ブリジストン s22。 バトラックスS22私的インプレッション

タイヤ交換 ブリヂストンS22(BATTLAX HYPERSPORT S22)|カワサキ プラザ東京足立

S22 ブリジストン S22 ブリジストン

✆ その話を聞いて他ブランドを思い浮かべると、フィーリング的にも腑に落ちる部分がある。

16

ブリヂストン「S22」がモトラッド誌で最高評価を獲得! 公道最強の称号を得たスポーツラジアルの進化に迫る

S22 ブリジストン S22 ブリジストン

☎ 「S22」の数々のインプレッションを見てみても、 『切り返しが軽くなった』と言うレビューが多く書かれています。 剛性や効果的な排水のことを考えれば、むやみに溝を深くしたり溝を増やしたりすればいいというわけではないが、とにかくS22の場合は溝を増やすことでウェットグリップの向上を図った。

REIRA

S22 ブリジストン S22 ブリジストン

🤜 そもそもS21のときから、雨天や冬季の冷えた路面、冷えたタイヤで走り出す際の信頼性の高さは折り紙付き。 ウェットグリップの向上などでさらに安全マージンを広げられるという意味では、すでにS21で満足しているライダーにもおすすめできるのは間違いない。 実は筆者自身、昨年末に国内で行われた「S22」のメディア向け試乗会に参加しているが、そのときも「これはいける!」と実感した。

9

スーさん日記No.70「ブリヂストンS22履いてみた!」

S22 ブリジストン S22 ブリジストン

🍀 しかし旋回曲率は大きく決してクイックではない、よく言えば穏やかですがこのセグメントとして評価すればdullですね。 モーターサイクルはそのままに ライダーの技術もそのままでも タイヤを新しくするだけで いつもの何倍も楽しくなりますよ! カワサキプラザ東京足立ではサーキットの走行会イベントも 企画しております、 いきなり速く走らなくていいんです、 まずは「どんなのですか~」と お尋ねいただくところから。 またハンドリングのキャラクターも見た方向へ、すっと強めにイン側に切れ込んで行くようなキャラクターへと変更されたという経緯がある。

1

タイヤ交換 ブリヂストンS22(BATTLAX HYPERSPORT S22)|カワサキ プラザ東京足立

S22 ブリジストン S22 ブリジストン

⌚ 特にセンターからショルダー部にかけては前作「S21」を大きく上回っています。 という様なグリップフィーリングであり、バンクの切り替えしが軽くなったから 重たいバイクでもその重さを忘れるという様なフィーリングになるようです。

1

バトラックスS22私的インプレッション

S22 ブリジストン S22 ブリジストン

🤟 具体的にはタイヤのコンパウンドはカーボンブラックとシリカという2種類の素材が含まれているが、「S22」ではシリカの粒径を小さくして細かく入れ込んでいる。 コーナリング性能を向上させる新コンパウンドの採用 BATTLAX HYPERSPORT S21はコンパウンド設計を 分子レベルから見直し、ミクロレベルでのタイヤと路面の 接地性を向上させた新コンパウンドを開発しました。 つまり、ブレーキングにおけるフロントの踏ん張り感とコーナー立ち上がりでのリアのトラクション(路面を蹴る力)だ。

1