リトグリ いつか この 涙 が。 リトグリの魅力を徹底解説!

いつかこの涙が/Little Glee Monsterの歌詞

リトグリ いつか この 涙 が

Little Glee Monsterの新曲「いつかこの涙が」が、第96回全国高校サッカー選手権大会の応援歌に決定した。 今回で96回目を迎え、冬の風物詩となっている全国高校サッカー選手権大会。 これまで、コブクロ、いきものがかり、そして前回大会は家入レオなど、数々のアーティストが応援歌を手掛けてきた。 表題曲「ヒカルカケラ」はスガ シカオが書き下ろしており、Little Glee Monsterにとって新境地となる大人なラブバラードに仕上がっている。 リリースに先駆け、10月22日19時より放送のFM802『INTRO-JUICE 802』内にてラジオ初オンエアされる。 芹奈(Little Glee Monster)コメント この曲を作るにあたって、高校サッカーに出る選手たちにメッセージを贈るとしたら、どんな言葉を贈るかを考えて想いを込めました。 私の好きな歌詞は、「いつかこの涙が、ぶつかりあった日々が勲章に変わる」という部分で、その言葉だけでも、深いメッセージ性を持っていると思っています。 出場する選手の皆さんは、大会を見ている方々に夢や希望を与える試合をしてくれると思うので、自分を信じて頑張って欲しいと思います。 アサヒ(Little Glee Monster)コメント 「限界まで努力出来る才能だけ」という歌詞があるのですが、選手の皆さんは今まで頑張ってきたと思うので、今まで自分を信じて頑張ってきたというのが伝わるかなって思います。 やりたい事を全力でやれるっていうのは、とても素晴らしいことだと思います。 私たちも全力で皆さんに歌を届けます! MAYU(Little Glee Monster)コメント 弟がサッカーを今もしていて、私自身もすごくサッカーに縁があったので、応援歌を担当できて、とても嬉しく思います。 曲の中で、「仲間」というフレーズがサビに何回も出てくるのですが、私達もいつも5人で頑張っているので、自分達にもリンクする部分があります。 「いつも一人じゃないから」という歌詞もあって、そこは自分でもジーンとくる所でもあったので、自分自身もこの曲を聴いて前向きになれる、頑張れる歌詞だなって思っています。 泣いても笑っても、この瞬間はかけがえのないものだと思います。 その青春の思い出の中に少しでも私達が力となれるように、精一杯歌で応援したいと思います。 かれん(Little Glee Monster)コメント 私は歌詞の中で「何度も何度も立ち上がって」の所がすごく自分の心に刺さりました。 誰もが経験する悔しい思いというのがあると思うので、きっと選手の皆さんの中にも心に刺さる方もいるんじゃないかなって思います。 ガムシャラに頑張っている選手の皆さんと同じように、私達もガムシャラに歌をお届け出来たらなと思います。 頑張ります! manaka(Little Glee Monster)コメント 選手の皆さんにとってこの大会は、いい結果にならなくても、いい結果となっても絶対に無駄な時間というのはなくて、いつか絶対にかけがえのない経験になると思います。 選手の皆さん、一生懸命頑張って下さい!応援しています! 大会の集大成となる決勝戦の「埼玉スタジアム2002」で私達も歌わせてもらいます。 私達も選手の皆さんが気合いを入れてもらえるような歌を届けられる様に、決勝戦に向けてブラッシュアップしていきたいと思います。 日本テレビ スポーツ局 佐々木 聡史プロデューサー コメント 人々の心に強く刻まれる、研ぎ澄まされた最強の「歌声」。 今回、Little Glee Monsterの皆さんに高校サッカーの応援歌をオファーした理由は、とにかく彼女たちの歌を聴いていただければ、という思いに尽きます。 同世代への思いを込めた応援歌を、決勝の舞台で彼女たちが響かせ大観衆を圧倒する姿。 そんな映像がリアルに思い浮かびました。 心と心をつなぐサッカーの美しいパスワークのようなハーモニーを、高校生の夢のフィールドに彼女たちが響かせてくれる、と。 いまから4年前、最強の歌少女たちが全国から結集し、リトグリが誕生。 翌2014年にメジャーデビューを果たすと、その力強い歌声と透き通ったハーモニーで、同世代を中心に圧倒的な支持を獲得し続けています。 そんな彼女たちも、上手くいかなかったり押しつぶされそうなプレッシャーを受けたり、10代ならではの悩みや、壁にぶつかる日々に涙したといいます。 そんな中、歌という自分たちの武器を磨くべく努力を重ね、仲間と共に乗り越えてきたからこそ、武道館でのワンマンライブという夢を今年1月に実現。 今も次の夢へ邁進している彼女たちが、それぞれの思いをこの応援歌に込めました。 いつも一人じゃないから そう何度も何度も立ち上がって 同じ夢を 追いかけた いつか この涙が この仲間と 過ごして ぶつかり合った日々が 勲章に変わる 今は この涙に 似合う言葉は ないから 何も 言わないで肩を 抱きしめていよう 完成した曲は、涙のロッカールームの世界観を存分に表現した応援歌となっています。 選手はもちろん、全国大会に出られなかった選手たち、応援席や観客、視聴者の皆様にとってもこの曲は、流したこの涙がいつか勲章に変わるという、人生の応援歌になると思います。 (歌詞の一部には、今大会の応援リーダー・日本代表FW大迫勇也選手のメッセージも込められています) 今大会も、来年1月8日(月・祝)恒例となっております決勝の舞台・埼玉スタジアム2002でのLIVEを行います。 是非会場にも足を運んでいただきたいと思います。 そこには、選手たちを後押しし、5万大観衆を圧倒する彼女たちの姿があるはずです。 今大会、リトグリの5人が、全力で戦う選手たちに、全力で歌声を届けます。 OVER 2. ヒカルカケラ 3. 放課後ハイファイブ -Live on 2017. 18- 4. ヒカルカケラ -instrumental- <通常盤> 1. ヒカルカケラ 2. OVER 3. My Best Friend -Live on 2017. 18- 4. OVER -instrumental- <アニメ盤> 1. OVER 2. ヒカルカケラ 3. だから、ひとりじゃない -Live on 2017. 18- 4.

