょう。 特に、タンポンの長時間使用は非常に危険ですので、2時間以内をめどに取り替えるようにしましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じてもがよくならない場合は、思わぬ病気が潜んでいる可能性があります。 見過ごさずに、それぞれの症状に合わせた診療科を受診しましょう。

次の

陰部の白いカス(恥垢) 泌尿器科

陰部 白い でき もの

男性の陰部のかゆみ、よくある原因は? 男性で陰部にかゆみが出現したとき、一般的に考えられる原因として 接触皮膚炎によるかぶれ、湿疹や陰部掻痒症などが挙げられます。 接触皮膚炎とは 外来性の刺激物質や抗原が皮膚に接触することによって発症する、湿疹性の炎症反応です。 男性の陰部に起こる接触皮膚炎は、衣服による蒸れや、コンドームが合わずアレルギーを起こすことなどが原因で発症します。 陰部掻痒症とは 皮膚掻痒症ともいわれる病気です。 見た目では皮膚に炎症などなにも起こっていないように見えるのに、かゆみを感じる症状がみられます。 陰部掻痒症が起こる原因は十分に解明されていませんが、肌の乾燥など、ちょっとした刺激でかゆみが出ることもあります。 このほか、 糖尿病などの内臓疾患によって皮膚の状態が不安定となったり、 かゆみの誘発物質が放出されたりすることで陰部掻痒症を発症することもあります。 男性の陰部のかゆみは感染症が原因のことも!? 男性の陰部のかゆみは、前述した皮膚疾患だけでなく、感染症が原因で発症することもあります。 陰部のかゆみを誘発する感染症として、 クラミジア感染症や毛じらみ、いんきんたむしがあります。 クラミジア感染症とは クラミジア・トラコマティスに感染することで発症する感染症のことで、性行為や毛布、タオルなどの共有によって感染します。 男性の場合は尿道炎が多く、排尿痛、 尿道不快感、そう痒感などの自覚症状があります。 毛じらみとは 吸血性昆虫であるケジラミが寄生することによって発症する疾患で、性行為によって発症します。 症状は、ケジラミが寄生した部位のそう痒感のみです。 いんきんたむしとは 股にできる股部白癬のことです。 男性の場合、大腿部と陰嚢が接触する部位の通気性が悪くなりやすいため、白癬菌が増殖しやすく、いんきんたむしを発症しやすいのです。 症状として、皮膚の変化(股周辺の発赤や色素沈着など)、皮膚掻痒感などがあります。 陰部のかゆみとともに白いカスが出た場合 陰部のかゆみだけでなく 白いカスも出た場合には、カンジダ症が考えられます。 カンジダ症とはカンジダ属という真菌、いわゆるカビの一種に感染することで発症する病気で、性行為が感染の原因として考えられています。 感染してすぐに症状が出るわけではなく、感染後は菌を保菌している状態となり、抵抗力が落ちたときに症状があらわれます。 男性での罹患例は少ないことが特徴で、感染するとまずかゆみが出現しますが、無症状のこともあります。 また、亀頭炎となったり、水疱ができたりします。 そのほか、びらんや白いカス(白苔)ができることもあります。 おわりに:男性の陰部のかゆみの原因はさまざま。 気になる際には医療機関へ受診を 男性の陰部のかゆみの原因にはさまざまな病気が考えられます。 皮膚の疾患がかゆみにつながっていることもあれば、感染症が原因となっていることもあります。 また、感染症については性行為による感染がほとんどで、自分が治療を行わずに放置しているとパートナーへうつしてしまうこともあります。 もし、陰部のかゆみが気になるという場合には、早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

次の

陰部・金玉袋の痒み、カサカサになり白い粉をふく!陰嚢湿疹?いんきんたむし?

