移動 式 オービス 通知。 警告看板なし!? 移動式オービスの実態を調査|最新探知器によるテスト結果を発表

移動式オービスは15キロオーバーで光る!?検挙された人にインタビュー

移動 式 オービス 通知

どうもサラリーマンブロガーのtakaです。 今回はドライバーなら誰でも気になる交通取り締まりの話題についてご紹介していきたいと思います。 昨今交通取締で、特に注意すべきは 移動式オービス です。 移動式オービスはその名の通り移動が可能なので国道などの主要幹線道路だけではなく生活道路にも設置され交通取締が実施されるようになってきました。 万が一、自動車を運転中に移動式オービスが光ったら違反速度の通知はいつくるのか、来ない場合はどうするの、通知が来た後はどうしたらいいのか何かと心配になりますよね。 違反する前にオービスで気になるのが『フラッシュの光り方は?』『違反速度は何キロで光るの?』だと思います。 実際に取り締まりを受けたドライバーさんからの体験などにもとづきフラッシュの光り方や違反速度についてご紹介していきます。 移動式オービスによる取り締まりを事前に探知する方法はあるのか、話題の対策アプリの特徴などもあわせて紹介します。 では今回も最後までお付き合い下さい。 ということは高速道路、主要幹線道路だけではなく様々な場所で交通取締が行われ、取り締まり予測が困難となり違反する人も増加するのではないでしょうか。 そこで気になるのが万が一、速度違反してしまい通知が来るまでにどれくらいかかるのか心配になりますよね。 固定式オービスでも移動式オービスでも撮影されてから警察に呼び出される期間は概ね2週間くらいだそうです。 遅くとも1ヶ月以内に通知が糊付けされた葉書で郵送されます。 中には違反後、数日で通知が来たケースもあるそうです。 でも1ヶ月近くも違反通知が来なければ心配にもなりますよね。 また、違反通知が来た後の対応はどうしたらいいのか分らず心配になることもあると思います。 移動式オービス違反速度の通知が来ない場合はどうするの? 違反通知がなかなか来ないケースはオービスの作動時の不具合や違反車両と運転者の関係性についての調査に時間を要したりと色々と警察の事情もあるようです。 でも移動式オービスが光って違反を自覚しているドライバーにとって、通知を待つ期間は不安でいっぱいですよね。 実際にオービスが光った所轄警察に問い合わせたら回答がもらえるのでしょうか? 答えは問い合わせしても『事務手続き中で速度違反の確認ができれば通知書を郵送するので、それまでは待つように』と言われて済まされることが予想されます。 とりあえず警察からの通知を待つしか無いようです。 その期間は違反されたドライバーさんには気が重たい時間ですね。 移動式オービス違反速度の通知が来た後の対応は? 違反通知が来たら、通知書の指示の内容に従い速やかに出頭しましょう。 なかなか出頭に応じないドライバーには警察から郵便や電話で何度も問い合わせがあり、最悪の場合には逮捕される可能性もあるようです。 通知書に従い出頭した場合は警察官により違反した時の画像を見せられて取り調べを受けるようです。 取り調べ時の質問内容は、『速度違反した道は頻繁に運転するのか』『急いでいたかどうか』『この道の制限速度を知っていたかどうか』『何キロ出していたかの確認』などのようです。 警察の取り調べもこちらが1人に対して通常2人で行われるようなので、かなりの緊張を強いられることは間違いないようです。 移動式オービスのフラッシュの光り方と対策アプリを紹介! ついに京丹後署にも移動式オービスが導入され年末に峰山町長岡の小森製作所前で行われました。 細い道や、通学路など、今まで行われなかった場所での取り締まりが可能になりました。 違反すると後で通知が来ます。 気をつけましょう。 — 丹後ブルー SWING ON THE BEACH YURARI&SUNSET HILL💧 TangoNavySeals 移動式オービスになり 今まで取り締まりが行われなかった道でも実施されているようです。 では、その移動式オービスのフラッシュの光り方と何キロで光るのかを詳しくみていきましょう。 おすすめ対策アプリも紹介します。 フラッシュの光り方は色は? 一般的にオービスの光方は強烈な赤いフラッシュが光ったというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか? でもオービスの光にはオレンジの光や青い光、白い光でフラッシュが光ったなどという複数の目撃情報があります。 最近導入が進められている新型の移動式オービスのフラッシュの光り方は 白い光がフラッシュするという目撃情報があり、発光と同時に音が鳴ったという報告もありました。 実際に移動式オービスで取り締まりを受けたドライバーさんのコメントでは『 昼間なのに一瞬フラッシュみたいのを感じ、振り向いたらオービスだと分かりました。 色は白です。 デジカメのフラッシュのようでした。 』という報告がありました。 移動式オービスで気になるのが取り締まり速度ですよね。 一般道路では制限速度プラス30㎞/h、 高速道路では制限速度プラス40㎞/hが一つの目安です。 しかし、実際に違反した人のコメントには移動式オービスが 一般道で15㎞/hの超過で光ったという声もあり、目安を過信しすぎて違反に繋がることが心配されます。 一番は法定速度の遵守が大事なことであり、事故防止にもなります。 このアプリの特徴としては、 リアルタイムで、移動式オービスやネズミ捕りをアプリから投稿し、ユーザー間で共有できる機能があり、他の対策アプリにないサービスがあります。 または 無料でなので、今までのようにお金を出して高い探知レーザーを購入する必要もなく、スマホがあれば誰でも使えるアプリとなっているので大変おすすめです。 普段からよく運転されるドライバーさんはこのアプリを活用してみて損はないと思います。 いかがだったでしょうか? 移動式オービスが光った場合、速度違反の通知がくるのに早くて数日、遅かったら1ヶ月近くかかるようですね。 オービスのフラッシュの光り方は一般的には赤色というイメージがありましたが、複数の発光色があり、中でも移動式オービスは白色の光とフラッシュだったというの目撃情報がありました。 対策アプリ『オービスガイド』は移動式オービスにも対応していてドライバーには心強いアイテムになることは間違いないです。 みなさんも車の運転には十分に気を付けて安全運転で行きましょう!! では次回またブログでお会いしましょう。

