札幌 マスク 寄付 ポスト。 北海道で不要な・余った(いらない・使わない)マスクを寄付・回収してくれるとこ・ほしいとこの場所は?

不要な「アベノマスク」を寄付しよう。寄付を募集している団体まとめ【寄付先も随時募集中】|FINDERS

札幌 マスク 寄付 ポスト

【スポンサードリンク】 アベノマスク寄付は北海道の 回収ポストへ! 連合札幌では18日、 政府が配布する布マスクについて、 不要な人から回収する 「 寄付ポスト」を 札幌市営地下鉄のさっぽろ駅と 大通駅に設置されたとのこと。 不要なマスク「寄付して」 地下鉄駅に回収箱 連合札幌:北海道新聞 どうしん電子版 #北海道札幌市#不要アベノマスク回収箱 — abeshi hokkaido261 まだ 全世帯に配布はされていないので、 もし不要だと思った人は 寄付ポストのそのまま投函できるように なっています。 しかも、アベノマスクだけではなく、 市販のガーゼマスクも未開封に 限り、回収されているので、 両マスク、投函の際は 開封せずにしてくださいね。 設置場所ですが、 大通駅がさっぽろ地下街 オーロラタウンの入り口に近い 8番出口付近、 さっぽろ駅はJR駅に向かう 2番出口付近とのこと。 寄付ポストの大きさですが、 高さ90センチ、幅40センチ、 奥行き30センチの木製との ことでした。 今後も、 寄付ポストは6月末まで設置、 休業要請の解除後は、 さっぽろ地下街にも設置する そうなので、全世帯へのマスク配布 終了後でも、十分、投函は可能かと 思います。 配布終了目途を終了しての 設置期間なので、 投函が可能な人は、 利用してみて下さい。 アベノマスクは寄付後、 どこに利用される? 寄付されたマスクは 子どもたちや高齢者、 必要な人に届けたいと連合北海道の 杉山元(はじめ)会長はコメント されていて、 医療施設やボランティア活動の 団体にも届くとは思います。 中には政府へ送り返す人も いるみたいですが、 国民の税金であったり、逆に マスクを再利用されたりもするので、 処分、というよりは寄付という形で エコな方法がいいなと私は思いました。 【スポンサードリンク】 アベノマスク寄付が 郵送できる団体や施設は? でも、回収ポストに投函をわざわざ しないといけないのか、 ポストの場所、遠いしいけない、 すぐにはいけないし、郵送出来たら もっといいのに・・・ という人はいませんか? 実は 連合北海道に郵送で寄付も 出来ますよ! 使わないアベノマスク、連合北海道で寄付の受け付けしてます。 寄付受付期間 2020年5月11日(月)から当面は6月30日(火)まで。 大阪では、 パン屋さんやケーキ屋さんで マスクを回収してくれる店舗があったり、 持っていくとお店の商品券と 引き換えてくれたり、あちこちで寄付は 募っています。

次の

アベノマスク寄付は北海道の回収ポストへ!郵送できる団体や施設は?

札幌 マスク 寄付 ポスト

各地の路上生活者の支援団体などから構成される特定NPO法人「ホームレス支援全国ネットワーク」(北九州市)は4月10日に公式サイトを。 「『使わないので』と寄贈のご連絡をいくつもいただきました。 ありがたくお受けしたいと考えています」として、送り先などの情報を掲載した。 集まったマスクは各地の支援団体に分配されるといい、「『あなたのことを忘れていないよ』というメッセージにもなる」と感謝している。 お礼状発送などの対応はできないが、寄付されたマスクの受取状況や配布状況は公式サイトで報告するという。 事務局によると、Twitterの呼びかけを見た人などから問い合わせがあったといい、「不織布マスクを送ってくれる方もいました。 政府のマスクは住所不定の方には届かず、ボロボロの使い捨てマスクを使っている人もいるので、ありがたい」と語った。 どうやって送るの? Twitterなどの報告によると、マスクは1枚ずつ個包装された状態で届くようだ。 「ホームレス支援全国ネットワーク」に送る場合は、 包装された状態のまま、封筒などに入れて普通郵便で送る(送料は自己負担)。 送り先は以下の通り。 ・宛名 ホームレス支援全国ネットワーク ・住所 〒805-0015 北九州市八幡東区荒生田2-1-32 問い合わせは事務局まで 電話 093-651-7557 メール postmaster homeless-net. org.

次の

あべのマスク(アベノマスク)がいらない・返品したい場合の使い道は?リメイクやアレンジでの作り方は?拒否や返品方法・返送先についても!

札幌 マスク 寄付 ポスト

政府のマスク配布が始まっていますが、不要なマスクを集め、必要な人に再配布する取り組みが北海道の中標津町で行われています。 中標津では・・・ 政府の布製マスクを巡っては、不良品が見つかるなどのトラブルがあり、道内ではまだ配布されていませんが、サイズが小さいなど問題も指摘されています。 布製マスクを使用しない人も多いとみられることから、道東の中標津町では飲食店やスーパーが回収ポストを設置し、不要な人から回収し、必要な人に再配布する活動をはじめ、協力を呼びかけています。 呼びかけた人は:「460億円使ってマスクが届くので1円も無駄にしてはいけない」 集まったマスクは希望する福祉施設などに提供したいとしています。 UHB 北海道文化放送より 旭川市では・・・ 北海道の市民グループが、マスクを不要とする人たちから回収し、学校に届けるための準備をしている。 布マスクは17日から東京で配布が始まり、北海道内でも時期は未定だが、1世帯に2枚ずつ配られる予定だ。 このマスクの回収に取り組むのは、内の主婦や自営業者、会社経営者ら約40人でつくる「旭川 All FOR ONE プロジェクト」。 配られたマスクを不要と思う人がいたら、プロジェクトに賛同する飲食店や美容室などに置く回収ボックスに、未開封のまま入れてもらう。 集まったマスクは、市教育委員会へ届け、必要とする子どもたちに使ってもらう。 協力店舗は現在、約30店舗にのぼるという。 スポンサーリンク 世間の声は・・・ 北海道標津町で使わないアベノマスクの回収ポスト設置が広がっているとのこと。 主体は個人商店が担っている。 小さい、不衛生イメージがある、不織布製でない等の理由で使わない人も結構出て来るのではないか。 わが町でもアベノマスク回収ポストを作ってくれないだろうかと思う。 アベノマスク不要な人は回収ボックス ポスト へ! SNSの反応は! という向きも多いと思う。 そういう 未使用の 布マスクをしかるべきところで役立てていただけるように、寄付できる仕組み、例えば役場や郵便局などに回収ポストを設置するなど、いかがでしょうか。 にょか🌳 greenNyoka25 アベノマスク は、いつ届くかな? 来たら寄付しようかな〜 — y k 8Pwlo7NfKFsv6a3 不要なマスクは寄付したいという方がいっぱいいるのがわかりますね。 場所はどこ? 現在報道があるのは、旭川市と中標津で回収ポスト設置を行っているようですが、今後きっと増加してくると思います。 北海道の回収ポストで集めたマスクは以下のような団体に寄付される予定ではないでしょうか。 詳しくまとめているので、もし郵送でも大丈夫であれば、寄付したい団体へ贈ってみてはいかがでしょうか。

次の