マスク いつ に なっ たら 買える。 マスク増産3倍でも品薄なのはなぜ?マスクの安定供給はいつから?

マスクはいつから買えるようになるのか?色々調べてみると絶望的な状況が見えてきた

マスク いつ に なっ たら 買える

Contents• 在庫あり!ネット通販で売っているマスクの入荷情報 「近くに売っているお店がない」「感染のリスクを減らす為に外出を減らしたい」という方には、ネット通販で買うのが一番買いやすいので先に紹介していきますね。 外出しないでマスクを買うならネット通販がオススメです。 薬局などのお店には多くの人が集まるので、感染の事を考えるとあまり行きたくないという人が増えてきています。 そういった方でもネット通販なら安心してマスクを買う事ができますよ。 値段498円 税別。 袋マスク沢山あります。 箱マスクも少しありました。 除菌ジェルやハンドソープもありました。 もう、大丈夫ですよね😃一応お知らせまで。 黒しか残っていなかったから、今日は保留。 コロナがまだまだ落ち着きそうでないのでマスクを急遽購入。 箱買いもエエが 敢えて携帯用に。 しかし、また「第二波」って来るのかね。 場所: 神谷町駅 — koota,n Athlete19K カワチ薬局 ハシドラとカワチに行ったら夏用マスクが完売してた……。 コロナ以降、マスク、消毒液よりも入手困難だったフマキラーのキッチンアルコール、たぶん今でも。 これで安心の食卓 — 順 太 JUN2lifeday ココカラファイン お手頃価格のマスクが出回ってます😷1ヶ月前まで高価でした。 キレイキレイのハンドジェルもありました! — たける GIPVzf6KdmnORZH このウレタンマスク、いい感じでした。 もう不織布マスクは無理! 仕事で動くとそれでなくても汗だくで熱くなるのに、不織布マスク着けて仕事するともう首から上が灼熱地獄🥵 頭もクラクラ😵 周りでもウレタンマスクの人が増えてきて、昨日、ココカラファインで見つけた。 サイズもちょうど良かった。 因みにこのマスクはスギ薬局のPBマスクと同じやつなのでまあまあのマスクですね。 ココカラファイン 経堂店 in 世田谷区, 東京都 — 𝙖𝙖𝙖𝙜𝙣 請 保 持 社 交 距 離 aaagn マツキヨ マスク首都圏では誰も買わない状態 マツモトキヨシにカゴにたくさんアイリスオーヤマのマスクあり しかも棚の上にも在庫のアイリスオーヤマのマスクが、これまたカゴで積まれていた もうアイリスオーヤマやユニチャームの箱以外は買わなくていいよ — jr. Tedros ninaabi2 いろんな店でマスク 中国産 を売り出しているところ、ウチの近所のマツキヨにはなかなか並ばないなと思っていたら、昨日マスクコーナー一面に日本製のマスクがズラリ! ちょっと感動。 ありがとうマツキヨ!! — 海月みつる lypIsbzdv8zuuB2 今日のマツキヨ、手ピカジェルプラス300mlと携帯用のとマツキヨ手ピカジェル。 手ピカスプレーもあったけど、目の前でラス1を買って行かれて写真撮れず 笑 今日は遅めに行ったので早かったら在庫豊富なのかも。 マスクはアイリスの安心清潔マスクがたくさんありました。 — りりー lillymarkkyoto マツキヨ 福島笹谷店です。 ドン・キホーテ ドン・キホーテでマスクを買えたという方が多いです。 最近のドンキはマスクが溢れているようですよ! ドンキ新宿 ・超快適マスク息ムレクリアブラックふつうサイズ 購入制限ありません。 大量にあります。 在庫は大量です。 入荷タイミングがな。 そしてあのマスクがようやく届き、タイミングよ…。 違うお金の使い方をして欲しかった。 ヤマダ電機 電池買いにヤマダ電機行ったらマスク50個入り1箱が大量に売ってた。 一部商品は購入点数を制限させて頂いております、恐れ入りますが予めご了承下さい。 小さめだから売れ残っていたか。 