ヒラギノ 丸 ゴ。 ヒラギノ丸ゴ Pro W4【おすすめフォント】

ヒラギノ丸ゴ Pro W4【おすすめフォント】

ヒラギノ 丸 ゴ

モリサワフォント改訂書体一覧 改訂フォント名 改訂前バージョン 改訂後バージョン AP-OTF A1ゴシック StdN L 1. 006 2. 000 AP-OTF A1ゴシック StdN R 1. 006 2. 000 AP-OTF A1ゴシック StdN M 1. 006 2. 000 AP-OTF A1ゴシック StdN B 1. 007 2. 000 AP-OTF きざはし金陵 StdN M 1. 004 2. 000 AP-OTF きざはし金陵 StdN B 1. 005 2. 000 AP-OTF 黒曜 StdN H 1. 003 2. 000 AP-OTF 秀英にじみ明朝 StdN L 1. 004 2. 000 AP-OTF 秀英横太明朝 StdN M 1. 002 2. 000 AP-OTF 秀英横太明朝 StdN B 1. 002 2. 000 AP-OTF 秀英丸ゴシック StdN L 1. 004 2. 000 AP-OTF 秀英丸ゴシック StdN B 1. 004 2. 000 AP-OTF 秀英明朝 Pr6N L 1. 001 2. 000 AP-OTF 秀英明朝 Pr6N M 1. 001 2. 000 AP-OTF 秀英明朝 Pr6N B 1. 001 2. 000 AP-OTF みちくさ StdN R 1. 021 2. 000 AP-OTF うたよみ StdN M 1. 004 2. 000 AP-OTF 秀英角ゴシック金 StdN L 1. 002 2. 000 AP-OTF 秀英角ゴシック金 StdN M 1. 002 2. 000 AP-OTF 秀英角ゴシック金 StdN B 1. 002 2. 000 AP-OTF 秀英角ゴシック銀 StdN L 1. 003 2. 000 AP-OTF 秀英角ゴシック銀 StdN M 1. 003 2. 000 AP-OTF 秀英角ゴシック銀 StdN B 1. 003 2. 000 AP-OTF 凸版文久見出ゴ StdN EB 1. 000 2. 000 AP-OTF 錦麗行書 StdN Reg 1. 006 2. 000 AP-OTF はせ筆 StdN R 1. 005 2. 000 AP-OTF 凸版文久ゴ Pr6N R 1. 005 2. 000 AP-OTF 凸版文久ゴ Pr6N DB 1. 000 2. 000 AP-OTF はせミン StdN R 1. 008 2. 000 AP-OTF はせミン StdN M 1. 008 2. 000 AP-OTF はせミン StdN B 1. 008 2. 000 AP-OTF 凸版文久見出明 StdN EB 1. 001 2. 000 AP-OTF 凸版文久明朝 Pr6N R 1. 004 2. 000 AP-OTF かもめ龍爪 StdN M 1. 002 2. 000 AP-OTF さくらぎ蛍雪 StdN M 1. 002 2. 000 AP-OTF しまなみ StdN R 1. 001 2. 000 AP-OTF 秀英にじみ丸ゴ StdN B 1. 002 2. 000 UD新ゴ 標準繁体字 R 1. 002 1. 003 UD新ゴ 標準繁体字 M 1. 002 1. 003 UD新ゴ 標準繁体字 DB 1. 002 1. 003 UD新ゴ 標準繁体字 B 1. 002 1. 003 MO UD新ゴ 簡体字 R 1. 014 1. 015 MO UD新ゴ 簡体字 M 1. 010 1. 011 MO UD新ゴ 簡体字 DB 1. 010 1. 011 MO UD新ゴ 簡体字 B 1. 012 1. 013 ヒラギノフォント改訂書体一覧 改訂フォント名 改訂前バージョン 改訂後バージョン ヒラギノ明朝 StdN W2 8. 00 8. 16 ヒラギノ明朝 StdN W3 8. 00 8. 16 ヒラギノ明朝 StdN W4 8. 00 8. 16 ヒラギノ明朝 StdN W5 8. 02 8. 16 ヒラギノ明朝 StdN W6 8. 00 8. 16 ヒラギノ明朝 StdN W7 8. 01 8. 16 ヒラギノ明朝 StdN W8 8. 00 8. 16 ヒラギノ明朝 ProN W2 8. 10 8. 16 ヒラギノ明朝 ProN W3 8. 10 8. 16 ヒラギノ明朝 ProN W6 8. 10 8. 16 ヒラギノ明朝 Pr6N W3 9. 