日常 組 漫画。 実況者詰め

空気感が楽しめる日常系漫画おすすめランキング【ホロリや萌えもあるよ】 | すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

日常 組 漫画

ロゴ ジャンル 、 漫画 作者 出版社 (旧) その他の出版社 Vertical Comics 掲載誌 発表号 月刊少年エース (12月号 - 12月号) 4コマnanoエース (Vol. 1 - 10月号増刊) コンプティーク (3月号 - 7月号〈一時休載〉) 巻数 全10巻 話数 192 OVA:日常の0話 原作 あらゐけいいち 監督 (副監督) シリーズ構成 花田十輝 キャラクターデザイン アニメーション制作 製作 東雲研究所 発売日 アニメ:日常 原作 あらゐけいいち 監督 石原立也 石立太一(副監督) シリーズ構成 花田十輝 キャラクターデザイン 西屋太志 音楽 アニメーション制作 京都アニメーション 製作 東雲研究所 放送局 ほか 放送期間 2011年4月 - 2011年9月 話数 全26回 ゲーム:日常(宇宙人) ゲームジャンル 日常型ADV 対応機種 発売元 角川書店 発売日 2011年 - 『 日常』(にちじょう、nichijou)は、によるの。 (旧)の『』にて5月から同年10月に渡り読み切りを連載したのち、11月より同誌で連載を開始した。 『』においてもVol. 1より連載された。 4月から9月までが放送された。 2015年3月、日本のの代表をで決定する社主催の『SUGOI JAPAN』の初代グランプリが12日、都内で行われた授賞式で発表され、『日常』が部門の第6位に選出された。 概要 [ ] 時定高校を中心とした不条理な「日常」を題材にしたシュールな作風の漫画で、登場人物の多くが非常に個性的、かつ変わった言動を繰り返し、奇想天外な出来事の続発に翻弄されるのが基調。 ストーリー(ショートギャグ)版・版の双方が存在する。 登場人物の姓に内の実在の地名が多数用いられ、群馬県ローカルな名物の一つ「」が作中に登場するなど、群馬出身の作者らしいご当地ネタも多い。 登場人物 [ ] 「声」はOVA・テレビアニメ版での担当。 前述の様に、群馬県の地名等が苗字に使われているキャラクターが多い。 それだけでなく、全国の地名・駅名なども使われている。 時定高校 [ ] 本作品の主な舞台となる県立。 読みは「ときさだめ」高校で、時定市に所在する。 教育方針としては生徒の自主性を重んじている。 偏差値は54(単行本2巻カバー裏)。 年に一度風船を飛ばす行事がある。 モデルは作者のあらゐけいいちが卒業したである。 1年Q組 [ ] 相生 祐子(あいおい ゆうこ) 声 - 人気投票:3位 元気で明るい性格の16歳。 通称「ゆっこ」。 作中では苗字かこの通称で呼ばれることが多く、祐子と呼ばれている場面はない。 血液型はA型・RH - 、星座は山羊座。 茶色のショートヘアで中背。 一人称は「私」。 感情豊かでお調子者な性格のムードメーカー。 基本的にツッコミ気質であるが、その行動は大抵空転し突っ込まれるボケ役に陥ることも少なくない。 一人でいるときも様々な悩みから心の中で葛藤を繰り広げている。 意識的、無意識に関わらず突拍子もないおかしな行動を取ることがあるが、他人に見られて恥ずかしいという気持ちはあるようである。 普段は朗らかで相手に何を言われても明るく受け流すが、直接「バカ」と言われると切れるスイッチが入り毒舌を振るう。 なのがロボットだと気づいている様子だが、「一人の人間」として受け入れるなど、実はとても器の大きい性格の持ち主である。 運動神経は良いが勉強嫌いで成績は悪く、宿題をよく忘れるため高崎先生も手を焼いている。 作中では廊下に立たされていることも多い。 おやじギャグが好き。 クラスメイトのみおや麻衣と仲がよく、学校外でも一緒に出かけたりと行動を共にする機会が多い。 チッさんという名の猫(声 - )を飼っており、小屋には「無我」と書かれている。 単行本10巻にて新種の鳥を2羽、生物を1匹を発見。 未来では海外にいるらしく、頭にターバンを巻いた軍服のような姿で登場する。 長野原 みお(ながのはら みお) 声 - 人気投票:5位 ゆっこの親友。 一人称は「私」。 この髪留めは高校の合格祝いに姉であるよしのから贈られたもの。 また、ゆっこが居眠りのときに見る夢では古代兵器を復活させるアイテム「ウッドキューブ」となっており、みおの髪留めから先の「しっぽ」と並んで、作中でのギャグや漫画のネタ、プレゼント企画にまで利用されている(後述)。 ときどき色の濃い靴下を着用する。 ゆっことは逆に勉強は出来るがスポーツは苦手。 ゆっこはみおに高跳びを教える際にかなり手を焼いていた。 しかし運動神経は人並み以上にあり、本人曰く「ルールが絡むとダメ」。 普段は基本的に友人思いな性格の常識人であり、心の広さや包容力も持ちあわせているが、食べ物や自分の描いた漫画関係においては容赦しなかったり、調子に乗りすぎたゆっこに本気でキレて暴言を吐いて大喧嘩したりと、しっかりと裏表のある人間らしい性格をしている。 暴走するゆっこや麻衣に対するツッコミ担当であるものの、みお自身が暴走することも多い。 ゆっこと一緒になって不幸や珍事に巻き込まれたり、奇妙な遊び等に興じたりすることもある。 また、作中ではシュールな変顔描写や怒り等で叫ぶシーンが最も多いキャラでもある。 系の漫画を好む、いわゆる。 自分でも漫画を書いており、「長野原大介」というペンネームで雑誌に投稿もしているなど、割と本格的に漫画家になることを夢見ている。 漫画を書いている事に関して初期はその内容から他人にバレないようにしており、誰かに見られた際には撃沈を繰り返していたが、後にゆっこたち友人に打ち明けることとなる。 笹原に惚れており、その思いの大きさは彼の奇行・言動を作中において割と常識人であるはずのみおに感じさせないほど。 乙女チックな妄想に花を咲かせることもある。 笹原がみさとと腕を組み歩いている姿を見たときは激しく動揺、放心、心身喪失状態に陥り暴走した。 数量限定のケーキを購入する、非常に長い商品名のコーヒーをスラスラ注文することができる、カレーにはマヨネーズをかける派と公言している 等、飲食にこだわりがあるような面も見受けられる。 お化け屋敷は苦手。 時定第九小学校出身。 中学時代は「ながのん」というあだ名で呼ばれており、髪型は普通のおさげ髪だった。 ゆっこや麻衣とは高校入学後からの付き合い。 未来では漫画家ではなくイラストレーターになり、アシスタントが付く程に成長している。 きっかけは漫画家新人賞の応募先である『甘楽出版社』コミック部ではない部署(おそらく連載小説を扱う部署)に届けられたこと。 『CITY』では超メジャー作家になっている。 水上 麻衣(みなかみ まい) 声 - 人気投票:6位 頭の良い優等生でゆっこやみおの親友。 黒髪のロングヘアでをかけており、目は多くの場合眠たげな半開。 無表情かつ口数も少ないが、豪快なボケを平然と実行し、周囲をどこまでも翻弄する問題児。 特にゆっこ相手には容赦ない強烈なボケを連発するが、逆にゆっこの無茶ぶりにも付き合うことがある。 非常にマイペースであり、基本的に人に言われた通りのことはせず、やりたい放題に振舞う。 仏像が好きという一風変わった趣味があるで、校長からもらった小さい木製の像を大切にしている。 また、自身でも一から仏像を彫り起こせるほどの技量を持ち、大木で彫ることもできる。 仏像の他には読書が好きで、自分の家や教室はおろか友人の家でもよく本を読んでいる。 作中で運動が得意かどうかは明記されていないが、腕相撲でゆっこを何度も瞬殺する など、身体能力の高さは垣間見られる。 また、絵を描くことが上手く様々な絵柄を器用に使い分けることができるが、普段は仏像を中心にシュールな絵を描く。 教室では眠っていることも多い。 ゆっことは同じ中学出身。 アラスカからの帰国子女で、中学三年の時にゆっこのクラスに転入してきた。 当時から性格は変わっておらず、積極的に友人を作るタイプではなかったようだが、ゆっことは席が隣であったため何度も話しかけられるうちに親しくなった。 また、当時の髪型はショートヘアーだった。 他人にあまり関心を示さないが子供は好きらしく、一人で東雲研究所に行った時は自分で彫った像をはかせにプレゼントしようとしたり、はかせを喜ばせるためサメの絵を非常に丁寧に描く姿が見られた。 また無表情である事が多く感情の起伏がわかり辛いが、はかせに対しては一喜一憂を見せたり、本を読んで感動で涙を見せる場面もある。 動物も好きであり、家では猫と2匹の犬 を飼っている。 未来では保育士をしている模様。 見た目もショートヘアに戻し、表情も柔らかくなる等大きく変化しているが、中身は相変わらずである。 東雲 なの(しののめ なの) 声 - 後述のの項を参照。 安中 榛名(あんなか はるな) 声 - 人気投票:12位 黄色のショートヘアで、頭の上の赤い大きなリボンが特徴の女子。 口癖は「えー!? ギャグシーンでボケ役や珍事態に翻弄される役回りの常識人。 趣味はクラスメイトとのおしゃべり。 近所で開催される催し物に無邪気に参加するが、その度に理不尽な目にあう。 催し物に限らず、安中の楽しみにしている事に対しては、ほぼ毎回非常識な事態が待ち構えている。 ゆっこの催眠術にかけられ暴走した際は結果的に中之条と付き合っているという噂を流された。 桜井に「リボンが大きすぎる」と指導を受けたときには、軽いノリでその場をやりすごすなどちゃっかりした一面もある。 中之条 剛(なかのじょう つよし) 声 - 人気投票:14位 金髪の頭が特徴の男子。 年齢は15歳 で一人称は「僕」。 出席番号は12番 (アニメ版では23番)。 田中と仲が良い。 安中と同じく、損な役回りを受けることが多い。 を習得している。 特徴的なモヒカン頭は親から遺伝してしまった「横から髪が伸びない体質」のため。 またこの髪型のせいで、不良と勘違いされることもある。 不幸な目に遭い、何度か頭がスキンヘッドになってしまった時期もある。 見た目に反して普段は大人しく真面目な性格。 夢は科学者で、非科学的な事を否定するために片道8時間かけてのイタコに会いに行ったり、近所の寺に訪問して住職にカマをかけようとしたりするなど意外と行動的。 ゆっこの催眠術をエンターテインメントの一種だと馬鹿にしたり、幽霊やUFOを見たというような言動をされると自分がからかわれていると思い込み怒る一面もある。 また、小鳥の巣を作ってやるなど優しい面もある。 家業の大福屋を継がされそうな気配のため父親に反抗している。 田中(たなか) 人気投票:21位 声 - 黒色のアフロヘアーが特徴の男子。 体質で、性格はお調子者。 中之条と仲が良い。 アフロヘアーの中はが入っていたり鳥が住み着いていたりすることがある。 アフロは自毛ではなく個性を出すために着用している。 自毛の髪型は少し長めの天然パーマである。 おいしい所を持っていくので、ゆっこや高崎先生から「田中のヤロー!」と突っ込まれる。 8巻から9巻の途中まではアフロが小鳥の巣の代わりになったため地毛で過ごしていた。 2年P組 [ ] 笹原 幸治郎(ささはら こうじろう) 声 - 人気投票:9位 部部長で文化祭実行委員。 黒髪で美男子であり、を掛けている。 一人称は「私」。 よく好物のブドウジュースをワイングラスに入れて飲んでいる。 本当は普通の農家の長男だが、白ヤギの「笹原コジロウ」に乗って登下校し、首に(実はティッシュ)を巻き、常に従者(後述)を従えている。 しばしば廊下を歩きながら画板の上でステーキを食すことも。 先生のことを「御仁」と呼ぶなど、武家言葉を使う。 以前のに通っていた事があり、みさととは幼馴染、みお・みほしとは剣道の先輩・後輩の仲。 中学まで剣道部で強かったようだが、高校では演劇部に入っている。 それでも3日に1回は道場に通っているようである。 みほしからは「笹原さんから剣道とったらただの面白お兄さんしか残らない」 と評されている。 みさと、みおの両者に惚れられているものの、本人は全く気づいている様子がない。 よく不用意な発言をしてはみさとを赤面させ、彼女の銃撃を食らっている。 また、みさとやみおの妄想の中での笹原はなぜか明るく爽やかなキャラとして描かれる事が多い。 みおの漫画では笹原がモチーフとなったであろうキャラがしばしば描かれており、アニメ版ではそのキャラのセリフには笹原の声が当てられる。 立花 みさと(たちばな みさと) 声 - 人気投票:11位 剣道部所属で、文化祭実行委員。 髪型はもみあげの長めな、ピンク色のショートヘア。 一人称は「私」。 幼馴染の笹原のことが気になっているが、素直に自分の気持ちを伝えることがなかなか出来ない。 しばしば笹原との会話における照れ隠しで、どこからとも無く銃器を取り出し乱射する極度の。 かなりの純情であり、妹のみほしには「小学生以下の恋愛観」と思われている。 みおのように乙女チックな妄想を繰り広げることもある。 みおと違い、笹原のことは変人だと認識している。 剣道に対しては真剣に取り組んでいる様子。 剣道道場の先輩にあたるよしのとは面識があるが、みおとは面識がない模様。 クラスメイトのウェボシー、フェっちゃんと仲が良く、3人で行動を共にしていることが多い。 ウェボシー 声 - 人気投票:20位 本名不明。 髪は緑色のポニーテール。 みさとやフェっちゃんと一緒にいることが多い。 なぞなぞに対して真剣に答えたり、妙にテンションが高かったりと、フェっちゃんとは異なる種のの節がある。 怒ると怖い。 不良系の男子に憧れている節があり、モヒカン頭である後輩の中之条が気になっていて、告白しに行ったこともある。 だが、その時は中之条が頭髪を失っていたため、不発に終わった。 その後どうなったのかは不明。 フェっちゃん 声 - 人気投票:13位 本名不明。 髪はオレンジ色のセミロングヘアー。 前向きで元気なドジっ娘で、裏表のない天然。 一時期ポジティブキャラに目覚めるが、最終的にはギブアップした。 痛い目にあった時などに「ふぇ〜」という泣き声 ? を上げるのが。 広瀬(ひろせ) 声 - 常に笹原に付き従い、身辺の世話をしている執事。 のような髪型をしている。 焦ると口調が大阪弁になる。 元所属。 本来は大工家に仕えている。 大工 健三郎(だいく けんざぶろう) 声 - 後述のの項を参照。 