ウイイレ 2020 コーナー キック。 【ウイイレ2020】今作もこのコーナーキックは生きていた!まだまだ強いです!my club#4 │ ウイイレ2020 攻略動画

【ウイイレアプリ2020】FP本田圭佑(1/23)レベマ能力!日本のチャンスメイカー!

ウイイレ 2020 コーナー キック

フィジカルコンタクトが強い(レベル最大:96)• アグレッシブネスが99まで成長• 身長も高い とにかくフィジカルが強いです。 アグレッシブネスが99であるため、相手を吹き飛ばしてボールを刈り取ってくれます(笑) スキルは攻撃的サイドバックですが、左サイドバックの守備に不安を抱えている方は起用してみるのもアリかと。 マチュイディ 身長 180cm 利き足 左 プレースタイル ボックストゥボックス 個人的にめちゃくちゃ好きな選手マチュイディ。 CSで当たった時は、喜びを爆発させました。 リアルでは、チームの汗かき役でロナウドの後ろをカバーするなど献身性の高さに惹かれます。 マチュイディの本職はCMFやDMFですが、ポジトレを使えば左サイドバックでも充分に活躍してくれます。 マチュイディを左サイドバックで使う強みは、• 高いアグレッシブネス• ピンポイントクロス持ち• 93まで上がるスピード力 攻守ともにバランスが取れた左サイドバックです。 ロバートソンを使った感じは、どちらかと言えば攻撃を優先した場合に使いたい選手。 確かに守備能力は高いですが、フィジカルコンタクトが低くて、なかなかボールを奪えないんですよね... そこがロバートソンの課題かと。 とはいえ、CSやFPを持っているなら積極的に使うべきだと思います。 やっぱり通常版よりも強いと思いますよ。 アラバ 身長 180cm 利き足 左 プレースタイル 攻撃的サイドバック 偽SBの先駆者ダヴィド・アラバ。 バイエルン時代のペップが、アラバを偽SBで使って更に一段階上に成長した選手です。 ウイイレでのアラバは、ロバートソンと同じような能力です。 守備に関しては目を逸らさなけれならないですが、攻撃センスのポテンシャルはとても高いです。

