十四代 買取。 十四代買取|日本酒を高く売るなら大黒屋

幻の日本酒『十四代』のランク一覧と購入方法

十四代 買取

1、本丸 十四代の中でも弊社で一番人気のある商品は本丸になります。 本丸の商品は毎月製造される定番商品ですが、その定番商品が一番人気になります。 2、龍泉 1年を通して、12月の1回だけしか生産されない、希少な十四代の商品です。 内容量が720mlと少ないながらも、お求めになられるお客様は大勢いる商品になります。 またプレミアム価格は日本酒の中では1番にの商品です。 3、龍月 龍月も1年間のうちに11月に1回だけしか生産されない日本酒です。 4、白雲去来 白雲去来の商品も1年のうちに7月の1回のみの精算になっている、希少な日本酒になっております。 5、七垂ニ十貫 1年を通して、7月と11月のみ生産される日本酒になります。 こちらの商品は720mlの1800mlどちらも人気商品になっております。 スタッフコメント 十四代は日本に留まらず、世界的に注目と人気が集まっています。 最近ではアジアの富裕層から直接お問い合わせが来る場合も多く、その人気ぶりを肌に感じております。 それが原因なのか、近年買取金額が徐々に上がっている傾向にあります。 高木酒造は十四代の供給を増やしておらず、限定品などもあるので需要は増すばかりになっています。 出荷直後の相場が高くなる傾向もありますが、逆もあるので、やはり買取金額は定期的にご連絡をいただくのが良いのかなと思います。 難しい崩し文字の漢字が多いのも印象的で、お客様がなんと伝えたらいいのかわからないということが電話査定時に何度かありました。 その際は他の特徴や似ている漢字を伝えていただいても結構です。 伝え方がわからない場合でもお気軽にご連絡いただければ、買取経験豊富な弊社スタッフが商品の特定を致します。 また、十四代の買取方法は郵送買取がダントツで多い商品の1つです。 十四代は査定額が高いので 5000円以上送料無料の弊社の郵送買取の対象になりやすく、また遠方のお客様でもご対応が可能です。 弊社、世田谷店が郵送買取の窓口となっておりますので、そちらも合わせてご検討&お問い合わせよろしくお願いいたします。 もちろん世田谷店やその他、神田店、横浜店、静岡店、宇都宮店での店頭買取やお客様のエリアによっては出張買取でのご対応も可能です。 買取方法に迷った場合もお問い合わせの際にお伝えいただければ最良のご提案をさせていただきますのでぜひ合わせてお問い合わせ下さい。

次の

日本酒の大吟醸で有名な十四代の魅力とは?

十四代 買取

「十四代」という日本酒を聞いたことはありますか? 山形県にある高木酒造で作られており、ブームになったことのある人気の日本酒です。 この「十四代」という名前に関するおもしろいエピソードをご紹介します。 実は商標登録をする際、十四代以外に、十三代や十五代、十六代も出願していたのです。 当時、数字は商標登録ができない仕組みになっていました。 しかし、なぜか十四代だけが商標登録されたのです。 不思議ですよね。 十四代の種類も複数ありますが、今回ご紹介する「十四代 本丸 秘伝 玉返し」は他の種類が純米吟醸や純米大吟醸の中、特別本醸造。 十四代の人気が出るきっかけにもなった日本酒です。 甘味も辛味も感じ、飲みやすさが抜群。 一度は飲んでみたいお酒です。 十四代は有名なので、ギフトでいただく方も多いでしょう。 しかし、日本酒は苦手という方がいましたら一度買取に出してみてはいかがでしょうか。 買取センター. comでは店頭はもちろん、郵送や出張買取も受け付けております。 せっかく家で眠らせていては勿体ないですよ。 次の世代やお酒が好きな方の手に渡ればお酒もきっと喜ぶはず。 まずはお気軽にLINEやメール、電話でできる無料査定に出してみてくださいね。 ご要望などのご相談も受付しております!.