囲碁サッカー部 [ ] 大工 健三郎(だいく けんざぶろう) 声 - 吉崎亮太 人気投票:25位 2年P組所属。 囲碁サッカー部の設立者であり部長。 髪は茶色の天然パーマで、一人称は「オレ」。 呑気な性格で、自身がダラダラ過ごす部室を得るために「囲碁サッカー」という在りもしないスポーツをでっち上げ、部を設立した。 その後、誠の入部により「囲碁サッカー」が作中で実在するスポーツであることを知り、その後は囲碁サッカー部の展開に翻弄されていく。 地元の一大コンツェルン・大工財閥の息子でもあり、部活存続の危機を金の力で解決する、学校帰りに気軽に果樹園を購入するなど、財力に物を言わせ周囲を圧倒させることがある。 また、登下校には自家用を利用している。 関口 ユリア(せきぐち ユリア) 声 - 人気投票:16位 囲碁サッカー部では唯一の女子部員。 1年O組所属。 髪型は金髪のおかっぱで、背は部員の中で一番低い。 性格はおとなしく無口。 いつも本を読んでおり、部長の大工の遊びにはあまり真面目に付き合わない。 アニメ版では、愛読書はである。 作中で明言はされていないが、大工に恋心を抱いているような描写が見受けられる。 部活に関して、ただ何となく所属していたが、潜在的才能が目覚めたのか全国大会で優勝してしまう。 桜井 誠(さくらい まこと) 声 - 人気投票:17位 1年O組所属。 教員の桜井泉(後述)の弟。 一人称は「オレ」。 姉同様に茶髪であり、顔つきも姉並みニコニコしていることが多いが、開眼している描写はない。 囲碁サッカー経験者(中学校ではだった)で、入部を希望して囲碁サッカー部に現れ、謎の演舞を見せて部長を驚かせる。 勘が鋭く、高崎の姉への恋心を見抜いており、それを利用して囲碁サッカー部の顧問に誘った。 その後も姉の高校時代の写真を使って顧問就任を渋る高崎を買収しようとするなど、抜け目の無いところがある。 最終的には高崎を顧問にすることに成功し、以降も高崎の指導する囲碁サッカーに対して熱意を見せている。 特有のものか姉に対して遠慮は一切無く、素直にもなれないのかぶっきらぼうかつ疎ましそうな態度であり、「お前」と呼ぶなど言葉遣いも乱暴。 また自分の部屋のドアに「社長室」というステッカーを貼っていたりと、プライドが高く子供っぽい一面がある。 しかし様々なところで寝ては周りを翻弄する小説家である父や天然でドジをふむ英語教師である姉の存在に、「自分がしっかりしないと」と思う一面もある。 幼少期はいくらか素直だったようで、高校生の泉と手をつないで喜んでいたり、見知らぬ外国人に話しかけられて戸惑い泉が助けてくれた際には信頼を見せることもあった。 小木(おぎ) 声 - 人気投票:19位 2年A組所属。 名前は不明。 青髪と猫のような目が特徴で、常にポケットにを入れ持ち歩いている。 口調は基本的に誰に対しても丁寧語。 3か月間幽霊部員をした後しばらく退部していたが、桜井が入部し、囲碁サッカー部が新展開を迎えてからいつの間にか復帰。 部長と違い、本格的な囲碁サッカーの技術を会得しており、誠と高崎の野良試合では、囲碁サッカーに精通した者以外には皆目意味不明な状況解説とジャッジメント(小木禁止点流(超)奥義)を繰り広げて、大工と関口を唖然とさせた。 以後も解説役にまわることが多いが、そのどれもが常人には理解不能な内容である。 小木によると、「囲碁サッカー」は現在では立派なスポーツだが、本来は戦の時に生まれた必殺の術であり、人を殺すことさえも可能らしい。 言動からは父親が囲碁サッカー関係者である事、様々な種類の小木禁止点流奥義が存在することが分かる。 後輩の誠とは、一緒にラーメンを食べに行ったり、自身が鳥小屋(中之条が作ったもの)にはまってしまい抜け出せなくなった時に協力して抜け出そうとするなど、仲が良い様子。 なお、ヘルベチカスタンダードの文章によると、あらゐ氏には関口・小木という名字のアシスタントがいた模様。 教員 [ ] 東雲(しののめ) 声 - 人気投票:15位 時定高校の校長。 62歳。 名字は「東雲」だが、東雲研究所(後述)とは無関係と思われる。 見た目は何処にでもいる温厚そうな校長だが、一風変わった言動や行動(誕生日の贈り物として弥勒菩薩を泉の下駄箱に入れる、授業中に野生の鹿との戦いを繰り広げるなど)で生徒や教師を惑わす事が多々ある。 教頭の邑楽から度々嫌がらせを受けているが、本当は打ち解けたいと思っている。 趣味は孫にプレゼントを買うこと。 カラスが苦手。 頭頂部のみハゲているように見えるが、実は残った部分の毛髪も全て。 発毛のために努力を惜しまず、校長室でひっそりと新しいカツラを身につけ鏡を見たり、育毛剤を試したりしているものの、医者からは毛根が全滅していると診断された。 カツラであることが他人にバレると非常に落ち込む性質。 邑楽 耕介(おうら こうすけ) 声 - 時定高校の教頭。 59歳。 白髪で眼鏡をかけている。 趣味はウサギの飼育。 ファン。 東雲が来る以前の校長だったが、東雲の赴任により教頭に格下げされたため、彼に日々わけのわからない嫌がらせを行っている(東雲の前に藁人形(の形をした藁納豆)を置く、東雲の銅像を自分のものと取り替えるなど)。 ネガティブ思考になりがちな性格であり、本人は克服しようとするものの、あまり上手くいっていない様子。 自宅では妻に放置されがち。 孫好きだが、無邪気な孫に振り回されて頭を悩ませることもしばしば。 桜井 泉(さくらい いずみ) 声 - 人気投票:7位 1年Q組担任の英語教師。 24歳。 髪は淡い栗色に緩いウェーブが特徴のセミロングヘアー。 基本的にニコニコしたような表情をしており、よく緊張による汗を飛ばす。 性格は天然ボケで非常におっとりとしており、ゆっこのシュールな絵をカッコイイと評するなど、感性のずれている部分が垣間見られることがある。 自分を変えるべく生徒指導担当を志願し任に当たっているが、あまり押しの強くない性格ゆえ中々上手くいかない。 絵はあまり得意ではないらしく、自作の英語のテストにシュールな絵を載せ、ゆっこを困惑させた。 誠の姉で、誠のことは「マコちゃん」と呼んでいる。 であり、何かと誠の世話を焼こうとするが、思春期の誠には煙たがられている。 辛いものと豆が苦手。 現在付き合っている彼氏はいない。 また、時定高校の卒業生でもある。 彼女が英語教師になった理由の1つに、高校生時代に誠とのある出来事が関係している。 後述の高崎には、好意とは言い難いものの、何らかの意識はしている模様。 高崎 学(たかさき まなぶ) 声 - 人気投票:8位 1年B組担任の国語教師。 26歳。 長いもみあげが特徴的。 しかし泉と対面すると緊張と動揺のあまり突飛かつ見当違いな発言をしてしまう事もしばしば(ただし、泉も鈍いため、好意に気づく様子はない)。 反面、泉以外の女性に対してはごく普通に接し、実直かつ自然に褒める事もあり、かなをはじめとする女性たちに好意を抱かれることも。 本来は真面目で自他共に厳しい性格であり、教育者としての誇りと職務についての責任感は人並みはずれたものがある。 また、一人の人間としての行動よりも教育者とし、生徒に模範になるべき立場などから、泉の事で少しでも不純かつ何かがズレた想像をすると、猛烈な突っ込みを自分に対し行うことがある。 趣味は家庭菜園らしく、現在はを育てている模様。 気分が高揚した時、彼の空想世界では地面からタケノコが生えることがある。 囲碁サッカー経験者で元・高校MVPであることを誠に知られてから、囲碁サッカー部の顧問に誘われることになる。 初めは「面倒だから」と拒絶していたが、最終的には泉の高校時代の写真と引き換えに顧問を引き受けることになった。 この時に誠から貰った写真を大事にしており、常に携帯している。 毎回宿題をやってこないゆっこに手を焼いている。 中村 かな(なかむら かな) 声 - 人気投票:10位 理科教師。 年齢は24歳。 中性的な容貌の持ち主の女性。 髪型は色のショートカットで、耳にはをつけている。 好きな食べ物はカップラーメン。 ロボットである東雲なのの完成度に感動し、自作の道具を用いて捕獲・調査しようと企むが、主に自身のうっかりミスで自爆ばかりしている。 そのため授業が出来ないこともしばしばで、生徒の間では「よく倒れる先生」と認識されている。 風変りな性格で物事をオーバーかつ誇張し考えてしまう思考回路の持ち主。 普段の言動はクールに見えるものの、思い込みが激しく空回りすることが多い。 「かわいい」と褒められる事や恋愛事に対して耐性がなく、度々赤面する。 を好み、しばしば大工喫茶へも行っている。 未来では東雲研究所へ居候しているらしく、引き続きロボット"ピース君"を制作している(なの曰く「どエライもの」であり、「爆発しなければいい」な、と思う代物である)。 アニメでは阪本さんの以前の飼い主という設定が加えられており、当時の阪本さんに「大将」という名前を付けていた。 偶然から大将には脱走されてしまったが、中村は今でも大将のことを気にかけている。 なのを捕らえるために様々な道具を日々開発しており、そのどれもに名前を付けている。 酸化君プラス 促進力を倍増させる効果のある、対ロボット用薬。 うっかり自身で口にしてしまい、その日の1年Q組の理科の授業は自習となった。 回路ショート君 型の。 睡眠薬の効かないなの用に作ったが人間にも効果があり、作中では手違いで中之条を失神させたほか、謎の新聞勧誘に対する護衛に活躍している。 ピース君 初代は飛行機能を持つリモコン操作制のロボット。 なのの制作者であるはかせをおびき出すために作ったが、暴走しどこかへ行ってしまった。 あまりに謎すぎる外見から、見た者は表現に非常に困惑する。 未来では98号まで制作している。 赤城(あかぎ) 声 - 数学教師。 38歳。 名前は不明。 授業はいつも難解。 コワモテで、ヘマをした生徒をすぐにバインダーで小突くが、実は生徒と打ち解けたいと思っている。 富岡(とみおか) 声 - 歴史教師。 54歳。 名前は不明。 古株の白髪の先生。 趣味はギャンブルだが金銭は賭けない。 笹原が悩みのタネだが、さほど深刻には思っていないらしい。 メガネをかけた先生 「日常の28」に登場。 姓名は不明。 アニメには未登場で、出番は全て高崎に変更されている。 東雲研究所 [ ] はかせ 声 - 人気投票:1位 なのを製作した、8歳の天才少女。 自称「はかせ」で一人称も同じ。 他人からも「はかせ」と呼ばれることが多い。 姓はどうやら「東雲」らしい。 一日中家で研究をしているが、研究題材と素性は謎。 両親の存在も不明である。 髪はオレンジ色のロングヘアで、頭頂部右に控えめのがある。 瞳は青色。 寝る時以外は大きめの白衣を着ている。 性格は甘えたな子供そのもので頻繁に駄々を捏ね、叱られた際には責任を擦りつけたりもする。 その際の被害者は主に阪本。 嗜めるのは東雲なのの役目ではあるが、破天荒な行動ではかせの我儘を有耶無耶にしてしまうゆっこが一番扱い上手と云え、故に彼女には格別懐いているようで苦手な犬が寄ってきたり帰宅しようとした際などに度々泣きついている。 好物はお菓子(甘いもの)・オムライス・4. 5牛乳で、苦手なものはと犬。 家で一人の時はよくお絵かきをして遊んでいる。 カッコイイという理由からが好きで、絵を描く時はたいていサメを描く他、サメチョコというお菓子も好物。 天才的な技術力は多くの場合自分自身が楽しむため(ロクでもない発明や、なのの新機能を使ったイタズラ)に発揮される。 作中で登場するなの以外の発明品は、「しゃべれるスカーフ(阪本やカラスに使用、後述)」、「強力のり(その名の通り接着力が通常の何倍も強力なのり。 水によって接着力が弱まる。 イタズラ用に開発されたものだが、中村先生を(意図せず)複数回捕縛している)」、「ビスケット1号・2号(後述)」など。 また、自宅を改造して隠し扉を作ったりすることもある。 未来では時定高校に通っているらしい。 言動や性格は相変わらずだが、過去に理科の教師 であった中村に教えを請われる、電話で学会に出て欲しいと連絡が来る等、天才的才能にはより磨きがかかっている。 一度、東雲研究所の玄関の隠し地下にあった謎の機械によってなのと心が交換されたことがある。 東雲 なの(しののめ なの) 声 - 古谷静佳 人気投票:2位 はかせに作られた女性型ロボット。 高校生程度の容姿・意識であるが、実年齢(完成後の経過年数)は1歳。 髪は黒髪の。 外観は人間の女子とほとんど区別が付かないが、唯一背中に大きなネジ回しが付いているのが特徴。 自分がロボットであることやネジ回しの存在に劣等感を抱いているため、「普通」であることにこだわる(速読ができるが、普通っぽく読みたいという理由で速読を使わないなど)。 はかせにはネジ回しを取ってもらうよう再三頼んでいるが、「かわいいから」という理由で外してもらえない。 ネジ回しはなの以外なら誰でも外せる模様。 性格はおっとりしており、誰に対しても敬語口調であるが、東雲家の家事を一任されていることもあってかなりのしっかり者でもある。 はかせが大好きであり、わがままに対し時として心を鬼にすることもあるが、内心冷たくすることは気が気ではなく、すぐにはかせに負けてしまう。 時にドジな面や天然ボケな面もみられる。 絵の才能がないが、下手という自覚はない。 一時期は家に置いていたをぬいぐるみ代わりとして大層可愛がっていたが、はかせと阪本が面白がって落書きした時は声にならないほどに猛激怒した。 自身のコンプレックスからなかなかクラスメイトとも積極的に話せなかったが、ゆっこと仲良くなってからは心を開き始め、次第にみおや麻衣とも行動を共にすることが多くなっていく。 ロボットであるが、食事を取る、お風呂に入る、痛覚が存在する(該当部分を外すと痛みは感じなくなるらしい)など、その生活スタイルはほとんど人間と変わらない。 身体には、デジタル時計やお菓子内蔵、豆マシンガン、果てはなど多彩な改造がはかせによって加えられている。 虫と雷が苦手。 蚊を叩いて殺しただけで気絶する程。 一番苦手な虫はゴキブリで、"悪の権化"と称している。 学校には憧れの感情を持っており、はかせに登校の許可が降りた時は涙ながらに喜んでおり、制服を着た時には興奮の表情を露にしている。 しかしネジは付けたままであり、周囲はあえて見て見ぬ振りをしている他、走り高跳びでもしか飛べない。 