陰部 白い でき もの

女性の陰部には膣口を取り囲むように 大陰唇 だいいんしん や 小陰唇 、 陰核 、 膣前庭 ちつぜんてい などが存在しています。 表面は粘膜で覆われている部分が多く、膣分泌物や経血などからの刺激や性行為による損傷を受けやすいため、さまざまなトラブルが起こりやすい部位でもあります。 陰部に痛みや発赤を伴うしこりができた• 陰部にしこりができ、おりものの量や色、においの変化、などの症状を伴う• 陰部に何の症状も伴わないしこりができたが、徐々に大きくなっている これらの症状がみられた場合、原因としてどのようなものが考えられるのでしょうか。 陰部にしこりができる女性の病気 女性の陰部は不衛生な状態になりやすく、性感染症などのリスクもあるため、さまざまなトラブルが起こり得る部位です。 中には、陰部に塊を触れる「しこり」が形成されることがありますが、主な原因として以下のような病気が挙げられます。 陰部の炎症や感染による病気 陰部の粘膜はデリケートなため些細な刺激で炎症を引き起こしたり、性感染症による症状が現れたりします。 以下の病気は、症状のひとつとして陰部にしこりを形成することがあります。 外陰毛嚢炎 がいいんもうのうえん 大腸菌やブドウ球菌などの細菌によって、陰部の 毛嚢 もうのう (毛穴)に炎症が生じる病気です。 いわゆる「」と呼ばれるもので、炎症を引き起こした毛嚢は内部に 膿 うみ などが溜まって弾力性のあるしこりを形成することがあります。 また、重症化すると毛嚢同士が癒合して大きくなったり、しこりが多発したりします。 通常は強い痛みを伴い、しこり周辺粘膜の発赤や腫れを生じます。 バルトリン 腺嚢胞 せんのうほう 膣口付近の左右に存在するバルトリン腺が閉塞して内容物が溜まることでしこりができる病気です。 通常は痛みなどの自覚症状を伴いませんが、しこりが大きくなると歩行時や性行為時に擦れて痛むことがあります。 また、嚢胞の内部に細菌感染が生じると炎症を引き起こして、しこりが赤く腫れたり痛みを伴ったりするようになります。 重症化して嚢胞内に膿が溜まり、 膿瘍 のうよう を形成することも少なくありません。 尖圭 せんけい コンジローマ 陰部にヒトパピローマウイルスが感染することによって、先端が尖った硬いイボを形成する病気です。 性感染症の一種であり、若い世代に多くみられます。 イボは通常痛みなどを伴わず、大きくなると先端が割れてカリフラワーのような形状になります。 陰部良性腫瘍 陰部には、や線維腫、筋腫などの良性腫瘍が発生することがあります。 まれな病気であり、自覚症状がない場合は治療を必要としないこともありますが、しこりが大きくなって歩行や性行為などに支障を来たす場合には切除手術が必要になることがあります。 病院に行く目安とポイント 陰部のしこりは自覚症状がないケースもあり、気付いたとしても見過ごされがちな症状のひとつです。 しかし、中には重篤な病気が潜んでいる可能性もあるため注意が必要です。 特に、強い痛みや、おりものの変化、陰部のなどを伴う場合や、徐々に大きくなる場合は治療が必要な場合が多いため、早めに病院を受診するようにしましょう。 受診に適した診療科は婦人科や産婦人科ですが、かかりつけの皮膚科がある場合はそこで相談するのもよいでしょう。 受診の際には、いつからしこりがあるのか、痛みやなどの随伴症状、大きさの変化、しこり以外の症状などを詳しく医師に説明するようにしましょう。 また、パートナーが性感染症にかかった場合や不特定多数との性行為で性感染症のリスクが高いと考えられるときは医師に伝えるのもポイントです。 日常生活上の注意と対処法 陰部はさまざまなトラブルが生じやすい部位ですが、生活習慣が大きく関わっている場合があります。 主な日常生活上の原因とその対処法は以下の通りです。 不衛生な陰部 陰部は尿や便のカス、膣分泌物などが溜まるため不潔になりやすい部位です。 また、女性の場合は下着やストッキングなどによる蒸れでさまざまな細菌が繁殖しやすいのも特徴です。 陰部が不衛生な状態が続くと、細菌が繁殖してなどを発症する原因になることがあります。 陰部を清潔に保つには 陰部の衛生状態を維持するには、入浴時などに陰部の汚れをしっかり洗浄するのはもちろんのこと、通気性のよい下着や衣類を身に付けるようにし、月経時にはこまめに生理用品を交換することが大切です。 ナプキンの常用によって陰部のが発生する場合もありますので、肌にあった下着の着用が大切です。 膣内の洗いすぎ 膣内には膣や外陰部の自浄作用を持つ常在菌が多く存在しています。 このため、膣内を過剰に洗浄すると常在菌が減少して自浄作用が低下することがあります。 膣内を洗うときには 膣内は基本的に石鹸で過剰に洗浄する必要はありません。 常在菌への影響が比較的少ない陰部用の石鹸で優しく擦って適度に汚れを落とすようにしましょう。 感染予防のない性行為 陰部のしこりは、性感染症が原因になることがありますが、性感染症のほとんどはコンドームを使用しない場合に感染します。 性感染症を防ぐには 安全な性行為を行うには、コンドームを使用することが大切です。 経口避妊薬を服用中の人はコンドームを使用しないことが多々ありますが、経口避妊薬で性感染症を防ぐことはできないので注意しましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を行っても陰部のしこりが改善しなかったり、悪化したりするときには何らかの病気が原因である可能性が考えられます。 婦人科や皮膚科など通いやすい病院をなるべく早めに受診するようにしましょう。

次の