00 9. 06 ヒラギノ明朝 Pr6N W6 9. 00 9. 06 ヒラギノ角ゴ StdN W0 8. 20 8. 26 ヒラギノ角ゴ StdN W1 8. 00 8. 16 ヒラギノ角ゴ StdN W2 8. 00 8. 16 ヒラギノ角ゴ StdN W3 8. 00 8. 16 ヒラギノ角ゴ StdN W4 8. 00 8. 16 ヒラギノ角ゴ StdN W5 8. 01 8. 16 ヒラギノ角ゴ StdN W6 8. 00 8. 16 ヒラギノ角ゴ StdN W7 8. 00 8. 16 ヒラギノ角ゴ StdN W8 8. 10 8. 16 ヒラギノ角ゴ StdN W9 8. 01 8. 16 ヒラギノ角ゴ ProN W1 8. 20 8. 26 ヒラギノ角ゴ ProN W2 8. 20 8. 26 ヒラギノ角ゴ ProN W3 8. 10 8. 16 ヒラギノ角ゴ ProN W4 8. 20 8. 26 ヒラギノ角ゴ ProN W5 8. 21 8. 26 ヒラギノ角ゴ ProN W6 8. 10 8. 16 ヒラギノ角ゴ Pr6N W3 9. 00 9. 06 ヒラギノ角ゴ Pr6N W6 9. 00 9. 06 ヒラギノ丸ゴ StdN W2 8. 00 8. 16 ヒラギノ丸ゴ StdN W3 8. 00 8. 16 ヒラギノ丸ゴ StdN W4 8. 00 8. 16 ヒラギノ丸ゴ StdN W5 8. 00 8. 16 ヒラギノ丸ゴ StdN W6 8. 01 8. 16 ヒラギノ丸ゴ StdN W8 8. 00 8. 16 ヒラギノ丸ゴ ProN W4 8. 10 8. 16 ヒラギノ丸ゴ Pr6N W4 9. 00 9. 06 ヒラギノ行書 StdN W4 8. 00 8. 15 ヒラギノ行書 StdN W8 8. 01 8. 15 ヒラギノ角ゴ オールド StdN W6 8. 00 8. 16 ヒラギノ角ゴ オールド StdN W7 8. 00 8. 16 ヒラギノ角ゴ オールド StdN W8 8. 00 8. 16 ヒラギノ角ゴ オールド StdN W9 8. 00 8. 16 こぶりなゴシック StdN W1 8. 01 8. 16 こぶりなゴシック StdN W3 8. 01 8. 16 こぶりなゴシック StdN W6 8. 00 8. 16 ヒラギノUD明朝 StdN W4 8. 00 8. 16 ヒラギノUD明朝 StdN W6 8. 00 8. 16 ヒラギノUD角ゴ StdN W3 8. 00 8. 16 ヒラギノUD角ゴ StdN W4 8. 00 8. 16 ヒラギノUD角ゴ StdN W5 8. 00 8. 16 ヒラギノUD角ゴ StdN W6 8. 00 8. 16 ヒラギノUD角ゴF StdN W3 8. 00 8. 16 ヒラギノUD角ゴF StdN W4 8. 00 8. 16 ヒラギノUD角ゴF StdN W5 8. 01 8. 16 ヒラギノUD角ゴF StdN W6 8. 00 8. 16 ヒラギノUD丸ゴ StdN W3 8. 00 8. 16 ヒラギノUD丸ゴ StdN W4 8. 00 8. 16 ヒラギノUD丸ゴ StdN W5 8. 00 8. 16 ヒラギノUD丸ゴ StdN W6 8. 00 8. 16 ヒラギノ明朝 Std W2 7. 13 7. 14 ヒラギノ明朝 Std W3 7. 13 7. 14 ヒラギノ明朝 Std W4 7. 13 7. 14 ヒラギノ明朝 Std W5 7. 16 7. 17 ヒラギノ明朝 Std W6 7. 13 7. 14 ヒラギノ明朝 Std W7 7. 11 7. 12 ヒラギノ明朝 Std W8 7. 10 7. 11 ヒラギノ明朝 Pro W2 7. 11 7. 12 ヒラギノ明朝 Pro W3 7. 11 7. 12 ヒラギノ明朝 Pro W6 7. 11 7. 12 ヒラギノ明朝 Upr W3 9. 00 9. 01 ヒラギノ明朝 Upr W6 9. 00 9. 01 ヒラギノ角ゴ Std W0 7. 10 7. 11 ヒラギノ角ゴ Std W1 7. 10 7. 11 ヒラギノ角ゴ Std W2 7. 10 7. 11 ヒラギノ角ゴ Std W3 7. 13 7. 14 ヒラギノ角ゴ Std W4 7. 13 7. 14 ヒラギノ角ゴ Std W5 7. 14 7. 15 ヒラギノ角ゴ Std W6 7. 13 7. 14 ヒラギノ角ゴ Std W7 7. 10 7. 11 ヒラギノ角ゴ Std W8 7. 