動画 復元。 簡単かつ効率!消した動画を復元する方法 [Windows]

無料ファイル復元・データ復旧ソフト一覧

動画 復元

デジカメ写真や動画などのファイルの種類を選択して削除済みのファイル/フォルダーを復元できるソフト ディスクをスキャンすると、ハードディスク上に存在する大量のファイルデータが一覧表示され、サムネイル表示・プレビュー表示にも対応。 ファイルの種類ごと、時間ごとのツリー表示や、ワイルドカードを含めたファイル名の検索で、探したいファイルを絞り込むことができます。 ファイル名にチェックを入れ、「リカバリー」ボタンをクリックして復元できます。 Windows 版の最新バージョン 13. 3 では、次の内容が改善されています。 バグを修正• アクティベーションを最適化 Mac 版の最新バージョン 12. 2 では、次の内容の機能追加・改善されています。 APFSのデバイスのスキャンと復元の品質を向上• 外付けデバイスの復元品質を向上 外付けHDD、USBメモリーにも対応した、Mac 版で実績のあるデータ復元ソフトの Windows 版 白衣を着た男性のキャラクターがデータを復旧させてくれそうな、ファイル/フォルダーの復元ソフトです。 Windows 内部ディスクや、外付けHDD、USBメモリー、iPod、SDカードなどの外部メディアにも対応。 クイックスキャン、ディープスキャンを用意し、必要なデータが見つかるまで徹底的なスキャンが可能。 見つかったファイルをプレビューして、必要なファイルのみ復元できます。 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト… オフィスソフト、ウェブブラウザー、メールソフト、圧縮・解凍ソフト、付箋紙ソフト、PDF作成ソフト、イラスト作成ソフト、画像・動画管理ソフト、テキストエディター、ファイル復元ソフト… 辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト… フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ… USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト… フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事….

次の

壊れた動画の修復や再生を「VLC Media Player」を使って修復する方法

動画 復元

動画を削除した場合復元する一般方法 撮影した動画データを間違って削除した場合、ごみ箱に移されます。 ゴミ箱を開いて、復旧したい動画データを見つけて元に戻す機能で簡単に戻せます。 ただし、ごみ箱に転送しないで削除してしまった場合は、データがパソコン上に残っていないため別の方法をしなければいけません。 ファイルを指定して復元するのではなく、システムごと過去に戻すことで失った動画データを復元できます。 表示されたウインドウの「次へ」をクリックします。 復元可能のリストウインドウが表示されるので、復元したい動画データがあったときの復元ポイントを選択して「次へ」をクリックします。 復元ポイントに間違いがなければ「OK」をクリックして最終確認ウインドウを表示します。 下部にある「OK」ボタンをクリックして、復元を開始します。 Wondershare 「Recoverit」があれば、削除してしまった動画を復元できる 上記の方法以外に、削除した動画データを復元できます。 それがWondershare ソフトです。 Wondershare 「Recoverit」ソフトを使って削除してしまった動画データを復旧するのは簡単です。 ハードディスクの動画データを削除してしまったときの復旧手順を詳しく紹介します。 動画データの削除はパソコンのハードディスクだけではなく、外部デバイス上の動画データも復旧できます。 step1. データ復元ソフト「Recoverit」をインストールします。 まず、Wondershare社のサイトから のセットアップファイルを手に入れましょう。 無料体験版というところをクリックし、exeファイルをダウンロードします。 そのファイルを実行し、画面の指示に従っていけばインストールは終了です。 step2. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、復元したい動画を保存していた場所を選択し「開始」をクリックします。 step3. 復元したい動画を検索します。 step4. 復元したい動画をプレビューして復元します。 スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。 復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。 これでファイルの復元が開始されるので、後は待つばかりです。 復元が完了すると自動で指定したフォルダを開いてくれるので目視で確認してみてください.

