新型 コロナ ウイルス 鳥取 県。 「新型コロナウイルス克服再スタート応援金」の申請受付を開始します!/報道提供資料/とりネット/鳥取県公式ホームページ

鳥取県新型コロナウイルス対策専門家チームメンバー委嘱式の開催/報道提供資料/とりネット/鳥取県公式ホームページ

新型 コロナ ウイルス 鳥取 県

-自治体が主体となりクラウドファンディングを実施。 全県域の民間事業者を支援- 日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営するREADYFOR株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:米良はるか)と鳥取県が、新型コロナウイルスの影響を受けた県内の飲食店・宿泊施設など約400事業者を支援する、「クラウドファンディングみんなで応援「とっとり券」プロジェクト」(以下、本プロジェクト)を開始いたします。 本プロジェクトは鳥取県が主体となりクラウドファンディングで支援金を募集、集まった資金を事業者に分配する仕組みです。 また、本プロジェクトでは事業者が支援者に対して行う、「リターン(お返し)」に要する経費の一部を鳥取県から拠出いたします。 png ] 鳥取県では、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた県内事業者の、収入減の緩和とともに雇用と事業の継続を図るため、本プロジェクトを実施することにいたしました。 本プロジェクトでは、事業者に代わり、鳥取県が一括してクラウドファンディングを実施します。 「とっとり券」で上乗せされる支援金額の20%分は、鳥取県が負担いたします。 READYFOR社では、これまで新型コロナウイルスに影響を受けた民間事業者支援として、日本商工会議所と連携した「みらい飯」プログラムを実施しており、全国56地域の商工会議所がプロジェクトを立ち上げ、3,762店の飲食店支援などをしてまいりました。 自治体と連携し業種問わず民間事業者を支援する取り組みは、当社初となります。 参加事業者数は406店であり、6月30日(火)まで参加事業者を募集しております。 pref. tottori. ・参加事業者へのメリット 「とっとり券」が各店舗で使用される前に支援金を受け取ることができ(7月末予定)、運営資金として活用可能です。 また各事業者が自らクラウドファンディングページ立ち上げる必要がないため、負担がなく支援金を受け取ることが可能です。 「みらい飯」は、商工会議所が実行者となり、クラウドファンディングページを作成・支援金募集を呼びかけ、集まった資金を事業者に配分し送金するスキームです。 これまでに全国56地域の商工会議所がプロジェクトを立ち上げ、計3,762店舗が参加しており、15,000人以上の支援者から総額228,113,000円の支援金が集まっています。 本プロジェクトのように、自治体が当スキームの活用するのは当社初となります。 当社では、「みらい飯」型のスキームやクラウドファンディングプロジェクトのサポートを通じ、新型コロナウイルスの影響を受けた皆様の支援に努めてまいります。 2011年3月のサービス開始から1. 3万件以上のプロジェクトを掲載し、58万人から約130億円以上の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています(2020年6月時点)。 「カンブリア宮殿」をはじめさまざまなメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。 2019年5月経済産業省等が主催する第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。 「新型コロナウイルス」をもっと詳しく.

次の

鳥取県が新型コロナの感染者数を隠蔽?公表しない理由は?

新型 コロナ ウイルス 鳥取 県

鳥取商工会議所では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めるとともに、事業者の皆様へ各種対策などの情報を発信してまいります。 各補助金の内容及び申請方法などの詳細は鳥取県のホームページをご確認下さい。 地域経済変動対策資金「令和元年度国際経済変動」を借入れをされる中小事業者のうち、新型コロナウィルスによる影響を受けた方に対し、設備・運転資金が当初5年間0.7%(固定金利)・無保証料で提供されています。 これに合わせ、プレミアム付飲食券に協力していただける店を募集しています。 申込方法など詳細につきましてはをご確認下さい。 詳細につきましてはをご参照下さい。 当商工会議所のHPへの自社商品の掲載、各種情報発信メディアとの仲立ちなどの情報発信支援やテイクアウト商品の開発支援などを通して、事業者の皆様の事業運営をお手伝いいたします。 詳細につきましてはをご覧ください。 掲載費用は無料で申請はから可能となっております。 ぜひともご活用下さい。 全国各地の名産・特産品を産地直送でお届けするECサイト「うまいもんドットコム」では、全国の困っている給食関連事業者を支援するため、未利用食材の購入支援キャンペーンを実施しております。 給食関連事業者様は過剰在庫解消策としてぜひ活用をご検討下さい。 詳細につきましてのをご参照下さい。 詳細につきましてはをご参照下さい。

次の

鳥取県の病院で新型コロナウイルス(新型肺炎)治療診察の第1種第2種感染症指定医療機関はどこ?

新型 コロナ ウイルス 鳥取 県

各ネットニュースでは、東京都の小池百合子知事や大阪府の吉村洋文知事など緊急事態宣言の対象となっている都府県知事らの発言を厚く報じているが、ツイッター上では 鳥取県の 平井伸治知事の発言に注目が集まっている。 平井知事は、全国知事会の新型コロナウイルス緊急対策本部で副本部長・本部長代行を務める。 本会議では、国に求める具体的な対策支援の必要性と方法などをわかりやすく説明した上で、「対象の都府県知事7名は七人の侍であり、残りの40は村民である」とたとえてエールを贈り、国がひとつになってコロナと戦おうと「危機突破宣言」を提案した。 この平井知事の具体的で無駄のない、かつ熱のこもったスピーチに、ツイッターでは「平井知事の話はシンプルでわかりやすい」「『危機突破宣言』は名演説だと思う」「平井知事の有能さが全国に知れ渡った」と驚きと感動の声で盛り上がった。 また、鳥取県は現時点でコロナ感染者は発生しておらず、感染ゼロは島根県、岩手県を含む3県のみだ。 一方で、鳥取県の感染症病床数は感染者が増えている東京、大阪に次いで全国3位である。 これについても、ネット上では「平井知事のスピード対応が効いた」「適切な対応で、あるべきリーダーの姿」と称賛されている。 段ボールでコロナを防ぐ? 鳥取県と言えば、先日、県庁の各部署で机の間に段ボールで仕切りをつくり、「3密」を防ぐという「鳥取型オフィスシステム」を平井知事自らが打ち出して、話題になったばかりである。 こういったユニークな対策のほかにも、舞台芸術関連の公演が中止せざるを得ない現状を見て、県内での無観客公演・配信をした場合の経費の一部を助成する方針を固めるといった堅実的な支援も行っている。 また、6日の県の対策本部会議後に、記者団から「緊急事態宣言の発令後、鳥取県に移る人が増えるのでは?」という問いに、平井知事が「誤った考えだ」と述べたことも見逃せない。 平井知事は、感染が確認されていない人が鳥取県へ移動してくることを「一概に禁止はできない」としつつ、「外出自粛要請や緊急事態宣言の対象地域の人は、その意義を深く理解するべきだ」と述べた。 なんらかの事情があって鳥取県に来る場合は、コロナ感染拡大防止に協力してもらうために、県が設けているルールを明確に伝えた上での協力を求めている。 コロナ危機に直面している今、平井知事に興味を持つ人が増えるのは自然なことだろう。 そして、平井知事がどういった人物であるのか知りたくなるというのも人の性。 そこで、平井知事の人柄や活躍がよくわかるエピソードをいくつかご紹介しよう。 「スタバはないけどスナバはある!」 平井知事と言えば「ダジャレ」。 数々の公の場で鳥取県のマイナス部分を逆手に取った自虐ネタを頻発して、県のアピールに成功している。

次の