ロボットであるなのの捕獲を企んでいる理科教師の中村に度々罠をしかけられているが、中村の自爆行為によって事無きを得ている。 なの本人は全くそのことに気が付いていない。 漫画では序盤から学校に通っている(後に編入時の話も存在する)一方、アニメ版では第一話の時点で高校に通っていない。 第十三話ではかせから許可が下り、第十四話から時定高校1年Q組(ゆっこ達と同じクラス)に編入することとなった。 阪本(さかもと) 声 - (スカーフ無し - 水原薫 ) 人気投票:4位 はかせが道で拾ってきたで、1歳 - 1歳半(人間に照らし合わせると20歳)。 性別はオスで一人称は「オレ」。 はかせに拾われ、東雲家で暮らすようになる。 はかせの作った「しゃべれる首輪(形状は赤いスカーフ。 アニメ版では「しゃべれるスカーフ」)」により人間の言葉を喋れるようになった。 初めて喋った時は大阪弁だったが、間もなく普通の喋り方になった。 以後、普段はスカーフを巻いて生活しているが、スカーフを取られると喋れないただの猫に戻る。 名前は元々入っていた箱に書かれていた「阪本製薬」の「阪本」から取られた。 本人は命名が安易すぎるためにあまり気に入ってない様子だが、その後は「阪本」や「阪本さん」で応答している。 偉そうな性格で、横柄な態度をとる。 はかせを「ガキ」、なのを「娘」と呼び、「2人の親代わり」を自称して何かと上下関係に厳しい態度を見せる。 そのため、はかせから「ちっちゃくて弱そう」と言われた時にはショックを受けて石化してしまった。 アニメ版では、学校に行きたそうにするなのの気持ちを汲み取ってはかせに伝えたり、ニャーと鳴いてくれというなのの要望に応えるなど優しい一面も垣間見える。 又、はかせと同じく犬が苦手である。 ツッコミ気質だが、消しゴムや小さい虫などを見るとつい猫の血が騒いではしゃいでしまうため、2人に遊ばれている。 また、遊びに飽きた2人から放置されたり、はかせのイタズラにひっかかって酷い目に遭ったりと、東雲家内での損な役回りを受けるキャラでもある。 未来でも東雲研究所 家 にて、なのとはかせ、ビスケット2号のいつものメンバーと新しく加わった中村と共に生活している。 帽子にシャツ、半ズボンと、人間の少年のような出で立ちをしている。 腕がロケットパンチになるが、設備不良のためかすっぽ抜ける 頭が飛んでいく場合もある。 2号と違い意思を持っておらず、言葉も喋れない。 ビスケット2号(ビスケットにごう) 声 - 人気投票:24位 はかせが作ったロボット。 容姿は旧モデルのビスケット1号とほぼ同じ(違うのは帽子の番号とランドセルの有無)。 動力はビスケットで、特技は速読。 ビスケット1号と違い、意思を持ち言葉を話せる。 普段は庭の掃除などをしている。 中村には偵察用ロボットと勘違いされた。 中学生 [ ] 立花 みほし(たちばな みほし) 声 - 後述のの項を参照。 タナボ ゆっこが道端で会った女子中学生で、みほしとすみかの同級生。 本名は不明だが、おそらく田中の妹(タナボが探していた扇子と手拭いが田中のアフロから出てきている)。 黒髪のショートヘアで、引っ込み思案な性格。 ゆっこを「ダブルチーズバー子」という芸能人(後述)と勘違いしており、「師匠」と呼んで慕っている。 兄の影響で落語を始め、みほしとすみかを相手に一席しようとするほど入れ込んでいる。 「たなぼ」と読む地名として、作者の出身地・伊勢崎市を流れる粕川(水系支流)上流の前橋市粕川町(旧・)に、「田面」(・・)が存在する。 すみか ゆっこが道端で会った女子中学生で、タナボとみほしの同級生。 みほし達との会話の内容からするに、大工健三郎の妹であることが伺える(死者が出るスポーツを兄がやっていると言っており、囲碁サッカーのことである可能性が高い)。 実家は富豪で(恐らく大工財閥)、みほしやタナボに常々羨まれているが、本人は自分が二人と全く違った生活を送っている事に気づいていない。 また、彼女らとの友情関係の深さを臆面無く発言し、みほし達を赤面させることもある。 家族たち [ ] 長野原 よしの(ながのはら よしの) 声 - 人気投票:18位 みおの姉で大学1年生。 髪は紺色のロングヘアで、瞳は妹と同じく青。 時定高校部の。 練習しなくても強い天才タイプの強豪剣士。 中学生時代に道場の師範代から一本取ったという伝説を持っている他、その後もに出場する、剣道の全国大会で優勝するなどの功績をあげている。 そのため、道場の後輩のみほしからは憧れと対抗心の両方面で見られている。 普段はマイペースでつかみどころがなく、「くさやジャムを作る」「将棋の駒をケーキに差す」といった常人には理解し難い行動を連発し、みさとからも「剣道以外はまったくダメ」と認識されるほど。 好奇心旺盛で、背中のネジ回しが気になるなのや、みおの友人である麻衣を見かけた際にはイタズラを仕掛けた。 麻衣とのイタズラ合戦の際には、一方的に他人をやり込めることの多い麻衣相手に引き分けを取った。 愉快な性格とも取れるが、家で普段からその行動に振り回されているみおにとっては傍迷惑な姉でしかないようである。 立花 みほし(たちばな みほし) 声 - みさとの妹で中学1年生。 髪は桃色のツインテール。 中学校ではタナボ、すみかと友人。 ギャグに弱い。 姉と同様剣道をやっており、道場にも通っている。 先輩にあたるよしのには対抗心を燃やしている。 姉とは違い、恋愛観はませている部分がある。 みさとの笹原への思いを見抜いており応援する一方で、いつまでもまごついている姉にヤキモキしている。 進展させようと、みさとが書いたように偽り、笹原の下駄箱にラブレターをいれたこともあった(しかし誤って自分の名前を書いてしまっていたため、失敗した)。 ゆっこの母 声 - ゆっこの母親。 名前は不明。 中年の容姿で眼鏡をかけており、娘のことは「ゆっこ」と呼んでいる。 ゆっこにはやや厳しい態度のことが多く、「赤点取ったら殺すわよ」と軽く言い放ったり、部屋で騒ぐゆっこに対し合気道などで強烈な制裁を加えたりすることがある。 しかし掃除機のプラグの巻き取りにゆっこと同様爽快感を覚えるなど、やはり親子の血は否めないようである。 中之条の父 声 - 名前は不明。 剛の父親で店主。 通称は「中之条さん」。 息子同様の天然モヒカン頭だが、普段は無理矢理に抑えつけて隠蔽している。 風に煽られるなどで髪がモヒカン状であることがわかるが、息子の剛は15年間この事実を知らなかった。 大福餅を売る事に情熱を傾けている。 大福については「大福は喋ってはいけない」「じゃなきゃ駄目」 「には絶対逃げない」 などの強いこだわりがある。 月に一度開かれる「大福フェア」では、大福の被り物を被りマスコットキャラ(通称「大福くん」)として店の宣伝をするバイトを1人雇う。 日給は1万円で、みおも姉にハメられ一度だけこのバイトを体験した。 また、この「大福くん」の被り物は、目も口もなく大福そのものを模している(みお曰く、「大福くん」じゃなくて「大福」)。 中之条の父が大福くんをかぶり怪しい踊りを踊った際には、警察官に変質者と間違われた。 息子に稼業を継がせようとしており、反発する剛を殴ったり、内側がペンキ塗りたての大福くんを被らせて脱げないようにしたりなど、その信念は固く手段を選ばない。 中之条の母 剛の母。 剛がモヒカンを真ん中分けにセットしているところを見てしまい驚愕した。 設楽 君子(したら きみこ) 声 - 小菅真美 邑楽(教頭)の娘でみーちゃんの母。 時々みーちゃんをつれて邑楽の家に遊びに来る。 母親が旅行でいないときに料理を作りにくるなど、父親との仲は良好である様子。 みーちゃん 声 - 水原薫 本名不明。 邑楽の孫で、君子の息子。 に通う無邪気で元気な男の子だが、「おじき」と呼んで慕う祖父に自分が作ったを本当に食べるようにしつこく強要したり、祖父の部屋での場所をしつこく聞いたり、野球のために120坪を要求するなど、無邪気故に祖父を振り回す恐ろしい一面もある。 また、ではを投げて祖父を驚かせた。 桜井はじめ 桜井泉、誠の父親。 職業は小説家で、代表作は「牛乳の雪」「ゆげ」など。 作品を書き終えずにどこでもすぐ寝てしまうので、担当編集者である上星を困らせている。 妻(泉、誠の母親)とは死別しており、男手ひとつで娘と息子を育てた。 未来で、彼の本のイラストをみおが担当しているらしい(桜井泉が水上麻衣にその事に関し伝言を頼んでいる)。 上星 名前は不明。 桜井はじめの担当であると同時に、一ファンとして彼の作品を楽しむ。 なかなか作品を書き終えてくれないはじめに手を焼いている。 名前からウェボシーの家族である可能性がある。 その他 [ ] 師範代 声 - よしのとみほしの剣道の師匠。 長髪でジャケット姿。 面長で目が大きく、青春ドラマの主人公のような風貌をしている。 座右の銘は「努力は必ず扉を開く」。 剣道の腕は超一流だが、中学生時代のよしのにあっさり一本とられた事があり、更に中学生のみほしにも自転車を走って追いかけていたところを偶然一本とられてしまう。 道場の経営が傾いてきているため、たまに時定校に赴き、校長に剣道部の顧問にしてくれるように頼んでいるが、剣道部の顧問は既にいるため断られている。 様々な場面にとして登場しており、多くの場合は愛用の自転車に乗っている。 みおの回想や走馬灯にもよく登場する。 玉村(たまむら) 声 - 大工喫茶の店員(研修生)。 名前は不明。 髪型は金髪のセミロング。 焦ったり緊張すると、泉同様周囲に汗が飛び散る。 よしのとは大学の友人で、「ながのん」という愛称で呼んでいる。 未来で、編集社のバイト? をしているらしい。 バディ 声 - 白石稔 中型くらいの。 外見はや胡麻・白毛色に似ている。 ゆっこが失敗をして廊下に立っているとよく慰めに来る。 慰めのリアクションは場所を問わず、突然落ち込んだ登場人物の元へ現れ、相手の足または頭や背中などに右の前足をぽんと載せてやる(お手のような形)というもの。 どんな時でも特段表情は見せず、淡々とした態度を崩さない。 コバディ 名前の通り、バディを二回りほど小さくした感じの犬。 日常の51で初登場し、バディと共に初慰めを披露した。 きよし 声 - 水原薫 バディとコバディの飼い主で、ジェントルマンの孫。 ジェントルマンに「たかし」と名前を間違われる。 ジェントルマン 声 - 漫画に出てくるような典型的なの格好をしたシルクハットの老人で、きよしの祖父。 孫の名前をよく覚えていない。 紳士 声 - 元々はプロトタイプ版の登場人物。 ジェントルマンと同じく紳士の格好をしているが、口がひげで覆われている。 みおの技術に惚れ込んているようで、コークスクリューに感動していたり、シャドーボクシングを見てボクサーとしてスカウトするなどしている。 お付き 声 - 元々はプロトタイプ版の登場人物。 紳士に付き添っている。 紳士と共にみおのコークスクリューやシャドーボクシングに感動していた。 まーちゃん 声 - 水原薫(第9話)、(第25話) 大福くんのバイトをしていたみおのお腹を殴っていた子供の一人。 川でおぼれていたところをみおに助けられ、お礼に凧をあげた。 おさむ 声 - (第9話)、(第25話) まーちゃんと共にみおを殴っていた子供。 の帽子をかぶっている。 おぼれていたまーちゃんを助けるため警官を呼びに行った。 警官 声 - 土門仁 時定市の警官。 偽札が近隣で出回っているという情報を確認するためみおとゆっこに声をかけたが、みおが偶然容疑者情報のバッグと似たようなデザインのものをその時持っており中身の確認するが、中に入っていたBL漫画原稿を見られ暴走したみおに攻撃され気絶してしまった。 おさむに呼ばれまーちゃんを助けに来た際にみおとゆっこに再会し、みおがまーちゃんを助けたことに免じて公務執行妨害を許した。 江木 正晴(えぎ まさはる) 声 - 流しそうめん研究者。 51歳。 30年前に妻の元を離れ、彼女の貯金を使って流しそうめんばかり食べてきたが、その金も尽きて帰ってきた。 囲碁サッカーの本家であるらしい。 スナッQの中に入っていたこともある。 江木の妻 声 - 長い旅に出た流しそうめん研究者の江木の妻。 夫の帰りを信じ、定期的に自宅に面した時定公園にて流しそうめんを開催しているが、夫以外には理不尽ないやがらせを行う。 和尚 声 - 通学途中のゆっこらが雨宿りの為に立ち寄った神社の住職。 和尚であるが、霊については信じていないようなそぶりを見せている。 ゆっこ達がの鈴を千切り落としたり、庇の床板を踏み抜いたりした時は「疫病神」と呼んで追い出そうとした。 性癖はソフトM。 物語の中で社を「わしの寺」と呼んでいたことから社は神仏習合した「」であることが窺い知れる。 声 - くじら 中之条がで会った老婆。 現代的な道具や食品を隠し持っていて剛を驚愕させた他、霊を呼び出した報酬として5000円を剛に要求した。 年齢は不詳である。 カラス 声 - はかせに捕まえられて、阪本さんのスカーフを着けられた礼儀正しいカラス。 身体は俗にいうカラスではなく(作中では普通の形のカラス〈声 - 白石稔 〉も出てくる)、円錐形をしている。 はかせの前にスカーフのお礼をしようと再び登場するが、はかせのサメチョコを食べてしまい泣かせてしまった。 このカラス、実は新種であり、例のスカーフをはかせに返す際にたまたま居合わせたゆっこにより発見され、新聞に記載される。 その後発見者のゆっこに"バーティカル・モンチョーネ"という正式名称がつけられ、スズメ目カラス科に分類された。 まさお 声 - 水原薫 麻衣が描いたシュールな漫画に登場する架空の少年。 学校に遅刻しそうな中、色々大変な状況にあう。 ヘッドホンをした生徒 声 - 時定高校の生徒で、金髪にヘッドホンをしている。 ののテーマを口ずさみながら歩いていたところひょんな事からなのにぶつかってしまい、何処かに吹っ飛ばされた。 アニメ版では様々なところに出ており、モブとしての役割を果たしている。 ストライクが好きな審判 「 有 野球の審判」に勤めていたが、どんな場面でも「ストライク」のジャッジを下してしまうため解雇された男性。 ダブルチーズバー子 髪型や服装がゆっこにそっくりな芸能人。 後ろ姿はゆっこと見分けがつかないが、顔は全くの別人。 話の語尾に「ガス」や「ガンス」を付けるのが特徴。 「パロピカルトライアングル」という謎の芸を持っている。 タナボが尊敬する人物であり、ウェボシーやフェっちゃんもファンの一人であると思われる。 