10 7. 11 ヒラギノ角ゴ Std W9 7. 14 7. 15 ヒラギノ角ゴ Pro W3 7. 11 7. 12 ヒラギノ角ゴ Pro W6 7. 11 7. 12 ヒラギノ角ゴ Upr W3 9. 00 9. 01 ヒラギノ角ゴ Upr W6 9. 00 9. 01 ヒラギノ丸ゴ Std W2 7. 10 7. 11 ヒラギノ丸ゴ Std W3 7. 10 7. 11 ヒラギノ丸ゴ Std W4 7. 13 7. 14 ヒラギノ丸ゴ Std W5 7. 10 7. 11 ヒラギノ丸ゴ Std W6 7. 14 7. 15 ヒラギノ丸ゴ Std W8 7. 10 7. 11 ヒラギノ丸ゴ Pro W4 7. 11 7. 12 ヒラギノ丸ゴ Upr W4 9. 00 9. 01 ヒラギノ角ゴ オールド Std W6 7. 10 7. 11 ヒラギノ角ゴ オールド Std W7 7. 10 7. 11 ヒラギノ角ゴ オールド Std W8 7. 10 7. 11 ヒラギノ角ゴ オールド Std W9 7. 10 7. 11 こぶりなゴシック Std W1 7. 10 7. 11 こぶりなゴシック Std W3 7. 10 7. 11 こぶりなゴシック Std W6 7. 10 7. 11 ヒラギノUD明朝 Std W4 7. 10 7. 11 ヒラギノUD明朝 Std W6 7. 10 7. 11 ヒラギノUD角ゴ Std W3 7. 10 7. 11 ヒラギノUD角ゴ Std W4 7. 10 7. 11 ヒラギノUD角ゴ Std W5 7. 10 7. 11 ヒラギノUD角ゴ Std W6 7. 10 7. 11 ヒラギノUD角ゴF Std W3 7. 10 7. 11 ヒラギノUD角ゴF Std W4 7. 10 7. 11 ヒラギノUD角ゴF Std W5 7. 11 7. 12 ヒラギノUD角ゴF Std W6 7. 10 7. 11 ヒラギノUD丸ゴ Std W3 7. 10 7. 11 ヒラギノUD丸ゴ Std W4 7. 10 7. 11 ヒラギノUD丸ゴ Std W5 7. 10 7. 11 ヒラギノUD丸ゴ Std W6 7. 10 7. 11 游築36ポ仮名 Std W2 7. 10 7. 12 游築36ポ仮名 Std W3 7. 10 7. 12 游築36ポ仮名 Std W4 7. 10 7. 12 游築36ポ仮名 Std W5 7. 10 7. 12 游築36ポ仮名 Std W6 7. 10 7. 12 游築36ポ仮名 Std W7 7. 10 7. 12 游築36ポ仮名 Std W8 7. 10 7. 12 游築五号仮名 Std W2 7. 10 7. 12 游築五号仮名 Std W3 7. 10 7. 12 游築五号仮名 Std W4 7. 10 7. 12 游築五号仮名 Std W5 7. 10 7. 12 游築五号仮名 Std W6 7. 10 7. 12 游築五号仮名 Std W7 7. 10 7. 12 游築五号仮名 Std W8 7. 10 7. 12 ヒラギノ明朝横仮名 Std W4 7. 10 7. 12 ヒラギノ明朝横仮名 Std W5 7. 10 7. 12 ヒラギノ明朝横仮名 Std W6 7. 10 7. 12 ヒラギノ角ゴAD仮名 Std W1 7. 10 7. 12 ヒラギノ角ゴAD仮名 Std W2 7. 10 7. 12 ヒラギノ角ゴAD仮名 Std W3 7. 13 7. 14 ヒラギノ角ゴAD仮名 Std W4 7. 13 7. 14 ヒラギノ角ゴAD仮名 Std W5 7. 13 7. 14 ヒラギノ角ゴAD仮名 Std W6 7. 13 7. 14 ヒラギノ角ゴAD仮名 Std W7 7. 10 7. 12 ヒラギノ角ゴAD仮名 Std W8 7. 10 7. 12 ヒラギノ角ゴAD仮名 Std W9 7. 10 7. 12 ヒラギノ角Pack仮名 Std W2 7. 10 7. 12 ヒラギノ角Pack仮名 Std W3 7. 10 7. 12 ヒラギノ角Pack仮名 Std W4 7. 10 7. 12 ヒラギノ角Pack仮名 Std W5 7. 10 7. 12 ヒラギノ角Pack仮名 Std W6 7. 10 7. 12 ヒラギノ角ゴ 簡体中文 W3 3. 20 3. 21 ヒラギノ角ゴ 簡体中文 W6 3. 20 3. 21 ヒラギノ角ゴ 繁体中文 W3 3. 11 3. 12 ヒラギノ角ゴ 繁体中文 W6 3. 11 3.

