伝達 類語。 「通達」と「通知」の意味・違い・使い方について。類語や反対語も合わせて説明致します。

「周知」の意味とは?ビジネスでの使い方や類語での言い換え方

伝達 類語

「伝達事項」とは? 「伝達事項」の英語と解釈• 「伝達事項」の表現の使い方• 「伝達事項」を使った例文と意味を解釈• 「伝達事項」の類語や類義語 「伝達事項」とは? 「伝達事項」というのは伝達しなければいけない事柄、という意味になります。 ビジネスにおいては様々な場面でお互いに連絡し合い、誤解のないように、間違いのないようにしていかなければいけないですよね。 そのため、情報を共有する必要があります。 このように共有されなければならない情報が 「伝達事項」ということになります。 「伝達」というのは命令や連絡事項などを伝えること、次々に伝え届けること、という意味になります。 「案内」や 「周知」と異なり、次々と伝えていく、ということが大切です。 発信者がいて次から次へと情報が渡されていくということが 「伝達」であり、その内容が 「伝達事項」ということになります。

次の

【伝達】の例文や意味・使い方

伝達 類語

謙譲語で「お伝えします」は誤り?! まずは敬語の分類について見てみよう 敬語は、「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3種類に分類されるのが一般的です。 謙譲語とは 謙譲語は、「自分から相手または第三者に向かう行為や物事などについて、行為の向かう先の人物を立てて述べる」ときに使います。 この場合の主語は自分で、自分がへりくだって相手に敬意を示す言い回しとなります。 つまり、「行為や物事が向かう先の人物」は自分より目上の人ということになります。 そこでたとえば、お客様や取引先から自社の社員へ伝言を頼まれた際には、自分が自社の社員へ伝えるため「自社の社員」が「行為や物事の向かう人物」となります。 この人物が社長や上司であれば一見すると正しいように思えますが、誤りです。 自分にとっては目上の人の社長や上司でであっても、会社の外の人であるお客様や取引先に対して、目上の人であるということは伝えなくてよい情報です。 会社の「うち」と「そと」の使い分けがポイントになるのです。 お客様や取引先から自社の社員へ伝言を頼まれた際には、自分が自社の社員へ伝えるという自分側の行為を、お客様や取引先の相手に対して丁重に述べることになるので、正しい謙譲語は「申し伝えます」となるわけです。 「伝える」を尊敬語や丁寧語にすると 尊敬語にすると「お伝えになる」 尊敬語は、「相手を立てて述べる」ときに使います。 この場合、主語は相手であり、相手の動作や存在を高める言い回しとなります。 目上の人から自分に対して伝える場合は、「お伝えになる」から「お伝えくださる」へ、目上の人から第三者に対して伝える場合は、「お伝えになる」から「お伝えなさる」へと変換して使います。 丁寧語にすると「伝えます」 丁寧語は、「相手に対して丁寧に述べる」ときに使います。 代表的なものでいえば「です・ます」があります。 「伝える」は、「伝えます」となります。 違いは用いることができる範囲にあります。 それに対し、丁寧語は「自分」のことに限らず広くさまざまな内容を述べるのに用いることができます。 「お申し伝えください」もおかしな表現 「お伝えします」と並んで間違いやすい「お申し伝えください」。 お客様や取引先へ伝言をお願いするとき、「〇〇さんにお申し伝えください」という表現を使っていませんか?実は「お申し伝えください」も正しい表現ではありません。 ポイントは「誰が伝えるか」 「申す」は、「言う」を改まって丁寧に述べる丁寧語です。 この場合にも、謙譲の気持ちが残っているので、敬うべき人、つまり目上の人の動作に対して用いません。 上記のようにお客様や取引先へ伝言をお願いしたとき、伝言を「伝える」という行為は、お客様や取引先の行為です。 したがって、お客様や取引先など目上の人がする動作(行為)に対して「申す」という表現を使うことは誤りです。 どう頼めばいいの? お客様や取引先へ伝言をお願いしたい場合は、尊敬語である「お伝えください」や「おっしゃってください」を用います。 「ご伝言ください」でも構いません。 まとめ いかがでしたか?この記事で紹介したように、敬語は状況や立場などによって使い分けが必要です。 敬語は社会人として必要不可欠なスキルであるため、誤った使い方をしないようにしましょう。 正しいと思い使い続けることで、相手に違和感を与えているかもしれません。 この機会に自分が使っている敬語を見直してみましょう。

