恋愛 自己啓発。 「恋愛系_完全マニュアル作成済」300人実績あり 【自己啓発大好き人間のブログ】

プロの心理学|起業・副業・ビジネス・営業・恋愛

恋愛 自己啓発

自己啓発には何が必要でしょうか。 自己啓発と聞いて最初に思い浮かぶのは「自己啓発書」ではないでしょうか。 自己啓発に関する本を読めば、多くの気づきや理解が得られます。 あるいは、セミナーや海外旅行を挙げる人もいるでしょう。 セミナーに出席して、専門家による講義を受けることで気づきや学びを得る。 海外旅行で知らない世界を体験して、驚いたり感動したりすることで、視野と見識を広げる。 もちろん自己啓発の形はさまざまですが、ここで多くの人が見落としている身近な自己啓発があります。 「恋愛」なのです。 自己啓発とは、本・セミナー・海外旅行だけをいうのではありません。 私たちにとって身近な恋愛も、れっきとした自己啓発の1つです。 恋愛には、人生に必要な要素がぎっしり詰まっています。 恋愛を経験することで、多くのことを学べ、いろんなことが鍛えられます。 多くの「気づき」が得られ、知性が磨かれます。 より視野が広くなり、人や異性への理解を深めることができます。 人との接し方・好意の伝え方・感情のコントロールなど、あらゆる技術が向上します。 勇気と行動力が試され、メンタルが鍛えられます。 落ち込んだり泣いたりしながら、心が強くなっていきます。 なかなかうまくいかない現実に直面して、自分のふがいなさに気づかされます。 実際に恋愛を経験するからこそ、恋愛の映画やドラマでは感情移入がしやすくなって、深く理解できるようになります。 そして、人を好きになって恋愛をすることは、自分の潜在的な能力を引き出す訓練になります。 これ以上の自己啓発がどこにあるのでしょう。 恋愛には「視野が広がる」「理解が深まる」「知性が磨かれる」という三拍子がそろっています。 恋愛には、生きるために必要な勉強がたくさん詰まっています。 不安も恐怖もありますが、だからこそチャレンジする価値があります。 自分を磨きたいなら、自己啓発書を読むのもいいですが、恋愛も欠かせません。 恋愛も自己啓発の1つ。 自分を磨くために、これ以上の勉強はないのです。

次の

自己啓発セミナーの会社を教えてください。友人が洗脳されて金持ちになると言っ...

