石田 純一 コロナ ウイルス。 石田純一コロナ感染、沖縄に移動しゴルフ、体調異変後に飛行機利用…医師「批判は不適切」

コロナ感染の石田純一、症状は「熱だけ」一問一答

石田 純一 コロナ ウイルス

新型コロナウイルスに感染した俳優の石田純一が16日、コメンテーターを務める文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! 」に入院中の都内の病院から肉声を寄せた。 収録は15日の夜に、電話で行われた。 石田は症状について「熱だけですかね。 38度8分とか、そんな感じです」と報告。 感染の原因については「いやー正直言うと、ちょっと特定はできないんですけれども」と困惑気味に語った。 14日に病院で診察を受け、すぐにPCR検査を受けた。 「受けさせてくださいって言ったんですけど、具合が悪くて、下を向いてて、何がPCR検査なのかわからなかったですね。 あとでお医者さんの説明を受けまして、残念ながら陽性ということで、これは大変なことだぞと」 入院してまだ2日。 しかし、緊迫した状況が続いている。 「ここの大学病院は非常に静かな感じに見えますけど、中はお医者さんも看護師さんも、夜を徹して働いてくださって本当に頭が下がる思い。 思った以上に自分では元気だと思っても、いったん風邪とかウイルスにかかると、やっぱ歳なんですよね。 だから、あっという間にボロが出てきちゃう。 普段から野菜とか食べ物には気をつけて運動してって思ってましたけど、それでも、すみません、ご迷惑をおかけすることになってしまいました」 石田は66歳。 症状がそれほど重くなくても、急激に悪化する可能性もあるのがこのウイルスの怖さだ。 「急に悪化することもあるといわれているので、こればっかりはどうなるかはわかりませんが、先生は『絶対治してみせるから』っておっしゃってくださいまして、ありがたい」と石田は感謝した。 最後にリスナーに「皆さん、どうぞ油断せずに。 油断してかかるとか、そういうものではないですけれども、もう、やっぱり気をつけて気をつけて、それでもなおかつ、もう1回気をつけて一緒に乗り切れられたらいいなと思います。 またお会いできたらいいなと思います」と呼び掛けた。 また、妻でプロゴルファーの東尾理子もコメントを寄せ、「昨日のインタビューでは元気そうに聞こえたかもしれないけども、今日は息苦しさや頭痛が増していて、心配な状態が続いている」と明かした。 (ENCOUNT編集部).

次の

石田純一コロナ感染経路特定!あのゴルフ場だった!?

石田 純一 コロナ ウイルス

石田が感染したとみられるのは4月5日に北関東で開催されたゴルフコンペ。 企業社長ら8人とコースを回った後に、女性複数が合流しての会食が行われたという。 その参加女性に「陽性反応」が出ていたことを受けての発言だった。 「もちろん、ほかの経路から感染した可能性はありますが、 そもそもコンペや食事会に参加しなければよかっただけの話。 それでも翌年、彼は報道番組のメインキャスターに抜擢されたのだった。 石田さんは仕事のない日が約3年間ほど続き、借金は8000万円に膨れ上がったといいます」(ワイドショースタッフ) その後も「ニセ有栖川事件」に巻き込まれたりしながらも、2000年代半ばごろからはバラエティ番組でバブルキャラがブレイク。 再び仕事を軌道に乗せていった。 3人の子どもを授かった石田だが、2017年には自身のコラムで、 《手間がかかることもあって、僕は3人目に必ずしも積極的ではなかった》 と、またもや余計なひと言でネットを炎上させていた。 なぜか企業系イベントに呼ばれ続け、2017年末には沖縄県那覇市に韓国料理店をオープンさせる。 件(くだん)の出張先だ。 「テレビ局の取材や、芸能人の来店も多い人気店です。 周年記念などのイベント時には石田さんもマメに顔を出して、お客さんと握手したり、記念撮影などのサービスをしていますよ。 コロナでお店が心配だったのでしょうが、結果的に評判を下げてしまうのでは?」(ローカル局ディレクター) その韓国料理店は4月13日から《新型コロナウイルス感染拡大の観点から》として、今も臨時休業が続いている。 今回ばかりは、普通ならば芸能人生命が絶たれるほどのピンチに思える。 彼と一度でも付き合えばわかるんですが、今回のようによくポカをしますが(笑)、根はいい人なんですよ。 普段から男性や女性、職業や容姿に関係なく人に対して分け隔てなくやさしく、よくしているので周りには自然と人が集まります。 加えて、何度か起業しているようにビジネスには敏感で、その筋での人脈も幅広いんですね。

次の

石田純一、新型コロナ感染に「勘弁して」発言で窮地もそれでも蘇るであろう生命力

石田 純一 コロナ ウイルス

鼻に管を入れて辛そうな表情でベッドに横たわる石田(東尾理子のブログより) 15日に新型コロナウイルスの感染が確認された俳優、石田純一(66)の病状が悪化していることが16日、分かった。 複数の関係者が「頭が割れるように痛いと訴えている。 集中治療室に入る一歩手前」と説明した。 石田はこの日、文化放送「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜後3・30)で事前収録した肉声コメントを流し、病状を報告。 妻でプロゴルファーの東尾理子(44)もコメントを寄せ「心配な状態が続いている」と証言した。 世界中で猛威を振るうウイルスと石田が壮絶な闘いを繰り広げていた。 番組では石田が陽性判明後の15日夕方に病床から電話で応じた音声を公開。 石田は「熱だけですね。 今のところやはり高めで38・8度とか」と弱々しい声で報告したが、妻の理子はこの日の夫の様子について「きょう(16日)は息苦しさや頭痛も増していて心配な状態が続いている」とコメントを寄せ、病状が悪化していることを明かした。 複数の関係者によると、石田は新型コロナウイルスに感染した当初、軽症とみられていたが、現在の体調は良くなく、ある関係者は「集中治療室の一歩手前」と明かす。 別の関係者は「電話で話すことはできるが、辛そうで『体がだるくて頭が割れるように痛い』と言っていた」と証言。 本人と話をしても声が弱々しく息苦しそうで会話も途切れ途切れという。 所属事務所は、石田の体調について「現在の症状は聞けていない。 ただ、14日は電話でやり取りができていたが、15日は全くできない状態だった」と説明した。 また、同事務所は石田のブログを通じ、前日に明かした石田の感染までの時系列に誤りがあったと訂正。 石田が経営する冷麺店のコロナ禍による影響を把握するため10日に沖縄へ向かったことはすでに報告していたが、11日朝にホテル内のレストランで食事後、仕事関係者とゴルフへ行き、プレー中に体のだるさを感じたことなどを追加した。 11日以降は毎朝検温していたが、発熱や咳の症状はなかったとした。 関係者によると、同冷麺店は3月まで順調だったが、4月に入って急激に売り上げが落ち込んだため、視察に行った。 本人は「こんなこと(=感染)になって…」と後悔していたという。 石田は番組で、医師や看護師に感謝を伝えた上で、「皆さん、どうぞ油断せずに、気をつけて、気をつけて、それでもなおかつもう1回気をつけて、一緒に乗り越えられたらと思います」とメッセージ。 病に打ち勝つことを力強く誓った。 テレビ東京系「石田純一のサンデーゴルフ」やJFN「石田純一のNo Socks J Life」などは、今後は収録分で対応する。 義父でプロ野球・西武元監督の東尾修氏(69)と出演し、20日に放送予定だったBS-TBS「神泡探訪記」は過去の番組と差し替えて放送。

次の