トワイライトエクスプレス 運賃。 トワイライトエクスプレスの札幌―大阪間にかかる料金(乗車券...

トワイライトエクスプレス瑞風のすべて-料金や値段を徹底予測!

トワイライトエクスプレス 運賃

スポンサーリンク まだまだ現役!特別な「トワイライトエクスプレス」情報 出典:JR西日本• 旅行会社専用の団体臨時列車として使用• 客室:スイート&ロイヤルのみ• 食堂車:ブーランジェ、パティシエがプロデュースしたパンやデザートを用意• 定員:40名 参考: 今回の特別な「トワイライトエクスプレス」は寝台特急では無いので寝台はついていません。 先頭は牽引車で、7両のうちの 4両が客室、サロンカー、食堂車、乗務員室等になります(上図参照)。 客室は人気があったスイート&ロイヤルのみを使用する40名の団体臨時列車になります。 廃止された車両の一部は「」で展示されることが決定しました。 停車時に地元特産品の販売、伝統芸能の実演などのおもてなしを検討中だとか。 に良い面を繋げていく考えだそうです。 スポンサーリンク 「トワイライトエクスプレス」団体臨時列車の運行ルート 5~6月(山陽コース)• 戻ってきて山陽本線を通るルートになっています。 主な見どころは湖西線の琵琶湖、神戸線の明石海峡、山陽線の瀬戸内海。 7月以降• 山陽コース• 下りが土曜日、上りが月曜日になります。 土日と下関周辺のどこかのホテル&旅館に宿泊します。 日曜は1日観光に使えそうですね。 旅行会社が企画しているので、全てがセットになったプランなのでしょう。 特別な「トワイライトエクスプレス」運転日 大阪・土曜発• 5月:16日・23日・30日• 6月:6日・13日・20日・27日 下り大阪発は土曜日に出発します。 下関・月曜発• 5月18日・25日• 6月1日・8日・15日・22日・29日 上り下関発は月曜日に出発します。 阪急交通社&日本旅行の「トワイライトエクスプレス貸切列車」料金 阪急交通社が「トワイライトエクスプレス貸切列車の旅3日間」を発売しています。 日程:2015年5月31日~ 料金• 広島駅発着ロイヤル:35万円• 広島駅発着スイート:40万円• 北陸エリア発着ロイヤル:35万円• 北陸エリア発着ロイヤル:40万円 その他、6月27日、6月28日発の「日本旅行で貸切トワイライト」があります。 最後に 特別な「トワイライトエクスプレス」の客室、定員、食事、運行ルート、運転日、料金などをご紹介しました。 トワイライトエクスプレスが旅行会社専用の団体臨時列車として5月より走ります。 「阪急交通社」がでましたね。 部屋のグレードや食事が4回もあって今回も高そうです。 この話は旅行会社から始まったそうで、現役を終えるのがもったいないという話からスタートしたそうです。 「阪急交通社」から貸切列車プランが出てますね。

次の

トワイライトエクスプレスの札幌―大阪間にかかる料金(乗車券...

