オート グラフ と は。 メズム東京、オートグラフ コレクション. 東京, 日本

スタジオ オートグラフ:神泉

オート グラフ と は

JR東日本グループが開発する「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」の高層棟に開業する「メズム東京、オートグラフ コレクション」(運営:日本ホテル株式会社 代表取締役社長 里見雅行/メズム東京総支配人 生沼久)は、開業日を2020年4月27日(月)に決定いたしました。 それに伴い、2019年10月8日(火)午前10:00より宿泊の予約受付を開始いたします。 開業を記念して、おひとり様5,000円分のダイニングクレジット付きの開業記念宿泊プラン「メズムエクスペリエンス」を、ウェブサイトまたはお電話にて販売いたします。 価格はルームタイプ、日にち、空室状況などにより変動します。 朝食にもご利用いただけます。 ウィスク(Whisk):バー&ラウンジ 五感に響く厳選されたテイストやオリジナルのミクソロジーカクテルをお愉しみいただけます。 ゲストルームイメージ(チャプター1・2) ゲストルームイメージ(チャプター4) 【ゲストルーム】 「WATERS takeshiba」の高層棟17階から26階のゲストフロアでは、壮観な東京のベイエリアと緑豊かな浜離宮恩賜庭園をバルコニーから一望できるスイートルーム8室を含む、全265室のゲストルームをご用意いたします。 メズム東京は、訪れるゲストにとって、「ホテルでの滞在が人生の大切な一章、節目になり、ゲストが新しい価値観を得られるようなオリジナリティあふれる体験、ひとときであってほしい」、という願いを込めて、「章、節目、区切り」という意味の「チャプター(Chapter)」をルームタイプ名に採用。 開放的なバルコニーから美しいガーデンビューをお愉しみいただけるゲストルームや、心地よい風を感じながら水と緑に囲まれた空間でお寛ぎいただけるクラブラウンジ「クラブメズム」が利用可能な24階から26階のエグゼクティブクラスなど、くつろぎとインスピレーションが同居する様々なタイプのゲストルームをご提供いたします。 壮観な東京ベイエリアや歴史ある浜離宮恩賜庭園といった美しい眺望、そして五感にも心地よい刺激を与えるアートや音楽といった、豊かな地域資源と芸術の一体感を活かし、都会のエネルギーとクリエイティビティーが出会う東京のライフスタイルのアイコンを目指します。 「Exactly like nothing else(唯一無二)」のホテルとして、マリオット・インターナショナルが展開する「オートグラフ コレクション」に加盟しています。 【日本ホテルについて】 (本社:東京都豊島区、代表取締役社長:里見雅行) 日本ホテル株式会社は、JR東日本グループとして首都圏を中心に現在31ホテル(5,128室)をもつホテル会社です。 国の重要文化財である東京駅丸の内駅舎内の東京ステーションホテルのほか、複数のホテルブランドを展開しています。 フルサービス型のメトロポリタンホテルズは「やすらぎと華やぎが出会う場所。 」、宿泊特化型のJR東日本ホテルメッツは「上質が息づく。 」をブランドコンセプトとしています。 利便性に優れた立地で、国内や訪日インバウンドのお客さまへ心からのおもてなしを忘れず、常により高いレベルのサービスを目指しています。 今後、2020年度までに8軒のホテルの開業を予定しています。 【WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)について】 (住所:東京都港区海岸1丁目) 2020年4月のI期開業を目指してJR東日本グループが進める、ラグジュアリーホテル・オフィス・商業・劇場からなる都心の複合開発です。 【オートグラフ コレクション・ホテルについて】 オートグラフ コレクション・ホテルはオリジナリティ溢れるホテルを支持し、30以上の国と地域において絶好のロケーションを誇る180軒以上の独立系ホテルそれぞれの個性を大切にしています。 ひとつひとつに創設者の情熱が込められ、彼らのビジョンを具現しており、各ホテルがたったひとつしかない特別なもの、「Exactly like nothing else(唯一無二)」となっています。 オートグラフ コレクション・ホテルは、独自の造りと、デザインやおもてなしに対しての強いこだわりを考慮の上セレクトされ、生涯続くような印象を残す色鮮やかな時間をお届けします。 詳細についてはwww. autographhotels. comをご覧ください。 また、Instagram、Twitter、Facebookのソーシャルメディアチャンネルでも情報を発信しており、 ExactlyLikeNothingElseで最高の瞬間の数々をぜひご覧ください。 オートグラフ コレクション・ホテルは、これまでのマリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、スターウッドプリファードゲスト(SPG)に代わり新たに誕生したマリオットの旅行プログラム、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)に参加しています。 Marriott Bonvoyは会員の皆さまに並外れたグローバルブランドポートフォリオやMarriott Bonvoy Momentsでの体験、そして無料ホテル宿泊に向けたポイントやエリートステータス昇格に向けた泊数獲得を含む、比類なき特典をお届けします。 無料会員登録やプログラム詳細については、MarriottBonvoy. marriott. comをご覧ください。

