フレンチブルドッグ 寿命。 フレブルの寿命

寿命が短いって本当?フレンチブルドッグがかかりやすい病気について

フレンチブルドッグ 寿命

フレンチ・ブルドッグは皮膚疾患(アトピー性皮膚炎等)などにかなりやすい犬種です。 アトピー性皮膚炎などの場合には食べ物やノミなど原因を特定してそれを排除しましょう。 (品質の低いドッグフードによってアレルギー体質になる場合もあります。 ) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)という、まぶたが内側に曲がりこんだ状態にもなりやすい犬種でもあります。 原因は遺伝による場合が多く、生後すぐに発症する場合もあります。 発症をした場合には内反矯正手術を受けたり、まつ毛を抜いたりする治療法があります。 予防はできませんが、小さいうちから気にしてあげましょう。 また、食いしん坊な犬種なので食べ過ぎないように注意し、万病の元である肥満には十分気を付ける必要があります。 あなたのフレンチ・ブルドッグ犬のライフステージ フレンチ・ブルドッグ犬の寿命を人間の寿命の80歳にあてた場合のライフステージの表が下記となります。 あなたの愛犬が今人生のどのぐらいのステージなのかを確認するのに参考にしてみてくださいね。 3を実年齢にかけているだけですので、実際のフレンチ・ブルドッグの精神年齢や犬年齢とは異なりますのでご注意ください。 フレンチ・ブルドッグ犬の実年齢 人間に当てはめた年齢 ライフステージ 6ヶ月 4歳 幼児期 1歳 7歳 少年期 2歳 15歳 少年期 3歳 22歳 青年期 4歳 29歳 壮年期 5歳 28歳 壮年期 6歳 37歳 壮年期 7歳 51歳 中年期 8歳 58歳 中年期 9歳 66歳 老年期前半 10歳 73歳 老年期前半 11歳(寿命年齢) 80歳(寿命年齢) 老年期後半 12歳 88歳 老年期後半 13歳 95歳 老年期後半 14歳 102歳 老年期後半 15歳 110歳 老年期後半 16歳 117歳 老年期後半 17歳 124歳 老年期後半 18歳 131歳 老年期後半 19歳 139歳 老年期後半 20歳 146歳 老年期後半.

次の

ブルドッグの平均・最高寿命は?短い?長生きのコツや飼い方を紹介!

フレンチブルドッグ 寿命

photo by ワンちゃんの平均寿命は、獣医療の発展と食生活の変化により飛躍的に伸びているといわれています。 1983年頃のワンちゃんの平均寿命は8歳以下とされてきましたが、今では平均寿命が10~13歳ぐらいまで生きることが一般的となってきました。 特に小型犬は大型犬よりも寿命が長いといわれ、15歳ぐらいまで生きるとされています。 小型犬に含まれるフレンチブルドッグは、平均寿命が10~14歳ぐらいといわれていますので、他の小型犬よりも短命です。 その原因の1つとしてはマズル(口のまわりから鼻先にかけての部分)が短いため、呼吸器系の病気を患いやすいからです。 とはいえ、最高20歳まで生きたフレンチブルドッグも存在しますので、日頃から健康管理に気を付けていれば平均寿命よりも長く一緒に暮らせるかもしれません。 フレンチブルドッグがかかりやすい病気ってあるの? 命に関わる病気があることも念頭にいれて フレンチブルドッグは、他の犬種に比べてかかりやすい病気がいくつもあります。 それらの病気の内容や原因などを事前に知っておくことで、いざというときに迅速な対処を取ることができます。 ぜひこの機会に覚えておいてください。 頭や鼻の構造上から熱い日の気候や興奮時などに呼吸器の病気が多発します。 この病気の総称として『短頭種気道症候群』と呼ばれています。 【症状】 ・咳 ・いびき、呼吸困難 ・えずき ・運動をすることに嫌がる ・失神 など 【予防対策】 短毛種のワンちゃんは肥満になると、呼吸不全のリスクが高まります。 そのため、きちんと体重管理を行いながら肥満にならないよう気を付けましょう。 また短毛種にとって暑さは天敵ですので、温度調整にも気を付けてください。 この体液が貯溜してクッションの役割をすることで本来脳は守られています。 その体液が頭蓋骨の中に過剰にたまり脳を圧迫することで様々な症状が出てくる病気のことを『水頭症』といいます。 【症状】 ・元気がなく、疲れやすい ・意識障害や不全麻痺 ・神経障害 ・斜視(両目の視線が正しく定まらないこと) ・けいれん ・運動障害 など 【予防対策】 早期発見、早期治療が何よりも大切です。 上記の症状が見られたり、少しでもいつもと様子がおかしいなと感じたりしたら動物病院で検査を受けてください。 角膜や結膜に傷が付いたり、目ヤニが出たりしたりするのがまさに『眼瞼内反症』の症状の1つでしょう。 また、外側にめくれている状態のことを『眼瞼外反症』といいます。 どちらも、角膜や結膜が傷つけられて炎症が起こるときに患う症状です。 フレンチブルドッグの場合、生まれつきこの症状が起こることもあります。 また、皮膚線の分泌も活発なため皮膚トラブルに見舞われやすく、抜け毛の原因にも繋がります。 特にフレンチブルドッグが皮膚トラブルに合いやすい病気として『アレルギー性皮膚炎』『膿皮症(のうひしょう)』『マラセチア皮膚炎』などがあります。 【症状】 ・体をよくかいている ・皮膚が赤い ・毛が固まってよく抜ける ・毛艶が悪い ・肌が弱い など 【予防対策】 皮膚病の原因は多岐に渡るため一概にはいえませんが、常に清潔な状態を保つこと、食生活にもこだわりストレスをかけないようにしてください。