次の

【ウイイレ2020】おすすめ左サイドバック5選

ウイイレ 2020 コーナー キック

を始めて1ヶ月ちょっとが経ちました チャンネル名はタクNAムチャンネル 検索 してね! 声も・顔も出していない 内容はアプリ 専門に近い そんな僕でも1ヶ月で 登録者数は現在64人まで伸ばすことができた 他からみたら64人?少ないなって思うかもしれない が、を始めてわかったことがある! 朝起きた時にチャンネル登録者が1人でも 増えていると非常に嬉しいのだ! しかし、ふと見た時に1人減っているとショック… 今のモチベーションは64人が見てくれる・期待 してくれていると思って動画作成をしています! これからも頑張ります 目標はまずは100人! 最後まで読んで頂きありがとうございます! では! karisumajitakukeibi ・ 間・スペースで受ける動きは安定のうまさ。 の疲れのせいくないミスもところどころみえた。 後半のエグっ!うまっ!以上! ・古橋 得点者!裏への抜け出し・との相性はやはり抜群!ゴール前まで迫って相手ゴールを脅かしていた。 最後のカウンターの守備では松尾とのスピード勝負は面白かった。 ・前川 さんのの影響でお笑い担当だと思っていた。 後半一美のシュートストップで試合をわからなくした。 あそこで追加点を取られてたら完全に試合は終わっていたと思う。 彼のセーブで流れを変えた。 ・山口 中盤での潰し・サイドでの守備での数的有利を作るカバーの速さがあった。 一美のシュートシーンでは彼が戻っていなかったら余裕を持って撃たれていたと思う。 ・前半は特に引いた相手に対して攻めるのが難しそうだった。 後半・小川が投入されたあたりからスピード感がました。 後半の中盤からが本気を出した感じ。 笑 ・松尾・中山 昨シーズンの柏戦で90分初めてしっかり見て度肝を抜かされた選手の2人。 やっぱりJ1でもスピードとドリブルは通用すると分かった。 特に松尾は西・山口相手に通用していたので夏に海外・他クラブから狙われないか心配だろう。 ・瀬古 得点!特に球際の強さ・手塚との横関係や縦関係を常に意識していてバランスをよく見ていた。 シュートのうまさ・パスのうまさをみせた。 終盤サイドの適性も少しみせユーティリティさをだしていた。 今シーズン注目株になるとみた! ・一美 J1でもボールを収める力は通用していた。 だがそのあとの相手の速いプレッシャーでサイドに展開できるチャンスを潰されていた。 ただそれに慣れたら怖い。 ・マギーニョ 守備時少しCBよりにポジションをとり中のスペースを消しているようにみえた。 思ったより脚が伸びて無理がきく選手だと感じた。 高い位置を取ったに相手が持っていても脚によく当ててにさせていた。 後半は少し体力的にきたのかファールが多くなっていた。 ・中村 前半の走行距離がNO. 1 常に前線やDFラインに顔を出しパスコースを作っていた。 時間を作るプレーや簡単に繋ぐプバの遠藤同様ベテランのうまさをみた。 若手が多いチームのなかでこのうような経験値が高い選手は重要と改めて感じた ・六反 多くのシュートストップをした。 失点シーンも触っていた。 彼ではなかったらもっと失点していたかもしれない。 あとのシュートブロックも六反並に止めていた。 ・前半特に自分たちのやりたいように相手にボールを持たせてとってカウンターで前半は完璧に近いできだと感じた。 後半体力的に落ちてきてに対して強度が弱くなっていた。 あと俊輔がいなくなってからボールの落ち着きがなくなり相手の時間が非常に増えた。 しかしあれだけ後半押されてよく勝ち点を獲得したと思う。

次の

【ウイイレアプリ2020】ギグス(アイコニック)のレベマ能力と評価!マンUの黄金選手!