単行本7巻では名前のみの登場であったが、9巻で満を持して本人が登場した。 ゆっこと勘違いしてジュースをあげたみおに、お礼として手作りの「すかし保久利」をプレゼントした。 泣いているはかせを見て、涙を笑顔に変えるのが使命だ と思うなど、芸能人としてのポリシーがある様子。 風のポテ三郎 ダブルチーズバー子を師匠と呼んでいる様子。 ポテトを一本盗んで食べることを楽しみとしている。 背中に背負っている高機能リュック(空を飛べる、ソラニンアタック、でんぷん煙幕など)は中村先生に作ってもらったらしい。 総理 総理大臣。 本名不明。 自販機で飲み物を買っていたところ暗殺を狙われるが、ゆっこがたまたま蹴った小石につまづいたことによって銃弾を避け、一命を取り留めた。 老神さん 1年C組。 15歳。 単行本5巻にて1年Q組の田中からラブレターをもらったおさげの女子生徒。 恋に恋をしていて、いつか万座のスキー場にてバブルみたいな恋をしてみたいという願望がある。 八ツ場くん 2年S組。 単行本7巻 にて登場。 同学年P組の大工の金持ちっぷりが羨ましく、彼が設立した囲碁サッカー部を混乱の渦に巻き込もうと日々努力する男子生徒。 主にポスター を作り、学校中に貼りまくっている。 彼の作るポスターにはセンスがあるらしく、これを見た美術部が彼を引き抜こうとしている。 モグっち 3年Q組在籍の女子生徒。 単行本3巻 に登場。 本名不詳。 モグモグと良く食べる事からこの渾名がついた。 無限の胃袋をもつ。 友人とバンドを組んでおり、パートは。 もぐら 単行本10巻にてゆっこにより発見された新種の鳥。 だが、実は本編の初めから何羽も登場している。 アニメでは、みおの部屋にある時計にて同種と思われる鳥が「KUMOMADORI」として描かれている。 アイオイスペシャル 単行本10巻にてみおが新種だと思い、捕まえた生物。 人型をしており、額からは前にまっすぐ伸びる角と思われるものがある。 みおが見つけて生物学者に見せた時には既にゆっこ により新種として発見、命名されていたと推測される。 ゆっこの居眠りの夢に登場する人々 [ ] 主に「フェイ王国」に住んでいる人々。 この国では片仮名に横線を一本足したような文字が使われているのが分かる。 ゆっこの夢の中に出てくる人物のはずだが、現実の上空で状の飛空船に乗って地球旅行をしている。 髪型は金髪のポニーテールで、長い耳(エルフ耳)が特徴。 風貌に反して性格は子供っぽくわがまま。 ドルフの死後はレクリエーション大会と称して部下を空中へ投下させるなど平気で部下を虐待している。 ゲーム「日常(宇宙人)」では、物語におけるとして登場する。 アルベルト王 声 - スターラ姫の父であり、フェイ王国の国王。 野心を持ったドルフに裏切られ拘束される。 困っている人を放っておけない心優しい人物。 ドルフ 声 - 孤児の頃にアルベルト王に拾われたフェイ王国の指揮官(明確な階級は書かれていない)。 王の計画した地球旅行を期に王を裏切り、「ウッドキューブ」 を使い王国の征服を試みる。 しかし、自分の足につまづいて転び、そのまま死亡した。 フェイ王国の兵隊 [ ] その名の通り、フェイ王国の兵士たち。 ドルフと共にクーデターを起こしたが、ドルフの死後は本来の兵士に戻り、スターラ姫のわがままに振り回されている。 姫を楽しませるレクリエーションで機嫌を損ねさせると、足元に突如出現する穴から落とされ処刑される。 基本的に顔は見えず、それぞれ正面に数字(役職についている者は文字)が入った()を被っている。 兵士といっても武器等は携帯しておらず武装もしていない。 以下に代表的な兵隊を挙げる。 隊長 声 - フェイ王国兵隊の隊長。 帽子の文字は「長」で、つばの裏に「ONE FOR ALL ALL FOR ONE」と書いてある。 「かりそめにも」が口癖。 ウッドキューブの奪還にやってきたみおが開けた大穴から転落死。 アニメのクーデター時には16番の役割となり、転んだドルフの脈をとった。 参謀(通称 粘り腰の交渉人、〈ねばりごしのネゴシエイター〉) 声 - フェイ王国兵隊の参謀。 帽子の文字は「参」。 のような付けひげをしており、帽子を紐で結んでいる。 片方のウッドキューブを手にし、ウッドキューブ奪還のため飛行船に現れたみおに交渉を持ちかけたものの、すぐに殴られ即死した。 おつき 声 - ジャンケンの結果、姫のおつきとなった兵士。 35歳。 帽子の文字は縦書きで「おつき」。 常に姫の横に立ち、兵士達のリーダー的存在だが、レクリエーション大会で、下らない冗談で笑ってしまった為に死亡した。 ゲームでは死んだ彼に変わり、「おつき2」「おつき3」が登場する。 0番 声 - 川原慶久 1番 声 - 宮下栄治 ドルフのクーデターで姫を探していた兵士の一人。 漫画では最初に登場した兵士だったが、アニメでは隊長に叱咤され、ウッドキューブ奪還のため14番と共にみおへ立ち向かった。 4番(通称 ユーモアの4番 ) 声 - 土門仁 ドルフと共に倉庫でアルベルト王を拘束していた兵士の一人。 ドルフの死に際し、姫をたたえる拍手とかけ声を始めた6番に同調した。 アニメのレクリエーション大会では8番の役割である「ユーモアの4番」となり、66番に続いて芸を披露するも一瞬で死亡。 5番(通称 ドミンゲス) 29歳。 ひょうきん13に憧れを抱いていたが、レクリエーション大会で巻き添えを食いひょうきん13と共に死亡。 アニメのレクリエーション大会では11番のくじ番号順が三番目から五番目となり、必然的に彼が兵士3番の役割へと変更になったため、原作での彼の役割は15番へ譲られたことで生き残った。 6番(通称 クイズの6番) 声 - ドルフと共に倉庫でアルベルト王を拘束していた兵士の一人。 26歳。 ドルフの死に際し、最初に姫をたたえる拍手とかけ声を始めた。 レクリエーション大会で姫の機嫌を損ね死亡。 クイズを考えることが生き甲斐でクイズマスターと呼ばれていた。 7番 オリンピックの開催地を全部言おうとしたが、アテネで落とされた。 8番(通称 ユーモアの8番) 声 - ドルフと共に倉庫でアルベルト王を拘束していた兵士の一人。 28歳。 クーデター時にウッドキューブを2つとも拾ってしまう。 レクリエーション大会で芸を披露するもギャグがすべったため死亡。 キャップのつばの裏に「one for all」と書いてある。 アニメではフェイ王国編の主人公として扱われた。 レクリエーション大会では原作での30番の役割 、みおのウッドキューブ奪還においては80番の役割を担当している。 11番 レクリエーション大会でひょうきん13とネタがかぶってしまったため死亡。 原作でのくじ番号順はユーモアの8番、6番に次ぐ三番目だが、アニメでは66番、ユーモアの4番、6番、7番に続く五番目となっている。 13番(通称 ひょうきん13〈ひょうきんサーティーン〉) 声 - 32歳。 兵士一のお笑い者であり、レクリエーション大会での首がついたパンツを履いて芸をしようとしたが、する前に飛行船から落とされた。 14番 声 - ドルフのクーデターで姫を探していた兵士の一人。 レクリエーション大会で3番をくじの三番目と勘違いした。 アニメのレクリエーション大会では0番へ役割が譲られたため、出番はなかった。 ウッドキューブ奪還では94番にかわり、最初に密航してきたみおを発見した。 また、隊長に叱咤され、1番と共にみおへ立ち向かった。 15番 声 - 原作ではレクリエーション大会でひょうきん13の話を聞いていたモブキャラの一人。 アニメのレクリエーション大会では5番の役割となり、ひょうきん13と共に死亡。 16番 声 - クーデター時に転んだドルフの脈をとった兵士。 アニメでは隊長が脈をとったため出番がなかった。 アニメのレクリエーション大会では肌が浅黒く、66番の特技を驚いていた。 22番 声 - 見た目がかなりチャラチャラしている兵士。 ウッドキューブ奪還にやってきたみおにナンパを仕掛けるが、みおの一撃で壁に頭がめり込み死亡。 30番 レクリエーション大会でチアリーディングを披露するつもりだったが、途中で脱走した兵士。 アニメのレクリエーション大会では8番へ役割が譲られたため、出番はない。 39番 声 - 烏田裕志 64番 ウッドキューブの奪還に来たみおと対峙した兵士の一人。 71番と共に、素顔が晒されている。 66番 声 - 原作ではレクリエーション大会でマジックの準備をしている群衆の一人。 アニメ版日常では王室の専属マジシャンを目指していたが、レクリエーション大会で最初に芸を披露するも死亡。 71番(通称 学者) 声 - 人気投票:22位 フェイ王国兵士のブレーン。 眼鏡をかけていて出っ歯だが、眉毛と瞳は男前。 語尾に「ゲス」とつけて喋る。 80番 ウッドキューブ奪還において、隊長の死に憤りみおに立ち向かうも吐息で一蹴され、飛行船内をバウンドするように転げ回った。 アニメのウッドキューブ奪還では8番へ役割が譲られたため、隊長の死を嘆くモブキャラとなっている。 95番 声 - 烏田裕志 98番 声 - 竹内良太 ウッドキューブ奪還において、ウッドキューブを見つけると金一封であることに対して素直に喜んでおり、また、参謀がすでにウッドキューブを一つ見つけたことを告げた兵士。 アニメ版において他の兵隊は主に竹内良太 、烏田裕志 が演じている。 天川新聞 [ ] 時定新聞と大工新聞が幅を利かせる時定市に革命を起こそうと、総統が立ち上げた新聞社。 読みは「 あまがわしんぶん」。 現在の顧客件数は6件。 新聞社の人物は全員、服装・表情ともにのような表現がなされている。 この見た目のため、周囲の人々からは怪しい・恐ろしい集団として見られることの方が多く、悪魔のようなデフォルメをされて描かれることもある。 総統(そうとう) 天川新聞創設者。 時定新聞と大工新聞が幅を利かせる時定市に革命を起こそうと新聞社を立ち上げた。 全身をのような衣装で覆っている。 また、鼻から下は覆面で覆っている。 隼(はやぶさ) 天川新聞社員。 その名は、1日に3件も顧客を獲得したという伝説に由来するという。 上半身は裸で、鍛え上げた筋肉をあらわにしている。 スキンヘッド。 副職として路上販売をし、安中さんのリボンやみおのウッドキューブ、マスクなどを販売していた。 シューティングスター 天川新聞社員。 親孝行で一日一善をモットーとしている。 テレビドラマ『』のような格好をしている。 子供の様にだだをこねて勧誘する戦法で顧客を1件獲得。 中村先生の家に訪れたときは回路ショートくんで失神させられた。 彦六(ひころく) 天川新聞社員。 主に雑用を担当。 棘のついたを着用し、頭と手足だけを出している。 鉄球の中には顧客勧誘用の洗剤やチケットなどが入っている。 スキンヘッド。 プロトタイプ版の登場人物 [ ] 2巻に収録されているプロトタイプ版 の登場人物。 みお 演劇部所属の1年生で期待のホープ。 髪型は本編とは異なりセミロング。 母親はにハマっている。 鵜飼 真美(うかい まみ) 人気投票:23位 プロトタイプでの登場人物。 演劇部所属の1年生。 茶色のおさげ髪。 脚本を自分で手掛けたり、演出に凝ったりと意欲があり活発。 摩訶不思議な行動を取り相手を困惑させてその様子を見るのが好き。 アニメでは出番がよしのに統合されている。 本編には登場していないが、アニメ2クール目のエンディング映像で彼女の姿を確認することができる。 ちなみに、アニメのとして登場する髪型の似ているキャラクターは「大胡」という名前の生徒であり、まったくの別人。 紳士 を参照。 お付き を参照。 みお姉 みおの姉で大学生。 黒髪のロングヘア。 剣道部所属。 みおのケーキに将棋の駒(・)を指したりするなど愉快な人物。 よしののプロトタイプにあたる。 Helvetica Standard (ヘルベチカスタンダード) [ ] 原作者のあらゐけいいちが『』や非売品の『コミック通信』(角川書店発行)において連載していた漫画作品。 『日常』本編に登場しないキャラクターの話が多いものの、『日常』のメインキャラクターも登場しており、アニメにおいても話数により挿入されている。 2011年7月26日に単行本が発売された。 『日常』では関口ユリアが読んでいたり、本の裏に「映画化決定」と書かれたりとネタにされている。 アニメでは、『日常』のキャラが登場する話(「ティコマート」など)はアニメの本編に組み込まれた形になっているが、それ以外の話ではタイトルが冒頭に付加される上に作画も異なる。 主な登場キャラクター [ ] ハセガワ 声 - 水原薫 ティコマートのアルバイト店員。 「唾液悶絶!! アチアチホットなシェフの気まぐれチキンバー」という商品を注文する時にキャッチコピーまで読んだゆっこを笑ってしまった。 そして泣かせてしまった。 センパイを尊敬している。 センパイ ティコマートの社員店員。 ハセガワにクールでかっこいいと思われている。 ピノ 声 - 一級天使の少女。 頭の上に輪っか、肩の上から羽が生えている(直接付いているのではなく、羽は浮かんでいる)。 陽気で活発な性格。 ババロアが好き。 モノアイ 二級天使。 長髪で、右目は絆創膏で隠れている。 ピノの後輩だが、性格は対照的におとなしい。 時々、口調がいまどきっぽくなってしまう。 あらまさん 27歳OL。 仕事は事務用品会社の「(株)バナナ」の経理をしている。 口ぐせが「あらまっ」だったので、あだ名が付いた。 そのため「あらまっ」と言わないように心掛けていたら、まったく言わないようになった。 『CITY』でも登場。 わせだちゃん 目頭高校2年。 チャレンジ精神満載な女子高生。 なまはげ 声 - 宮下栄治 なまはげ。 包丁を持っている。 ちらしずし(地羅刺頭四)をつらすづすと言ってしまう。 死神 死神。 彼の持っている鎌の値打ちは5万円ぐらい。 「KY」の意味が分からず、人を追い掛け回した(隊長曰く「KYってなんでしょうか? 」「お前のことだよ」)。 また、天狗に鎌をとられたことがある。 テング アパートに住んでいる天狗。 優しくしてもらうと天狗になってしまう。 死神の鎌を盗んだ。 中村 時定大学4年生。 箱根駅伝のランナー。 陸上部。 ここぞという所でやってくれる男。 酒と女に滅法弱い。 将棋が強い。 後述の後藤とは親友。 後藤 時定大学4年生。 箱根駅伝のランナー。 陸上部。 またの名を山の神。 プロからも注目されている。 サッカーが滅法強い。 