次の

Little Glee Monster いつかこの涙が 歌詞&動画視聴

リトグリ いつか この 涙 が

2012年7月、「世界に通用じる女性ボーカリスト発掘」の名の元、全国から歌唱力自慢の少女達を集めた『最強歌少女オーディション』を、ソニー・ミュージックレコーズとワタナベエンターテインメントの共同企画にて開催します。 個性豊かな5人のメンバー 現在、グループのメンバーとして活躍するのは、芹奈、アサヒ、MAYU、manaka、かれんの5人となっています。 メンバー間の距離が近く、プライベートでも旅行に行くなど仲が良いことでも有名な彼女達ですが、出身地も性格も趣味もバラバラだったこともあり、初めはぶつかり合うことも少なくなかったようですが、お互いの欠点も認め合えるようになり、打ち解けるまでには、そう時間もかからなかったようです。 こういう寛容で、人を思いやれる部分もまた、リトグリメンバー1人1人の魅力ですよね。 また、全員が20歳以下という若いグループにもかかわらず、加入前には、メンバーの殆どに、全国の各音楽コンテストでの受賞歴があるというから驚きです。 グループ加入前から、それぞれのメンバーともに図抜けた才能の持ち主であったことが良く分かりますよね。 ゴスペラーズも絶賛の才能! 彼女たちの魅力は、ただ単に歌が上手いというだけで片づけるものではありません。 圧倒的な歌唱力はもちろんのこと、個々の豊かな声量、そして息の合った抜群のコンビネーションが織り成す彼女達のユニゾンやハモリの美しさは、もはや芸術の域に達しています。 他のグループとは一線を画す完成度の高さです。 とりわけユニゾンに関しては、あのゴスペラーズを始めとする大物歌手も大絶賛する程ですからね。 同業者から見ても、惚れ惚れするほどの才能なのでしょう。 知っておきたいリトグリの名曲! 歌詞のこの部分では、現在の不安な気持ちと将来への希望が交錯する様子が伝わってきます。 「こえるよ」「きこえるよ」という本来であれば漢字で書くべきところを、あえてひらがなで書いていることからも、不明瞭で、いまひとつ自信が持てない、当時の様子がハッキリと伝わってきますよね。 COLORS 2017年9月に発売されたシングル「明日へ」に収録されている楽曲。 GIRLS TUNE FES 2017 ガルチュン のテーマソングに起用された事で知った方も多いのではないでしょうか? この作品は、明るく、そして力強い楽曲となっています。 しかし、この部分は、頑張る女の子への精一杯のエールを綴ったパートになります。 思い出してください。 この曲はファッションの祭典でもあるガルチュンのテーマ曲です。 魅力的なのに、それでいて「いまいち自信を持つことのできない若い女の子」の背中をそっと押してあげるような、優しくも力強い意味が込められているんです。 まさに、全ての若い女性にとって勇気をもらえる曲になっていますよね。 「仲間と切磋琢磨しながら成長し、上り詰めた場所」 その舞台である『高校サッカー選手権』で躍動する選手たちを後押しするにピッタリの曲になっていますね。 また、「仲間」という言葉が繰り返し何度も出てくることからも、同世代の中でも主に、部活動やサークルなどで活躍する学生に向けられた曲のように感じます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 圧倒的な歌唱力を持ちながらも、それに溺れることの無い息の合ったコーラスワークで、日本音楽界にて、唯一無二の存在となっているLittle Glee Monster。 音楽番組やTVCMで、彼女たちの曲を聞かない日は無いというほどの大活躍を見せてくれていますが、2月には、2年ぶりとなる日本武道館公演も控えるなど、今後も活躍から目が離せませんね。 TEXT レノ 歌詞の意味を解読!? 厳選歌詞コラム3選.