子供用がなかったのでこれにした。 — baisin baisin ヤマダ電機にPC💻️修理とボタン電池を買いに行ったら、マスクやハンドジェルが沢山あった。 まあ、買おうという物ではなかったな。 30枚入りは残り2点なので、欲しい人はダッシュで。 このタイプの箱を見たのはコロナ後初かもしれないです。 イオンでユニチャームのマスク。 ドラッグストアで三次元のマスク。 両方とも個数制限無しで買えました。 — ふぃく Tiamat fikusan 土浦イオンに来ました。 昨日あった箱マスク完売してました。 袋マスクも残り少なくなってますが、代わりに洗えるマスク円で沢山売ってます。 よろしければ。 — terusan kittythe40118 イオン厚木店(地下1階) 14時15分。 10枚入の箱マスク売ってました。 ハンドジェル&ハンドソープ&除菌シートあり — レモモ 5B0XC0KuMST7RiC イオン厚木店(1階薬局付近&1階の薬局) 14時10分。 箱マスクや海老蔵マスクが売ってました。 — 三十九夜(さんじゅうきゅうや) mamamakari まいばすにも普通にマスクが並んでる、ユニチャームの他にトップバリュ印のPBマスクもあったわ。 ツルハドラッグとスギ薬局ではマスクが買えたという声が多くなっています。 少しでも早く状況が改善されてほしいものです。 マスクが品切れになる原因 こんなにマスクが品切れになる原因は報道でもある通り、中国からの流行が原因です。 更に日本で販売されていたマスクの8割は中国で生産していた為、今こういった状況に陥っています。 ですが政府の発表では、マスクを24時間体制で態勢強化していくので毎週1億枚以上供給できるようになっていくようです。 なので徐々に状況は改善されていくと思われます。 とは言ってもまだ暫くは安定して手に入るかは微妙なので、買える時には買っておいた方が良いかもしれません。 関連記事 マスクの品薄解消時期については、こちらの記事で詳しくまとめています。 売り切れはいつまで続く?買えるお店は増えてくるの? なかなかお店で買えるようにならないマスクですが、もう暫くこの状況は続く事になりそうです。 どの 国内メーカーも24時間態勢でマスクを生産しているのですが、需要が例年の5倍に達しているので供給が追いつかない状況になっています。 ですがどのメーカーもフル回転でマスクを生産しているので、徐々に供給されてくるはずですなのでもう少しの辛抱でしょうか。 一方で ネット通販上では以前よりもマスクの在庫が増えてきていて、送料無料の物なども多くなってきているんですよ。 ネット通販上で在庫が増えているという事は、今後お店などで買える機会も増えてくるはずですね。 どうしてもマスクが買えない、そんな時にもできる事 こんな状況ですからどうしてもマスクが手に入らないなんて事もありますよね。 そんな時にでもできる事があるので紹介していきたいと思います。 うがい、手洗い、をしっかりとする うがい、手洗いは予防するうえではとっても重要です。 厚生労働省も推奨しているように、うがい、手洗いをしっかりと行う事が一番簡単にできる対策になってきます。 マスクが手に入らないなら、うがい手洗いを普段よりもしっかりと行いましょう。 自分でマスクを作る マスクが手に入りにくいので、手作りマスクキットや布などを使ってマスクを作る人が増えてきています。 手間を考えると使い捨てマスクが買えれば一番良いのですが、今こういった状況ですので、自分で作るというのも1つの手ですね。 意外と簡単にできるようなので、もし手に入らない場合は手作りマスクを作ってみてはいかがでしょうか。 その影響でお店などでは品薄になっているようなのですが、ネット通販では今のところ在庫があるんですよ。 マスクキット 説明書も付いてて誰でも簡単にマスクが作れるマスクキットは、マスクを買うよりコスパが良いですよ。