次の

幻の日本酒『十四代』のランク一覧と購入方法

十四代 買取

1.十四代について まず最初にチェックしておきたいのが、お酒についての基本知識です。 基本的な知識がないまま「高そうだから…」というだけで売却に踏み切った場合、損をしてしまう可能性も。 十四代を売る前に、基本的な知識を身に着けておきましょう。 どんなお酒か? そもそも十四代(じゅうよんだい)とはどのようなお酒なのでしょうか?蔵元は山形県村山市に蔵を構えている「高木酒造」です。 高木酒造は創業1615年の長い歴史を持つ蔵元で、人里離れた雪深い山奥にあります。 もともと「朝日鷹」という銘柄が地元で愛され、蔵元の知名度を上げていきました。 そしてついに十四代を世に出し、全国的に愛される蔵元となったのです。 しかし、これほどまでに有名な高木酒造にはホームページがなく、少し謎めいた存在としても知られています。 十四代の特徴とは? 十四代(じゅうよんだい)は、端麗辛口の日本酒が主流であった平成6年頃としては異色の、フルーティーで甘みのある大吟醸として人気を博した日本酒。 また、ラベルは箔押しの輝く「十四代」の文字が特徴的です。 これはお酒が傷まないような冷暗所で見ても、他とは一線を画す主張したデザインになっています。 2.十四代の相場高騰中の種類TOP5 大人気の十四代。 その中でも人気上位の銘柄5種を詳しくご紹介します。 人気の種類を知っておくことで、売りたいと思っている十四代の需要を把握できるはずです。 1位:十四代のレギュラー酒「本丸」 本丸は十四代のレギュラー酒で、お城にたとえられており本丸がしっかりとしていないと落城するという思いで命名されています。 本丸秘伝玉返しは特別本醸造酒。 秘伝玉返しとは、アルコール添加に純米粕取り焼酎を使用するという秘伝の技術が用いられているからです。 味は吟醸酒そのもので、穏やかながら上品な甘さが広がり酸味や苦みが抑えられた複雑さのないまっすぐな締りのある後味です。 原料米:五百万石 精米歩合:60% 度数:15度 2位:発売当初の瓶が素敵な「龍泉」 龍泉は、酒米「龍の落し子」を35%まで精米した純米大吟醸酒。 現在は通常の四合瓶が、発売当初は赤いデキャンタで希少なため、コレクター心をくすぐります。 味は、お米本来の味わいが楽しめるとろけるような甘みで、後味はすっきり。 飲み方としては、冷酒から熱燗までどんな温度でも楽しめます。 品質を安定させるために大きなガラス瓶の中で貯蔵する「斗瓶囲い」がされており、その証となる「七垂二十貫」の記載があります。 2009年11月出荷分より米が変更されているため、変更前後の味の違いを楽しむこともできます。 変更前の愛山は味わい深いタイプ、変更後の山田錦は香り高くキレがあるタイプです。 原料米:2009年までは愛山、2009年11月出荷分より兵庫県特A地区吉川町産 山田錦 精米歩合:40% 度数:16度• 日本酒十四代は何種類あるのか 十四代の種類といえば、龍泉をはじめとして有名な銘柄が21種類ほど。 他にも近年になってから発売されるなど、新商品の開発も盛んです。 まだまだ他にもたくさんの種類あり、全部を把握するのは至難の業。 まずは有名どころの龍泉、龍の落とし子、龍月などからはじめ、そのうち全種類制覇!という楽しみ方もできる為、一度ハマってしまうとコレクターになる方が多いお酒でもあるのです。 3.十四代の買取相場 3つ目に知っておきたいポイントが、買取相場についてです。 高値で取引されることで有名な十四代ですが、いったい買取相場はいくらくらいなのでしょうか。 酒買取の専門業者であるストックラボの鑑定士による買取相場を確認しておけば「家で手つかずの十四代が実は高額…!?」という可能性も。 また、十四代の最高価格になるとどれくらいの値段となるのかもお教えします。 十四代の買取相場が知りたい! 市場での価値も高騰している十四代。 一部ではありますが、その買取相場についてご紹介します。 十四代を買取に出したい方は、ぜひ参考にしてみてください。 【十四代 買取相場】• 国内外を問わず非常に人気で、約40万円前後で取引されることが多くなっています。 貴重な「龍泉」、一度は味わってみたいですね。 4.十四代の買取価格が高額になる理由 驚きの高額買取がされている十四代ですが、なぜこれほどまでに高額な買い取り価格になったのでしょうか。 その理由について知ることも大切なポイントです。 酒造の人気が急上昇 先にも書いた通り高木酒造は400年の歴史を持つ由緒正しい老舗酒造です。 もともとは地元に愛される「朝日鷹」を製造していましたが、「十四代」の製造で瞬く間に全国手に大人気の酒造になりました。 生産の少なさからプレミア価値に 生産技術の向上により生産量を増やし、酒造や銘柄の宣伝をホームページやSNSでさかんに行う酒造が昨今は多くなっています。 しかし、高木酒造はホームページがなく謎に包まれており、昔ながらの思いを引き継ぎ一本づつ丁寧に力をいれているため生産量が少ないのです。 そのため希少性が高く、プレミア価値となっています。 5.十四代の買取方法 十四代を売る時に利用できる買取サービス 十四代を売る前にきちんと知っておきたいのが、どんな買取方法を利用できるのか、というポイント。 自分に合った買取方法がまずどういった方法なのか、まずチェックしておきましょう。

次の