次の

高速道路のオービス通知で免停&罰金!?【速度違反と光り方】

移動 式 オービス 通知

神出鬼没!青キップクラスの違反でも光るオービス 小型移動式オービスは、持ち運びしやすく設置も容易です。 警察官の意のままに、どこでも設置、取り締まることができる神出鬼没の新兵器となりました。 さらに、小型移動式オービスは、違反車両のナンバープレートと運転者の両方の撮影を自動で行い、後でまとめて処理される(これまでのオービスの事務処理と同じ)ため、現地で違反車両を止めてキップを切るという作業が不要です。 このため、大量検挙も可能となりました。 さらに、警察官が小型移動式オービスの近くに立ち違反車両の取締りを立ち会っていることから、固定式オービスのように取締り場所の手前で「自動速度違反取締路線」の看板はなく、一発免停とならない青キップレベルの速度違反でも取締りができるようになりました。 これでは、ドライバーが事前に知る手段がありません。 新型小型オービスはレーダー探知機で発見できるのか? レーダー探知機も一部対応機種が販売されていますが、実際の性能がどうのなのか定かではありません。 制限速度遵守、安全運転に努めましょう。 こちらは中型の移動式オービスとなり、トラックでの運送が必要なクラスとなります。 前述2種と比較すると機動力に劣りますが、レーザー式の速度計測を採用し、交通違反の取締り効率を大幅に向上させています。 なぜ、新型小型移動式オービスが採用されたのか? 「生活道路」と言われる道幅の狭い道での事故を減らすために、警察庁は埼玉、岐阜で小型の速度違反自動取り締まり装置(オービス)の運用を始めました。 効果や課題を検証し、のちに全国へ普及していく思考です。 重量約8キロの1人で持ち運び可能のもの、およそ500kgの車で運ぶもの、およそ50kgの道路標識のように支柱を地中に埋め固定するものの3種類の小型オービスがあります。 価格はおよそ1,000万円で、3月末に警察庁が各種類1台ずつ計6台を埼玉、岐阜県警に配備しました。 生活道路は違反車両を止める場所がないので警察官による取り締まりが難しかったのですが、小型オービスなら狭い道広い道にこだわらず車を止める必要がありません。 取り締まりは幹線道路や高速道路のオービスと同じ仕組みで、超過した車の運転席やナンバーを自動撮影し、警察が後日運転者を呼び出して違反切符を切るのです。 持ち運びできるオービスと車で運ぶオービスは事故の発生状況などに応じて設置場所を変えられます。 新型オービスは、どこでも簡単に短時間で設置できることから、神出鬼没のスピード違反取締りとなってしまいます。 「昨日までなかったのに今日現れた!」というケースが続々と出てくると予測されます。 警察側としては、特に一般道でスピード違反者が多い場所であるにも関わらず、オービスの設置スペースが無い場所や、ネズミ捕りをしようにもパトカーや違反者の車を止めるスペースがない場所で取り締まりようがなかったところで今後はできるようになります。 そのような場所は運転者側にしてみれば、心理的にスピードが出しやすい場所となりやすいものです。 スピード違反を取り締まる場所は、往々にして比較的事故のない安全な道路であることが多くなっています。 今後、新型オービスは一般道への設置の普及が進むこととなるでしょう。 これに従い、スピード違反で一発免停となる運転者が続出するのではないかと推測されています。