次の

Mesm Tokyo

オート グラフ と は

東京にあるメズム東京、オートグラフコレクションはレストランとバーを提供しており、イタリア公園まで1km以内、日比谷神社まで徒歩17分です。 新橋塩釜神社から1. 8km、スペースFS汐留から1. 9km、竹芝ふ頭公園から2. 7kmの宿泊施設です。 24時間対応のフロント、ルームサービス、外貨両替サービスを提供しています。 すべてのお部屋にはエアコン、衛星チャンネル付きテレビ、冷蔵庫、ポット、バスタブ、ヘアドライヤー、デスクが備わります。 メズム東京、オートグラフコレクションのお部屋にはそれぞれ専用バスルーム(無料バスアメニティ付)が備わります。 この宿泊施設ではコンチネンタルまたはビュッフェの朝食を毎日楽しめます。 メズム東京、オートグラフコレクションのそばにはパナソニック汐留ミュージアム・ルオーギャラリー、アド・ミュージアム東京、カレッタ汐留などの人気観光スポットがあります。 メズム東京、オートグラフコレクションから最寄りの羽田空港までは20kmで、有料空港シャトルサービスを利用できます。 客室数: 13 ホテルチェーン: Autograph Collection• Booking. com B. はオランダ・アムステルダムに本社を置き、世界70ヶ国以上に198の支社を持つグローバル企業です。 オフィス所在地:アクラ、アテネ、アトランタ、アムステルダム、アンタルヤ、アンマン、イスタンブール、イズミル、インスブルック、ウィーン、ヴィリニュス、ヴェローナ、エディンバラ、オークランド、大阪、オスロ、オーランド、海口、カイロ、カサブランカ、カターニア、カルガリー、カンクン、キエフ、グアダラハラ、クアラルンプール、クタ(バリ島)、クラクフ、グランドラピッズ、ケープタウン、ケンブリッジ、広州、コペンハーゲン、コロンボ、ザグレブ、札幌、サムイ島、サランシュ、ザルツブルグ、サンクトペテルブルク、サンティアゴ、サンディエゴ、サントドミンゴ、サンパウロ、サンフアン、サンフランシスコ、サンホセ、シアトル、シェムリアップ、シカゴ、ジッダ、シドニー、ジャカルタ、上海、ジョグジャカルタ、シンガポール、ストックホルム、ストラスブール、スプリト、西安、成都、セビリア、ソウル、ソチ、ソフィア、ソレント、台北、ダブリン、ダラス、タリン、済州島、チューリッヒ、青島、テサロニキ、テルアビブ、デュッセルドルフ、デンバー、東京、ドゥブロヴニク、ドバイ、トビリシ、トラブゾン、トロント、ナイロビ、ナタール、那覇、ニース、ニューオーリンズ、ニューデリー、ニューヨーク、ノーウォーク、パナマシティ、ハノイ、バルセロナ、パリ、パルマ・デ・マヨルカ、バンガロール、バンコク、バンクーバー、ハンブルク、ヒューストン、ビルバオ、ファロ、フィレンツェ、フェニックス、ブエノスアイレス、プーケット、ブカレスト、福岡、ブダペスト、フライブルク・イム・ブライスガウ、ブラチスラヴァ、プラハ、フランクフルト、ブリスベン、ブリュッセル、ヴェネツィア、北京、ヘラクリオン、ヘルシンキ、ベルリン、ホーチミン、ボゴタ、ボストン、ホノルル、ボルツァーノ、ポルト・アレグレ、ボルドー、香港、マイアミ、マドリッド、マニラ、マラガ、マラケシュ、マンチェスター、ミラノ、ミュンヘン、ムンバイ、メキシコシティ、メルボルン、モスクワ、モントリオール、モンペリエ、ヤンゴン、ヨハネスブルグ、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア、ラスベガス、リオデジャネイロ、リガ、リスボン、リマ、リマソール、リミニ、リール、リュブリャナ、リヨン、レイキャビク、レンヌ、ローマ、ロサンゼルス、ロンドン、ワシントン、ワルシャワ.