次の

失われたYouTube動画を復元する方法

動画 復元

動画が破損してしまって再生できなくなった時は、フリーの動画再生ソフト「 VLC Media Player」を試してみよう。 フリーソフトながら、軽度のデータ破損なら通常通り再生することが可能。 専用の動画修復ソフトでどうしても復元できないデータでもVLC Media Playerで再生できてしまうことがあります。 しかも変換機能を使う事で動画ファイルの修復も出来てしまう優れモノです。 今回は「VLC Media Player」を使って壊れた動画の再生と修復方法を紹介します。 再生できないと思っていたら、実はキャッシュファイルやショートカットだったという事があります。 ファイルサイズが明らかに小さすぎる場合は、キャッシュやショートカットデータと言う事も考えられますので、その場合はオリジナルの動画データがパソコンのどこかに入っている可能性があります。 ファイルサイズの確認方法 動画ファイルを右クリックして「プロパティ」を選択します。 「プロパティ」ウィンドウが開くので、「全般」タブにある「サイズ」の項目を見てください。 動画ファイルの圧縮や再生時間によってファイルサイズは数MB~数GBあるはずです。 これが、数KB程度しかない場合、または、再生時間が一時間以上あるはずなのに、数MBしかない場合はキャッシュやショートカットデータの可能性や、ファイルの大部分が欠損している可能性が考えられます。 この場合、「VLC Media Player」を使ってもデータ修復できません 「VLC Media Player」を使った動画再生方法 VLC MediaPlayerは無料でインストール出来る動画再生ソフトです。 パソコンにインストールするだけですぐに使う事が出来るので、操作も簡単です。 まずは無料の復旧ソフトをダウンロードしてパソコンにインストールしましょう。 スポンサーリンク• 対応OS: Windows、Mac OSX、Linux等• ソフト配布先:VideoLAN• ライセンス:フリーソフト このソフトはフリーソフトですが、軽度のデータ破損なら普通に再生できてしまうところがすごいところ。 専用の動画修復ソフトでどうしても復元できないデータでもVLC Media Playerで再生できてしまうことがあります。 しかも変換機能を使う事で動画ファイルの修復も出来てしまう優れモノです。 インストール方法 VLC Media Playerをダウンロードし、アイコンをクリックしてインストールしましょう。 インストールの際は特に注意点はありません。 画面の案内に従ってインストールを進めます。 exeをダブルクリックし、アイコンをクリックしてインストールしましょう。 Japaneneを選択して「OK」をクリックしましょう。 「次へ」をクリックしましょう。 「次へ」をクリックします。 何も操作しなくて大丈夫です。 「次へ」をクリックします。 インストール先を指定します。 良く分からなければそのままで大丈夫です。 「インストール」をクリックしましょう。 「完了」をクリックしましょう。 チェックを入れておくとよいでしょう。 「続ける」をクリックします。 または、ファイルをドラッグ&ドロップしてもOK。 壊れてしまったファイルが再生可能な場合、自動的に動画の再生が始まります。 無事に再生できれば、動画修復できる可能性があります。 ですが、VLCで再生出来ないファイルは、修復できないでしょう。 「VLC Media Player」を使った動画修復方法 VLC Media Player で動画ファイルを再生できたら、下記の手順で動画ファイルを修復します。 「ファイル」タブを選択し、画面右側にある「追加」をクリックして、破損した動画を指定します。 変換ウィンドウに戻るので、「プロファイル」に先ほど作成したプロファイルを指定して「開始」をクリックします。 後は修復された動画ファイルが出来るまで待つだけです。 寄付・開発支援について コンテンツのデータ復旧を実証する機材は基本的に個人で調達して記事を書いております。 記事がお役に立ちましたら、ブログ運営をサポートしていただけると大変助かります。 是非ともご協力いただけたら幸いでございます。 サポートしてくださった皆様、こちらからメッセージが送信できませんので、この場をお借りしてお礼いたします。 ご購入下さった製品はコンテンツ運営の為、大切に使わせていただきます。 ご支援、本当にありがとうございます。 関連記事 バックアップのススメ パソコンやスマホのデータは意外と簡単に消えてしまうので、可能な限りバックアップを取ることが重要です。 バックアップさえとっていれば、衝撃や水濡れなどで重篤なシステム障害になってしまっても簡単にデータを取り戻すことができます。 私は、を使い、データは2か所に保管するようにしています。 さらに、定期的に手動でバックアップを取っていますから、データ障害が起きてもデータそのものが消えてしまうことはありません。 データ復元できない時は? データが復元できなかった場合、闇雲に操作するとデータ復旧確率が下がってしまいます。 必ず成功するとは限りませんが、今できる最善の方法について紹介しますので、是非参考にしてください。 「」参照 悪徳データ復旧業者に注意 現在、一部のデータ復旧業者による利益を重視した営業活動が問題となっております。 こうした業者は積極的にメディアに露出する 広告費をかけている 為、一見して信頼できる業者に見えますが、 単純にぼったくり価格を提示するだけでなく、返品されたHDDに傷が付いていたというブログ記事も発見しました。 業界内でも嫌われており、この業者が復旧作業を行ったデバイスは復旧拒否する企業も少なくありません。 「データ復旧成功の鍵」参照 データ復旧メニュー• 11 パソコンのファイルが消失してしますと、頭が真っ白になり、どんな事をすればよいのか分からなくなってしまいます。 しかも、正しくデータを復元したり、パソコンを復旧させたりする為には、パソコンの情報保存の仕組みや、データが消えてしまう仕組みをよく理解しなければなりません。 やみくもにパソコンを操作しても、データが元に戻る事はありませんし、下手な事をすると復元可能なはずのファイルでさえ、復元不可能になってしまうのです。 逆に、なぜ消えてしまうのかという事や、データ復元の原理を理解していれば、簡単に復元させる事は可能! 万一、大切なデータやファイルを消去してしまったら、このサイトを参考にデータ復元にトライしてみませんか?.

次の