ウイイレ 2020 コーナー キック

CKの設定 すでにご存じだとは思いますが、CKの設定の確認です。 試合時の設定画面で、攻撃参加する選手の指定ができますが、選んだ選手の順にCKの時に手前から並びます。 こちらの写真の場合は、最初にクリスティアーノロナウドを選んでいるので、ニアにロナウドが立ちます。 続いて、セルヒオラモスを選んでいるので、ニアのロナウドの後ろ(だいたい相手GKの前くらい)に立ちます。 3人目を選んだ場合も同じで、3人目を選んでいればその選手がセルヒオラモスの後ろにきます。 実際のサッカーをやったことがある方はなんとなくわかると思いますが、左利きの場合蹴ると右回転がかかります。 なので、右CKの場合で左利きの選手が蹴ればゴールに向かうような回転がかかるので良いかなという考えです。 左の場合も考え方は同じです。 CKパターン紹介 大きく分けて3つのパターンを紹介します。 マニュアル低弾道CK• ニアそらしCK• ショートコーナーCK 上から順に説明します。 次に、設定(攻撃参加する選手)でニアに立つ選手を決めたので、 カーソルをその選手に合わせます。 カーソルチェンジは、L1+右スティックです。 このように、ロナウドをニアポストに立たせます。 ロナウドをニアに立たせたら、 もう一度L1を押してキッカー目線に変えたらすぐに蹴ります。 ゲージがオレンジ色になっていればマニュアルキック成功です。 さらに、入力が終わったら蹴る前に もう一度L1+右スティックでロナウドにカーソルを合わせてシュートです。 すると、 オーバーヘッドになりましたが、ヘディングでも競り勝ちます。 【おさらい】• ニアに立つ選手にカーソル(L1+右スティック)を合わせて、ニアポストに立たせる• ラインぎりぎりを狙って、L2+左スティック全倒し+ゲージ7割くらいで蹴る• 蹴る直前までにL1+右スティックでニアの選手にカーソルを合わせてシュート 以上です。 なぜマニュアルが強いのかというと、普通の低弾道CKは相手に当たったり、GKがそのままキャッチしておわりになることが多いですが、マニュアルだと相手のAIがバグるようで相手の反応が遅れます。 そして、万が一相手GKの真正面に飛んでもキャッチではなくはじくことがほとんどです。 すんなりゴールが決まらなくてもマニュアルにすることでこぼれ球や事故って得点する可能性が増えるのでおすすめです! カーソルチェンジが重要なので練習してみてください。 体感ですが、低弾道よりも確立が低いので選択肢がない場合に使ってみるのもありかと思います。 すると、選手配置がこのようになるのですが、PKのポイントの少し後ろにモドリッチがいます。 (わかりにくいかもですが) だいたいPKのマークかゴールエリアの角付近を狙って蹴ります。 この時のキックは ただ〇を入力するだけで、他の入力はしません。 ゲージは5割くらいです。 入力が完了したら、すぐにモドリッチにカーソルを合わせます。 (何度も試した結果、スティック右斜め上の入力だと相手GKにとられやすいです) すると、ファーポスト付近にいた見方にボールが渡り、シュートが決まります。 【おさらい】• 十字キー左でラインゴールエリアを選択• PKのマークかゴールエリアの角付近を狙って〇パス。 他の入力は入れない。 ゲージ5割• 蹴るまでにPKマーク付近にいる選手にカーソルを合わせる• ファーポスト付近の選手でシュート ニアとファーで競り勝たないといけないことになるので、もしかしたら可能性はそこまで高くないかもしれませんが、選択肢をすべて切られていたらやってみてもいいかもしれません。 初めて見た人は対応できないかもしれないので。 十字キーで ラインゴールエリアを選択してください。 この時ゲージが弱いとカットされやすいですし、マックスだと思わぬ方向に飛ぶこともあるので、 難しいですがゲージは9割くらいです。 他のCKと違い、蹴る直前にカーソルチェンジなどはしません。 シュートキャンセルが決まるとあっという間に相手を抜けるので、そうしたら 〇でクロスを上げましょう。 【おさらい】• ラインゴールエリアを選択• 縦にシューキャンで抜ける• 〇でクロスを上げて、そのままシュート ここが重要!! だいたい1回、2回は成功しても3回目になると相手も読んできやすいです。 そうしたら、 シュートキャンセルはせず、 ゴールと逆方向を向きましょう。 相手は縦にいくと読んで動き出しているはずなので、完全に逆をついた形ができます。 体勢を変える時に、 R2を押しながらトラップすると体勢が整うのでシュートの精度が増します。 【おさらい】• 縦突破のショートコーナーが読まれていたら、自陣方向にトラップ• 個人的に今一番使っているのは マニュアル低弾道CKです。 これで結構点を取れます。 仮に相手にはじかれて、サイドCKになったら相手が低弾道を警戒してコースを切りにきますが、そうしたらショートコーナーを使うなど駆け引きをすればいいです。 こうして選択肢を増やすことで相手を翻弄できるので、レパートリーを増やしていくと良いと思います。 もしやりかたが言葉ではよくわからなかったという方がいましたら、TwitterにDMください。 直接お伝えします。 では、次回もお楽しみに! レート400から1000まで上げた男 Playername : taro (たろ) ウイイレ5からプレー。 当時のマスターリーグモードをやり込む。 PS3の2011からオンライン参戦。 当時は、レートを気にしないエンジョイ勢。 2013で結婚を機に引退。 が、ウイイレ欲が突如目覚め2019から復帰。 ガチ勢の仲間入りを果たし、レート400から1000へ上げる。 2020でもレート1000達成。 まだまだ進化を続けている。 アーカイブ• 最近の投稿• 最近のコメント アーカイブ• カテゴリー• メタ情報• taroへのお問い合わせはこちら•

次の