恋愛 自己啓発

Contents• 絶対に読んでほしい自己啓発本ランキング1-3位 ベストセラーになっているものは、待ち人数は多いと思いますが図書館でも借りることができるのですべての方が手に取れます。 共感できる自己啓発本に出会えれば、あなたの悩みを軽減できるかもしれません。 読んだことのある人しかわからない、マル秘の人脈形成術やお金の稼ぎ方、異性に好かれる人格の作り方、エネルギーに満ちた生活の方法、ネガティブ思考と戦う方法などなど自己啓発本には叡智(えいち)がたくさん。 成功のための成分を脳にインストールできるのはワクワクします。 3 アルフレッド・アドラーという方をご存知でしょうか? 心理学において巨匠ともいわれる人物で、アドラー心理学を構築した方です。 そのアドラーの考えを伝える本です。 1 啓発本のルーツともいわれるこの本は、1902年に記されました。 原書『AS A MAN THINKETH』は、オグ・マンディーノやデール・カーネギーにも影響を与えたといわれています。 3 人生哲学そしてビジネス書の大定番となっている本です。 リーダーシップの権威としても有名な著者の、哲学や思想を伝えています。 厳選!「自己啓発本のベストセラー」 山ほどある中から選ぶのは、かなりつらい作業でした…。 これにしよう!と思うと、私を選んでくれないの?と他の図書に言われているような気分に…。 どの本も愛しているんだよ!ごめん!と 笑 今回は、多くの方から親しまれているベストセラー本の中で厳選しました! 『嫌われる勇気』岸見一郎、古賀史健 心理学の巨匠アルフレッド・アドラーの考えを伝える本です。 アドラー心理学において研究や幅広い活動をされている岸見一郎さんと、ライター古賀史健さんにより書かれた一冊です。 続編の『幸せになる勇気』も出版されています。 対人関係にお悩みの方は、まずご一読ください! 悩みって大半は対人関係のことだと思いませんか? 私自身、あまり悩むタイプではないのですが、悩みがある時ってたいてい人がらみです…。 結局は「私は私」「人は人」というところに落ち着くんですけどね 笑 この本は、 対話形式をとっているので「青年」を自分におきかえて読み進めると気づかされる部分が多いかもしれません。 最近人のためではなく、自分のためになにかを考えたり行動したことはありますか? 視点をかえることで、対人関係の悩みが軽くなるかもしれません。 読みやすい本なので、一度だけではなく悩んだときには「青年」となって本の中へ相談にいけるといいですね。 『「原因」と「結果」の法則』ジェームズ・アレン イギリス生まれの著者が、作家として活動していた期間は決して長くはありません。 しかしその短い期間に出した本は、今でも世界中から愛されています。 1902年以来、多くの人たちを魅了し続けているこの本は、日本ではジェームズ・アレンシリーズとして出版されています。 人生に失敗はつきもの…その原因をつきとめたい方に! 成功ばかりの華やかな人生を謳歌している方って、どのくらいいらっしゃるのでしょう? 失礼ながら私の周りには…見当たりません。 みなさん、失敗し、立ち上がり、努力し…と、自分をつくりあげて生活しています。 とても シンプルに「あたりまえ」のことを記している本なので、あっという間に読み終えるかもしれません。 読み終えたらその「あたりまえ」と感じて読んでいたことを、ご自身が普段実行していたか、少し考えてみてください。 目標達成のために、どのくらい集中していたでしょう?失敗したということだけに、とらわれてはいませんか?シンプルだからこその難しさを感じますが、少しずつ自分ができることを増やしていきたいですね。 『完訳 7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー 世界そして日本でも、多くの方から共感や賞賛を得ている本です。 魅力のひとつは、ぶれない軸でしょうか。 時代に左右されない「7つの習慣」を、自分のものとしてとりいれたいと願う方が多いあらわれですね。 大人気の本で、もされています。 自分を見つめなおすきっかけをもらえます! 何事においても、自分の軸がぶれなければある程度信念を貫くことができますが…どうしてもゆらいでしまうことがありますよね…。 そして流されるままに、気づいた時にはどうしていいかわからない状態に! 原書に忠実に訳されたこの本は、 「人格主義」について記しています。 心の豊かさや誠実さについて、あらためて考えさせられる一冊です。 普段自分の周りでおきていることに左右されてはいませんか?ご自身がどうありたいか考えたことはありますか? 表面上で悩みを解決させるわけではなく、根本的な考えを変化させることで解決へと導きます。 長い目で実践していきたい 「習慣」ですね。 『仕事は楽しいかね?』デイル・ドーテン 1950年生まれの著者は、起業し成功をおさめ現在はコラムニストとして活躍している方です。 物語として書かれているこの本には、続編もでています。 あなたの仕事観が変化するかもしれない! 『仕事は楽しいかね?』という書名にドキッとした方は多いのではないでしょうか? 仕事をすることが当然で、日々仕事に追われ、いつのまにか将来が暗く感じてしまう経験をもっていませんか? 