次の

フレンチブルドッグの飼い方・性格・毛色・しつけ・散歩・寿命・価格

フレンチブルドッグ 寿命

ぺちゃ鼻がかわいい!フレンチブルドッグの特徴と飼い方 ペチャっとしたお鼻がとてもかわいいフレンチブルドッグ。 その際立った見た目と特徴から非常に人気のある犬種ですが、他の犬にはあい病気にかかりやすかったりとペットとして飼う場合は注意点も多々あります。 今回はフレンチブルドッグがどういった種類の犬なのか、飼育の際の注意点は何か、など徹底的にご紹介します! 【目次】 フレンチブルドッグの特徴 フレンチブルドッグの見た目の特徴は大きなコウモリのようなの耳、角ばった頭部、くりっとした目、筋肉質で引き締まった体をしていることです。 全体的にがっちりした体型で、特に首から胸にかけて特に太くなっており、骨の量が多い事もフレンチブルドッグの特徴と言えます。 シッポは生まれつき短くなっており、くるっとしたスクリューテイルになっていますが、ふとんど振ることはできません。 フレンチブルドッグの最大の特徴は、ペチャっとつぶれた短い鼻です。 ライオンのように見えることからしし顔と呼ばれたりします。 また、下顎が前にでており額に深いシワがあります。 ペチャっとした鼻とあわせて大変愛嬌のある顔をしています。 短い鼻のせいかフレンチブルドッグはブヒブヒをいった音を発する癖があります。 そのせいか、愛好家には「ブヒ」という名前で親しまれているくらいです。 フレンチブルドッグの被毛 フレンチブルドッグの毛並みは短く、やわらかでつややかな光沢があります。 季節ごとに毛が生え変わり、抜け毛が非常に多いです。 カラーは大きく分けてフォーン、クリーム、ブリンドル、バイドの4種類です。 フォーン 茶系がベースの色で、明るい色からレッド系まで濃淡はさまざまで、個性的な色合いでもあります。 クリーム クリーム色の単色。 非常に人気のある毛色なので入手が困難と言われています。 ブリンドル 基本的にブラックベースで、褐色系やホワイトなどが混じっているタイプです。 タイガーブリンドル、ブラックブリンドルなど、色の合わせ方によって呼び方が少し変わります。 パイド ホワイトをベースに色が入る毛色。 差し色はブリンドルかフォーンであることが必須です。 個体によって絶対に模様が違い、同じ模様をしているブルドッグは一体たりともいません。 クリームと同じく人気のある毛色で入手が困難だと言われています。 4種類の毛色のフレンチブルドッグを紹介しました。 白系の色がはいったフレンチブルドッグが人気なので、比較的高価で入手困難になる傾向があるようです。 フレンチブルドッグの2つのタイプ 後述もしますが、フレンチブルドッグは元来フランスの犬種で、そこからアメリカに渡って品種改良されました。 いまではそこまで大きな差はないのですが、ヨーロッパタイプとアメリカタイプで分類することができます。 アメリカタイプ 筋肉質というよりコロコロした丸い体型をしています。 顔も丸く目も大きいで大きいです。 比較的陽気な性格をしており、とても人懐こいです。 クリーム色の犬種が多めになっています。 ヨーロッパタイプ アメリカタイプより筋肉質で体もガッチリしています。 性格は基本的に陽気なのですが、アメリカタイプにくらべると比較的慎重です。 ブリンドル色の犬種が多めになっています。 フレンチブルドッグってって怖くないの? よくありがちな疑問です。 フレンチブルドッグと名がついているので、ブルドッグを思い浮かべて想像してしまいそうですが、フレンチブルドッグは行動や仕草で飼い主さんを愛し、楽しませてくれる陽気な犬種です。 フレンチブルドッグの最大の特徴は、起源とされる戦闘犬ブルドッグとは正反対であることです。 