次の

ヒラギノ角ゴシック体 pro と proN の違い

ヒラギノ 丸 ゴ

2020年3月31日をもってヒラギノフォントパッケージ製品の販売を終了いたしました。 長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。 JIS2004字形対応版フォントだけではなく、従来版のJIS90字形対応版フォントも同梱しています。 JIS2004字形対応版フォントは、異体字の相互運用を目的としたIVSにも対応しています。 ヒラギノ明朝 5書体パック ヒラギノ明朝体は、漢字と仮名の大きさが視覚的に整って見えるよう、きめ細かなチューニングをほどこし、広告、ポスター、パンフレット、雑誌など、現代のグラフィックデザインに幅広く呼応するように設計された、デジタル世代の明朝体です。 懐をゆったり広くとり、重心を軽やかに高めた、なめらかにして切れ味のよい組み心地は、快適に読み進むことができる鮮やかな可読性を導きます。 紙面、メタリックテクスチャ、樹脂、布地、TV、映画、放送、ディスプレイ等あらゆる表現条件に的確に応えることができる高い汎用性を誇ります。 仮想ボディをいっぱいに使った一般的な丸ゴシックとは一線を画し、活字の伝統に根ざした骨格をバックボーンとする、飽きのこない本格的な設計です。 緩急自在の運びでしたためられた、毛筆特有の豊かな量感をデジタルフォントで再現。 印刷用の見出しや本文に用いて、十分な可読性と訴求力を発揮することはもちろん、サイン、ディスプレイ、パッケージ、お品書き、石碑や表札など、実に幅広いシーンで活躍しています。 本文やキャプション、タイトル、見出しなどさまざまな用途に活用できる、W1、W3、W6の3ウエイトを用意しました。 長い文章の読みやすさを求めて、字面をやや小さめにまとめ、仮名には長く読んでも疲れないやわらかな骨格を採用。 画のストロークをシンプルにしながら、大きさの異なる漢字・仮名・欧文が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、文字に求められる美しいデザイン性と長い文章も心地よく読み続けられる可読性を提供します。 雑誌本文、Webデザイン、サインデザイン、テレビテロップなど幅広い用途に対応し、印刷でもディスプレイ表示でも、縦組みでも横組みでも美しい組版を実現します。 それぞれの行が、くっきり・すっきりとしたラインを形作るよう、ひとつひとつの文字の美しさはそのままに、文字の大きさを整え、フラットでファインな行が組めるのが特長です。 仮名に「ヒラギノ角ゴAD仮名」を採用。 組込み表示、サインデザイン、テレビテロップなど幅広い用途に適応し、もちろん本文や見出しとして用いても美しい。 縦組みでも横組みでもスマートな文字組みを実現します。 長い文章の読みやすさを求めて、字面をやや小さめにまとめ、仮名には長く読んでも疲れないやわらかな骨格を採用しているため、大きさの異なる漢字・仮名・欧文が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、文字に求められる美しいデザイン性と長い文章も心地よく読み続けられる可読性を提供します。 雑誌本文、Webデザイン、サインデザイン、テレビテロップなど幅広い用途に対応し、印刷でもディスプレイ表示でも、縦組みでも横組みでも美しい組版を実現します。 長い文章の読みやすさを求めて、字面をやや小さめにまとめ、仮名には長く読んでも疲れないやわらかな骨格を採用。 小さい文字で使用すると横線やハライの先端が細く飛んでしまうという明朝体特有の事象に配慮して細部を最適化し、小さな文字での印刷や、組込みやディスプレイなどでも使いやすい明朝体をめざしました。 雑誌本文、Webデザイン、サインデザイン、テレビテロップなど幅広い用途に対応し、印刷でもディスプレイ表示でも、縦組みでも横組みでも美しい組版を実現します。 既存の中国語書体とは一線を画した現代的な字形と、細部にまでこだわった高品質が特長です。 日中2カ国語を併記する場合でも、統一感あるデザインが可能です。 15)にてインストーラーが起動できない場合は、をご覧ください。 年間ライセンス製品(MORISAWA PASSPORT) ヒラギノフォントに加え、モリサワフォント、国内・海外で定評のあるメーカーのフォントが、PC1台につき1年契約54,780円(税込)で、どれでも選べて好きなだけ使える画期的なライセンス製品です。 MORISAWA PASSPORTは、株式会社モリサワの年間ライセンス製品です。 その他関連製品.