社会人ってそういうもの…とあきらめかけている方こそ、手に取ってみてください。 「私」と「老人」が出会うことで展開していく物語です。 あなたがいままで様々な自己啓発経験者ならば、特に「私」に共感できるかもしれません。 仕事そして日常のあらゆることを「ただこなしている」だけになってしまっていると感じている方は、「挑戦する」「試してみる」ことの大切さをあらためて感じられる一冊です。 読み終わった時に何か試したい気分になっていたら、その瞬間に試してみましょう。 そこから新しい一歩が始まるはずです。 『プロフェッショナルの条件』P・F・ドラッカー 親日家としても有名なドラッカーは、自己実現だけにとどまらず経済や教育など多方面に影響を及ぼしました。 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 」という通称 「もしドラ」がドラマにもなった本の大元といえば思い出せる方も多いですよね? その中でもこの本は、ドラッカーを初めて読む方におすすめの一冊です。 働き方や生き方の選択肢を増やしてくれる! 今あなたが何かでいきづまっているとすれば、 それまでのやり方や考え方を変化させる時期なのかもれません。 特に管理者や経営者へと歩んだ方は、これまでと違った土俵に立たなければいけませんよね。 この本は、個人レベルでの働き方や生き方のヒントが数多くちりばめられています。 著者自身の経験も書かれているので、理想論だけにとどまらず読むことができると思います。 ある程度読み込んでいくことが必要な本ではありますが、気になる箇所に付箋などをつけながら、ご自身の生活にとりいれていくこともいいですね。 結局どれにしようか悩む時には… 普段本をあまり読まないし…買ってみて自分にあわなかったらもったいないし…そこまで誰かの考えにどっぷりなるのもなんか…などなど、なかなか「これだ!」と決められない時ってありますよね。 そんな時には…この本をどうぞ! 笑 『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方』高田晋一 ある意味、 裏技です! 自己啓発初心者の方は、パラパラとのぞいてみてください。 いいとこどりで、すぐに変われるかも?! こちらの書籍、 自己啓発本の有名どころを網羅しています。 ポイントをおさえてあるので、すぐに実践できるものもあります。 もちろん「あなたがいい方向へ変化する」ことが目的なので、それが達成できればそれでOKなのですが、司書としては気になった本を実際手に取っていただきたいなーとも思っています。 自己啓発本を読むメリット 好き嫌いがはっきりとわかれる自己啓発本ですが、 最大のメリットは自分の選択肢を広げられるということではないでしょうか。 おそらく大半の方は、自分の生活や人生がうまくいっている時に自己啓発本を手に取る機会は少ないはずです。 なにかにいきづまったり、疑問が生じたりした場合に、読んでみようと思う方が多いような気がします。 自分のやり方や考え方に不安を感じた時、本によって他の方法や違った考え方にふれられることが、新たな一歩を踏み出すきっかけになるのだと思います。 また、本によっては著者の失敗例なども記されているので、自分だけが不器用なわけではないと安心感も得られますね。 自己啓発本と他の本の違いは? 書店では「自己啓発本」というジャンルにまとめられていることが多いですが、図書館などでは「人生訓」や「心理」などに分類される場合があります。 探したい場合は、司書に相談してみてくださいね。 心のありかたや、心構え、成功例などが記されていると「自己啓発本」と大きくいわれているようですが、 あなたの心に変化が生じる本であれば、それがあなたにとって一番の「自己啓発本」だと思います。 本の専門家が教える、自己啓発本から最大の効果を得る方法 自己啓発本は、読んで共感し実行することで効果を得るものだと感じます。 読み込んで、実行して、新しい自分になれば、自らアピールせずとも周りからの視線がかわります! 本や著者を「メンター」にする方法 「メンター」、つまり自身の人生における「師」「サポート役」、「ナビゲーター的なもの」を指します。 ご自身の家族や友人など身近な方をメンターにしても、もちろん素晴らしいのですが、 心に響いた一冊やその著者をメンターとして歩んでいくのも、自分を成長させる糧になりますね。 気に入った本や著者に出会ったら、 ぜひ何度も読み返して自分のものにしてください。 読み返し、実行していくことで、いつしかあなたの生活や人生が理想に近づいていくことと思います。 また、読み返すことで一回目には気づかなかった発見があるかもしれません。 まとめ 自己啓発本は、読む方によって感想や感じ方が全く違います。 読む前に固定観念にとらわれてしまわないように、ご紹介した本に対して私の明確な考えなどは当然のことながら控えさせていただきました。 気になる本があったら、ぜひ読んでみてくださいね。 今回紹介した本をすべて読んでいる人と読んでない人では、 考え方に大きな差が出ると思います。 数冊の本を読み実践するだけで、周りからの評価がガラッと変わります。 尊敬される品格を身に付けられる自己啓発本のベストセラーを活用してくださいね。