ブルドッグの繁殖課程で生まれた小型で、立ち耳、朗らかな性格の犬で、さらに改良を重ねられ、最終的には家族犬として地位を確立しました。 イングリッシュブルドッグに、テリアやパグなどを掛け合わせてフレンチブルドッグが出来上がったのです。 明るい性格の持ち主ですが、知らない人にいは警戒心を抱くので、番犬としても向いています。 小さいながらに食欲旺盛。 暑さがちょっと苦手なフレンチブルドッグです。 フレンチブルドッグの歴史・起源 名前通り、フランス原産の犬種でブルドッグから派生した犬です。 ブルドッグから派生しているので、祖先犬は同じくエピロスやローマ帝国のモロシア犬になります。 フレンチブルドッグの元となったブルドッグじゃ諸説ありますが、1850年ごろイギリスからフランスに持ち出されたブルドッグであるとされています。 もともとブルドッグの繁殖課程で誕生し、その性格の優しさから戦闘犬には向きませんでした。 フランスへ渡り1835年に戦闘犬が禁止された事によって、存続のために小型化され荒々しい性格を取り除かれていったのです。 この時にネズミ取り用に飼育されていたフレンチブルドッグでしたが、その愛くるしい風貌に上流階級の女性の人気に火がつきました。 フレンチブルドッグの耳は、当初は垂れ耳と立ち耳両方ありました。 この頃にはアメリカにも持ち帰られて繁殖がはじまっていたフレンチブルドッグはアメリカでは立ち耳のほうが人気、ヨーロッパでは垂れ耳のほうが人気でした。 どちらの耳がフレンチブルドッグとして正しいかといった論争が日々行われておりましたが、1900年頃に行われたアメリカのフレンチブルドッグショーで立ち耳のフレンチブルドッグが観客を虜にしたのが決定打になりました。 その結果、最終的にはコウモリタイプのピンと立った耳が標準になり、その見た目はフレンチブルドッグとして象徴的なものとなっています。 前述のようにフレンチブルドッグにアメリカタイプとヨーロッパタイプがあるのは、この頃のなごりですね。 日本へは大正時代に輸入され始め、一時はフレンチブルドッグがたくさんの家庭で飼われていました。 ブームと共に一時期その姿は見かけなくなりましたが、性格の陽気さ、サイズなどから近年また人気が上がっている犬種です。 フレンチブルドッグの性格 強面の顔をしているかと思えば、よ~くみるとおどけたかのような顔が特徴的でかわいらしいフレンチブルドッグ。 とっても活発でおおらか、陽気な性格をしており飼い主さんと遊ぶのが大好きな犬種です。 どすっと大きく見える体でも動きは俊敏。 無駄吠えも少なく、むやみに走り回るタイプではないので、室内でも飼えます。 鼻が短いせいか、いびきをかくことは多少ありますが気にならない程度です。 とても甘えん坊で、飼い主さんに抱かれたり、一緒にお昼寝などをすることに幸せを感じるフレンチブルドッグ。 子どもがいる家庭でも、お年寄りの家でも、たくさんの時間を一緒にいてあげる事が好ましいとされています。 温厚な性格ですが、交配のために混ざったテリアや牛追い犬の血が混ざっている為、怒ると噛み付く性格の子もいます。 陽気で穏やか、友好的な性格の子もいれば、少し荒っぽい性格の子もいます。 またしっぽが短い犬種ですが、フレンチブルドッグの尻尾はほとんどふることができません。 では、フレンチブルドッグの感情はどこで読み取れるか? その秘密はあの大きい耳にあります。 嬉しい時は顔を小刻みに振るわせ耳を倒し、訴える時は大きな耳を前後に動かしたりして注意を求めています。 寂しい時や怖い時は体を縮め、耳を頭の後ろへ貼り付けたようにくっつけ体全体で感情を表しています。 