次の

マスクはいつから買えるようになるのか?色々調べてみると絶望的な状況が見えてきた

マスク いつ に なっ たら 買える

もくじ• マスク品切れへのメーカーの対応と品薄が続いている理由 現在、街の店頭やネットではマスクの品薄状態が続いていますが、マスクのメーカーはどのような対応をしているのでしょうか? そもそも材料が足りない状態なのか?工場の回転が間に合っていないのでしょうか? また、品薄が続いている理由についても調べていきます。 市内、マスク品切れ中💦 高いマスクはあるんですが。。。。 穴場ありますか? なぜこんなにもマスクが不足してしまったかの理由については、 ミヤネ屋に出演された関西福祉大学の勝田吉彰教授が、「国内で流通するマスクの半分以上が中国からの輸入だったということ」と、「2月の春節で輸入が止まりがちな時期と重なったこと」でマスク不足が加速したのではないかと考えられると述べられていました。 使い捨て不織布マスクの再入荷の時期 現在、品薄状態になっている不織布マスクですが、マスクのメーカーは工場フル稼働で対応していることがわかりました! マスクは生産に時間のかからないものなので、すぐに再生産されてこの品薄状態は解消されるのではないかと考えられます。 過去に関西地方で大流行した2009年の新型インフルエンザのときも、一時的にマスクの品薄状態となり、どこのお店でも買えない状態になりましたが、その後しばらくして再生産が追いつき、大量のマスクが山積みになっていた地域もあったよう。 このような過去の経験から、SNSでは、現在品薄状態に便乗して高額で転売するところから購入しないように呼び掛ける声も出ています。 実際に、マスクの工場で働いている人から聞いた話を伝える声によると・・ 【速報】 とあるマスク工場で働いてる子が 「今マスク作ってるから転売ヤーなら買わないで!」とのこと。 1人1つずつの制限付きでした。 これからまた少しずつ出回ってくると思われます! <追記>2月28日 日本衛星材料工業連合会によると・・ 現在、中国の生産ラインが動き始めているとのことで、• 店頭に戻るのは・・3月中旬• 十分にそろうのは・・4月以降 ということです! 医療機関など本当に必要な人たちにマスクが行き届かないという状態にもなってきているということなので、再入荷後も本当に必要な分だけ購入するようにひとりひとりが心がけることが必要になってきますね。 国内の住所のショップ。 このやり方悪質だなと思う。 本体価格を下げ、アマゾンから削除とかされるのを免れる作戦みたいなやつかな? 買うときは送料もよく見て注意です! — く み kumimahu93 <2月23日> 2個は買えるのかと思ってたけど どんなマスクでもおひとり様1つまで。 仕方ない🤢 使い心地悪くても 枚数多いのにした😭 休みの度に行くしかないな🤢🤢🤢 並べば買えるけど入荷数は少なそう。 箱や、袋入りの含めて 100あったかな?位だったよ。 地域や場所にもよると思うけど ご参考までに。 — やまちゃん。 uchiko0416 <3月3日> マスク入荷ですが、 行徳ヤスイ2店舗は毎週火曜と土曜日に入荷予定です。 毎回発注をかけていますが、入るか入らないかは当日朝にならないとわかりません。 入荷ゼロの時もあります。 — kentarotakahashi kentarotakahash だんだん店頭に出てきたようです!! 本当に良かった!! 3月20日の時点で、まだマスクが十分な量は出回っていない様子ですが、このまま徐々に店頭に並ぶ数が増えていき、前述した日本衛星材料工業連合会による予想通り、 4月以降には出回ってきそうです! 3月23日には店頭にも出てきた様子です。 まだ並ばないと買えないようですが、もう少し出回ってくるまで待ちましょう。 <4月8日> 緊急事態宣言も出され、厳しくなってきましたが、まだまだ不織布マスクは通常のようには出回っていないようです。 店舗に寄り、早朝並べば買えるというところもあるそうですが・・。 まだまだ、厳しい日が続きます。 外出を自粛してマスク自体を使う機会を減らすなど、なんとか工夫していくことが必要になってきそうです。 一時補充され、たくさん並んだマスクもまた少し売り切れ気味になっている様子・・。 今週また追加で補充されると良いのですが・・。 しばらくはこのように補充されて、また売り切れて、の繰り返しになるのかもしれません。 マスクの工場はフル回転で稼働しているので、補充を待てばこの先も順次店頭に並ぶと思われます! 現在、ネットでは「マスク自体は通常の値段なのに、送料がすごく高い」という悪質なショップも出てきたよう・・・。 どうしてものときは、最低限やれることはこれくらいということだね。 これにエアコン用のフィルターを切って挟むとさらに頑丈になるよう。 効果のほどは検証されていませんが、全く手に入らない方は、材料がそろえば手作りもよさそうです。 SNSで調べていったときに、注目したところは、 2009年の新型インフルエンザの大流行の時に、対策を取っていた人は現在のマスクの品薄状態に困っていないというところ! マスクがどこも品薄になってますね。 新型インフルエンザのパンデミック騒ぎがあった頃、母が送ってくれた大量のマスクが今になって役に立ちそうです。 母の思いが込められたマスクなので、断捨離したときも捨てることが出来なかったんですよ。 捨てなくて本当に良かった。 ありがとう。 — コンパス@ぷちミニマリストのダイエット生活 kompasakita やはり 日ごろからからの備えが必要だということが、今回のことで浮き彫りになりました。 と、いうことは、 2週間分ほどの備蓄が常時あるようにすれば、今後の一時的なマスクの品薄状態が続いても慌てて購入するという状況は避けられそうです! 1日1枚使用したと考えて、2週間分の備蓄というのは、 余裕を見て1人20枚ほど。 できれば古くならない程度に、毎年冬の時期には使うようにして、常時新しいマスクを置いておけると一番よいですね。

次の

マスクの品切れが続いている理由を図で解説 いつ戻るのか?