次の

AUTOGRAPH PRODUCTIONS

オート グラフ と は

2015年10月25日 こんにちは ナックオーディオ中村です。 ここ数日はすっかり秋めいてきて、朝晩は肌寒くなってきましたねぇ。 部屋に居れば 寒くも無く 暑くも無い エアコンレスのオーディオに最適な季節です。 空気の乾燥もあってか より音が澄んで聴こえるとも言われ、当店も忙しくなるのもこの時期なんですよ。 先日 地元練馬区の石神井公園ふるさと文化館で定期的に行われる、小説家五味康祐氏のオーディオによるレコードコンサートに行ってきましたよ。 以前は練馬区役所内の一角に、申し訳ない程度に陳列している程度だったようで、最近この石神井公園ふるさと文化館に 五味康祐の資料展示室 として引越ししてきたとのこと。 五味康祐と言えば 超々有名な小説家であることはもちろん 戦後古くより「オーディオ」という嗜好の世界を謳ってきた五味氏。 未だに「オーディオの神」と崇拝する人も多いオーディオ界の重鎮です。 建物2階に上がると、常設展示室として生前五味氏が所有していたオーディオ機器やレコードが並ぶ部屋があります。 とは言っても、オーディオ製品として展示する程価値のあるものかどうか?と、首を傾げてしまうモノもけっこうあったりしますが。。。 ポンコツのLUXMANターンテーブルにSMEの微妙なアームって。。。 Technicsのカートリッジまで。。 思わず査定してしまうのは悪い癖かもしれません。。。 まぁ、五味氏所縁の品っつうことでの「価値」ってことで。。。 超貴重なオープンデッキ STUDER C37 見た目的にはかなり程度が良い! って でも動かないだろうなぁ。。 どの程度オリジナルパーツが生きているか バラバラにしてみたいものですねぇ。 ちゃんとオリジナルとしてメンテナンスすれば五味氏に関係なく博物館レベルの品でしょう。 思わず首を傾げてしまった「なんだこりゃ???」スピーカー JBLメトロゴン風特注エンクロージャー?? 五味氏が家具職人にオーダーして作らせたとも言われているようで。。。 う~~~ん そんで、中には 片方にTannoy monitor SILVER 12 と もう片方に monitor BLACK 12 が収まっている?? なんだそれwww いったい、何がしたかったのか 何かの実験なのかわからないが、とりあえず結線してBGMが鳴っていたのが笑ってしまったww しかも、脚部や角部に愛犬にかじられた跡が残っているのに なんだかすごく親近感を持ってしまいますwww 他にも、オーディオ趣味の人なら必ずあるであろう 訳の分からないオーディオ関連モノも「資料」として展示してあるのが面白い。 そして、レコードコンサートがはじまり、別室のコンサート会場(オートグラフの部屋)へ この定期コンサートは事前申し込みが必要ですので、詳しは下記サイトをご覧ください。 練馬区立石神井公園ふるさと文化会館 システムは EMT 930ST プレーヤー に EMT TSD15 カートリッジ McIntosh C22 に 275 DNEON の SACDプレーヤーはBGM用らしいです。 最近、電源部に当時使っていた変圧トランスを増設したらしいっす。。 EMT 930ST 程度いいなぁ~ いろいろじっくり見たかったけど。 係の人に不審に思われてしまました。。。 アブソーバーはどう見ても最近のもんだろうなぁ。 う~~ん 欲しい! マッキンの C22 も 275 も外観の程度がかなりキレイだ。 ちらっと係の人に聞いてみると、あまり良くわかってないようで「オリジナルです!」を連発した後 「内部のパーツ類もなるべく新品を使って復元しています!」と。。。 まぁ、ビンテージオーディオを知らない人は何をもって「オリジナル」と呼ぶかは関係ないのでしょう。 そして、いよいよ オートグラフとご対面です! 定かではありませんが、一応日本に一番はじめに上陸したオートグラフとも呼ばれている品です。 それだけで、ただのオートグラフとは歴史的価値が違います! 日本初とは言っても モノ自体は64年製らしく monitor RED 15 となります。 初期モノオートグラフを所有する強者も日本にはけっこう居たりするのがオーディオの世界だったりします。 そして コンサートがいよいよ始まり レコード再生されます。 時間は1時間30分で クラシックの楽曲を5曲程度です。 私は一曲目を聴いてすぐに部屋を出てしまいました。 正直 私には聴くに堪えられない残念な音でした。。 このコンサートに行く前にこのオートグラフを絶賛するいろいろな感想を耳にしていたので、少しハードルを高くしてしまったのかもしれません。。 私も仕事柄 数点のオートグラフを耳にしてきましたが、一番残念なオートグラフに思えます。。 私個人の好みも多分にありますが そもそも タンノイの同軸に KT88 管を使う事に一番違和感を想像していました。 ゆったりと大らかに空気感を表現できる大型バックロードホーンなのに 妙にエッジの効いたピーキーな高域と 強めの低音だけにど太く反応する気持ち悪い箱鳴り KT88独特の「パワフル観」だけで無理やりユニットを動かしている音量 そんな印象の音作りでした。 私なら 275のKT88なんか使わずに 300BのPPで「静」の表現を重んじた鳴りができるようにすると思います。 また、EMT TSD15 がさらに追い打ちをかけるようにモニター調の音作りを助長してしまうのでしょう。 私なら間違いなく orotofon SPU の丸針で 低域に「芯」を求めます。 まぁ、オートグラフの良さを伝える為の展示や試聴ではなく、五味氏の歴史を伝えるコンサートなので、音についてどうこう言うのは筋違いではありますが。。。 五味康祐氏のオーディオ人生に興味がある方は是非行ってみてくださいね。 あと、ビンテージオーディオに熟知された方は、あまりハードルを上げてから来ない方かよろしいかもです。 しかし。。。 オーディオの神 にこんな生意気な事を言ってもいいのかなぁ。。。

次の