次の

自己啓発セミナーの会社を教えてください。友人が洗脳されて金持ちになると言っ...

恋愛 自己啓発

アメリカの医学博士にして心理学者のスペンサー・ジョンソンの著作で、1998年に出版されて以来世界中で読まれ、2800万部を超えるベストセラーです。 他の自己啓発本とは少し変わった作品で、チーズを求めて意を決するネズミの様が描かれており、その姿から人生において大切なことを学びとることができます。 IBMやアップルなど世界の名だたる企業が社員教育に採用していることもあり、一流企業の社員に遅れを取りたくないビジネスパーソンにチェックしていただきたい作品です。 また、ストーリー仕立てなので 物語として楽しんで読めますし、ページ数が少ないため気軽に読むことができます。 ベストセラー4. 『ザ・シークレット』ロンダ・バーン こちらはオーストラリアのテレビ作家にしてプロデューサー・ロンダ・バーンが2006年に出版した自己啓発本です。 同名映画を下敷きに書かれたこの本は、全世界2000万部を越えるベストセラーとなりました。 思考が現実になるという「引き寄せの法則」に基づき、現実を変えるために持つべき考え方が紹介されています。 読むだけでポジティブな考えを持てる人も多いでしょう。 仕事やお金についてだけでなく、健康や人間関係にも適用できる内容で、幅広い人に読んでもらいたい一冊です。 またこのジャンルではあまり取り上げられない 女性による作品なので、女性の方はぜひチェックしてみることをおすすめします。 ベストセラー5. 『原因と結果の法則』ジェームズ・アレン イギリスの作家・ジェームズ・アレンが1902年に記した自己啓発本で、100年以上も長く読み続けられているベストセラーです。 タイトルにもある「原因と結果の法則」とは、自分の置かれた環境は自分の思いが原因となって導かれたものである、というもの。 読めばそのメカニズムを理解できるようになり、 自分の運命や環境をコントロールできるようになります。 具体的なシーンを想定しているというよりは、生きて行くうえで身につけておきたい知識や心構えを知ることができる本ですね。 今の環境に不満があったり、さらに高みを目指したい人にイチオシです。 ベストセラー6. 『小さいことにくよくよするな! 生きていると行き当たってしまう困難の一つ一つが、実は取るに足らない小さいことだ、と 読む人を前向きな気持ちにしてくれるエピソードが100個掲載されています。 それぞれのエピソードは短くすぐ読めるので、腰を据えて本を読む時間が取れない、長い本を読む自信がない、といった人にもおすすめしたい一冊です。 特にトラブルを深く抱え込みやすい20代、30代の若い人たちにはぜひ一度手にとってもらいたい自己啓発書です。 ベストセラー7. 『自助論: 「こんな素晴らしい生き方ができたら! 」を実現する本』サミュエル・スマイルズ 20世紀初頭に活躍したオーストリアの精神科医・アドラーの教えをもとに記された自己啓発本です。 自分がいまこの環境におかれているのは、過去の原因のせいなのではなく、いま抱いている目的のせいなのだという考え方が紹介されています。 過去の原因を変えるのは不可能ですが、いま持っている目的を変えるのは可能です。 こうした普通とは違う考え方を持つことで、読む人は 今後の自分を変えて行く手立てを得られる本ですね。 また、タイトルに「嫌われる勇気」とあるように、人間関係の悩みを乗り越える手段も紹介されています。 環境を変えたいと思っている人、対人関係に悩んでいる人には、ぜひ手に取ってもらいたい一冊です。 人生や生き方3. 『20代にしておきたい17のこと』本田 健 本書はアメリカのコラムニストにして実業家のデイル・ドーテンによる自己啓発本です。 