トワイライトエクスプレス 運賃

寝台特急カシオペア 写真提供:JR東日本 JR東日本が製造した最新型客車E26系を使用しており、銀色のボディは鉄道ファン、旅行ファンの憧れだ。 本州内の機関車も白地にアクセントラインを入れた専用タイプとなる。 客室はすべてA寝台2人用個室で構成されており、食堂車とラウンジカーを連結する。 上野発は16:20だが、入線は45分前の15:35だから旅立ちの雰囲気もたっぷり楽しめる。 札幌着は9:32で乗車時間は約17時間。 上りもほぼ同じ時間帯を走る。 札幌行最後尾 上野行最前部 は展望車タイプの「カシオペアスイート」で、ツインベッドふたつ、リビングソファ、室内にトイレとシャワールームがある。 「カシオペアスイート」にはメゾネットタイプもあり、こちらは1階が2ベッドの寝室、2階がリビングとなっている。 「カシオペアデラックス」は平屋で広めのツインルーム。 これらの車両には、室内にトイレとシャワールームがある。 もっとも部屋数の多い「カシオペアツイン」は1階部屋タイプ、2階部屋タイプ、平屋タイプがある。 各部屋にトイレがあるがシャワールームは共用だ。 すべての部屋にテレビモニターがあり、ビデオ番組、BS放送を視聴できるほか、現在位置も確認できる。 食堂車は、夕食が予約制のフルコースまたは懐石料理。 ディナー終了後は、予約無しで誰もが使えるパブタイムになる。 朝は、予約不要の朝食 和食・洋食 を用意している。 他にも無料のウェルカムドリンクやモーニングコーヒーのサービスがある。 また、札幌行最前部 上野行最後部 は乗客が自由に使えるラウンジカーになっている。 札幌行は機関車と睨めっこだが、上野行の場合は最後部の眺望を楽しめる。 「カシオペアスイート」 左 は展望を独り占め。 「ラウンジカー」 右 は乗客の誰もが利用できる 写真提供: JR東日本 「カシオペア」列車データ 運行区間 下りは上野 16:20発 - 札幌 9:32着 、上りは札幌 17:12発 - 上野 9:38着。 車両が1編成しかないため、上野発は火、金、日曜、札幌発は月、水、土曜となる。 客車はブルートレインブーム時代に製造された24系だ。 機関車も客車と同じ色でコーディネートされている。 外観は古いタイプで、国鉄全盛期時代の独特の風格がある。 室内は大幅にリニューアルされており、豪華な2人用個室から、1人でも使える2段式寝台まで揃っていて、予算に応じて利用できる点でも人気がある。 カシオペアと同じく、札幌行の最後部車両には展望室タイプのスイートがある。 2号車中央にもスイートがあり、こちらは平屋で広い。 このほか、A寝台1人用個室、B寝台2人用個室、B寝台1人用個室、B寝台2段式がある。 B寝台個室のうち「シングルツイン」は、補助ベッドを使って2人で利用可能。 B寝台2段式の「Bコンパートメント」は、4人グループで使用する場合のみ個室として鍵を使用できる。 シャワー・トイレはスイートとロイヤルに付属。 それ以外のタイプを利用する乗客は、共用のトイレとシャワールームが利用できる。 食堂車のディナーはフランス料理のフルコース。 部屋に懐石弁当のデリバリーも頼める。 どちらもきっぷ購入時に予約が必要だ。 翌朝の朝食は前日に食堂車で予約する。 ディナータイムのあとのパブタイム、大阪出発後のランチタイムと、札幌出発後のティータイムは予約不要だ。 食堂車の隣のラウンジカーは、窓が大きく開放感がある。 大きな窓ガラスが天井まで回り込み、サンルームのようだ。 ラウンジのソファはすべて日本海側に向き、下り列車は海の夕景、上り列車は夜明けの淡い風景を眺められる。 ここがトワイライトエクスプレスの名前の由来となっている。 優雅な「スイート」 左 、「サロンカー」 左 のシートはすべて日本海向き 写真提供: JR西日本 「トワイライトエクスプレス」列車データ 運行区間 下りは大阪 12:03発 - 札幌 9:52着 、上りは札幌 14:05発 - 上野 12:52着。 大阪発は月・水・金・土曜、札幌発は火・木・土・日曜となる。 上野 - 札幌間を毎日運行している。 下りは「カシオペア」より3時間ほど遅い19:03に出発して、札幌には昼前に着く。 上りはカシオペアより1時間遅く出て、上野には約10分後に着く。 このダイヤによって、南東北 - 道南間を利用する人にも使いやすくなっている。 A寝台2人用個室、A寝台1人用個室、B寝台2人用個室、B寝台1人用個室、B寝台2段式、Bコンパートメントがあり、旅のスタイルや予算に応じて選択できる。 B寝台2段式と同じ料金で利用できるB寝台1人用個室「ソロ」はお買い得だ。 「カシオペア」が2人用個室だけなので、1人旅なら「北斗星」を利用することになるだろう。 特にA寝台個室「ロイヤル」は室内も広くオススメ。 補助ベッドを引き出せばダブルベッドになり、2人で利用する料金設定もある。 食堂車のディナータイムはフランス料理フルコースと懐石御膳。 どちらも要予約。 懐石御膳はA寝台個室にルームサービスも可能。 ディナータイムのあとのパブタイムは予約不要。 朝食も予約不要で、和食と洋食の2種類がある。 ロビーカーはB寝台1人用個室とシャワールームが併設されているため、カシオペアやトワイライトに比べると狭く、競争率が高い。 ゆったりくつろげるロビーカーを連結 写真提供: JR東日本 「北斗星」列車データ 運行区間 下りは上野 19:03発 - 札幌 11:15着 、上りは札幌 17:12発 - 上野 9:38着。 予めご了承ください。

次の

トワイライトエクスプレス瑞風のすべて-料金や値段を徹底予測!