マスク いつ に なっ たら 買える

追記として、マスクをより確実に手に入れる方法を考察してみました。 が、生産量が追い付かない以上は一般消費者へ行き届くのは先の話になりそうです。 皆様こんにちは 先日WHOがの呼称を「COVID-19」にすると発表したようです。 巷では肺炎にしろとか発生源に因んだ名前にしろとの声もありますが、差別を助長するような呼び名は配慮する必要がある、との機関の談です。 が、何とも呼びづらいので、本記事は(新型)と書く事にします。 昨今のの影響により、マスクや除菌関連製品が欠品しています。 地方住まいのブログ主ですが、近辺で見かけたのはコンビニに売っている袋入りタイプかのマスクぐらいで それも品出し後数分で完売 、マスクを見かけたことがありません。 だけでは無くインフルエンザも心配(一家予防接種は受けていますが)。 加えて我が家では夫婦共々花粉症持ちの為、マスクが手に入らないのはかなり厳しいです。 果たしてこの状態はいつまで続くのか、個人的な意見になりますがつらつらと書いてみたいと思います。 そもそも日本に流通するマスクは中国製 や等、日本でマスクを生産している企業もあり現在24時間体制で生産を頑張って頂いていますが、そもそも日本に流通しているマスクの8割近くは輸入マスク、それも中国で製造されています。 参照:マスク生産 国内生産・輸入 数量 推移 は中国国内で製造されているマスクは自国に充てるようお達しを出している為、日本の等、外国資本の入っている企業以外(ここも当局の匙加減ですが)は日本を含む外国へマスクを輸出することを制限しています。 資本を挟まず丸々外注している企業にとっては大打撃です。 中国はウイルスの発生源ですし、まずは自国の需要を満たす、賛否両論かもしれませんが当局の判断は致し方ないのかなと思いますが。。 よって、日本は国内で生産されているマスクに頼らざるを得ないのが現状です。 中国製のマスクには頼れない。 この3割のみのシェアを有していた日本産マスクを国民全員に行き渡らせるにはかなりの時間を必要とするのではと考えます。 日本国内のマスク流通量は大幅に絞られている。 この前提を把握したうえで、不安を煽らず必要以上のマスクは買い控える事、これが重要だと思います。 マスクが足りない。 その理由について 1.マスクは消耗品。 一般的に流通しているマスクはご存知の通り使い捨てタイプです。 買い替えが必要だということになります。 箱入りで30~50枚入り、袋タイプだと3枚~10枚入をよく見かけますが、1人が1日1枚使っても単純に30枚は必要になります。 もし子供がいる3人家族だとしたら、1カ月毎にに2~3箱は必要になるのではないでしょうか。 現状この量を確保するのは難しいと個人的な経験から思います。 ただの風邪で有ればいざ知らず、を超える未曾有のの様相を呈しているから身を守る為には、学校や外出や仕事でマスクを付けたい、付けなくては、と思う人は少なくはないでしょう。 また周りがつけているのに自分は付けていない、というエチケット的な部分もあると思います。 この時期マスクも付けずせき込む方を見ると一抹の不安を抱きます。 こういった背景では1カ月分のマスクを確保しなければ(なんなら数カ月先まで)、という感情が湧いてもおかしくはないと推察します。 2.日本国内生産量の絶対数が需要に対して追い付いていない 中にはマスクを付けない方もいるし、毎日つけない、という人もいるでしょうが、一人30枚は必要と仮定します。 日本衛生材料工業連合会の統計資料を参考にすると、2018年の段階で日本国内製マスクの年間生産量は11億枚とのことです(海外生産マスクは44億枚)。 現在、国内メーカーが生産ペースを24時間の3交代制に上げているので、約3倍の生産量が見込めると考えても製造シーズン等条件を省きどんぶり勘定にはなりますが、月あたり3,000万枚以上は増産していると前提に置きます。 一方で、既存のマスク在庫 国内 数量については2018年で8億7千枚で、ピークの年で15億枚ありました。 最も在庫量が少ない年で2011年の4億枚は在庫として確保していた、ということを意味しています。 日本の総人口は1億2709 万4745 人(平成27 年10 月1日現在)となっており、その中で、乳幼児 0~2歳 は200万人程度ですが現実的に乳幼児にマスクを付けることは難しいと考えて、マスク着用世代から除外しても、1カ月間37億枚必要になります。 