次の

移動式オービス違反速度の通知はいつくるの?フラッシュの光り方や対策アプリも紹介!

移動 式 オービス 通知

オービスを光らせたら違反切符はいつ来るのか!? 制限速度を守って運転していますか!? 高速道路や大きな幹線道路走行している時に、いきなりパシャと赤い光を浴びせられ、「あぁ、オービスあるの忘れてたぁ」なんて言っても後の祭り です。 違反点数がギリギリの人も、あと数ヶ月でゴールド免許になる予定だった人も、一発免停処分が待っています。 オービスに撮られるなんて、誰もが経験するような事ではないです。 経験したことがある人の方が少ないのではないでしょうか。 しかし、車の運転をしていれば、オービスに撮られてしまう可能性はゼロではありません。 いくらの罰金になるのか!?違反切符はいつ届くのか!?なんて聞かれても、はっきりと説明することができませんよね。 今回はオービスを光らせてしまったときの対処法をご紹介していきたいと思います。 もしもオービスを光らせてしまった場合は、この記事のことを思い出してみてください。 オービスは何キロで光るのか? オービスは何キロで光るんでしょうか。 一般的に言われているのは法定速度に対して、 一般道ではプラス30キロ超過、高速道路ではプラス40キロ超過でで光ります。 一般道にオービスが設置されている道路は、だいたい法定速度60キロが多いので、プラス 30キロ超過となると時速90キロで走っていると光ってしまいます。 3車線以上ある大きな道路で、車の少ない時間帯だと、スピードを出しすぎてしまうことがありますね。 高速道路では、プラス40キロ超過で光るので、時速140キロ以上で光ると思われますが、制限速度が80キロの区間もありますので、私は用心して120キロ以下で走るようにしています。 オービスを光らせると点数は?罰金は? オービスを速度超過で光らせた場合、一般道で30キロ以上オーバー、高速道路で40キロ以上オーバーです。 速度違反で加点される点数は6点以上となってしまいます。 ちなみに6点以上は、一発免停となります。 つまり、 オービスが光れば免停以上になるということです。 また、いわゆる赤キップとなり、簡易裁判所に呼び出され、「数万円」と非常に高額な罰金罰則を言い渡され、罰金を支払わなければなりません。 オービスの違反切符はいつ通知されるのか? オービス違反切符はいつ通知されるのでしょうか。 白バイやパトカーによる取り締まりの場合、その場で切符をもらいますが、オービスの場合は無人ですので、違反切符は後日警察から届くことになります。 しかし、オービスに撮影されても、すぐに警察から通知が来るわけではありません。 早い場合は、2~3日で届くこともあれば、遅い場合だと、1~2カ月かかることもあります。 また、乗っていた車がレンタカーや社有車などの場合は、車の所有者と、運転者の関係を調べる必要があり、同様に時間がかかるので、通知書の発送に遅れが生じます。 では、後の通知がどうなるのか届く順番に説明したいと思います。 0 前方だけではなく、後方も録画できるドライブレコーダーです。 前方だけの録画では不安な時代となっていますので、前後ともに録画できるドライレコーダーであれば、コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015をおすすめします。 前後ともにフルHD200万画素で録画、当然LED信号機にも対応しています。 そして、コムテックは国内最大手のドライブレコーダー製造メーカーなので、保証も安心です。 録画機能以外にも、安全運転支援機能やSDカードが破損している場合に知らせてくれる機能など、安全にドライブを楽しむためのポイントを多く取り入れています。 16GBのmicroSDカードが付属しているのもポイントが高いです。

次の