フレンチブルドッグの飼育環境 フレンチブルドッグは気温の変化に上手く対応でません。 皮膚病にかかりやすいので、こまめにシワの間をふいてあげるなど手間をかけてあげましょう。 垢や汚れが溜まったまま不潔にしていると、細菌感染をおこしたりして、愛犬も飼い主さんも困ってしまいます。 柔らかい綿棒などで優しくふいてあげると良いでしょう。 フレンチブルドッグは、小さい体でたくさん食べてしまうので、肥満に気をつけて健康管理を行ないましょう。 太りすぎると、呼吸が苦しくなったりします。 適度な運度をさせ、呼吸が苦しくならない程度で止める事もフレンチブルドッグを飼うに当たって頭に入れておきたい事です。 また、フレンチブルドッグは帝王切開で出産をする事が多いのはご存知でしょうか。 仔犬の頭部が大きすぎて、母親の骨盤を通過する事が困難な為、切開して出産する事がほとんどです。 自然分娩もありますが、母親の体力が長期戦になるため注意が必要となります。 また、仔犬にも負担がかかるため、致死率が高くなり、フレンチブルドッグ(ブルドッグなども)は帝王切開が主流となっています。 それゆえ、切開手術費用、出産のリスクが背景にあるため相場も上がってしまうのが現状です。 母子共の安全をまもるゆえの手術となります。 季節ごとに生えかわるので、いつもよりブラッシングをこまめにかけてあげましょう。 短毛なので、そこまで丁寧にやる必要はなく適度にやってあげるだけで十分です。 毎日やってあげると、フレンチブルドッグの血行をよくできるので、できるだけ毎日ブラッシングしてあげましょう。 また、フレンチブルドッグはこまめなシャンプーが必要です。 2週間に1回程度はシャンプーをしてあげましょう。 フレンチブルドッグの寿命 フレンチブルドッグの平均寿命は9歳~11歳前後です。 フレンチブルドッグは、他の犬種に比べてやや短命な犬種です。 もちろん飼育の仕方によってはフレンチブルドッグはちゃんと長生きする犬種です。 そのためには特に食事と温度管理には気をつけましょう。 太りやすい犬種ですので、かわいいからと言ってたくさん食べ物を与えるのは気をつけましょう。 太りすぎは寿命を縮めます。 また、鼻の低い犬種は熱をうまく逃がせない特徴があります。 フレンチブルドッグは例にもれず熱を逃がすのが苦手です。 熱中症にかからないようにフレンチブルドッグを飼う環境の温度管理はしっかりしてあげましょう。 フレンチブルドッグの値段 平均価格は15万~25万円程度ですが、人気のある色や、血統書つきとなると金額が上がったり、仔犬の体格によって値段が上がったり下がったりします。 どの犬を購入する時も同じですが、あまりに値段が安い場合は何か問題が無いが調べましょう。 金額設定は以下の条件が元で決められます。 出身地、育てられた環境、毛色、大きさ、体格、血統付き、親がドッグショーなどで入賞しているなどさまざまな理由があります。 安い=悪いではないことも覚えておきましょう。 中にはお金儲けの為だけではないブリーダーさんもいます。 ブリーダーさんの評判を調べたり、知人を通して探したりする事で、健康的で問題の無い仔犬をブリーダーさんから買うのも一つの手です。 ペットショップでの購入は手数料や利益を上乗せして表示してあるので、ブリーダーさんから購入するより値段が少し上がる場合があります。 フレンチブルドッグ購入時のチェックポイント フレンチブルドッグを購入する際は以下のことに気をつけると良いでしょう。 血統書持ちかどうか 当たり前ですが、血統書があるフレンチブルドッグを選ばないと、ちゃんとフレンチブルドッグを選べたか判断できないので、血統書があるものを選びましょう。 