国民の半数はマスクをしない、と考えても19億枚です。 さらに着用者を絞り5人に1人がマスクをすると考えても、7億枚必要になります。 国内生産量に対して需要が全然足りていない、というか例年通り海外(中国)マスクをガンガン輸入させても、1月の生産量は1億枚にも満たないので、国民全員に1枚ですらも行き渡らせることすらできません。 しかしながら、そもそもマスク在庫は4億枚から15億枚あったはずです(昨年の統計が無いので憶測ですが)。 国内在庫を消費し需要を満たしつつ、増産して安定供給を行っていけば、本来であればマスクが足りない、という事態にはならないはずです。 しかし現実を見るとマスクの供給不足が発生しています。 なぜでしょうか?(すっとぼけ) 参照:統計局 3.中国国内の生産量も追いついていない ネット情報でソースは乏しいですが、中国の最大生産量は一日あたり約2千万枚以上に上る、との記載が一般的です。 月度ベースで換算すれば、60億枚です。 とてつもない量です。 他方で中国の人口は14億人とも言われています。 中国ではマスク未着用での外出は場合によっては拘束される可能性がある為、着用が必要な状況です。 よって日本以上にマスクは必需品となります。 マスクの備蓄量は勘定に入れていませんが、1カ月30枚の確保が14億人に必要と考えると、、、書くまでも無く全然足りません。 参照: 4.自分が使う以外の用途で購入している人がいる そもそも日本国内のマスク在庫量は1カ月程度であれば国民に行き渡る分のあった(はず)。 しかし現実は1月末には供給不足で店からマスクが消えました。 国内のマスクメーカーが24時間体制で生産を急いでいますが、国内製のマスクは国民の絶対数に対し供給不足。 そしてお隣の国中国も足りていない。 さらに問題に拍車をかけるのは、御存じ の存在です。 国という垣根を超えたネットオークションでマスクが国内に流出している 今起こっている現状を知るべく、メルカリやを見てみました。 そこでマスクを扱うオークションの質問欄を見ると、出品者の良心を疑うような訴えかけ&罵声もある一方で、同時に業者のような方からの問い合わせも見受けられます。 推測ですが、これら業者はクライアントから依頼を受けた輸出代行業者なのだと思われます。 マスクごときでここまでするのか、と驚きを隠せません。 も終わり、日本国内の中国人旅行者の数は減った為、実店舗での買い占めは減りましたが、今度は輸入代行業者を介して、中国本土から、日本のオークションでマスクを購入して中国本国へ発送しているのだと思われます。 恐らくですが、日本国内の在庫はによる中国人観光客の買い占め&オークションで大部分は国外へ流失していると考えられます。 何てったて中国国民は15億人いますから、いくつあってもマスクは足りません。 数の暴力です。 事実、中国宛のEMS(国際郵便)の遅延が発生しています。 航空機の確保の問題もあるかとは思いますが、以下のお知らせをが出しています。 1月27日(月)以降、国際郵便物(特に、中国、香港および宛て)のお引受けが急増したことから、外国宛て郵便物のお引受けから航空会社への引渡しまでの、郵便局における処理に大幅な遅れ(1週間以上)が発生しております。 また、航空会社からの情報では、中国向け航空機の運休等により搭載までに相当の時間がかかっているとのことです。 オークション品を出品している多くは所謂が占めている。 マスクの品薄問題は来週には収束する? 2月12日時点で政府がマスク不足の解消を高らかに宣言しております。 冒頭では月の生産量は3,000枚と試算していましたが、企業努力のお陰で予想を上回る週間1億枚のペースで生産できるとのことです。 月度4億枚のペースなので解消はできそうな気はします。 しかし、この1億枚はも含まれるでしょうし、月に消費するマスクの量は5人に1人が毎日使うことを想定しても7億枚は必要と試算しました。 加えての存在もあります。 今もなお、1個人が数千、数万枚単位でオークションにて取引がある以上、1億枚という枚数は心もとないです。 どんどん中国へ流出してます。 中国がワクチンを接種しもう大丈夫、収束した。 