タヌキ ごくつぶし。 家賃を溜め込んでいる。 状況が不利になると狸寝入りをする。 スズメ ギャンブラー。 家賃を溜め込んでいる。 出すとしても雀の涙ほど。 セキさん いぶし銀のフォワード。 ゴールへ嗅覚がまるでない。 背番号は18番。 後藤 前述の元陸上選手。 会社員からトライアルを受けてプロへ。 スピード持久力があり、チームの中心へと成長しつつある。 背番号6番。 五十嵐竜王 七色の技を持つ棋士。 中村七段 前述の元陸上選手。 社会人から異例のプロ転向を果たす。 書誌情報 [ ] コミックス単行本 [ ] 単行本は、全てより「」レーベルとして刊行されている。 カバーの表紙には、その巻にあるネタがいくつかちりばめてあり、さらに裏表紙折り返し部分には一部が変化している(例:3巻カバー表紙にはタケノコが並べられているが、裏表紙折り返し部分でそのうちの1本が成長して竹になっている)。 また、カバー下の表紙には、登場するキャラクターや事物の紹介などが掲載されている。 全10巻。 巻数 初版発行日 ISBN 初出 その他 話数 1 2007年7月26日発行(2007年7月26日発売) 『』2006年8月号-2007年6月号初出。 カバー下の表紙には、東雲研究所の居間の見取り図と、居間にあるポスター、及びの解説が掲載されている。 カバー下の表紙には、時定高校、水上麻衣の飼い猫、長野原みおの姉、大福フェアなどの解説が掲載されている。 5・日常のショート1・日常のプロトタイプ1・2 3 2008年7月26日発行(2008年7月26日発売) 『月刊少年エース』2007年12月号-2008年6月号、『』2007年WINTER、2008年SPRING、『月刊コンプティーク』2007年8月号-10月号、2008年2月号、3月号初出。 カバー下の表紙には、時定高校の教員紹介(校長、教頭、桜井先生、高崎先生、赤城先生、富岡先生)が掲載されている。 カバー下の表紙には、フェイ王国の兵士紹介(、5番、6番、8番、11番、13番)が掲載されている。 カバー下の表紙には、水上麻衣のペット紹介(チッチ(猫)、(犬)、ピョン(犬))等が載っている。 通常版 2011年3月26日発行(2011年3月26日発売) 『月刊少年エース』2009年12月号-2011年4月号初出。 カバー下の表紙には、作中に登場する「」、「はずれアイス」、雑誌「DVDビニール」、「」像等の解説が掲載されている。 2-Vol. 6初出。 カバー下の表紙には、天川新聞の社員紹介(総統、隼、シューティングスター、彦六)が掲載されている。 7-Vol. 17初出。 カバー下の表紙では、ゆっこ・みお・麻衣の中学時代のクラスメイトについて解説されている。 『Helvetica Standard -ヘルベチカスタンダード-』 2011年7月26日発行(2011年7月26日発売)、• 4コマ漫画「ヘルベチカスタンダード」(『』2007年11月号、2008年4月号-2011年8月号初出)を収録するほか、2006年から2011年7月にかけて、無料配布物や冊子等に掲載されていたものを再収録。 角川書店の書店向け販促チラシ「コミック通信」に掲載されていた『日常』の販売促進用漫画を収録した「コミック通信」、かつてブログ「kumomadori」に掲載されていた文章「たけとし」「よっくん」「コロッケパン」の3作品を加筆・修正したイラスト付き短編小説集「文とコマ絵」、女性向け季刊誌『』の企画用に描いた武将「」、各種のイラスト、原作者の執筆部屋紹介などがある。 『Helvetica Standerd 絵 -ヘルベチカスタンダード え-』2014年11月26日発行、• 「ヘルベチカスタンダード」の続きを始め、アニメのために描いた絵や、・の表紙のために描いたイラストなどを収録している。 電子書籍 [ ] この節のが望まれています。 PlayStation Store [ ] 2009年12月配信・更新開始。 2012年9月末日のサービス終了に伴い配信停止。 Amazon. com [ ] が販売。 対応端末は「Kindle 電子書籍リーダー」、「Kindle Fire タブレット」、「Kindle 無料読書アプリ」。 1巻 2012年9月1日配信開始• 2巻 2012年9月1日配信開始• 3巻 2012年9月1日配信開始• 4巻 2012年9月1日配信開始• 5巻 2012年9月1日配信開始• 6巻 2012年9月1日配信開始• 7巻 2012年9月1日配信開始• 8巻 2013年2月15日配信開始• 9巻 2013年12月27日配信開始 楽天ブックス [ ] 対応端末は電子ブックリーダー、Android、iPhone、iPad。 1巻 2014年5月1日配信開始• 2巻 2013年10月8日配信開始• 3巻 2013年10月8日配信開始• 4巻 2013年10月8日配信開始• 5巻 2013年10月8日配信開始• 6巻 2013年10月8日配信開始• 7巻 2013年10月8日配信開始• 8巻 2013年10月8日配信開始• 9巻 2013年12月27日配信開始 紀伊國屋書店ウェブストア [ ] 1 - 9巻を配信(配信日不明)。 BookLive! [ ] コンテンツ形式は「. book」。 対応端末はLideo、WindowsPC、iOS、Android、ブラウザ。 1巻 2011年1月28日配信開始• 2巻 2011年1月28日配信開始• 3巻 2011年1月28日配信開始• 4巻 2011年2月25日配信開始• 5巻 2012年8月3日配信開始• 6巻 2012年8月3日配信開始• 7巻 2012年8月3日配信開始• 8巻 2012年12月18日配信開始• 9巻 2013年12月27日配信開始 Reader Store [ ] 対応端末はReader、PlayStation Vita、Android、iPhone、iPod、iPad。 1巻 2012年3月9日配信開始• 2巻 2012年3月9日配信開始• 3巻 2012年3月9日配信開始• 4巻 2012年3月9日配信開始• 5巻 2012年3月9日配信開始• 6巻 2012年3月9日配信開始• 7巻 2012年3月9日配信開始• 8巻 2012年12月21日配信開始• 9巻 2013年12月27日配信開始 Yahoo! ブックストア [ ] 対応端末はWindows、Mac、iPhone、iPad、iPod touch、Android。 Windows、Macはブラウザ版ビューアーのみ、それ以外の端末はブラウザ版ビューアー・専用アプリでの閲覧が可能。 1巻 2013年08月24日配信開始• 2巻 2013年08月24日配信開始• 3巻 2013年08月24日配信開始• 4巻 2013年08月24日配信開始• 5巻 2013年08月24日配信開始• 6巻 2013年08月24日配信開始• 7巻 2013年08月24日配信開始• 8巻 2012年08月29日配信開始• 1巻 2010年12月01日配信開始• 2巻 2011年01月20日配信開始• 3巻 2011年02月10日配信開始• 4巻 2011年03月31日配信開始• 5巻 2011年04月25日配信開始• 6巻 2011年06月09日配信開始• 7巻 2011年11月10日配信開始• 8巻 2012年11月15日配信開始• 1 - 9巻、「1 - 5巻セット」を配信(配信日不明)。 hontoネットストア [ ] 対応端末はPC、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、Androidタブレット、Androidタブレット大。 1巻 2010年7月2日配信開始• 2巻 2010年7月2日配信開始• 3巻 2010年11月19日配信開始• 4巻 2010年11月19日配信開始• 5巻 2012年7月12日配信開始• 6巻 2012年7月12日配信開始• 7巻 2012年7月12日配信開始• 8巻 2012年12月15日配信開始• 9巻 2013年12月27日配信開始• 1 - 5巻セット 2013年1月25日配信開始 テレビアニメ [ ] 群馬県伊勢崎市付近の。 「日常の第二話」では県立時定高等学校の周辺を俯瞰する場面が描かれたが、主要な建物などの位置関係はほぼ一致する。 を基に作成 4月から9月までなどで放送され、2011年10月より一部独立局にてされた(第1話から第13話まで)。 さらに1月から3月まで、全26話を全12話に再編集したものがで「日常 Eテレ版」として放送された。 声優陣は従来の京都アニメーションの配役方法同様、メインキャラクターに新人・若手声優が、その他のサブキャラクター(特にフェイ王国のキャラクターや次回予告のナレーション)に中堅・ベテラン声優が多く起用されているが、本作はがキャスティング協力している事もあり、同社所属の若手声優を中心としたキャスティングがされた。 ロケーションに原作者と縁のあるの実在の風景を多く用いている。 作中で時折挿入されるナレーションはが、「ヒトコトワドコトバ」でのナレーション(エンディングのテロップなどでは「言葉お姉さん」の役名)はが担当するが、次回予告のナレーションは毎回違う声優が担当している(次回予告を参照)。 再放送版の最終話では、後提供テロップの前に主要担当声優4人が顔出しで「『日常』の再放送をご覧いただきありがとうございました。 またお会いできる日を楽しみにしています」とお礼を言う映像が流された。 各話は、単発のエピソードが連続する形で構成されている。 Eテレ版は再編集の形をとっているため、エピソードの収録順が大きく変更されているほか、TV本放送に限らず、Blu-ray Disc、DVDの収録作品も盛り込まれている。 テレビアニメ版は、Blu-ray DiscやDVDなどのパッケージがあまり売れず 、映像ソフトとしては大きな商業的成果を残せなかった一方で、Eテレ版の放送に対しては大きな反響が寄せられた。 民放で一度放送されたテレビアニメがNHK Eテレで放送されるのは異例のこととして紹介され 、更にEテレ版最終回の放送11日後である4月9日までには、放送年と同じくしてNHKのホームページに新設された再放送要望受付ページに、33件の要望と総数のべ4000件を超える賛同意見が届けられ、それを受けて急遽2012年6月に再放送が行われた。 この再放送要望受付ページで、初めて要望が採用され、実際に再放送することが決定した番組である。 なお、当作が前例となった民放UHFアニメのNHK Eテレでの日本全国再放送は、2016年1月期に『(第1期)』でも実現している。 スタッフ [ ]• 原作・構成協力 - あらゐけいいち• 企画 - 、八田陽子、武智恒雄、、太布尚弘• 監督 -• 副監督 -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン・総作画監督 -• 色彩設計 - 宮田佳奈• 美術監督 - 鵜ノ口穣二• 撮影監督 - 高尾一也• 音響監督 -• 編集 - 重村建吾• 音楽 -• 音楽プロデューサー -• 音楽制作 -• 企画プロデューサー - 、八田英明• アソシエイツプロデューサー - 鈴木智子、沼田知己、佐藤久暢• アシスタントプロデューサー - 瀬波里梨、マック千葉、アントニー山崎• アニメーション制作 -• 第2話、第10 - 13話、NHK版第2、4、5、8、10話ではZzz(Bossa Nova Version) 第7 - 9話、Eテレ版第3、7、9、11話ではZzz(Acappella Version)を使用。 アレンジバージョンはともにシングルに収録されている。 いずれもエンドロール上ではバージョンについての言及は無い。 曲目は主に小中高校の合唱コンクールや卒業式などで歌われる合唱曲。 予告といっても、静止画の物に関することを話したあとに次回のサブタイトルを言うだけで、内容には一切触れていない。 Eテレ放送時には次回予告はない。 話数 名前(カッコ内はナレーションの) 静止画 予告ナレーション 放送日 1 なのちゃんの足の 壁にめり込んだなのの左足の親指 2 なのの額が開いて甘食が出てきた場面 2011年 3 () 校長先生の右手の掌に乗せた(が入った苞) 2011年 4 上から見た昼間の4階建ての中層団地 2011年 5 麻衣がゆっこの頭をの教科書で叩く場面で、 上に「! 」というオノマトペが出ている 2011年 6 机の上に1枚ずつ置かれたペソ、十円玉、和同開珎 2011年 7 ウッドキューブ 開いた窓の近くに置かれた二つのウッドキューブ 2011年 8 の上で焼かれるの 2011年 9 上にではなく王将が乗った 2011年 10 のエリマキトカゲの 2011年 11 教頭先生の孫が作ったと町工場のおっちゃんが 作った鉄球(それぞれの静止画を交互に使用) 2011年 12 はかせが両手で持つ飲みかけの 2011年 13 でゆっこの口から飛び出た瞬間の小さい万国旗 (左端だけではなくのの) 2011年 14 囲碁サッカー部のの床に置かれた タイプのサッカーボール 2011年 15 で捕らえたエンジンオイルの 2011年 16 (プラスねじ) 教室の床に落ちた、の十字穴付き丸頭小ねじ 2011年 17 の3 ゆっこがの頂上の2枚を乗せようとする場面 2011年 18 ソース エクストラの ショット一杯を追加した の 丸い木製テーブルの上に置かれた スターバックスのドリンク(本編未登場の実写写真) 2011年 19 ののに転がったゆっこの粘土が を履いたに左足で踏まれて変形する場面 2011年 20 ゆっこが両手で持つの原稿用紙 (・40枚入) 2011年 21 学校の廊下のにで貼られた、桜井先生と 高崎先生の名前が入った相合傘のをした紙 2011年 22 部屋の床に落ちて潰れた未開封の袋入りメロンパン (袋にの字で商品名「おいしいメロンパン」が記してある) 2011年 23 が降るの屋上で桜井誠が右手で持つ、桜井泉の 時代の卒業写真(校舎の玄関前で、時定高校の姿で 左手に黒いを持ち、右手でをしている) 2011年 24 学校で笹原が入りの自動販売機のボタンを 右手で押してを買う場面 2011年 25 なのちゃんのねじ 横向きで寝ているなのの上に、 はかせが仰向けで重なって寝ている場面 2011年 各話リスト [ ] 各話リスト(本放送) [ ] サブタイトルは公式サイトでは『日常の第X話』、京アニサイトでは各エピソード表記となっている。 