親犬の性格や体格 フレンチブルドッグは親犬の性格や体格を引き継ぐ性質があります。 飼いたい性格や体格が決まっている場合は、親犬がどうだったか聞くのも有効です。 色素がしっかりしているかどうか 黒目の部分や鼻の黒さがしっかりした個体を選びましょう。 黒の色素がくすんでいる個体は疾患をもっている可能性があります。 しっかりした体格 しっかりした筋肉質な体格はフレンチブルドッグの特徴です。 体格がしっかりしていないということは、先天的に疾患をもっている場合があるので気をつけましょう。 フレンチブルドッグのかかりやすい病気 フレンチブルドッグは、基本的に丈夫な犬ですが、短頭種(鼻が短く口腔面積が狭い、目が飛び出している、しわがおおい)特有のしわが多いため引き起こる病気などがあります。 特に以下のような病気には要注意です。 アトピー性皮膚炎 フレンチブルドッグのアトピー性皮膚炎は、ノミやダニ、ホコリ等の環境が原因で起こる皮膚炎です。 環境が原因なので完治は難しく、環境を変えて対応してあげるのが一番です。 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう:犬の瞼が内側に巻き込むことによって発生する、いわゆる逆まつげ状態) フレンチブルドッグは眼瞼内反症がよく起こる犬種です。 眼瞼内反症が原因で角膜炎などを起こし、更に重症になることがあります。 フレンチブルドッグが目を気にする仕草を多くとるようになったら気をつけてあげる必要があるでしょう。 股関節形成不全 股関節がうまく噛み合わないことで、骨がずれてしまうことをいいます。 これが原因で脱臼になったり、関節炎をおこしたりします。 フレンチブルドッグの歩き方が変だったりする場合は、まずは股関節形成不全を疑いましょう。 乳腺腫瘍 6歳以上のメスのフレンチブルドッグによく見られます。 乳首の近くにちいさなしこりができることをいいます。 放置するとリンパ腺に転移して炎症したりするので、しこりが見られた場合はすぐにかかりつけの獣医さんに診てもらいましょう。 肥満細胞腫 明らかに不自然な膨らみがみえることを言います。 下半身に近ければ近いほど悪性の可能性があり、処置の必要があります。 食欲不全、嘔吐、下痢などの症状が見られた場合はこの症状を疑いましょう。 異物の誤飲 こちらは病気ではありませんが、フレンチブルドッグによくおこることなので紹介します。 フレンチブルドッグは好奇心旺盛で食欲も旺盛な犬種です。 色々なものを食べてしまう傾向があるため、食べてはいけないものを食べて喉や腸につまらせてしまうことがあります。 できるだけフレンチブルドッグの周りには口に入れられるようなおもちゃなどは置かないようにしましょう。 いかがでしたか?フレンチブルドッグは病気にかなりきをつけなければいけない犬種です。 フレンチブルドッグの異変に気がついたらすぐにかかりつけの獣医さんに診てもらいましょう。 フレンチブルドッグ基本データのまとめ 原産国:フランス 値段:15万~25万円 毛色:パイド、ブリンドル、クリーム、フォーン 寿命:9歳~11歳 体高:23cm~31cm 体重:10kg~13kg(8kg~14kg) 特徴:大きなコウモリ耳と、強面にみえておどけた顔。 性格:活発で朗らか、陽気で甘えん坊。 かかりやすい病気:アトピー性皮膚炎、眼瞼内反症、股関節形成不全、乳腺腫瘍、肥満細胞種 大変な事もありますが、フレンチブルドッグのいいところはたくさんあります。 ペチャ顔ですが、何度見ても愛くるしいフレンチブルドッグ。 大きな耳で飼い主さんへの愛情を教えてくれます。 健康でかわいいフレンチブルドッグと新たな生活をはじめてみませんか?.

次の