仕事に追われる主人公が老人のアドバイスをうけ、自己変革を実現していくという物語形式になっており、さくさくと読み進めることができます。 物語を通して、最初はヘタレだった主人公が徐々に前向きなる様が描かれており、 仕事で悩んでいる人が読めばきっと元気をもらえる作品です。 悩める主人公に自分を重ね合わせて読むことができるので、まるで自分が老人にアドバイスをもらっているような気分になります。 「試すこと」の大切さを説く本書を読んで、ぜひ仕事での飛躍を実現しましょう。 お金や仕事2. 「女性性ビジネス」とは感性や心のあり方を大切にし、「自分らしく心豊かに生きる」ことを目的にする働き方のことです。 仕事には我慢が付きものと考えてしまいがちですが、 自分の好きなことをやってビジネスとしても成功する、そんな新しい働き方が提唱されています。 これだけ聞くとまるで夢物語のようですが、著者自身が実業家として成功していることもあり、とても説得力のある内容です。 好きなことを仕事にしたいと考えている人、女性の実業家のマインドを知りたい人は、ぜひとも一度手に取ってみることをおすすめします。 【偉人・有名人に学ぶ】自己啓発本のおすすめ7選 こちらはパナソニックの創業者・松下幸之助のエッセイで、世の中から貧しさを無くしたいとする彼の信念に触れられる名著です。 「成功した人は、普通の人ならその困難に打ち負かされるところを、反対に喜び勇んで体当たりしている」といった数多くの名言が記されており、この本が出版されてから50年以上が経過したいまでも、その哲学は全く色褪せません。 ハウツーというよりは精神的なものが多く、仕事だけでなく 人生そのものを考える上で強力なヒントを見つけられるでしょう。 見開きに収まる程度の短編を集めた作品なので、まとまった読書時間を取れない人、読書が苦手な人にもおすすめしたい一冊です。 偉人や有名人の自己啓発本3. 『選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論』ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ 本書はお笑いタレントと絵本作家という二つの顔を併せ持つ西野亮廣さんによる自己啓発本です。 一般的な常識にとらわれず、新しい価値観を提示し続けている彼が「未来の歩き方」を提示します。 一見突拍子もないことを言っているようにも見えますが、 新しいことを知ることの大切さなど、時代によって変わらない普遍的な価値観をベースにしているため、一読すればその意味がよくわかることでしょう。 柔軟な発想で新時代を生きていきたい若い世代はもちろん、現代の若者がどのような考え方をしているのかが分かるため、20代〜30代だけでなく、40代以上の人たちにも一度読んでいただきたい作品です。 偉人や有名人の自己啓発本6. 『やりたいことをやれ』本田 宗一郎 こちらは自動車やオートバイのHONDAの創業者・本田宗一郎が残した仕事論です。 自身の経験から語られる言葉の数々はとても心に響きます。 例えば若い人は「能ある鷹はツメをかくす」ということわざに振り回されず、自分の能力を存分に発揮するべきだ、といった言葉が印象的です。 先人たちの積み上げてきたものを学び、しかしそれを鵜呑みにするのではなく時代にあわせてアップデートする、そんな筆者の哲学が本書を読めばしっかり学ぶ取ることができるでしょう。 会社経営や新しいことに挑戦したい人はもちろん、 色々な価値観を受け入れるバランス感覚が得られる本なので、多くの人に読んでいただきたいです。 偉人や有名人の自己啓発本7. 『スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則』ハワード・ビーハー.

次の