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ・演出 作画監督 放送日 (テレビ愛知) 1 日常の第一話 2011年 4月2日 2 日常の第二話 4月9日 3 日常の第三話 4月16日 4 日常の第四話 米田光良 4月23日 5 日常の第五話 堀口悠紀子 4月30日 6 日常の第六話 西岡麻衣子 植野千世子 5月7日 7 日常の第七話 村元克彦 北之原孝將 5月14日 8 日常の第八話 西岡麻衣子 高橋博行 5月21日 9 日常の第九話 村元克彦 内海紘子 池田和美 5月28日 10 日常の第十話 瀬川千鶴 米田光良 門脇未来 6月4日 11 日常の第十一話 花田十輝 坂本一也 秋竹斉一 6月11日 12 日常の第十二話 ジョー伊藤 北之原孝將 池田晶子 6月18日 13 日常の第十三話 石原立也 坂本一也 6月25日 14 日常の第十四話 花田十輝 三好一郎 植野千世子 7月2日 15 日常の第十五話 石立太一 北之原孝將 池田晶子 7月9日 16 日常の第十六話 花田十輝 武本康弘 高橋博行 7月16日 17 日常の第十七話 西岡麻衣子 山田尚子 堀口悠紀子 7月23日 18 日常の第十八話 村元克彦 内海紘子 池田和美 7月30日 19 日常の第十九話 ジョー伊藤 8月6日 20 日常の第二十話 花田十輝 三好一郎 植野千世子 8月13日 21 日常の第二十一話 村元克彦 河浪栄作 門脇未来 8月20日 22 日常の第二十二話 西岡麻衣子 武本康弘 高橋博行 8月27日 23 日常の第二十三話 村元克彦 坂本一也 鴨居知世 9月3日 24 日常の第二十四話 花田十輝 北之原孝將 池田晶子 9月10日 25 日常の第二十五話 武本康弘 丸木宣明 9月17日 26 日常の第二十六話 石立太一 西屋太志 9月24日 放送エピソード• 日曜 24:00 - 24:30 日曜 25:05 - 25:35 2011年 - 月曜 25:00 - 25:30 月曜 25:15 - 25:45 月曜 25:25 - 25:55 2011年 - 火曜 24:00 - 24:30 独立UHF局 2011年 - 水曜 25:30 - 26:00 水曜 25:55 - 26:25 2011年 - 木曜 23:30 - 24:00 独立UHF局 木曜 25:35 - 26:05 木曜 25:53 - 26:23 テレビ東京系列 木曜 26:10 - 26:40 2011年 - 金曜 26:00 - 26:30 2011年 - 9月29日 木曜 25:40 - 26:10 TBS系列 当初は4月7日に放送を 開始する予定だった。 木曜 25:42 - 26:12 日本全域 - 金曜 22:00 - 22:30 リピート放送あり - 月曜 23:00 - 23:30 2018年 - 木曜 20:30 - 21:00 あり リピート放送あり 日本全域と海外の一部 不明 左記参考 CS放送 日本は2ヵ国語放送は未実施。 国によって放送時間及び放送時期が異なる。 再放送( 1 - 13) 東京都 TOKYO MX 2011年 - 月曜 19:00 - 19:30 SD画質での放送 兵庫県 サンテレビ 2011年 - 水曜 18:00 - 18:30 NHK Eテレ版 日本全域 - 土曜 17:55 - 18:20 全12話に再編集放送。 あり、次回予告なし。 2011年版未放送のエピソードも放送。 NHK Eテレ版 再放送 日本全域 NHK Eテレ 2012年 - 土曜 15:00 - 16:40 NHK 4話ずつ、3週に分けて放送。 各巻2話収録で全13巻。 発売元は、販売元は角川書店との共同である。 特装版はサウンドトラックとラジオの再編集版を収録したCD、提供バックイラストステッカー2枚、日常格言絵はがき等が収録されている。 通常版との共通特典として、ブックレットのほか、音声特典のオーディオコメンタリーや映像特典のロケハン映像、BGMレコーディング映像、TV未収録のオリジナル次回予告映像等が収録されている。 巻数 発売日 収録話 オーディオコメンタリー出演者 規格品番 特装版BD 通常版BD 特装版DVD 通常版DVD 1 2011年 06月24日 第1、2話 、 KAXA-3201 KAXA-3214 KABA-9001 KABA-9101 2 2011年 07月22日 第3、4話 、 KAXA-3202 KAXA-3215 KABA-9002 KABA-9102 3 2011年 08月26日 第5、6話 本多真梨子、 KAXA-3203 KAXA-3216 KABA-9003 KABA-9103 4 2011年 09月30日 第7、8話 、 KAXA-3204 KAXA-3217 KABA-9004 KABA-9104 5 2011年10月28日 第9、10話 、 KAXA-3205 KAXA-3218 KABA-9005 KABA-9105 6 2011年11月25日 第11、12話 、 KAXA-3206 KAXA-3219 KABA-9006 KABA-9106 7 2011年12月22日 第13、14話 本多真梨子、相沢舞 KAXA-3207 KAXA-3220 KABA-9007 KABA-9107 8 2012年 01月27日 第15、16話 、 KAXA-3208 KAXA-3221 KABA-9008 KABA-9108 9 2012年 02月24日 第17、18話 、 KAXA-3209 KAXA-3222 KABA-9009 KABA-9109 10 2012年 03月23日 第19、20話 樋口結美、玉置陽子 KAXA-3210 KAXA-3223 KABA-9010 KABA-9110 11 2012年 04月27日 第21、22話 、 KAXA-3211 KAXA-3224 KABA-9011 KABA-9111 12 2012年 05月25日 第23、24話 、 KAXA-3212 KAXA-3225 KABA-9012 KABA-9112 13 2012年 06月29日 第25、26話 水原薫、 KAXA-3213 KAXA-3226 KABA-9013 KABA-9113 ディレクターズカット版DVD-BOX [ ] Eテレ放送版全12話を収録。 発売元・販売元はともに。 価格は12,600円(税込)。 仕様はキャラクターデザイン西屋太志の描き下ろしイラスト使用の収納ボックス、2枚組トールケース(本編3枚、特典映像1枚の全4枚)。 封入特典として「4ページカラー解説書」、「あらゐけいいち、ゆっこ役の本多真梨子、東雲なの役の古谷静佳が描いたスケッチイラストのポストカード」が付属している。 特典映像としてEテレ版のプロモーション映像と番宣スポットの他あらゐけいいちプロデュースの実写映像番組『ゆっこ対なの 空前の大決戦!! 』が収録されている。 『ゆっこ対なの 空前の大決戦!! 』においては、提示された指示よりゆっこ役の本多真梨子となの役の古谷静佳が様々な対決を行なっている。 品番はKABA-9820。 2012年11月30日発売。 0話は初Blu-ray化である。 発売元は・販売元は共に。 仕様はBlu-ray BOXとDVD-BOXと共通して原作者あらゐけいいちによる描きおろしジャケット、原作あらゐけいいちによるイラストポストカードが3枚が新規に収録され、そして16ページ分のカラー解説書と描きおろしのBOXが付属する。 Blu-ray BOXは2層ディスク5枚でアマレイBDケース2本組構成、DVD-BOXは片面2層のディスク5枚でトールケース2本組である。 また音声特典として全26話分のオーディオコメンタリーに加え第0話に収録されたオーディオコメンタリーも再録された。 価格はBlu-ray BOXは34,650円(税込)、DVD-BOXは28,350円(税込)となっている。 - 発売日 規格品番 DVD-BOX 2013年7月26日 KABA-9821 Blu-ray BOX 2013年8月30日 KAXA-9801 関連CD [ ] 発売元は。 キャラクターソング [ ] 2011年10月26日に発売された、安中さん、関口ユリア、桜井先生、中村先生、校長先生のキャラクターソング。 off vocal版の収録はされていない。 全作詞・作曲・編曲:前山田健一• 安中のぴょん! ぴょん! 関口ユリアの先輩と囲碁サッカー部• 桜井先生のドキドキ生徒指導• 中村先生の科学の名のもとに! 校長のチョーチョー校長 ドラマCD 日常の日めくりCD [ ] ドラマCDシリーズを通して音響監督・音楽スタッフ・キャストともアニメと同一でアニメの製作委員会である東雲研究所が製作協力を務めている。 脚本監修はアニメのシリーズ構成である、脚本協力はSATZが担当している。 アニメの裏の場面を描いている話もある。 全4巻。 日常の日めくりCDその1 2011年発売、LACA-15130 脚本: 安藤和弘、岩本梨雨子、西都大貴、徳永卓司、前田基成 登場人物: 相生祐子、長野原みお、水上麻衣、東雲なの、はかせ、阪本さん、笹原幸治郎、立花みさと、校長先生、桜井先生、長野原よしの 4月1日から6月30日までを収録。 日常の日めくりCDその2 2011年発売、LACA-15131 脚本: 安藤和弘、岩本梨雨子、西都大貴、徳永卓司、前田基成 登場人物: 相生祐子、長野原みお、水上麻衣、東雲なの、はかせ、阪本さん、笹原幸治郎、立花みさと、大工健三郎、関口ユリア、校長先生、桜井先生、高崎先生、ゆっこ母 7月1日から9月30日までを収録。 日常の日めくりCDその3 2011年発売、LACA-15147 脚本: 安藤和弘、岩本梨雨子、西都大貴、徳永卓司、前田基成 登場人物: 相生祐子、長野原みお、水上麻衣、東雲なの、はかせ、阪本さん、笹原幸治郎、大工健三郎、関口ユリア、安中さん、校長先生、桜井先生、高崎先生、教頭先生 10月1日から12月31日までを収録。 日常の日めくりCDその4 2011年発売、LACA-15158 登場人物:相生祐子、長野原みお、水上麻衣、東雲なの、はかせ、阪本さん、笹原幸治郎、立花みさと、大工健三郎、関口ユリア、安中さん、桜井先生、高崎先生、中村先生、長野原よしの、立花みほし 1月1日から3月31日までを収録。 ラジオ『日常のラヂオ』テーマソング [ ] WEBラジオ「日常のラヂオ」テーマソング 2011年発売、LACM-4815 後述するWEBラジオ番組「日常のラヂオ」のテーマソングを収録したCD。 全作詞・作曲・編曲:前山田健一• 東雲研究所の、今日も平和です• ゆっこ・みお・麻衣の スチャラカ三人衆• 東雲研究所の、今日も平和です off vocal• ゆっこ・みお・麻衣の スチャラカ三人衆 off vocal OVA [ ] 『日常の0話』 テレビアニメに先駆け、2011年発売の単行本第6巻限定版にDVDが同梱された。 コメンタリーとして東雲研究所編と時定高校編と2つのバージョンが収録されている。 東雲研究所編として今野宏美、古谷静佳、白石稔が、時定高校編として本多真梨子、相沢舞、富樫美鈴が参加している。 また、「日常の風邪」はEテレ版第7話で使用された。 日常のブルーレイ特装版1巻のサウンドトラックに収録された。 ラジオ [ ] タイトルは『 日常のラヂオ』。 2011年よりで毎週更新されていた。 2011年に配信された第45回をもって放送は終了。 番組は東雲研究所編と時定高校編の二部構成となっている。 本ラジオダイジェスト版がブルーレイ、DVD特装版の特典CDに収録されている。 月刊少年エース2011年5月号に新規収録の出張版CDが付属した。 パーソナリティ• 東雲研究所編• (はかせ役)• (東雲なの役、第1 - 27回)• (阪本役)• (相生祐子役、第28回より)• 時定高校編• (長野原みお役)• (相生祐子役、第1 - 27回)• (水上麻衣役)• (東雲なの役、第28回より) ゲスト• - 第11回• - 第13回 ラヂオのコーナー• 東雲研究所編• フツおた(なんでもokの普通のお便りのコーナー)• 本のタイトル(本のタイトルだけ送ってきてもらって、そのタイトルだけでパーソナリティたちがどういう話かを決め付けるコーナー)• ゲストのコーナー(ゲストの方に登場していただいて色々としゃべってもらうコーナー)• 時定高校編• フツおた(なんでもokの普通のお便りのコーナー)• 男塾合格でしょうか?(よく分からない事象に対して、パーソナリティが入塾か否かを判定するコーナー)• ありがとう(どん底になったときこそ前を向こう!というコーナー)• ゲストのコーナー(ゲストの方に登場していただいて色々としゃべってもらうコーナー) ラジオスタッフ• 企画 -• 番組構成・プロデューサー -• 番組アシスタント - 千葉誠• エンジニア - 奥村伸一郎• 番組担当 - 川島誠一、伊藤映里• 収録スタジオ -• 番組制作 -• 番組制作協力 - 、東雲研究所• 開発は。 ジャンルは「日常型」。 発売形態として、通常版の他に、花札やダウンロードコンテンツ「日常(非実在花札)」を付属したDXパックが存在する。 声優はアニメと同一。 小説版 [ ] 日常の小説 ()レーベルより発売。 著者は。 ショートストーリー形式のエピソード集。 内容は完全オリジナルだが、各エピソードの扉絵はアニメ版の本編から引用されている。 2011年発売 日常の夏休み ()レーベルより発売。 著者は。 内容は完全オリジナルの長編ストーリー。 表紙及び挿絵はあらゐけいいちによる書き下ろしとなっている。 発売 -C8293 アプリ配信 [ ] HMV日常 向けアプリ。 2012年6月13日に開始。 とのコラボレーションイラストを閲覧することができる。 また、インターネットに接続するとDVDソフトのプロモーション映像の再生も可能になる。 HMV Japan KKが販売。 無料アプリ。 現在、ストアからの情報取得不可。 日常iOSアプリ おさんぽ iOS向け歩数計アプリ。 2012年3月17日に開始。 新規描き下ろしのアニメーション機能が搭載されている。 が販売。 価格は350円。 「日常」きせかえテーマアプリ 向けきせかえテーマアプリ。 2012年11月29日に開始。 