と言うまでは中国国内のマスク需要は減らないといえると思います。 マスク無しで外出が出来ない地域がある以上、マスクは無くてはならない存在です。 よって、中国14億人の需要が満たされない限り、日本のオークションの取引は続きますし、マスク転売も減らないと考えます。 は発生から収束迄半年以上を要しています。 前例を倣うと半年以上は掛かるかもしれません。 そう考えるとあと数カ月はこの状態が続くのでは、と推測します。 他方で、ワクチンの開発まで1年以上は要する、という算出も目にします。 試算にしかなりませんが、マスクの供給が安定するまであと数か月は覚悟しておく必要があると思います。 極東のみの局所的な問題ならいざ知らず、世界的なの様相を呈している為です。 3月14日以降は緩やかに入荷されていくものと思われますが、下記のような政府による緊急措置法に基づき感染が拡大している地域に優先して流通するなど、地域による偏りはあると思われます。 また、昨今のトイレットペーパーのように疑心暗鬼から転売目的ではない必要以上の買占めはあるのでは、と予想されます。 政府は来週にもマスクの転売を禁止する方針だが、緊急措置法の26条を適用し、懲役5年以下、または、300万円以下の罰金を科すことを検討している メーカーが増産体制が整えば、問題が解決する、というのは楽観的? 上述の通り、生産数が普段使に必要な絶対数すら間に合っていないので国内製造品だけでは賄いきれないのが現状です。 また、市場に流通しても転売での買い占めがある為、増産すれば解決するとは言い難いです。 増産についても生産ラインを拡大することは現実的では無く、やはりでカバーするほか無いので、生産スピードに際し、これ以上の劇的な変化は望めないかと思います。 3月4日追記:緊急措置法の26条が適用されればマスクや除菌スプレーをはじめとする衛生用品の転売が厳罰化される可能性も大きく、いよいよもっては封じ込められるのではないでしょうか。 マスク以外の防護策を講じる マスクと同じく除菌スプレーも品薄状態にありますが、除菌ハンドソープは現状流通量が確保されているようです。 手洗いはで効果的な為、確保しておく必要はあると思います。 またなんかでは花粉対策メガネという目をゴーグルのように覆えるメガネもあります。 目から感染するとの情報もあるので、目を保護することは有効な手かもしれません。 我が家も最悪の事態に備えて家族分を購入しました。 子供用もあるので便利です。 上子供用・下大人用 目を覆う構造。 これで100円! ブログ主は専門家ではないですが、汚れた手で目を掻く、口に手を当てる事による感染を防ぐ為やはり手洗いは重要だと思われます。 いくらマスクをつけていても、ウイルスの付いたマスクの表面を触ったり、手にウイルスが付いている状態で顔を触ってしまえばマスクだけでは防げないと思います。 因みに、品薄傾向にある除菌スプレーですがが展開するにはパストリーゼと成分が殆ど同じ、【アルコール78】なる食品にかけても無害な除菌スプレーが1リットル500円程度で安価に販売されています。 我が家では、これも欠品するだろうな、と思いマスクが欠品してきた1月末に早めに買いそろえました。 主に車のハンドル、ドアノブやテーブル、マスク、洋服等こまめに吹きかけ除菌を徹底させています。 外出先でも子供がトイレに行きたがるので除菌スプレーは携行します。 どうやら広告を打ったようで、先週末より欠品が目立つようになりました マスクは安心感がありあるに越したことは無いですが、まだまだ探せばができる製品はあるので、マスクにせず、先手を打って自衛を行っていくべきだと思います。 まとめ ・日本製マスクのシェアは2割程度。 8割は Made in Chinaのマスク。 ・日本製マスクを増産体制、ても1カ月分の需要を確保できるか不透明。 ・中国も同様にマスクの品不足が続いている。 ・オークションサイトで日本国内のマスクが転売により中国へ流出している。 ・中国からの需要が減らない限りは日本国内の流通の安定化は難しい。 ・マスク以外の自衛策も必要(先手を打つ) ・政府が具体的な転売対策を進めているため、3月14日以降に緩やかにマスクは流通するものと予想されます。 政府の声明通り来週にはマスクの流通体制が整うことを願っています。 sucasamicasa.

次の