次の

「情報伝達」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

伝達 類語

ビジネスでの「周知」の使い方 ビジネスシーンで使える「周知する」「周知させる」 「広く知れ渡る」「広い範囲に知らせる」を意味する「周知」という言葉。 ビジネスシーンでは「周知する」「周知させる」の形で、多く使用されています。 一部では「周知する」は誤用だという意見もありますが、「広い範囲に知らせる」という意味では「周知する」が適しています。 また、新聞や国会会議録に「周知する」が使用されていることからも、誤用であるとは言い切れません。 状況を判断し使用しましょう。 敬語表現を使った「ご周知ください」 ビジネスシーンで目上の相手に「周知」を使用する場合、前後の言葉を敬語表現に置き換える必要があります。 丁寧な表現である接頭語をつけた「ご周知ください」や「ご周知願います」が当てはまるため、状況に応じて使用しましょう。 注意が必要なのは「ご周知ください」や「ご周知願います」は、「周囲に知らせてください」を意味しているという点です。 「知っておいてください」という意味では、使用できません。 「あなたから周りの人へ知らせてください」と言いたい状況で使用しましょう。 広く知られるために計画をする「周知を図る」 「周知」の使い方の1つに、「周知を図(はか)る」があります。 「広く知られるために計画をする」「働きかける」を意味しており、ビジネスシーンでも使用されます。 例えば、「社内に新しいシステムが導入されたため、従業員への周知を図ったが、やはり慣れるまで時間がかかるようだ」などの使い方をします。 「周知の事実」とは「広く知られている事実」 「周知の事実」とは、「広く知られている事実」を意味します。 誰しもが知っている事実や、一般常識とも言えることに対して使用されます。 ただ、反対に「知っていなければおかしい」という意味にもなるため、目上の人へ使用する場合は注意しましょう。 徹底的に広く知らせる「周知徹底」 「周りに徹底的に知らせる」を意味する、「周知徹底」という四字熟語。 「徹底」とは「すみずみまで行き渡る」を意味する言葉であるため、すみずみまで知らせたい状況で使用されます。 「周知徹底する」や「周知徹底を図る」などの使い方をしてください。 「周知」の類語を紹介 「教え導く」を意味する「啓蒙」 「周知」の類語には「正しい知識を教え、合理的な考えへ導くこと」を意味する「啓蒙」が当てはまります。 読み方は「けいもう」です。 「周知」の「知らせること」という意味と、「啓蒙」の「教えること」という意味が似ていることから、類語に当てはまります。 ただ、「啓蒙」の「蒙」という漢字には、「愚か」や「無知」という意味が含まれているため、相手に失礼と捉えられることがあります。 中には差別用語と受け取られることもあるため、使用には注意しましょう。 「広く知られている」を意味する「公知」への言い換え 「世間に対して広く知られていること」を意味する「公知」も、「周知」の類語です。 「こうち」と読み、物事が広く知れ渡っている状況で使用されます。 例えば、「周知の事実」を類語の「公知」で言い換えると「公知の事実」となります。 「周知」の英語表現 「周知」は英語で「Known」「Public」 「周知」を英語で表現する場合、「known」が適しています。 「知られている」を意味する単語であり、「Well known」で「よく知られている」という意味になります。 また、「国民一般の」や「公開の」を意味する「Public」を使った「Make it public」も「周知」の英語表現です。 まとめ 「広く知れ渡る」または「広い範囲に知らせる」を意味する、「周知」という言葉。 「周知させる」や「周知する」などの使い方をして、ビジネスシーンでも使用されます。 目上の相手に使用する場合、敬語表現の「ご周知ください」が適していますが、上から目線に感じられることもあるため注意しましょう。 場合によっては類語「公知」への言い換えが可能です。

次の