イラストは既存のものが使われている。 が販売。 価格は525円。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 単行本3巻「日常の35」で誕生日を迎えている。 ヘルベチカスタンダード 絵より• 猫の名前はチッチ。 犬の名前は大きい方がオグリキャップ、小さい方がピョン。 だが彼女自身も例外ではなく、単行本9巻にて笹原の執事である広瀬に「要塞みたいなの」と称される"デコトラ"ならぬ"デコチャリ"に跨いで坂を疾走している• 作中には「上星」という編集者のキャラクターも登場することから、これが苗字である可能性がある。 ゲームでのクレジットは「従者」。 アニメの第二十六話ではを使用していた。 ただし、校長のカツラが風に飛ばされてしまった時には彼に協力している。 元々「日常の28」は『日常』の連載前に作品として『少年エース』に掲載された漫画であるため。 未来でも引き続き教師をしているかわからない。 これには阪本も度肝を抜かし、はかせも反応に困っていた。 特にアニメでは、編入前に学生という存在に憧れたり、ゆっことみおの友情を見て感動したり等、なのの心の動きと成長が大きなテーマとして描かれている。 デジタル時計等日常生活に支障をきたさずに便利なものは有効活用しているが、それ以外の機能は改造が発覚する度にねじ回し同様外す様要求するものの、外れた事がない。 しかしはかせが改造して付け足した機能は全てが使えないものではなく、それらを駆使して、ゆっこからもらったメンマをポテトと間違えたポテ三郎から見事奪還している• アニメでは、元々は理科教師・中村の飼い猫(当時の名は「大将」)で、中村のドジに振り回される生活を送っていたが、アクシデントから町をさまよっていたという設定が加えられている• みおが中3の時に時定高校の制服を着ており、その1年後には大学生になっていることから。 アニメでのクレジットは「キヨシ」。 ただこのポリシーと"ゆっことそっくり"という事実が仇となり、ゆっこの母に「あんた泣かしてんじゃないわよ!! 」「なにフケてんのよ!! 」と叩かれている。 アフロは好みではなく、田中は振られたらしい。

次の

実況者詰め

日常 組 漫画

いますぐ漫画を読みたい方へ 当サイトから利用者の多い電子書籍ストアは以下です(各サイトに飛びます) 【1位】【無料マンガ&ポイント最強】 【2位】【新刊も安く買える・アプリ最強】 【3位】【スマホですぐ読める】 ほぼ全作品がPC・スマホどちらでもアプリをインストールしなくても無料試し読みOK >> 21位:ばくおん!! ジャンル:学園、日常コメディ、バイク• 掲載誌:月刊ヤングチャンピオン烈 :2011年~• それまでバイクに全く縁がなかった主人公:佐倉羽音(さくらはね)がバイクに興味を持ち、オートバイ免許の取得を目指すところから始まる物語。 メーカーとコラボするなど、これはJK萌えと見せかけたバイクものだ。 20位:うどんの国の金色毛鞠• ハートフル、日常ファンタジー• 月刊コミック バンチ :2012年~• 少年の姿に化けられるタヌキのポコと暮らすことになる 父親の死をキッカケに地元:香川に里帰りすることになった主人公:俵宗太。 父親との思い出が詰まった製麺所に入ってみると不思議な少年と出会う。 なんとその 少年はタヌキが人間に化けた姿。 行くあてがないそのタヌキにポコという名前を付け、正体を隠しながら一緒に暮らすことに。 ポコとの暮らし、地元の友達や姉との日常、そしてポコと暮らすことで生まれた新しい人間関係。 そこに幼少時の父親や母親との思い出も絡んできてハートフルな日常ファンタジーを展開する。 ドラマティックな感動ドラマよりも何気ない日常のホロリとくるシーンが満載の作品です。 16位:アニマエール! 4コマ漫画、チアリーディング、学園青春、日常コメディ、萌え• まんがタイムきららキャラット:2016年~• チア部の青春日常コメディ その日見た光景は…わたし、鳩谷こはねの世界を…大きく…変えた! チアに魅せられた主人公:鳩谷こはねがチアをはじめるきらら系漫画。 きらら系らしく萌えあり百合あり笑いありの構成となっています。 チアリーディングは本格的な団体スポーツですが、スポ根要素などはありませんね。 チア未経験者が楽しんで活動していくというゆるい部活的なノリとなっています。 日頃は学園やチア部の日常を描き、随所にチアの活動を描いていく。 そのどちらにも萌え要素ありの笑いを忘れないのがアニマエール! の魅力です。 逆にアニメでは可愛さや萌え要素がパワーアップされている反面、笑いのキレ味が落ちているので注意。 どちらを重視するかによって見る媒体を選ぶのがおすすめです。 15位:となりの吸血鬼さん• 日常コメディ、百合、ファンタジー• 月刊コミックアライブ:2013年~• 笑いと百合を提供してくれるおすすめマンガです。 ソフィーは深夜アニメ好き、血は人から吸うのではなく通販で血液を購入して飲むなどすっかりと現代に馴染んだ吸血鬼。 その割に日光に当たると灰になる、流水や教会が苦手といった昔ながらの弱点には弱いというツッコミどころ満載な存在 笑 さらにそんな ソフィーの元にやってきた灯は普通の高校生でありながら吸血鬼も引かせるほどの百合少女。 強引に押しかけて抱きついたり妄想でヨダレを垂らしたりと逆に吸血鬼を怯えさせる存在w そんなどこかズレた二人を中心に周りも一癖も二癖もある奴ばかり。 のんびりとした日常系でありながら随所にパンチが効いた笑いを届けてくれる漫画です。 12位:乙嫁語り• 世界史時代漫画、昔の日常• Fellows! 他ではあまり見ない19世紀後半の中央アジアが舞台 オンリーワン的な作品。 そんな言葉が似合うのがこの乙嫁語り。 日常ものではあるけれど、よくある現代の日常ものとは全く違う。 19世紀後半の、しかも中央アジア、カスピ海周辺地域を舞台とした日常ものだからだ。 外国の日常時代が少ない中、さらに19世紀後半の中央アジアという時代も場所も馴染みがない。 だからこそ知りたい、興味がある。 日本はもちろん、歴史ものでよく出てくる中国や中世ヨーロッパとも全く違う。 そんな未知の土地で生きる人々の暮らしを乙嫁(年少の嫁)を中心に描く。 11位:ヤマノススメ• 登山、アウトドア、日常、萌え• コミック アース・スター:2011年~• 特徴:山登りを軸とした女子学生のアウトドアな日常系 登山をテーマとしたあおい・ひなた・楓・ここなを中心とした女子学生たちのアウトドアな日常。 萌えも感じさせるカワイイ絵柄に反して攻めるテーマは山登りとなかなかに攻めた内容。 しかも、その登山に関する描写が本格的で。 インドアが好きな主人公:あおいが幼なじみのひなたに誘われて山登りに挑戦。 最初は高尾山などの登りやすい山に挑戦し、準備段階の計画や道具選びも含めて登山の魅力を存分に語る。 かと思えば、話が進んでから挑戦する富士山登山などの 難易度が高い山では楽しさだけでなく山の厳しさや過酷さも描く。 この辺の描写は登山家たちには好評だったとか。 山好きはもちろん、山登りに興味がある人にもおすすめな漫画です。 それ以外のアウトドアや日常シーンはゆるいですが、アニメ版と比べると少なくなっています(アニメではオリジナルエピソードが複数入っている) ゆるい日常も楽しみたいのならアニメ版の方がおすすめですね。 10位:踏切時間• 踏切待ちの日常系、オムニバス• 月刊アクション:2016年~• オムニバス形式のショートストーリー サクッと楽しみたい人におすすめの日常系漫画。 踏切の待ち時間で起こるちょっとしたイベントをオムニバス形式で描く。 毎回主人公が変わり、なかには連続ものとして続くもの、キャラの組み合わせを変えて再登場する場合もあり。 同性の先輩に想い寄せる後輩・エロいクラスメイトに夢中なスケベ少年・まじめな先生をいじるSっ気のある少女・はっさくおじさん・近くにいるのになぜかSNSで話す兄妹・ポエム・ゴスロリ・昭和の青春など、 個性的なキャラクターが織りなすショートエピソード。 その ジャンルもコメディ・恋愛・ホラー・シリアス・お色気と多様。 短い時間でサクッと楽しめるのが魅力の作品です。 ちなみにアニメ版もこの良さを引き継いでますが、5分放送と短ったため、映像化されていないエピソードが多いのがざんねん。 なので、先にアニメを視聴してハマったら漫画という順番もありですね。 9位:からかい上手の高木さんなどの山本崇一朗シリーズ• 新感覚ラブコメ、日常コメディ• ゲッサン、週刊少年マガジンなど:2013年~• からかいや省エネな世界観 これはからかいですか? いいえ、調教です。 そんな声も聞こえてきそうなほど 二人の関係性は圧倒的に片方が有利。 主人公:西片くんとヒロイン:高木さんはお互いが教室で通学路でとからかい仲。 が、そのからかい合いは高木さんがほぼ成功させるのに対し、西片くんのからかいは不発に終わる。 その差は1日で100以上になることもある圧倒的な戦力差! ほぼ二人だけで成立するこの世界観。 一見、二人のいちゃいちゃ日常ものという雰囲気もあるけれど、この 圧倒的なパワーバランスを見ていると脳裏をよぎる高木さんの尻に敷かれた未来の西片くんの姿が。 その姿を不幸と思うか幸福と思うかはあなた次第。 8位:ハクメイとミコチ• ファンタジー、日常• Fellows! こびとと擬人化された動物や昆虫の心温まる物語 2000年代以降増えてきた日常の何気ないシーンをメインとした日常系や空気系。 それをアレンジした日常ファンタジーや日常SFなんかも出てきたけれど、 ファンタジー世界の日常を描いた漫画はまだまだ珍しい。 ハクメイとミコチはそんなファンタジー世界の日常を描いた作品。 そんなハクメイとミコチはこびとの女の子。 小さな存在から見た世界がこの作品の大きな特徴。 人間から見た動物や植物とはまったく違う形で見える世界。 また、そういったこびと達の街が存在し、動物や昆虫などはそんなこびとと普通に会話を交わして働いているなど擬人化している点も見逃せない。 日常系の中でもまったく違う独自の世界観が楽しめるファンタジーマンガです。 7位:甘々と稲妻• 父娘と教え子の家庭料理、食育、日常• good! アフタヌーン :2013~2019年・全12巻で完結済み• 料理を通した娘や教え子との触れ合い 妻の突然の病死により、男手でひとつで娘のつむぎを育てることになった主人公:犬塚公平(いぬづかこうへい)は料理が苦手。 料理に悪戦苦闘している時に出会った女子高生:飯田小鳥(のちに主人公の教え子&小料理屋の娘と分かる)と共に3人で料理を学びながら楽しく食べるのこの作品のメインテーマ。 が、それだけで終わらないのが甘々で稲妻の魅力。 主人公だけでなくつむぎや小鳥の日常も描かれているから。 それぞれの日常の楽しいことはもちろん、嫌なことや悩みごとまで多彩に。 つむぎ視点では友達の関係や成長の過程で出てくる葛藤が。 主人公視点ではそんな娘の悩みや成長に心配し、ときに温かくときに寂しく思うこともある。 小鳥視点では進路や親子関係(離婚して父親は別居)、犬塚親子との関係に姿が。 そんな 3人の視点を中心に様々な人の暮らしが描かれている日常ものです。 6位:赤ちゃんと僕• ホームコメディ、家庭問題ドラマ、少女マンガ• 花とゆめ :1991~1997年・全10巻で完結済み• 母を亡くした小5男子の日常 主人公は交通事故で亡くなった母親の代わりに弟の面倒をみることになった小学5年生の榎木拓也。 今ならもっと色々なサポートもあるけれど、この作品の舞台は90年代。 母親が家に居ないとはいえ、課長職の父親は時短勤務なども行えない時代。 そんな榎木家を中心にさまざまな家族の日常が描かれているのがこの作品の特徴。 日頃はホームコメディありながら、随所に重い家族問題なども絡んでくる。 何も考えずにサラリと読むにはストーリーの主張が強いけれど、だからこそ生まれる感動がここにある。 まだ日常系・空気系といった言葉が生まれる前の時代の日常ホームコメディです。 5位:あまんちゅ! 日常、青春、ダイビング、ファンタジー• 月刊コミックブレイド :2008年~• 日常ときどきダイビング ダイビング部に所属する少女たちの日常を描いたマンガ。 『日常ときどきダイビング』のキャッチフレーズの通り、スポ根ものではなくメインとなるのは少女達の日常。 その日常も萌えやギャグではなく、優しい世界観で展開されるのが大きな特徴。 東京から伊豆に引っ越してきた大木双葉(通称:てこ)は引っ込み思案で緊張しいの性格のため新天地での生活に不安を抱えていた。 そんな時に出会った小日向光(通称:ぴかり)に海の魅力を伝えられ、一緒にダイビングに入部することに。 てこ目線でダイビングの楽しさやぴかりやダイビング部の面々との触れ合いなどが 時に幻想的に描かれる。 そんなキャラクターの世界観や演出が秀逸な作品。 3位:亜人ちゃんは語りたい• ハーレムもの、学園、日常コメディ、ファンタジー• ヤングマガジンサード:2015年~• 亜人(デミ)がいる世界の日常コメディ 社会に亜人(デミ)が存在する世界を舞台としたファンタジー系日常コメディ。 亜人がいると言ってもよく漫画やアニメであるような敵や隠れた存在というわけではなく、国に認められて普通に暮らしている。 むしろその特徴に合わせて保護されている存在でもあります。 その中のバンパイア・デュラハン・雪女・サキュバスをヒロインにそれに関わる教師が主人公。 ちょっとしたハーレム状態になっていますが、恋愛に関しては比較的ライトで全員がそういった感情を持っていないのも特徴。 それよりも、 亜人という存在が社会的なマイノリティーを代弁するようなエピソードが随所に入ってくるのが見逃せない。 日頃はゆるい日常でありながらズバッと切り込んでくる。 この辺が他の日常・空気系とは大きく違う。 2位:NEW GAME! ゲーム会社の日常コメディ、萌え• まんがタイムきららキャラット :2013年~• 女の子たちの萌え要素と社会人の悩みを中心とするシリアス 舞台はゲーム会社。 そんな ゲーム会社の日常を社員は若い女の子だけという萌えファンタジーと笑いを混ぜて描いているのがNEW GAME! (ニューゲーム) リアルのゲーム会社といえば、追い込み時は二徹三徹当たり前といった感じの男臭い世界のイメージがあるけれど、登場キャラクターが若い女の子というだけで随分そんなブラックなイメージが緩和されるもの(コメディタッチで徹夜シーンなども描かれる) また、休憩のお喋りシーンを多く登場させるなど、さながら女子高生のお昼休みのような雰囲気も漂う。 かと思えば、仕事面では意外とシリアス。 失敗すればちゃんと怒られるし、仕事の内容によってはそれまでの仲間がライバルになることもある。 その中から生まれる人間関係のギクシャクなども丁寧に描き、そして最終的には丸く収まるから安心して読める日常もの。 萌えとコメディと仕事と1つで3つの要素が楽しめる作品です。 キャンプ、学園、日常、萌え• まんがタイムきららフォワード :2015年~• 女子高校生たちのゆるやかアウトドア キャンプやアウトドアのイメージは? そう聞かれると僕はサバイバル能力が高い男が一人で行ったり、家族や大勢の仲間でワイワイ行うというイメージがある。 少人数の女子高生がゆるやかにキャンプを、ときには一人で行う。 そして、 ラーメンなどの野外調理で飯テロを行ってくる点も侮れない。 女子高生の萌えだけでなく、アウトドアの知識や魅力、さらにグルメも楽しめる存在です。