次の

リトグリ「いつかこの涙が」歌詞とPV動画や発売日|高校サッカー2018応援歌(主題歌)

リトグリ いつか この 涙 が

Contents• リトグリ「いつかこの涙が」が第96回全国高校サッカー選手権大会の応援歌に抜擢! Little Glee Monsterが2017年12月30日~2018年1月8日で開かれる 第96回全国高校サッカー選手権大会の応援歌に抜擢されました! リトグリは研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残すことをテーマに結成された女性ボーカルグループです。 2014年に6人でメジャーデビューしましたが、2017年にメンバーの麻珠さんがグループを卒業し現在は5人での活動となっています。 豆知識ですねw グループの名前に入っている gleeの意味は、「男性3部またはそれ以上から成る無伴奏の合唱曲」という音楽用語ですが、元々の意味は「 心を解放し、歓喜すること」だそう。 良いことばですね^^ リトグリは歌声で私たちの心を解放させ歓喜させるモンスターということになりますね! 今まさに名前どおりに進化していっているのではないでしょうか。 それはさておき、全国高校サッカー選手権大会の歴代の応援歌を担当したアーティストは• コブクロ• RIP SLYME with MONGOL800• いきものがかり• FUNKY MONKEY BABYS• WEAVER• ナオト・インティライミ• miwa• GReeeeN• 大原櫻子• BLUE ENCOUNT• 家入レオ というそうそうたるメンバーです。 曲も高校サッカーの応援歌にぴったりな曲ばかりです^^ リトグリのメンバー、芹奈さんは 楽曲に芹奈は、「高校サッカーに出る選手たちにメッセージを贈るとしたら、どんな言葉を贈るかを考えて想いを込めました」と紹介。 選手たちに向けては、「大会を見ている方々に夢や希望を与える試合をしてくれると思うので、自分を信じて頑張って欲しいと思います」 出典: とおっしゃられています。 うるっと来た方も多いのではないでしょうか・・・。 リトグリ「いつかこの涙が」の発売日 12月20日に配信リリースされました!! CDの発売は未定です。 アルバムに入るのでは?と噂になっていますね。 しかしここはシングルでの発売を希望します! 希望かいw 発売日の発表はこちらも高校サッカー開幕直前か始まった直後だと思います。 Ray的まとめ 今回は第96回全国高校サッカー選手権大会の応援歌に抜擢されたリトグリの「いつかこの涙が」についてお届けしました。

次の