トワイライトエクスプレス 運賃

みなさん、寝台列車の旅、楽しんでますか? 「北斗星」、「サンライズエクスプレス」と、人気の寝台特急をご紹介してきた「はじめての寝台列車」シリーズですが、今回バーチャル乗車いただくのは、寝台列車「トワイライトエクスプレス」。 大阪~札幌間を日本海に沿って北陸から東北地方を縦断し、青函トンネルをくぐり、北の大地へと夢を運ぶ、日本一長い距離を走る豪華寝台特急列車です。 スイートからBコンパートメントまでの多彩なルームプラン、フランス料理のフルコースディナーが楽しめるレストランカー、海側を向いたソファが並ぶサロンカーなど、その車内はまさにプレミアム。 約22時間におよぶ長い旅路も、もっと乗っていたいと思ってしまうことまちがいなしの列車といえるでしょう。 それもそのはず、「トワイライトエクスプレス」は、「北斗星」や「サンライズエクスプレス」のように毎日運転される定期列車ではなく、曜日限定で運転するいわゆる臨時列車の仲間なのです。 ですから、全国版の大型時刻表『JR時刻表』では本文ページに掲載されていますが、小型版の『コンパス時刻表』などでは、黄色の巻頭ページ「臨時列車ご案内」に掲載されています。 こんなところにもますます特別な列車なんだという、プレミアム感が漂いますね。 きっぷの購入方法は「北斗星」などの寝台列車と同じで、乗車する区間の乗車券(運賃)+特急券(特急料金)+寝台券(寝台料金)が必要となります。 特急券や寝台券の料金の仕組みは、の回で詳しく説明していますので、興味のある方はぜひご覧ください。 購入は全国のJRの駅のみどりの窓口のほか、旅行会社の窓口などでできます。 寝台列車ですのでネットでの予約はできませんが、JR西日本では電話予約サービス(TEL. 0088-24-5489)があり、予約後にJR西日本・JR四国・JR九州の主な駅のみどりの窓口や券売機などできっぷを受け取れるほか、きっぷの宅配サービスも頼むことができます(クレジットカードが必要)。 運賃+料金の一例を示しますと、大阪~札幌間でスイート(A寝台2人個室)が4万4810円(1人分)、ロイヤル(A寝台1人個室)が3万6500円、シングルツイン(B寝台1人個室)が2万8490円、ツイン(B寝台2人個室)が2万7480円(1人分)、Bコンパート(B寝台上・下段)が2万5620円となります。 大阪発の列車の場合、大阪を発車するのはお昼前。 ということは、食堂車でランチを楽しむことができるのです(札幌発はティータイムメニュー)。 メニューはハンバーグステーキやビーフシチューといった本格的なものから、ビーフカレー、オムライス、海老マカロニグラタンやサラダなどのアラカルトまで。 厨房で調理されたあたたかい料理がお昼から味わえるのは、日本の列車では「トワイライトエクスプレス」だけなのです。 そしてお待ちかねのディナータイムは、17時30分と19時30分からの2回で、シェフが腕によりをかけたフランス料理のフルコースディナーが楽しめます。 メニューは季節ごとに変わり、この冬のメニューでは、フォワグラのコンフィ、すっぽんのコンソメ、クエのソテー、黒毛和牛のステーキ、デザートにコーヒー・紅茶など、日本海に沈みゆく夕日を眺めながら優雅なひとときを過ごすことができます。 このディナーコースの料金は1万2000円。 きっぷの購入と同時にみどりの窓口などで予約することが必要です。 また、お部屋にデリバリーされる和食メニューの「日本海会席御膳」(6000円)もありますので、お好みに合わせてチョイスしてください。 寝台列車「トワイライトエクスプレス」の味覚は、これだけではありません。 ディナータイムが終わったあとはパブタイムの営業(21~23時)もあります。 シャンパン、ワイン、ウイスキー、ビール、ソフトドリンクなど豊富なドリンクメニューに、スモークサーモンやソーセージなどのおつまみも充実。 漆黒の闇の中に流れゆく町の灯りを見つけながらのひとときは、きっと素晴らしい思い出になることでしょう。 パブタイムは予約不要で利用できます。 深夜に青函トンネルを抜けて北海道へと渡った「トワイライトエクスプレス」(札幌行きの場合)は、目覚めれば北の雄大な大地の中を疾走しています。 食堂車では6時からがモーニングタイム。 洋朝食と和朝食からセレクトできるメニュー(各1575円)は、前日に車内で予約がとられ、指定の時間に食堂車へと向かいます。 朝日が差し込むテーブルで味わうモーニングコーヒーもまた格別です。 さあ、いかがでしたか、日本一のプレミアムトレインの旅は。 「トワイライトエクスプレス」は、まもなく札幌に到着です。 もっとずっと乗っていたいところですが、シャワーでも浴びてシャキッとしましょうか。 それともサロンカーでもうすぐお別れとなる快適な乗り心地を堪能しましょうか。 大阪~札幌間、1500km。 日本にもこんなに豪華で素敵な旅が楽しめる列車があるんです。 一生の思い出の旅に、「トワイライトエクスプレス」へようこそ!.

次の