次の

実況者詰め

日常 組 漫画

いますぐ漫画を読みたい方へ 当サイトから利用者の多い電子書籍ストアは以下です(各サイトに飛びます) 【1位】【無料マンガ&ポイント最強】 【2位】【新刊も安く買える・アプリ最強】 【3位】【スマホですぐ読める】 ほぼ全作品がPC・スマホどちらでもアプリをインストールしなくても無料試し読みOK >> 21位:ばくおん!! ジャンル:学園、日常コメディ、バイク• 掲載誌:月刊ヤングチャンピオン烈 :2011年~• それまでバイクに全く縁がなかった主人公:佐倉羽音(さくらはね)がバイクに興味を持ち、オートバイ免許の取得を目指すところから始まる物語。 メーカーとコラボするなど、これはJK萌えと見せかけたバイクものだ。 20位:うどんの国の金色毛鞠• ハートフル、日常ファンタジー• 月刊コミック バンチ :2012年~• 少年の姿に化けられるタヌキのポコと暮らすことになる 父親の死をキッカケに地元:香川に里帰りすることになった主人公:俵宗太。 父親との思い出が詰まった製麺所に入ってみると不思議な少年と出会う。 なんとその 少年はタヌキが人間に化けた姿。 行くあてがないそのタヌキにポコという名前を付け、正体を隠しながら一緒に暮らすことに。 ポコとの暮らし、地元の友達や姉との日常、そしてポコと暮らすことで生まれた新しい人間関係。 そこに幼少時の父親や母親との思い出も絡んできてハートフルな日常ファンタジーを展開する。 ドラマティックな感動ドラマよりも何気ない日常のホロリとくるシーンが満載の作品です。 16位:アニマエール! 4コマ漫画、チアリーディング、学園青春、日常コメディ、萌え• まんがタイムきららキャラット:2016年~• チア部の青春日常コメディ その日見た光景は…わたし、鳩谷こはねの世界を…大きく…変えた! チアに魅せられた主人公:鳩谷こはねがチアをはじめるきらら系漫画。 きらら系らしく萌えあり百合あり笑いありの構成となっています。 チアリーディングは本格的な団体スポーツですが、スポ根要素などはありませんね。 チア未経験者が楽しんで活動していくというゆるい部活的なノリとなっています。 日頃は学園やチア部の日常を描き、随所にチアの活動を描いていく。 そのどちらにも萌え要素ありの笑いを忘れないのがアニマエール! の魅力です。 逆にアニメでは可愛さや萌え要素がパワーアップされている反面、笑いのキレ味が落ちているので注意。 どちらを重視するかによって見る媒体を選ぶのがおすすめです。 15位:となりの吸血鬼さん• 日常コメディ、百合、ファンタジー• 月刊コミックアライブ:2013年~• 笑いと百合を提供してくれるおすすめマンガです。 ソフィーは深夜アニメ好き、血は人から吸うのではなく通販で血液を購入して飲むなどすっかりと現代に馴染んだ吸血鬼。 その割に日光に当たると灰になる、流水や教会が苦手といった昔ながらの弱点には弱いというツッコミどころ満載な存在 笑 さらにそんな ソフィーの元にやってきた灯は普通の高校生でありながら吸血鬼も引かせるほどの百合少女。 強引に押しかけて抱きついたり妄想でヨダレを垂らしたりと逆に吸血鬼を怯えさせる存在w そんなどこかズレた二人を中心に周りも一癖も二癖もある奴ばかり。 のんびりとした日常系でありながら随所にパンチが効いた笑いを届けてくれる漫画です。 12位:乙嫁語り• 世界史時代漫画、昔の日常• Fellows! 他ではあまり見ない19世紀後半の中央アジアが舞台 オンリーワン的な作品。 そんな言葉が似合うのがこの乙嫁語り。 日常ものではあるけれど、よくある現代の日常ものとは全く違う。 19世紀後半の、しかも中央アジア、カスピ海周辺地域を舞台とした日常ものだからだ。 外国の日常時代が少ない中、さらに19世紀後半の中央アジアという時代も場所も馴染みがない。 だからこそ知りたい、興味がある。 日本はもちろん、歴史ものでよく出てくる中国や中世ヨーロッパとも全く違う。 そんな未知の土地で生きる人々の暮らしを乙嫁(年少の嫁)を中心に描く。 11位:ヤマノススメ• 登山、アウトドア、日常、萌え• コミック アース・スター:2011年~• 特徴:山登りを軸とした女子学生のアウトドアな日常系 登山をテーマとしたあおい・ひなた・楓・ここなを中心とした女子学生たちのアウトドアな日常。 萌えも感じさせるカワイイ絵柄に反して攻めるテーマは山登りとなかなかに攻めた内容。 しかも、その登山に関する描写が本格的で。 インドアが好きな主人公:あおいが幼なじみのひなたに誘われて山登りに挑戦。 最初は高尾山などの登りやすい山に挑戦し、準備段階の計画や道具選びも含めて登山の魅力を存分に語る。 かと思えば、話が進んでから挑戦する富士山登山などの 難易度が高い山では楽しさだけでなく山の厳しさや過酷さも描く。 この辺の描写は登山家たちには好評だったとか。 山好きはもちろん、山登りに興味がある人にもおすすめな漫画です。 それ以外のアウトドアや日常シーンはゆるいですが、アニメ版と比べると少なくなっています(アニメではオリジナルエピソードが複数入っている) ゆるい日常も楽しみたいのならアニメ版の方がおすすめですね。 10位:踏切時間• 踏切待ちの日常系、オムニバス• 月刊アクション:2016年~• オムニバス形式のショートストーリー サクッと楽しみたい人におすすめの日常系漫画。 踏切の待ち時間で起こるちょっとしたイベントをオムニバス形式で描く。 毎回主人公が変わり、なかには連続ものとして続くもの、キャラの組み合わせを変えて再登場する場合もあり。 同性の先輩に想い寄せる後輩・エロいクラスメイトに夢中なスケベ少年・まじめな先生をいじるSっ気のある少女・はっさくおじさん・近くにいるのになぜかSNSで話す兄妹・ポエム・ゴスロリ・昭和の青春など、 個性的なキャラクターが織りなすショートエピソード。 その ジャンルもコメディ・恋愛・ホラー・シリアス・お色気と多様。 短い時間でサクッと楽しめるのが魅力の作品です。 ちなみにアニメ版もこの良さを引き継いでますが、5分放送と短ったため、映像化されていないエピソードが多いのがざんねん。 なので、先にアニメを視聴してハマったら漫画という順番もありですね。 9位:からかい上手の高木さんなどの山本崇一朗シリーズ• 新感覚ラブコメ、日常コメディ• ゲッサン、週刊少年マガジンなど:2013年~• からかいや省エネな世界観 これはからかいですか? いいえ、調教です。 そんな声も聞こえてきそうなほど 二人の関係性は圧倒的に片方が有利。 主人公:西片くんとヒロイン:高木さんはお互いが教室で通学路でとからかい仲。 が、そのからかい合いは高木さんがほぼ成功させるのに対し、西片くんのからかいは不発に終わる。 その差は1日で100以上になることもある圧倒的な戦力差! ほぼ二人だけで成立するこの世界観。 一見、二人のいちゃいちゃ日常ものという雰囲気もあるけれど、この 圧倒的なパワーバランスを見ていると脳裏をよぎる高木さんの尻に敷かれた未来の西片くんの姿が。 その姿を不幸と思うか幸福と思うかはあなた次第。 8位:ハクメイとミコチ• ファンタジー、日常• Fellows! こびとと擬人化された動物や昆虫の心温まる物語 2000年代以降増えてきた日常の何気ないシーンをメインとした日常系や空気系。 それをアレンジした日常ファンタジーや日常SFなんかも出てきたけれど、 ファンタジー世界の日常を描いた漫画はまだまだ珍しい。 ハクメイとミコチはそんなファンタジー世界の日常を描いた作品。 そんなハクメイとミコチはこびとの女の子。 小さな存在から見た世界がこの作品の大きな特徴。 人間から見た動物や植物とはまったく違う形で見える世界。 また、そういったこびと達の街が存在し、動物や昆虫などはそんなこびとと普通に会話を交わして働いているなど擬人化している点も見逃せない。 日常系の中でもまったく違う独自の世界観が楽しめるファンタジーマンガです。 7位:甘々と稲妻• 父娘と教え子の家庭料理、食育、日常• good! アフタヌーン :2013~2019年・全12巻で完結済み• 料理を通した娘や教え子との触れ合い 妻の突然の病死により、男手でひとつで娘のつむぎを育てることになった主人公:犬塚公平(いぬづかこうへい)は料理が苦手。 料理に悪戦苦闘している時に出会った女子高生:飯田小鳥(のちに主人公の教え子&小料理屋の娘と分かる)と共に3人で料理を学びながら楽しく食べるのこの作品のメインテーマ。 が、それだけで終わらないのが甘々で稲妻の魅力。 主人公だけでなくつむぎや小鳥の日常も描かれているから。 それぞれの日常の楽しいことはもちろん、嫌なことや悩みごとまで多彩に。 つむぎ視点では友達の関係や成長の過程で出てくる葛藤が。 主人公視点ではそんな娘の悩みや成長に心配し、ときに温かくときに寂しく思うこともある。 小鳥視点では進路や親子関係(離婚して父親は別居)、犬塚親子との関係に姿が。 そんな 3人の視点を中心に様々な人の暮らしが描かれている日常ものです。 6位:赤ちゃんと僕• ホームコメディ、家庭問題ドラマ、少女マンガ• 花とゆめ :1991~1997年・全10巻で完結済み• 母を亡くした小5男子の日常 主人公は交通事故で亡くなった母親の代わりに弟の面倒をみることになった小学5年生の榎木拓也。 今ならもっと色々なサポートもあるけれど、この作品の舞台は90年代。 母親が家に居ないとはいえ、課長職の父親は時短勤務なども行えない時代。 そんな榎木家を中心にさまざまな家族の日常が描かれているのがこの作品の特徴。 日頃はホームコメディありながら、随所に重い家族問題なども絡んでくる。 何も考えずにサラリと読むにはストーリーの主張が強いけれど、だからこそ生まれる感動がここにある。 まだ日常系・空気系といった言葉が生まれる前の時代の日常ホームコメディです。 5位:あまんちゅ! 日常、青春、ダイビング、ファンタジー• 月刊コミックブレイド :2008年~• 日常ときどきダイビング ダイビング部に所属する少女たちの日常を描いたマンガ。 『日常ときどきダイビング』のキャッチフレーズの通り、スポ根ものではなくメインとなるのは少女達の日常。 その日常も萌えやギャグではなく、優しい世界観で展開されるのが大きな特徴。 東京から伊豆に引っ越してきた大木双葉(通称:てこ)は引っ込み思案で緊張しいの性格のため新天地での生活に不安を抱えていた。 そんな時に出会った小日向光(通称:ぴかり)に海の魅力を伝えられ、一緒にダイビングに入部することに。 てこ目線でダイビングの楽しさやぴかりやダイビング部の面々との触れ合いなどが 時に幻想的に描かれる。 そんなキャラクターの世界観や演出が秀逸な作品。 3位:亜人ちゃんは語りたい• ハーレムもの、学園、日常コメディ、ファンタジー• ヤングマガジンサード:2015年~• 亜人(デミ)がいる世界の日常コメディ 社会に亜人(デミ)が存在する世界を舞台としたファンタジー系日常コメディ。 亜人がいると言ってもよく漫画やアニメであるような敵や隠れた存在というわけではなく、国に認められて普通に暮らしている。 むしろその特徴に合わせて保護されている存在でもあります。 その中のバンパイア・デュラハン・雪女・サキュバスをヒロインにそれに関わる教師が主人公。 ちょっとしたハーレム状態になっていますが、恋愛に関しては比較的ライトで全員がそういった感情を持っていないのも特徴。 それよりも、 亜人という存在が社会的なマイノリティーを代弁するようなエピソードが随所に入ってくるのが見逃せない。 日頃はゆるい日常でありながらズバッと切り込んでくる。 この辺が他の日常・空気系とは大きく違う。 2位:NEW GAME! ゲーム会社の日常コメディ、萌え• まんがタイムきららキャラット :2013年~• 女の子たちの萌え要素と社会人の悩みを中心とするシリアス 舞台はゲーム会社。 そんな ゲーム会社の日常を社員は若い女の子だけという萌えファンタジーと笑いを混ぜて描いているのがNEW GAME! (ニューゲーム) リアルのゲーム会社といえば、追い込み時は二徹三徹当たり前といった感じの男臭い世界のイメージがあるけれど、登場キャラクターが若い女の子というだけで随分そんなブラックなイメージが緩和されるもの(コメディタッチで徹夜シーンなども描かれる) また、休憩のお喋りシーンを多く登場させるなど、さながら女子高生のお昼休みのような雰囲気も漂う。 かと思えば、仕事面では意外とシリアス。 失敗すればちゃんと怒られるし、仕事の内容によってはそれまでの仲間がライバルになることもある。 その中から生まれる人間関係のギクシャクなども丁寧に描き、そして最終的には丸く収まるから安心して読める日常もの。 萌えとコメディと仕事と1つで3つの要素が楽しめる作品です。 キャンプ、学園、日常、萌え• まんがタイムきららフォワード :2015年~• 女子高校生たちのゆるやかアウトドア キャンプやアウトドアのイメージは? そう聞かれると僕はサバイバル能力が高い男が一人で行ったり、家族や大勢の仲間でワイワイ行うというイメージがある。 少人数の女子高生がゆるやかにキャンプを、ときには一人で行う。 そして、 ラーメンなどの野外調理で飯テロを行ってくる点も侮れない。 女子高生の萌えだけでなく、アウトドアの知識や魅力、さらにグルメも楽しめる存在です。

次の