次の

なぜ「ヒラギノ角ゴ」は美しいか|みさきんぎょ|note

ヒラギノ 丸 ゴ

上記画像を見ると、"Hiragino Kaku Gothi... "では、"Hiragino Kaku Gothic Pro"なのか、"Hiragino Kaku Gothic ProN"なのかが分からない。 そこで生まれた疑問が、 ProとProNの違いって何だろう? でした。 ヒラギノとは がデザインしたフォントです。 日本語書体として、ヒラギノ明朝体、ヒラギノ角ゴシック、ヒラギノ丸ゴシックなどがあります。 フォント開発時のコンセプトは、「クールでスマートな、若々しいイメージの書体」で、「流行のファッション雑誌や広告で使われるような書体」だったそうです。 角ゴシックの意味 ゴシックは基本的に縦横の線の太さが同じです。 「装飾性がない」という性質上、視認性が高く、遠くから見ても文字が判別しやすい文字です。 そのため、屋外の看板や案内物などに向いています。 一方、文章では、「縦画と横画の太さの違いや、細部の文字の装飾などが視線を誘導して読みやすくする」という役目が要求されます。 つまり、特徴のないゴシック体は文章の版組みには向かないそうです。 特に、漢字が多い文章や、長い文章、新聞などの小さい文字組では非常に読みづらいと言われています。 そのため、ゴシック体は文章の見出しなどに用いられ、本文には主に明朝体が用いられるのが一般的です。 ヒラギノ角ゴシックのすごいところ デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載されています。 テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。 可読性が高く、高速道路などでも一部「ヒラギノ角ゴシック体 W5」が使用されていることも。 (角ゴシック体の「特徴のないゴシック体は文章の版組みには向かない」というデメリットを克服している!) 明るくつぶれにくく、多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。 また、「ヒラギノ明朝」と組合せても違和感がないように設計されています。 Pro って何だろう "pro"とは、基本的には「収録文字がたくさん」という意味を表します。 "Std"とついているフォント名もありますが、 stdはスタンダードの略で、 基本的には収録文字数が標準的である事を指します。 ProNの"N"って何? Nつきのフォントではいくつかの漢字が旧字風になる 「JIS2004字形」 Nのつかないフォントでは略字風の 「JIS90字形」 まとめ• ヒラギノフォントにはフォント開発者のこだわりと愛が詰まっている。 ヒラギノ角ゴシックは可読性に優れている。 proとついていたら、収録文字数がたくさん• Nがついていたら旧字体の漢字が混ざっている 引用&参考サイト一覧•

次の